映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ロボジー

2012年01月17日 23時58分21秒 | 映画 ら行
評価:★★★☆【3,5点】


物語の流れを変えたあのキッカケが弱過ぎたかな。





家電メーカー、木村電器の窓際社員、
小林・太田・長井の3人組は、
ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。
近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。
しかし、ロボット博まであと1週間というところで、
制作途中のロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破!
窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に
人間を入れて誤魔化す計画を立てる。
ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、
架空のオーディションが開かれ、
仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人・鈴木重光(73歳)が選ばれる。
しかし、この鈴木がとんでもないジジイで…。
さらには、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの
女子学生・葉子も巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり出す―。
<公式サイト>



【ネタバレ含んでます。要注意】

予告編で気になったのは結末の行方。
ロボットの中に爺さんが入っているのは分ってるわけで
最大のイベントであるロボット博後の展開はどっちに進むのか。
バレてしまうか、そのまま押し通すのか、ふたつにひとつしかない。

ってことで、辻褄の合う方向で決着付けてもらいたかったんですが
ラストに関しては、100歩譲って納得するとしても
問題は、女子大生が張り込み中に不慮の事故に遭い
そこで偶然鉢合わせとなった男との重要なシーンが唐突過ぎてしまったかな。

あそこは物語の流れが一気に変わっていく最もキモとなるシーンなのに
なぜ彼女は、そこまで感銘を受けたのかが、もうひとつ伝わってこない。

できれば、もっとシリアスに演出できるところを徹底しておけば
キモとなったであろう重要なシーンが思いっきり効いていたはずなのに
その辺りがちょっと淡々とし過ぎていて勿体なかった。
というより、観ているモノにあまり伝わってこなかった感じですかね。

せっかく老人福祉施設という美味しい設定があったんだから
ココをもっと活用すれば、完全にお涙付きの傑作コメディだったのに。

“泣いて笑って最後はハッピーエンド!”
ワタシの熱望するコメディ法則は泣きの部分がかなり大事なんです。


おまけ)
・学生たちが主催したニュー潮風開発の講演シーンが最も面白かった。
 本作最大の危機といえる冴えない3人組が工科大学の学生を前に
 赤っ恥をかく寸前での機転の利かせ方はハラハラもんでした(笑)

・記者会見で落下したロボットこそ、冒頭のモノにしておくべきだった。
 冴えない3人組のキャラが、あそこで活きてくる結果になるのにね〜^^;
---------------------------------------------------------------------
監督:矢口史靖
脚本:矢口史靖
撮影:柳島克己
音楽:


出演:五十嵐信次郎/吉高由里子/濱田岳/川合正悟/川島潤哉/
    田畑智子/和久井映見/小野武彦/


『ロボジー』  





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スウィッチ | トップ | ジョニー・イングリッシュ 気休... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆爺さんのにほひのするロボット☆ (TiM3)
2012-01-18 23:17:21
どもです。

ワタシも先日、観て来ました(=^_^=)

カエルっぽい(?)ご尊顔のしとが「悪役」になるか・・
と思いきや、さほどでもなかったですね。

導入部(ツカミ)はやたらと面白かったので、もう少し
「観客の期待」にマキシマムに応えて欲しかったトコです。

主人公が誰なのかもイマイチぼやけてました。
ロボジーの視界のように(=^_^=)

かと言って「群像劇」でもなかったですし・・
TiM3さんへ (ituka)
2012-01-19 01:02:16
こんばんは。

矢口監督ってことで、これは期待値上げ過ぎたのかもしれません。
『ハッピーフライト』が可也良かっただけに(苦笑)
ロボット博に集まってたエキストラの演技から、こりゃダメだな!って感じでしたよ^^;

>導入部(ツカミ)はやたらと面白かったので

そうなんですよ!冒頭から惹き込まれそうになってたのに、、、
ワタシとしては、爺さんのマイペースな頑固キャラよりも、同情したくなるキャラの方が好みなんですけどね〜(笑)

