映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

クラッシュ

2006年02月27日 15時55分50秒 | 映画 か行
原題:『CRASH』

監督:ポール・ハギス
脚本:ポール・ハギス
撮影:J・マイケル・ミューロー
音楽:マーク・アイシャム

出演:ドン・チードル/マット・ディロン/ブレンダン・フレイザー/サンドラ・ブロック/ジェニファー・エスポジート/ライアン・フィリップ

-------------------------------------------------------

ロサンゼルスで起こった2日間をある自動車事故を発端にそこに関わる人々をまるで鎖を手繰り寄せていくような感覚で観るものを現実の世界に戻してしまうチョット気が重くなるような映画である。

人種差別が今でも表面でこそ出てないようにしているが、皆心のどこかでモヤモヤとしていて、チョットした出来事から最後に出てくる言葉は結局“差別用語”なんだなと云うのが分かる。ひとは自尊心を傷付けられた時思いもかけない復讐心が芽生える。この映画は出てくるそれぞれの人間に降りかかった出来事に対して傷付き罵倒され、それでも耐えて生きている。公開時間が112分となっていますがサンドラ・ブロックのエピソードのオチがああなるということに対してのそれまでの描かれ方が短いような気がしました。

個人的にはライアン巡査(マット・ディロン)とクリスティーン(タンディ・ニュートン)のエピソードが最も良かったような気がします。

群像劇ってこういうものだったんですね。過去にも沢山の群像ドラマはありましたが殆んどまともに観ていませんでした。一般のドラマと何処が違うのか・・・
それは主演といわれる人物が居ないこと、では全員が助演になるのか?今回アカデミー助演男優賞にマット・ディロンがこの映画からノミネートされたことでもそういうことなんでしょう。イギリスのアカデミー賞でも助演男優でドン・チードルがノミネートされていたし・・・

今回は78回アカデミー賞にノミネートされた主要6部門のなかで観た映画は「スタンドアップ」だけであったため急遽この映画を観ることにしました。でもこの映画のいいところが判りませんでしたね。ラストは出ている人物たちが少しだけハッピーな方向に行くのだけれどこれは自分の心のなかで切り替えること“ココロの改革”なんです。「県庁の星」とリンクしてもいいかも知れません(笑)

それからこの「クラッシュ」という題名は頻繁に使われているので『クラッシュ良かったよ~』と言っても『どのクラッシュ?』と言われてしまいます。なので『クラッシュ2005』という方が簡単でいいですね(笑)

評価:★★★

「クラッシュ」オフィシャルサイト
http://www.crash-movie.jp/
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県庁の星 | トップ | シリアナ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クラッシュ (シネマ日記)
ネタバレあり。人種差別をテーマにした本当によくできた群像劇。監督、脚本はポールハギス。「ミリオンダラーベイビー」の脚本を手がけた人。それだけでも、この映画がクオリティの高いものであろうことは予想できる。15人はいるメインのキャスト。その全員が素晴らしい演技
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンでは、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...
クラッシュ / CRASH (我想一個人映画美的女人blog)
\"サンドラブロック主演\"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品
クラッシュ (ERi’s room)
映画『クラッシュ』を観てきました。 前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差
「オリバー・ツイスト」「クラッシュ」・・・善と悪はつながっている (Make Your Peace)
「オリバー・ツイスト」「アサルト13 要塞警察」「クラッシュ」と三本立て続けに映画を観て、善と悪の複雑な関係について、大いに考えさせられました。 「オリバー・ツイスト」は、言わずと知れたチャールズ・ディケンズの名作。ディケンズは、あの「クリスマス・キャロ
人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇
ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/テレンス・ハワード 《公開時コピー》人はぶつかりあう。人は人を傷つ
クラッシュ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ
映画「クラッシュ」 (いもロックフェスティバル)
観て良かったと思える、そしてもう一度観たいと思える作品。 『クラッシュ』・・・
『クラッシュ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...
「クラッシュ」 (共通テーマ)
ロサンゼルス、24時――。ハイウェイで起こった一件の交通事故が、思いもよらない\"衝突\"の連鎖反応を生み出し、様々な人の運命を狂わせていく・・・(公式サイトより)。「アメリカ」
映画レビュー#23「CRASH」 ★★★★★ (Production Rif-Raf)
基本情報 「CRASH」(2005、アメリカ) 監督:ポール・ハギス(ミリオン・ダラー・ベイビー:脚本) 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ 製作:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ、ドン・チードル他 出演:ドン・チードル(ホテル・ルワンダ)、マット・ディロン(ド.
【映画】『クラッシュ』加害者の心の痛み (Badlands~映画・演劇・音楽レビュー~)
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
クラッシュ (何曜ロードショー)
今日のイラストはサンドラ・ブロックさん彼女がクレジットの最初にあるので先に描いていましたが、彼女が主人公ってワケではありませんね、この映画。コメディとかが多いので、笑っている顔の方が、印象深いのですが、この映画は、コメディじゃないので、シリアス ...
クラッシュ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作は、ロサンゼルスでの2日間の人間ドラマを、心に突き刺 ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
『クラッシュ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
[DVDソフト]クラッシュさまざまな人種・立場の人々を登場させ、人種差別や歯車の狂っていくそれぞれの運命を描いたアンサンブルキャストの秀作だと思う。短い各々のエピソードの中に、無理のない程度に登場人物の特徴をにおわす演出。アンサンブルキャストの映画でこん....
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...