映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

アメリカン・スナイパー

2015年02月22日 09時44分40秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】



戦争の魔力に憑りつかれていく男の軌跡とくれば
真っ先に思い出すのが『ハート・ロッカー』のジェームズ二等軍曹。



2001年のアメリカ同時多発テロをテレビで目の当たりにした
青年クリス・カイルは、祖国の人々を守るために貢献したいとの思いを強くし、
ネイビー・シールズで狙撃手としての過酷な訓練に励んでいく。
やがてイラクに出征したクリスは、
その驚異的な狙撃の精度で味方の窮地を幾度も救っていく。
仲間たちから“レジェンド”と賞賛される活躍をし、無事に帰国したクリス。
これでようやく、愛する妻タヤと生まれたばかりの長男と共に
平穏な日常を送れるかに思われたが…。
<allcinema>



要は帰国した後も最前線で養われた警戒心がトラウマとなり
普段の生活の中で起こる何気ない出来事に過剰反応してしまう。

つまりは職業病ってことでよろしいかと(それだけかい)
これってどんな業種であろうと、専門分野に精通した時点で
他の人間よりも過敏になるってことはよくある話。

それが戦争ってことで映画の題材になるわけですね。





【今週のツッコミ】
・もしも、あの日のあの時間にあの事件を見てなかったら
 クリスはロデオに明け暮れ、出来そこないのカウボーイとなり
 次第にHV感染し、『オデッサ・バイヤーズ・クラブ』なるものを
 立ち上げていたかもしれない。

・クリス・カイルはいつの間にシールズ隊員になったの?
 Q:まったくのド素人がいきなりシールズに応募できるのでしょうか?
 A:アメリカ海軍に属し、選抜試験を突破しなければいけません。
 

・アルカイダの狙撃手VSアメリカの狙撃手という後半の描き分けは
 なかなか秀逸だったと思う。
 最後に放たれた超スロー映像の銃弾に“WANTED”の印刷はあったのか(爆)

・1920メートル先の標的を撃ち抜く腕は流石レジェンドである。
 これは是非とも『ザ・シューター/極大射程』のマークと決闘を!
 もちろん忘れてならないのがアルカイダの狙撃手。
 ここはこの3人で『続・夕陽のガンマン』のラストを遠距離で再現だ(笑) 

・アルカイダの狙撃手のオリンピック競技は何だったのか興味津々。
 劇中に“射撃”って言ってたっけ?^^;
 まさか競歩とかじゃないよね(なにそれ)

・その狙撃手がクリスを執拗に狙っていたのは賞金18万ドル目当てである。
 もしも、射止めたら本当にマネーを貰えるか気になるところ。

・シエナ・ミラー、これだ!という個性がないので
 映画に出続けないと次第に忘れ去られる女優さん(こら)

・出ました!イーストウッド映画の特殊メイク担当さん
 妊娠満期のお腹見て、紙粘土で盛ったお山のようだった^^;

・新生児の背中だけ持ち上げてもビクともしない強靭な首には
 もはや並の新生児ではないと確信した(爆)

・役作り?本人に似せるためかは知らないが、可也の増量クーパーくん。

・射撃の名手に多いのが、意外にも小太りがっちり系(爆)

・御大の息子スコットくんが居るのでは?とずっと探していたが見つけられず
 本作には登場していなかったのか(笑)

・クリスが自宅で観ていたアルカイダが売っている戦闘映像で
 そこに映っていた米国兵の足に被弾し、ありえない方向に折れるシーンが
 本作で最もグロいシーンであったかもしれない^^

・まさか、ラストでそういう展開になるとはつゆ知らず、
 得体の知れない不安感を抱いたまま見送る妻の顔が脳裏を霞む。

・本作、エンドロールで音楽流れなかったのは制作者の意図?
 劇場の不具合じゃないよね^^;

・お気楽記事になってますが、ワタシの息子も現役海上自衛官ってことで
 世界状況の変化があるたび親として内心穏やかでないのです。 
 いまだに妻はこういう映画は観られないようです^^;
----------------------------------------------------------------
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ジェイソン・ホール
音楽:?


