映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ペーパーボーイ 真夏の引力

2013年07月27日 20時23分55秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】



予測不能という言いかたがもっとも似合う映画。

いろいろ隠された真実が次々浮き彫りになって行く様は
怪しさ万歳で見ててハラハラドキドキするけど
そこは巧みに計算された監督の演出力なのかもしれない。

これは意外に面白い映画だった。



1969年、真夏のフロリダ州モート郡。
人生の目標を見失い、大学を中退して
父の営むローカル新聞の配達を手伝うだけの
無為な毎日を送る孤独な青年、ジャック。
ある日、大手新聞社に勤める兄ウォードが、
同僚の黒人記者ヤードリーを伴って帰省する。
目的は、4年前に地元で起きた保安官殺害事件の再調査をするため。
既に判決が確定している死刑囚ヒラリーに
冤罪の可能性があるというのだった。
そしてジャックは運転手としてウォードたちの取材を手伝うことに。
そんなジャックの前に、金髪のセクシー美女が現われる。
彼女は今回の取材の依頼者で、
獄中のヒラリーと文通の末に
婚約までしてしまったという女性シャーロットだった。
挑発的で謎めいた彼女の魔性の色香に
すっかり心奪われてしまうジャックだったが…。
<allcinema>



大して期待感がなかった分、高評価となったのかもしれないが
それでもいえることは物語りが核心に迫って行くほど
この映画の世界観にのめり込んでいる自分に気が付いた。

あらすじだけ読むと普通の犯罪ミステリーなんだけど
実は人間の闇の部分をこれほど忠実に描いているのは
過去を見まわしてもそんなになかったような気がする。

この映画の柱となるのはブロンド美女(ニコール)が
死刑囚の男と文通していくうちに彼は冤罪の可能性があり
彼を救うためメディアを使って。。。とよくある話ですが
なんと!面識がないのに婚約までしていたという事実。

そのメディアとなるのが大手新聞社の記者でザックの兄の設定。
話が進んでいくうちに本筋から微妙に脱線していき
物語りはザックの欲求不満度Maxネタが全体を覆っていくから
ある意味、ふたつのストーリーが同時進行ってやつかもしれないね(笑)

今回、ザック・エフロン目線で進んでいきますが
二十歳の彼(作品のなかで)が体験する悪夢のようなできごとは
今後の人生に於いてトラウマとなりうる可能性大だから
少なくとも確実に第三者による心のケアが必要だと思うよ。



【今週のツッコミ】
・四十路でビッチ呼ばわりされてるニコールの演技が秀逸!
 痛さで言えば『ヤング≒アダルト』のシャーリーズと互角かそれ以上。

・ビッチはビーチでビキニがお似合いなのね。
 ちなみにクラゲに刺されたザックはピラニアじゃなくてよかった。

・そのザックはクラゲに刺され瀕死の状態。応急処置(生オシッコ)をめぐり
 他の若いビッチらとケンカするニコールがいいね(笑)

・ビッチなニコールを強調してますが、半分はザックの妄想シーン。
 二十歳の男の子の溢れ出るエネルギーはやっぱり凄いわ^^;

・刑務所の面会でみせるニコール迫真の演技は見応え十分!
 っていうか、その前に本作でキューザック初陣シーンに吹き出した!(爆)
 寝ぐせで異様にセットされた髪型からボケた表情に
 キューザック本来の立ち位置がようやく見えてきた。

・弁護士か新聞記者か!お堅い職業が似合うマシュー・マコノヒー。
 終盤チョイ前で彼のまさかの性癖も作品にとってスパイスとなっている(おい)

・「切羽詰まったせく~す」を敢えて好む女性って統計的にどんなもん。

・内臓引きずりながら1マイル(1,6キロ)も這って歩いたことに絶句。

・ザックが兄のマシューに怒鳴るシーン、かなりの唾がマシューの顔に!
 でも、一切動じなかったマシューは、あれも役者根性なのね^^;

・ラストの展開は舞台設定の沼地もあるけど、下手なB級ホラーよりも怖い!
 あのままエド・ゲイン化していくキューザックもアリだと思った(笑)

・等身大のバービー人形というシャーロット(ニコール)は
 動いていても動かなくても魅力的だった。

 でも、これどうみてもバービーというより“らぶどーる”なんですけど^^;