そう、これって主人公は結局誰だったんだって印象ですよね。
カエル顔のひとって、もしかしたら元グランドスタッフでCAに怒られたひとですね(爆)
ニューしおかぜ (ぺろんぱ)
2012-01-19 22:30:03
こんばんは。

昨年に劇場で観た予告編が面白かったのでインプットしていた作品でした。

>キモとなったであろう重要なシーン

ふむふむ、そういう隠し味もある作品なのですね。

>熱望するコメディ法則は泣きの部分がかなり大事

なるほど。本気の「泣き」があってこそのハッピーな笑い、なのですね。

某紙評で「ニュー潮風の動きがあまりにリアル過ぎ・・・人間が入ってると丸わかり・・・」とかいうのを目にしたのですが、そのあたりは如何でしたでしょうか。(^^)

ぺろんぱさんへ (ituka)
2012-01-19 23:00:05
こんばんは。

矢口監督といえば映画の題材に、その分野の裏事情を面白可笑しく見せるというのがあったんですが
今回の作品に関しては、ロボット製作シーンはほぼ皆無(笑)
着ぐるみに終始してたのが残念でした。

腰痛持ちの爺さんの動きがロボットそっくりってのも笑えますが
真面目に考えると、あんな動きは絶対に不可能だろうっていうのがありました(笑)
しかし、ロボット工学の学生たちに言わせるとセンサーと演算能力次第らしいです(ってさっぱり分らない〜)^^;

こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-01-21 00:21:02
おっ!itukaさんと同じ評価だ〜(笑)
久々のような?(笑)

私も工科大のシーン好きでした。あの3人が
どう切り抜けるかと思ったら、その手があったか〜なんてね(笑)ただ、実際には、無理だと思いますけど(ーー;)

itukaさん、コメディでも泣きを重要視されてるんですね。確かにこの作品って、泣きの部分は、なかったですよね(^_^;)
でも、この監督って、あまりシリアスな部分って作らないですよね?そうでもなかったかな(^_^;)大笑いは、できなかったけど、嫌いじゃない作品でした(*^.^*)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-01-21 21:04:41
こんばんは。

もうひとつ、爆笑っていうところまでいかなかったですね。
クスクス笑いってのは矢口作品の傾向なのかもね^^
工科大のシーンはやっぱり面白かった!(笑)
学生の誰も3人組に突っ込み入れなかったのは奇跡としか言いようがないです^^;
最後の方は、一緒にホワイトボードに方程式入れ込んでいたのを見て、さすが電機屋!と思いました。

そうそう、コメディって、泣いて笑って最後はハッピーエンド!このパターンでなきゃね(笑)
ワタシは過去作ではダスティン・ホフマンの『靴をなくした天使』がこれに当てはまります^^
こんばんは! (kira)
2012-01-22 04:20:12
みんな評価がいいので、今回はホント、TBし難いです〜。
確かに工科大のシーンは一番面白かったです。が、
あの場を代表するようなロボヲタの彼女にあのラスト、は
ちょっと厭らしいと感じてしまったのでした

>泣いて笑って最後はハッピーエンド
まるっと同意
kiraさんへ (ituka)
2012-01-22 21:33:13
こんばんは。

>みんな評価がいいので、今回はホント、TBし難いです〜。

あ〜、その気持ちよ〜く分りますとも^^
でも、違う感想だからこそ映画って面白いんだと思います。
ロボヲタ全開だった彼女があんな風に変わってしまうのは
現実社会の厳しさを知ったからでしょうか。
それまではロボットが恋人とか言って夢見る少女って感じでしたもんね^^;