出演:ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/
    ジェイク・マクドーマン/ケヴィン・レイス/コリー・ハードリクト



『アメリカン・スナイパー』
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォックスキャッチャー | トップ | ドライブ・ハード »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2015-02-22 19:47:04
>アメリカ海軍に属し、選抜試験を突破しなければいけません。
いや〜ご存じとはさすがですね!
もしやシールズ目指したとか?(爆
冒頭の訓練シーンが、わりとなまっちょろかったので
まさかシールズになるための訓練とは思ってなかったのですが、
ギブアップしたときに鳴らす鐘を見て気が付きました。
他の作品でもっと凄い訓練だったのを観た記憶があるので、
あれだったらちょっと我慢すれば私だってシールズになれそう!とか、、、ちょっと思っちゃいました(爆
えふさんへ (ituka)
2015-02-22 22:30:56
>いや〜ご存じとはさすがですね!

いや〜、これはレビュー書いてる時に疑問“Q”を感じたので
ウィキで調べた答え“A”をそのままコピペしたのです。
ワタシが知ってるわけないじゃないですか(爆)
ちなみに、陸軍特殊部隊のデルタフォースやグリンベレーになるには
階級が最低限“軍曹”以上なのでクリスはそこまで待てないという理由から
海軍経由のシールズにしたらしいです。

なんかシールズの訓練にしてはイマイチ甘ちゃんでしたよね(爆)

シールズへの勧誘 (ami)
2015-02-25 22:40:15
私も思いっきりツッコミましたよ。
まるでダイナーのメニュー並のお気軽さで薦められててビックリしました(爆)

それから妊婦さんのお腹も酷かったですが、赤ちゃん人形も凄かったですね。
アメリカの医療ドラマでは、気味が悪いほど本物そっくりの
新生児人形が使われていると言うのに、今時あれは無いわ〜。
コントかよ!って思っちゃいましたよ^^;

>スコットくん
またもや無駄なイケメンアピールなんてしたら
「誰かコイツ撃ってやって...(ーー;)」と思いそうです(爆)
amiさんへ (ituka)
2015-02-26 00:59:28
多分、テキサス州のダイナーに行くとメニューの端っこに勧誘文が添付されてるかもしれませんね(爆)

>赤ちゃん人形

これ皆さんツッコまれてますが、ワタシは何を見ていたのか
何処にそんな重要(?)なシーンがあったのかさっぱり分かりません^^;
もしや、クリスがガラス越しに声を荒げてる時に冷たい目で振り返った看護師が抱いてた物体ですかね(おい)^^;

>無駄なイケメンアピール

鑑賞前から“スコットくん探し”で忙しくなるぞと思っていたので
最後まで出てこないとなると逆に寂しいです(爆)
こんばんは (オリーブリー)
2015-02-26 01:03:29
>お気楽記事

わっ、マジ、絡みづらいわっ(爆)
あのエンドロールで、何を言いたいのか何となく察することができました。
劇場の不具合とは全く思いませんでしたよー(爆)
出勤前ですが(笑) (ami)
2015-02-26 08:26:59
>赤ちゃん人形

はじめに奥さん、その後クリスが赤ちゃんを抱きながら病室で二人で話すシーン、
赤ちゃんのほっぺの質感が臨月のお腹並にカッチカチ(爆)
ブラッドリーがさりげなく(赤ちゃんの)手を動かして
それっぽく見せ様としていましたが、かえって不自然で
「なんちゃって家族」のマリファナベイビーの方がまだマシでしたよ(←おい)

それに
>冷たい目で振り返った看護師が抱いてた物体
も、もちろん人形だと思います^^;
オリーブリーさんへ (ituka)
2015-02-26 22:48:12
この映画は地元のユナイテッドで鑑賞したんですよ。
実はこの劇場って過去に音響システムの不具合やら、フィルムの前後入れ間違いとか、初歩的なミスが頻発した時期があったんですよ^^;
なので、てっきり「また、やらかしたか?」でした(笑)

実話で制作中に本人の不幸だなんて、本当にびっくりしました。
amiさんへ (ituka)
2015-02-26 23:24:42
>それっぽく見せ様としていましたが

なるほど!これでスッキリしましたよ!ありがとうございます(笑)
演じる俳優さんたちも結構気を使われていたんですね^^;
にしても、イーストウッド監督は素晴らしい感性をお持ちなのに
小道具や特殊メイクに関してはプロダクションデザインに口出ししないのが不思議です^^;