・以上、各俳優らの役者魂をみせられた良作だね、これは。

-------------------------------------------------------------
監督:リー・ダニエルズ
脚本:ピート・デクスター/リー・ダニエルズ
撮影:ロベルト・シェイファー
音楽:マリオ・グリゴロフ


出演:ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/マシュー・マコノヒー/
    ジョン・キューザック/メイシー・グレイ/デヴィッド・オイェロウォ/スコット・グレン


『ペーパーボーイ 真夏の引力』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 殺人の告白 | トップ | 欲望のバージニア »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マジで。 (オリーブリー)
2013-07-29 14:17:37
放尿したとありましたよ…(滝汗)
なので、股開きくらい躊躇しないでしょ(爆)
淫らなニコールでしたね^^

このキャスト以外、ありえないと思うほど、ホント、役者魂を見せ付けられる映画でした。
不快指数もMAXでしたよ(笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-07-29 21:03:25
こんばんは。
え!放尿ってマジだったんですか!
だったらあのシーンもうちょっと真剣に観ておくべきだった(爆)
あ~、確かにそれなら股間のアップは本人のモノってことですね(いいもの見せてもらったわ・笑)
あのお歳ですが、まだまだせくすぃ~だったですよね。

先日のエイリアン(ジェームズ・フランコ)の銃舐めといい
今回の面会シーンの触れずに逝くキューザックとか、チョイと目を背けたくなりますが
そこはニコールのあの名演技で、ワタシ的にはこの映画、生涯に於いて記憶に残りそうですよ(笑)
別件ですが (笛吹働爺)
2013-07-30 01:11:38
「終戦のエンペラー」と「風立ちぬ」を見ました。
前者は大体知ってる内容でしたが、名良橋さんがプロデューサーということで公平な内容で、是非若い人にも見て欲しい映画です。(中高年が多かった)
後者は実在の人物をモチーフにしていて、監督自身が「ファンタジーをやれる時代ではない」と言ってるものの、どうみても宮崎ファンタジーでした。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-07-30 19:54:57
こんばんは。

>「終戦のエンペラー」と「風立ちぬ」を見ました。

お~、この二作品をご覧になったのですね。
ワタシは両方ともスルーしましたよ^^;
どちらも実話ベースと分かっていても、もうひとつ吸引力がありませんでした。

でも、前者は歴史を知る上で見ておいた方がいいんですよね^^

あ~、やっぱり後者は宮崎ファンタジーでしたか~(笑)
零戦を見るならやはり実写じゃないと~(笑)
びっくり (kira)
2013-08-14 22:39:47
オリブリたん情報の
>放尿したとありましたよ
エイガなんだから~って思いますけどね

>・ザックが兄のマシューに怒鳴るシーン、かなりの唾がマシューの顔に!
あはは
ココまできて爆笑~~
これがツッコミにはいるとは~~
4人のキャストはみんなドップリだったわね
kiraさんへ (ituka)
2013-08-15 15:33:12
こんにちは。
そう、倒れてるザックにまたいで体に放尿シーンにマジおしっこってそこまで役者根性必要なんでしょうか。
おしっこの代替えなんていくらでもできるのに
演技に熱が入りこんだ結果なんでしょうかね~(笑)

ってことは、倒れてるあの角度からいうとザックはニコールのアソコをしっかり見ることが可能だったような^^;
う~ん、なんとも羨ましい(こらこら)

