映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~

2013年05月01日 21時21分32秒 | 映画 は行
評価:★★★【3点】


雰囲気は『ジェヴォ-ダンの獣』&『ヴィレッジ』?

ただし、その両方の作品のようなホラー的要素は
残念ながらこの作品には存在しない^^;
若干、似たような設定があったようななかったような(笑)

何かに取り憑かれた幼い少女、、、ではなく
おそらく、彼女は生まれた時から自由奔放に本能のまま生きる術を
自然に身につけており、周りの動物と会話が出来ると信じている。

さて、このファンタジー映画、
アカデミー賞主要部門にノミネートされてたということですが
見終わってみて、正直なんだかよく分からないというのが本音(苦笑)



長々と伸びる堤防によって、
まるで世界から切り離されているかのような
小さなコミュニティ、通称“バスタブ”。
自分には動物と会話できる特殊な能力が備わっていると
信じる6歳の少女ハッシュパピーは、
飲んだくれの父親ウィンクと暮らしながら、
バスタブの仲間たちと活気にあふれた毎日を送っていた。
その一方で、自然界は繊細な秩序で守られていると考える彼女は、
秩序の崩壊によって獰猛な伝説の巨獣オ―ロックスが
復活するとの言い伝えに怯えていたのだった。
そんな中、
100年に一度の大嵐が平和なバスタブに襲いかかろうとしていた…。
<allcinema>



冒頭で説明されていた地図がどこを示していたのか(苦笑)
もういちどよく見れば、右側を上にスライドさせてみて謎が解けました。
合衆国南部デルタ地帯といえばミシシッピー川ということで
最初に分かるのがルイジアナ州ということでしょうか。

オリーブリーさん、ありがとう(笑)
お初でお会いしたにも関わらず鑑賞後のディスカッションは
楽しかったですね^^

このルイジアナ州といえば
ほぼその全体が、かつてはミシシッピ川の巨大な三角州だったという。
今でも沼や湖が複雑に入り組んでいる“バイユー”と
呼ばれる地帯がニューオリンズの 南側にはたくさん広がっている。
ゴーストにとって、こんなありがたい場所は他にないらしいが(笑)

「全米有数の貧乏州のひとつであるが、
何故か世界一長い橋が湖上を渡っている。しかも2本も。
そしてその橋のなかばに差し掛かっても対岸は見えてこない。
振り返ってももう 来た陸は見えない。
湖上から立ちのぼる濃厚な水蒸気は昼間でもそこを異世界に
変えてしまう不気味なところである」


ということで、舞台を特定するだけで
なんだか疲れてしまって、結局、何が言いたかったのか
もうひとつピンとこない、そんな映画でした。


【今週のツッコミ】
・実際、あの位置にバスタブ島って実在するのか?
 検索してもバスタブのリフォームしか出てこないぞ(笑)

・この映画、本当のテーマは地球温暖化撲滅運動じゃないよね^^;

・この小さなコミュニティだけで言い伝えられてきたのか知らないが
 伝説の巨獣オーロックスはイノシシと水牛を掛け合わせた新種だった。
 少女と対峙するところは、この映画で最も緊張するシーンだ。

・そのオーロックス、あれはアニマトロニクス?
 それとも、遠近法で大きく見せる70~80年代でよく使われた手法か。

・『ジェヴォ-ダンの獣』とまでは行かないが『ヴィレッジ』の
 あの妖獣よりは数段上だった(爆)

・生徒の前で大腿部を見せる先生って、いいね(笑)

・父の胸を一撃必殺!ってあのまま倒れ込んだ父は超リアル思考かと。
 妊婦にも関わらすワニを撃退した母。さすがはその子である。

・ハッシュパピーのママはキッチンに入るだけで
 お湯が湧くらしい。っていうか勝手に火が付くだけでしたが。
 ある意味、危なくないかね^^;

・父はなんで彼女のことをボスと呼ぶ?
 誉められて育つ子ってやつかな(笑)

・先生の教え、「自分よりも弱い子を助けなさい」
 こういう時期に教えられたことって生涯忘れないものです。

・食糧難となりダイナマイトで倉庫を爆破しようとする彼ら。
 スイッチ担当のあのオッちゃんのボケ具合は最高だった!
 これリメイクするなら、この役は花咲爺さんこと
 自由黒人の執事サミュエル爺に是非やってもらいたい。 