モノに関してリアルを追及しないとなると、
ブラッドリーが人形の赤ちゃんの手をあらぬ方向に曲げちゃったりしてもOKサイン出しそうですね(爆)

これで、特殊メイク→人形と来てるので、次回作のサプライズが楽しみになってきました(爆)

Unknown (mariyon)
2015-02-27 20:12:19
連日実話映画で気分が暗くなりましたが、
こちらは、壊れた男のままでなく、
前進しようとしていたところが、
ハートロッカーより、ずっと救いがある気がしました。

>赤ちゃん人形
抱き上げるときは人形でないと
契約的にまずいのかなぁ?と、漠然と思っていました。
そして、ぬいぐるみ・・・・予告のせいもあって
肩車してるシーンで、頭の中はテッドのことしか考えられなくなりました。

mariyonさんへ (ituka)
2015-02-28 00:24:26
実話映画の連続って、本当だ(爆)
「ハート・ロッカー」はオールラストでひとり出掛けちゃいましたからね^^;
クリスは自分のことが分かってて、心の整理をしようとしてたから、まだ救われます。

>抱き上げるときは人形でないと

あらま〜、皆さん見抜いてたんですね。
ワタシはまったく気が付きませんでした^^;

射的ゲームの景品見て、ワタシも「テッド」思い出しました(笑)
出来れば、あのぬいぐるみが「オメ〜の肩車じゃなくガスの胸に抱かせろ」って言ってほしかったです(爆)
こんにちはー♪ (kira)
2015-03-06 12:57:24
今週のツッコミね〜
アルカイダのスナイパーvsアメリカのスナイパーは
見所でしたよね〜♪
エンドの直前の海兵隊の葬式からの無音!
一瞬でしたが、私もすわ!音響トラブル?!と(笑)

シエナのお腹も、驚愕の膨張率でしたよねー
絶対双子だと思ったです(笑)

今作もイーストウッドのセンスが光る素晴らしさでしたが、
好きな作品とはちがう。。。
ってか、なげーよって感じてしまったわ、スマン
kiraさんへ (ituka)
2015-03-06 20:49:01
実は、先日のことですが再見してきましたよ(笑)
皆さんが仰る空気人形、、、じゃなくて赤ちゃん人形の登場シーン見たさに(爆)

なんか凄い手抜きをやってるスタッフに対し大受けしました^^;

>シエナのお腹

やっぱり尋常でない大きさですよね!
ワタシは妊娠したことないのですが、
それでもアレは変だと思いました。表面が凸凹だったし^^;

長く感じましたか(爆)
ワタシはリアルな戦闘シーンに唸ってしまい最後の葬儀で「え?もう時間?」でした(笑)
調子に乗ってこちらにも。 (とらねこ)
2015-03-24 17:02:09
>ワタシの息子も現役海上自衛官ってことで

なんと!そうだったんですね。
というか、何となくitukaさんて、自分と同じくらいかと思ってたんです。
そんなに大きな息子さんがいらっしゃったとは!
それに、息子さんが現役海上自衛隊だというと、やっぱ海猿とかも見れないですかね?^^
私の友人も、兄が海上自衛隊という子がいて、
「海猿はリアリティからかけ離れていて、何かと言いたくなってしまう」って言ってました。

クリス・カイルのシールズの特訓シーン、結構私は印象的で、思わず『愛と青春の旅立ち』を思い出しましたけど、
少しあっさり目ではあったかもしれませんね。
みんな分かってるからもういいかー、という感じだったのかな。
とらねこさんへ (ituka)
2015-03-24 23:28:58
なんと!そうなんですよ(笑)
以前、振り向けば時計がいつも11時11分なんです発言に対し
とらねこさんが、きっとその時間こそ素敵な相手が見つかりますよって言われた時に
あら〜かなり若く思ってらっしゃるのかな〜でした^^
多分、とらねこさんはワタシの娘(息子しかいないけどね)くらいじゃないかと思います。

自衛官の息子が言うには海上保安庁巡視艇と護衛艦双方の乗組員で火花が散る瞬間があるようです(笑)
どちらもプライド持ってるからねって^^;

あの訓練シーンは何かの罰ゲームかと思いましたよ。
みんなでくっついてる感じがムカデ人間っぽかったです(おい)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アメリカン・スナイパー/ブラッドリー・クーパー (カノンな日々)
アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝をクリント・イーストウッド監督がブラッドリー・クーパーを主演に映画化した戦争ヒューマンドラマです。短い劇場予 ...
『アメリカン・スナイパー』 2015年2月10日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・スナイパー』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、TOHOの試写会が当たりました 【ストーリー】  イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない...
映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・傑作! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ〜 その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア....
アメリカン・スナイパー〜イーストウッドの郷愁 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:American Sniper。クリス・カイル原作。クリント・イーストウッド監督。ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴ ...
アメリカン・スナイパー (♪HAVE A NICE DAY♪)
予感はしてたけどとても重い作品でした。 女性や子供まで手榴弾を投げてアメリカの兵士を殺すのですから その前にアメリカ軍は クリス・カイルが撃って殺してしまわないといけない それに一緒に戦ってた戦友の死もあるし・・・ 誰だって心に傷を負いますよね。 戦場で...
アメリカン・スナイパー (花ごよみ)
監督はクリント・イーストウッド。 主演は自らプロデューサーとして、 映画化権を得たブラッドリー・クーパー。 彼は役作りのために体重を 大幅に増やしたそうです。 この映画は イラク戦争に4回にわたり遠征、従軍した アメリカ海軍特殊部隊の、 ネイビーシールズ所....
劇場鑑賞「アメリカン・スナイパー」 (日々“是”精進! ver.F)
彼は、“伝説”だったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502210000/ ★アメリカ版★数量限定グッズ★DVD等と一緒にコレクション★アメリカン・スナイパー ブラッド...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天...
映画「アメリカン・スナイパー」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 今回、私は「OK Wave」さんにご招待された。試写会の客入りは8〜9割位。客年齢は高めで男性客が多い。
『アメリカン・スナイパー』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.02.10 『アメリカン・スナイパー』(試写会)@イイノホール 戦争映画はあまり得意ではないのだけど、この映画は見たいと思っていた。試写会当選したお友達のおこぼれに与って行ってきたー♬ ネタバレありです! 結末にも触れています! 「幼い頃から...
『アメリカン・スナイパー』体制庇護か反戦か (映画@見取り八段)
アメリカン・スナイパー〜 AMERICAN SNIPER 〜     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・ラーチ、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キー...
肝に銘じなければならない。『アメリカン・スナイパー 』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれたクリス・カイルの自叙伝を実写化した作品です。
「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・
アメリカン・スナイパー / American Sniper (勝手に映画評)
アメリカ軍史上最高の狙撃手、アメリカ海軍特殊部隊SEALsのクリス・カイルを描いた作品。 クリント・イーストウッドらしい、骨太の作品ですね。って言うか、実在の人物を描いた伝記映画なので、基となった人物の人生が骨太ということでも有るのだと思いますが。 作品で....
アメリカン・スナイパー (Break Time)
今朝は、一日中曇りの天気で・・・
アメリカン・スナイパー (だらだら無気力ブログ!)
最後まで魅入ってしまった。
『アメリカン・スナイパー』 (2014) (相木悟の映画評)
深き余韻が刻まれるスナイパーの一生! 従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった。 本作は、映画界の長老クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争で公式記録160人を撃ち抜いた最強スナイパー、クリ....
アメリカン・スナイパー (ハリウッド映画 LOVE)
秀逸なエンドクレジット!
『アメリカン・スナイパー』 (時間の無駄と言わないで)
クリント・イーストウッド監督作品。 「ジャージー・ボーイズ」観たばっかりな気がするのに。 相変わらず仕事早いなぁ。 イラク戦争モノで、実話ベースで、アカデミー賞ノミネ ...
アメリカン・スナイパー (試写会) (風に吹かれて)
両極端の場所を行き来する者たち 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper2月21日公開 原作: ネイビー・シールズ最強の狙撃手 (クリス・カイ
アメリカン・スナイパー/AMERICAN SNIPER (我想一個人映画美的女人blog)
もうすぐ発表になる、アカデミー賞で作品賞ほか6部門でノミネート中の クリント・イーストウッド監督×ブラッドリー・クーパー主演の期待作 伝説のスナイパー、クリス・カイルの真実とその半生。 原作は、13週に亘りニューヨーク・タイムズ紙のベ....
アメリカン・スナイパー  (心のままに映画の風景)
イラク戦争に出征したアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、人並み外れた狙撃の精度から“レジェンド”と称され、仲間たちを徹底的に援護する。 4度にわたりイラクに送られたクリスは、故郷に残した妻タヤ( シエナ...
アメリカン・スナイパー (Akira's VOICE)
確かなずっしりの見応え。  
『アメリカン・スナイパー』 〜届け!老番犬の無音の遠吠え〜 (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー    シエナ・ミラー ■概要 原題は『American Sniper』。アメリカ製作による2014年の戦争伝記ドラマです。監督は『ジャージー・ボーイズ』の御大クリント・イーストウッド...
『アメリカン・スナイパー』 それは違うよ、モハメッド (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。  男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。そ...
アメリカン・スナイパー (そーれりぽーと)
外せないクリント・イーストウッド監督最新作、『アメリカン・スナイパー』を観てきました。 ★★★★★ 戦争の惨状と、戦争によって精神が蝕まれていく兵士の様子。 参戦国であっても、一旦戦地から母国に帰ってきたら平和そのもの。また、戦争をしている裏側では並行し...
映画「アメリカン・スナイパー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アメリカン・スナイパー』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は余裕の ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・...
『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞にふれています。『アメリカン・スナイパー』AMERICAN SNIPER監督 : クリント・イーストウッド物語・イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カ
アメリカン・スナイパー (映画と本の『たんぽぽ館』)
本国では迷子の子供のような・・・ * * * * * * * * * * 楽しみにしていたイーストウッド作品。 でも何だねえ、本作はかなり重いから、  私ら ぴょこぴょこコンビでいいの?って気がするけど。 だってクリント・イーストウッド出演及び監督作品...
アメリカン・スナイパー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。メガホンを取るのは、『ミリオンダラー...
映画「アメリカン・スナイパー」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。
アメリカン・スナイパー (to Heart)
原題 AMERICAN SNIPER 上映時間 132分 映倫 R15+ 原作 クリス・カイル 『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊) 監督 クリント・イーストウッド 出演 ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン 2001年のアメリカ同時...
アメリカン・スナイパー (こんな映画見ました〜)
『アメリカン・スナイパー』---AMERICAN SNIPER---2014年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー米海軍のエリート部隊“ネイビー・シールズ”の兵士としてイラク戦線で活躍した伝説の狙撃....
アメリカン・スナイパー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカ軍最強と言われた実在の狙撃手を描いた 映画で、主演はハングオーバーシリーズなどで 知られるブラッドリー・クーパー、監督は精力的に 映画を製作してくれているのが嬉しいクリント・ イーストウッドが務める『アメリカン・スナイパー』 が公開されましたので観...
アメリカン・スナイパー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー 【ストーリー】 イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的....
伝説への黙祷〜『アメリカン・スナイパー』 (真紅のthinkingdays)
 AMERICAN SNIPER  テキサスでカウボーイとして育ったクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー) は、愛国心から志願し、入隊する。ネイビー・シールズの狙撃手としてイラ ク戦争に従軍した彼は、その 「精確」 な腕前から 「レジェンド」 と称され...
アメリカン・スナイパー (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破し....
アメリカン・スナイパー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をき...
「アメリカン・スナイパー」 (或る日の出来事)
シンプルに映画に描きとめる。
アメリカン・スナイパー (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
アメリカン・スナイパー '14:米 ◆原題:AMERICAN SNIPER ◆監督:クリント・イーストウッド「ジャージー・ボーイズ」「グラン・トリノ」 ◆出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、キーア・オドネル、カイル・...
イラクの英雄、その真実、 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ....
アメリカン・スナイパー (いやいやえん)
【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ 米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。 描かれるのは伝説のスナイパ...
アメリカン・スナイパー (銀幕大帝α)
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最....
アメリカン・スナイパー (American Sniper) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い...
「アメリカン・スナイパー」 (ここなつ映画レビュー)
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な...