今やってる『ムービー43』もそうだけど、ここ最近、大スターの役者魂が違った方向にいってるような気がしてしかたないです。
でも、観る方は美味しいですけどね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ペーパーボーイ -真夏の引力-』 2013年7月18日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ペーパーボーイ -真夏の引力-』 を試写会で鑑賞しました。 前半が眠すぎた 【ストーリー】  1969年フロリダ、ある問題によって大学を追われた青年ジャック(ザック・エフロン)は、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。ある日、新聞記者の...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (あーうぃ だにぇっと)
ペーパーボーイ 真夏の引力@一ツ橋ホール
ペーパーボーイ 真夏の引力 (心のままに映画の風景)
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。 大学を中退したジャック(ザック・エフロン)は、父親が経営するローカル新聞の会社で、配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。 ある日、大手新聞社に勤める兄...
ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★★ (パピとママ映画のblog)
数々の映画賞を席巻した『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく。主演は、『ハイスクール・ミュージカル』...
ペーパーボーイ 真夏の引力/ザック・エフロン (カノンな日々)
『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督がピート・デクスターのベストセラー小説をザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックらの豪華 ...
「ペーパーボーイ 真夏の引力」:映画の文法を破壊するヘンすぎ怪作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』は、その軽めの青春映画みたいなタイトルとは真逆
ペーパーボーイ/THE PAPERBOY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click トロント映画祭観客賞ほか、数々の映画賞を席巻した「プレシャス」の監督、リー・ダニエルズが、 ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。 海外版ポスターでみてから、ジャ....
映画:ペーパーボーイ 真夏の引力 The Paperboy 腐臭がねっとりとこびりつく、ってもしかして凄いかも (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1969年。場所はフロリダ州モート郡の田舎町。 そこで一癖も二癖もある面々が集合する。 殺人事件の死刑囚に冤罪の可能性があるとしてべく、新聞記者2人(マシュー・マコノヒー、デヴィッド・オイェロウォ)が街に来る。 ここに姿を現す取材の依頼主で、まわりを圧倒....
ペーパーボーイ 真夏の引力 (佐藤秀の徒然幻視録)
白人たちの長い暑い夏 公式サイト。原題:The Paperboy。ピート・デクスター原作、リー・ダニエルズ監督。ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キ ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★*☆☆ (センタのダイアリー)
ニコール・キッドマンはアメリカではセレブたちの間でファッションリーダー的存在らしい。 そういうイメージの彼女だからこんな下衆な女を余裕もって演じることが出来るのだろうが、そんなイメージのないア...
『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 (Days of Books, Films )
The Paperboy(film review) マイアミの市街地から西へ車で
ペーパーボーイ 真夏の引力 (to Heart)
覗いてはいけない、禁断の闇 原題 THE PAPERBOY 原作 ピート・デクスター 製作年度 2012年 上映時間 107分 映倫 R15+ 脚本 ピート・デクスター 、リー・ダニエルズ 監督 リー・ダニエルズ 出演 ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/マシュー・マコノヒー/ジョン・キ....
「ペーパーボーイ 真夏の引力」 (或る日の出来事)
なんたって、ニコールにブッタマゲタ!
ペーパーボーイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ペーパーボーイ―真夏の引力』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)印象的だった『プレシャス』の監督リー・ダニエルズの作品でもあり、ニコール・キッドマンが出演するというので、映画館に出かけてみました。  本作の舞台は1969年のフロリダ。ジャンセン家でメイドだ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (風に吹かれて)
壮絶で辛すぎる ひと夏の経験ニコールのビッチぶりがすごい!公式サイト http://paperboy-movie.jp原作: ペーパーボーイ (ピート・デクスター著/集英社文庫)監督: リー・ダニエル
「ペーパー・ボーイ~真夏の引力」 (ここなつ映画レビュー)
すごく面白かったです。最近、「華麗なるギャッツビー」やこの「ペーパー・ボーイ」など、アメリカ現代文学の珠玉が映画化されていて、やはりそれはハリウッドのCG満載の荒唐無稽物とは一線を画していて見応えがある。いや、もちろん、荒唐無稽物が悪いと言ってる訳で...
時代と暗部を (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「ペーパーボーイ 真夏の引力」を鑑賞しました。 青年ジャックは新聞記者の兄ウォードが以前起こった殺人事件で死刑の判決が出た人間が 実は無罪かもしれないという可能性の取材を手伝いをすることに 取材の過程で死刑囚の婚約者シャーロット出会...
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-62.ペーパーボーイ 真夏の引力■原題:The Paperboy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:101分■料金:1,000円■観賞日:8月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作:リー・ダニエルズ□原作・脚本:ピート・デクスター◆ニコール・キッ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (いやいやえん)
ニコール・キッドマンがけばい年増女を演じてます。そして彼女に恋するのが新聞配達のザック・エフロン。 ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザック。 記者のウォード・ジャンセンは、黒人の同僚と、実家で新聞配達を手...