>まるっと同意

スラップスティック系よりもハートフルなコメディが好きなんですよ。
これが本当のコメディだと思っています。
同意してくれて感謝です^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ロボジー  監督/ 矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  五十嵐 信次郎  吉高 由里子  濱田 岳  川合 正悟  川島 潤哉 【ストーリー】 家電メーカー木村電器の窓際社員・小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的....
ロボジー (LOVE Cinemas 調布)
次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作。ロボット開発を任された3人の技術者がお披露目の1週間前にうっかりそのロボットを壊してしまう。切羽詰った彼らはとある老人に中に入ってもらうように頼むのだった…。主演にミッキ...
ロボジー (そーれりぽーと)
矢口史靖監督最新作、今度はロボットがテーマ。 『ロボジー』を観てきました。 ★★★★ ロボットにおじいちゃんの魂が乗り移る系のファンタジーを撮ったのかと勘違いして観に行ったら、ロボットにおじいちゃんを入れて八百長発表をする事で後に引けなくなる話。 しかも...
ロボジー (あーうぃ だにぇっと)
ロボジー@有楽町朝日ホール
『ロボジー』 2012年1月10日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ロボジー』 を試写会で鑑賞です。 東宝の正月映画はクオリティ高いですね〜 【ストーリー】  弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1...
「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をし...
「ロボジー」  、文句なし。大絶賛 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
まさか、ロボットの中におじいさんが入っているとは思わない。そのまさかを逆手に取った傑作だ。これぞ日本のロボット技術。大ヒット間違いなし。世界に配給できる出来栄え。抜群におもしろい。前半に配置した伏せんをしっかり回収する脚本がすばらしい。
No.296 ロボジー (気ままな映画生活)
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ...
『ロボジー』 (こねたみっくす)
物足りない!制服女優・田畑智子さんが制服を着ていないのが物足りない!ミッキー・カーティスさんのロボットコスプレよりも田畑智子さんの制服コスプレを見せてくれ! ジイさん ...
映画「ロボジー」 (FREE TIME)
映画「ロボジー」を鑑賞しました。
『ロボジー』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(...
【映画鑑賞】ロボジー1時間51分 (愛知女子気侭日記)
〈感想〉 椅子が揺れっぱなしになりながら涙目で堪えてました。 いやはやハチャメチャバカ映画です!! よく出来きましたね。 Blu-ray出たらまた観たいです。 初日の夕方行きましたが、田舎の映画館の割に...
【映画鑑賞】ロボジー1時間51分 (愛知女子気侭日記)
〈感想〉 椅子が揺れっぱなしになりながら涙目で堪えてました。 いやはやハチャメチャバカ映画です!! よく出来きましたね。 Blu-ray出たらまた観たいです。 初日の夕方行きましたが、田舎の映画館の割に...
ロボジー (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ロボジー'10:日本 ◆監督:矢口史靖「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」◆出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉 ◆STORY◆家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボッ...
『ロボジー』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 矢口史靖 出演: 五十嵐信次郎 、吉高由里子 、濱田岳 、川合正悟 、川島潤哉 公式サイトはこちら。  大好きな濱田くんご出演ということで当然鑑賞。 公開日に行って来ました。 満席! 予告で相当流れているので詳しくは書かないけど、開発中の二足...
「ロボジー」ドモアリガットMr.ロボット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと!
★ロボジー(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくです 変形しない。 戦わない。 働きもしない。 そんなロボットに 日本中が恋をした――。 上映時間 111分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/01/14 ジャンル コメディ 映倫 G 【解説】 「ウォーターボーイズ」「ハッピー...
『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! (映画のブログ)
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
ロボジー (to Heart)
製作年度 2011年 上映時間 111分 脚本 矢口史靖 監督 矢口史靖 音楽 ミッキー吉野 出演 五十嵐信次郎/濱田岳/吉高由里子/川合正悟/川島潤/田畑智子/和久井映見小野武彦/森下能幸/田中要次/田辺誠一 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛...
「ロボジー」ROBO-G (東宝=フジテレビ=電通=アルタミラピクチャーズ) (事務職員へのこの1冊)
YouTube: 映画「ロボジー」主題歌 MR. ROBOTO by 五十嵐信次
ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
ロボジー (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が素晴らしい。
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
ロボジー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
ロボジー (銀幕大帝α)
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) −監督− 矢口史靖 『ハッピーフライト』 −製作− 亀山千広 −脚本− 矢口史靖 −出演− *五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光 *吉高由里子『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』・・・佐々木葉子 *濱田...
ロボジー (いやいやえん)
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもらい、何とかロボットを発表すること
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...