・コミュニティの団体さんが立ち寄った“極楽”の女性って
 ハッシュパピーの母という予想は違ってた。

・父が着る白いドレス、それと腕輪、この映画を観てないと
 この文章だけで、あっち系の父と思われてしまうことだろう。
-----------------------------------------------------
監督:ベン・ザイトリン
脚本:ルーシー・アリバー/ベン・ザイトリン
撮影:ベン・リチャードソン
音楽:ベン・ザイトリン/ダン・ローマー


出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス/ドワイト・ヘンリー


『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイアンマン3 | トップ | L.A. ギャング ストーリー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話様でした。 (オリーブリー)
2013-05-02 14:45:25
昨日はありがとうございました。
思い切って声をかけて良かったです(ビンゴ~)
オバちゃんになると、知らない人にでも話しかけてしまうという、恐ろしい技が役立ちました(爆)
映画の評価はともかく、出会いの作品とはなりましたね(爆)
若々しいitukaさんと楽しい時間が過ごせて嬉しかったです!

>先生の教え

そう、なかなか良いこと言う女性でしたね。
他はただの飲んだくれみたいだったけど^^
でも父に用意したあの薬って、、、(苦笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-05-02 17:34:26
こんにちは。
こちらこそありがとうございました。
劇場ロビーにいるのは分かっていても、あれだけの多くの女性へ訪ねまわる勇気はありませんでした。
ここでふとマット・デイモンの台詞「20秒の勇気を持て」が頭をよぎりまくったんですけどね(笑)

ビンゴ!でしたね~(爆)
よくぞ見つけてくれました!これもし、シネマ1の大きい方だったらあんなに上手く偶然のように真後ろに移動できなかったかも(笑)

そうそう、これって記念作品ですよね!^^

母に良く似た女性の目もとに描かれてた涙のタトゥって、すごく意味深で
ワタシ、あういうの結構好きなんですよ(笑)
もちろん、映画の中の世界限定ですけどね^^

あの生薬の成分が気になりますよね。
ただの安定剤だったりして(笑)

場所を特定されるって凄い! (ぺろんぱ)
2013-05-02 19:39:04
こんばんは。
やっと?鑑賞作品がかぶり、嬉しいです。

ご評価は3点なのですね。私は良かったんですよね、コレ。
結構心を揺さぶられました。私的には4.5といったところでしょうか。(*^_^*)
でも何が良かったかと言って、itukaさんのブログに久々にコメントさせて頂ける機会を得たということが一番良かったです~。(*^_^*)

しかしワイルドな世界が展開してましたね。
生きることの原点を見た感じです。

ぺろんぱさんへ (ituka)
2013-05-02 21:40:21
こんばんは。
お~!数ヵ月ぶりとなってしまいましたが、作品が被りましたね。
プチお久です~(笑)

評価はなんだか今ひとつピンとこなかったんですが、少女のピュアな部分は光ってました。
こういう映画って、観る側によってどうとでも捉えられる作りと思いました。
ある意味、観客に丸投げ?(笑)

>itukaさんのブログに久々にコメントさせて頂ける機会を得たということが

なにを仰います^^
まったく知らないネットの通りすがりさんは引きますが、ぺろんぱさんとは長いお付き合い
ワタシのような拙ブログ、いつでも、どこでもお気楽に立ち寄ってくださいませ~(笑)

生きる原点でしたね!^^
父子のそれぞれの想い、これ純粋でした。
流石です! (ami)
2013-06-22 19:42:25
バスタブの場所を特定するなんて!!
毎度の事ながらitukaさんの着眼点には脱帽です。

私はこの作品「どストライク」だったのですが、評価は割れているみたいですね。哲学的なメッセージをファンタジー風に描いているところは『ライフ・オブ・パイ』にも通じますが、この荒削りで若々しい感じも私は好きです。
amiさんへ (ituka)
2013-06-22 23:29:59
こんばんは。
こういう映画にありがちな架空の地域であれば、それはそれでいいんですが
今回、敢えて地図が出てきたので是が非でも探さなくては!と思いました(笑)
先日公開された『ムーンライズ・キングダム』でも同様の気持ちになったんですよ。

着眼点はたぶんマニアックな部類に入るかもしれませんね(爆)
B型なのでちょっと変人っぽいとこあったりして(いや、そこまで訊いてないって)^^;

amiさんはストライクど真ん中だったのね!
そうそう、哲学っぽくて見る側の捉え方でどうにでもなる映画でした。

>『ライフ・オブ・パイ』にも通じますが

まさにそれ!バナナは水に浮くか沈むかというヒントがあった分『ライフ~』の方が優しい感じがしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~/クヮヴェンジャネ・ウォレス (カノンな日々)
第85回アカデミー賞では史上最年少で主演女優賞候補となったクヮヴェンジャネ・ウォレスが話題を集めたこの作品。世界のはずれの小さな島で暮らす少女の目線を通して映し出す社会 ...
ハッシュパピー~バスタブ島の少女~ (佐藤秀の徒然幻視録)
地球温暖化のティッピングポイント 公式サイト。Beasts of the Southern Wild ルーシー・アリバー原作、ベン・ザイトリン監督、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー。本作で史 ...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (あーうぃ だにぇっと)
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~@スペースFS汐留
映画:ハッシュパピー バスタブ島の少女 Beasts of the Southern Wild  尽きない生命力を体感せよ!  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
どんな時代なのか(現代? 未来?) どこなのか(アメリカなのはわかるけど、いったいここはどこ?) そんなことさえ全くわからないまま、6才の少女から語られる今。 何はともかく、恐ろしく強力に「生命力」に溢れる。 凄いパワー! これに圧倒されているうちに、す....
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 2013年3月27日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 を鑑賞しました。 主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんとゲストで芦田愛菜ちゃんでした。 9歳と8歳とのことでしたが、クヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんと並ぶと大きさが全然違ってましたw ちょいとおませな子供というのは...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (心のままに映画の風景)
6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘン...
ハッシュパピー バスタブ島の少女/BEASTS OF THE SOUTHERN WILD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 劇場で予告篇何度も観ちゃってて、それでも惹かれなかったんだけど アカデミー賞作品賞など、主要4部門でのノミネートというわけで 一応観なくちゃってことで、時間も合ったのでみてきました~ 若干29歳...
ハッシュパピー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで高く評価されたということで映画館に行ってみました。  本作は、水没の危機に瀕した島で暮らす父娘の物語です。  主役は、6歳の女の子のハッシュパ....
『ハッシュパピー バスタブ島の少女』 (みかん星人の幻覚)
アカデミー賞関連映画の、ほぼ最終章。 主演の「クヮヴェンジャネ ウォレス」ちゃん
『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』これが生きる力だ! (Healing )
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~   Beasts of the Southern Wild ★★★★★ 絵本の世界のようなファンタジーと 厳しい現実との はざまにある “いのち”の本質と生命力 ゆとり教育の導入のとき、 「生きる力」を育むとか、なんたら、かんたらという文脈がありまし...
他にない力強さ! (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」を鑑賞しました。 6歳の少女ハッシュパピーは、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで父親のウィンクと暮らしていた 閉鎖的な場所であったものの穏やかな日々を送っていたが、ある晩嵐が全てを奪い去って...
「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 (NAOのピアノレッスン日記)
~あたしは 強くなる~ 2012年   アメリカ映画   (2013.04.20公開)配給:ファントム・フィルム    上映時間:93分監督:ベン・ザイトリン原作戯曲:ルーシー・アリバー脚本:ベン・ザイトリン/ルーシー・アリバー音楽:ベン・ザイトリン/ダン・ロ...
ハッシュパピー バスタブ島の少女 ★★.5 (パピとママ映画のblog)
昨年のサンダンス映画祭で上映されて以来、新人ベン・ザイトリン監督によるこの低予算の映画は、数多くの賞賛を受けていた。サンダンスではグランプリと撮影賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも招かれ、カメラドール、国際批評家連盟賞など四冠に輝き、もしかしてアカデミー賞...
映画『ハッシュパピー、バスタブ島の少女』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-37.ハッシュパピー、バスタブ島の少女■原題:Beasts Of The Southern Wild■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:93分■観賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円□監督・脚本:ベン・ザイトリン□脚本:ルーシー・アリバー◆クゥヴェ...
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (いやいやえん)
海に浮かんだ小さな島通称バスタブに、父と暮らす少女ハッシュパピー。 しかしある晩襲ったハリケーンにより、島は海水にのみこまれてしまう…。 てっきり南太平洋かどこかの島だろうと思っていたのですが、舞台はアメリカの南部らしいですね。なんだかそれだけでも...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BEASTS OF THE SOUTHERN WILD】 2013/04/20公開 アメリカ 分監督:ベン・ザイトリン出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー ウィンク あたしは強くなる [Story]長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ...