映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

清須会議

2013年11月10日 02時03分52秒 | 映画 か行
評価:★★★★【4点】


これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
さらに、最近見た映画の中でもこれだけ心理劇を駆使した作品は
そうはないと思う。

戦国時代が終わり安土桃山時代に起こった織田家の後継ぎをめぐり
一族でなく重臣らが会議を開き決定するといった
どこか日本の政界をみているような構図が興味深く面白い。



天正10年(1582年)。
天下統一を目前にした織田信長が、本能寺の変で命を落とす。
長男の忠信も討ち死にし、にわかに織田家の後継争いが勃発する。
筆頭家老・柴田勝家と明智討伐の功労者・羽柴秀吉が
後見に名乗りを上げ、
それぞれ三男の信孝と次男の信雄を推して激しく対立する。
そんな中、2人が共に秘かな思いを寄せるお市様は、
秀吉への恨みを晴らすべく勝家に加勢、
一方の秀吉は軍師・黒田官兵衛を使って様々な奸計を巡らせていく。
互いに一歩も引かぬまま、
いよいよ決戦の清須会議へと臨む勝家と秀吉だったが…。
<allcinema>



何はともあれ、こういう形で日本史を学べることは
とてもありがたいことです(笑)

会社の同僚らも普段映画なんて全く見ない者が
この映画は見たいとか言ってるし
テレビで流れる予告CMの影響はやはり大きいものだな~(笑)

こちらの地元シネコンではレイトにもかかわらず
ほぼ満席状態で開映1時間前にチケット買ったのに
空いてる席を探すのにかなり手間取った(爆)
ちなみにチケット売り場はなくなり完全自動発券機なので
昔のようにお姐さんとの交流がなくなり寂しい限りです(笑)

さて映画、なんといっても大泉洋演じる秀吉のキャラに尽きる。
見た目は飄々としおっちょこちょいで人なつこく
百姓相手に威厳も見せず、庶民的アイドルであるが
いざ真剣勝負となると、一瞬で切れ者に豹変する。
こういった二面性が幾度と画面で繰り返され
それまで大泉洋なんて!と言っていたワタシでも
今回は彼のキャラがとても生きていたというか
秀吉のキャラが抜群でしたね(笑)


【今週のツッコミ】
・秀吉(大泉洋)の先読みする策略はキレ者というしかない。
 それに加え、人の心を取り込む心理学からも高い評価?(笑)

・その秀吉、何がすごいって、常に最新情報を持ち合わせ
 その情報を元に己の計算の速さと相まって相手をねじ伏せる。
 大胆な発想は相手の裏を書くという戦術の見本のようなものだった。
 あの大きな耳も伊達ではなかったってことでしょうか(笑)
 

・清須会議は秀吉の一人勝ちと思わせておいて
 実はさらに深いところで、そういう流れを作っていた人物が!
 これには某カップラーメンのCMじゃないけど「やるな!」でした(笑)

・秀吉、勝家の両方から味方についてくれと言われた男
 池田役の佐藤浩市がこんなに面白いキャラと知らなかった。
 褒美に秀吉は領地の分配、片や勝家のカニに苦笑い(爆)

・貴様女か!と言われた隠密の者を演じた天海祐希いいね!
 「ぎょい!」彼女が言うと様になるわ(笑)

・三法師が女の子に見えて仕方なかった。

・勝家に抱っこされた女の子の嫌がり具合が半端なかったのは
 見た目の怖さでなく臭いだったのね(爆)

・三谷幸喜作品で本作がいちばん面白いと思った。
 ちなみに巷で評価の高い『ラヂオの時間』は未見です。

・エンドロールで音声だけ流れていた騎馬と勝鬨って
 翌年に行われた賤ヶ岳の戦いを想像すればいいんですね^^

・元巨人のクロマティ選手みたいなの居なかった?(笑)
---------------------------------------------------
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
音楽:荻野清子


出演:役所広司/大泉洋/小日向文世/佐藤浩市/妻夫木聡/浅野忠信/
    伊勢谷友介/松山ケンイチ/鈴木京香/中谷美紀/剛力彩芽/
    染谷将太/中村勘九郎/西田敏行/天海祐希/でんでん


『清須会議』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャリー | トップ | サプライズ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
特殊メイクww (ami)
2013-11-12 23:19:03
豊臣の“耳”と織田の“鼻”は割と自然でしたが
さすがに三成の“頭”には吹きましたww

大泉洋の秀吉、良かったですね~!
これまでに観た秀吉像で私彼が一番好きかもしれません(笑)

ちなみに私は三谷作品ではやはり『ラヂオの時間』が一番です。
amiさんへ (ituka)
2013-11-13 00:10:20
こんばんは。
たった今、amiさんのところにコメ入れてきたところで入れ違いになってしまいましたね(爆)

特殊メイクは耳と鼻は小さく主張する感じでしたが、頭はあれじゃあ宇宙人ポールですよね!
なにもあそこまでデフォルメしなくても(爆)

秀吉≒大泉洋で決定ですね!^^
たぶんこれ以上の秀吉像はもう現れない勢いでしたもんね(笑)
表面はおちゃらけ、内面はキレ者、この二面性いいな~(笑)
『のぼうの城』の野村萬斎と大泉洋のふたりで殿の格好してコンビ組んでくれたら売れそうな気がしますよ(笑)

>ちなみに私は三谷作品ではやはり『ラヂオの時間』が一番です。

そうか~、『ラヂオの時間』ここに来て気になってます^^
光秀^^; (ami)
2013-11-13 06:36:48
私ってば、光秀のところ三成って書いてますね(恥)
実は昨夜、布団に入ってから「あれ?三成って書いたような気が・・・」と思ったのですが、「ま、明日でいいか」とそのまま寝てしまいました。やはり間に合わなかった^^;

>頭はあれじゃあ宇宙人ポール
そうそう!今にも「ワレワレハ・・・」とか言い出しそうでした(笑)
歴史勉強 (mariyon)
2013-11-13 08:50:30
流れは知ってるはずでしたが・・・
いやぁ~、まさかの俗称、幼名てんこもり。
ちょっと戸惑いました。
歴史上この人は・・なんて考えないで
映画として観ればいいんですよね。
歴史的背景をまったく知らないで観た方が却って面白いかも。

あまりに豪華な俳優陣でそちらに
目が奪われがちなのがかえって残念。

amiさんのおっしゃるように『ラヂオの時間』のころを
思い出してほしいです。。。



清須会議とは関係ないんですが
わたしのブログにhttp://kayachigasaki.jugem.jp/?eid=799#comments(かなり前の)itukaさんあてのコメントが。。。
amiさんへ (ituka)
2013-11-13 20:33:10
こんばんは。
(爆)三成くんは光秀さんよりメジャーなのでキー打ちで自然に指が動いてしまったってすぐ分かりましたよ(笑)
こんなことよくあることです。
ワタシなんか日常茶飯事ですもの^^;

でも、こんな拙ブログでも気にしてくれたことが嬉しいです!^^

それよりも布団のamiさんを想像してしまいましたよ(←変態オヤジかい!すみません)^^
mariyonさんへ (ituka)
2013-11-13 20:47:01
こんばんは。
ワタシは歴史が思いっきり苦手なので、ましてや安土桃山時代っていつごろ?(というおバカぶり・汗)
なので、この映画は勉強になりましたよ~(笑)

秀吉のIQの高さに驚き、勝家の見た目と違うメルヘンチックな内面が新鮮でした(爆)

映画を楽しみながら勉強もできちゃうってお気楽さがちょうどいいなと思いましたよ。
それぞれのキャスティングですが、この映画ほどバッチリ嵌っているのは近年の邦画では際立ってました。

mariyonさんも『ラヂオ~』ご覧になっていたのですね!
三谷幸喜を知るなら、これ未見のままじゃ許されないって空気を感じます(笑)

コメントの件、了解しました^^
こんにちは。 (みぃみ)
2013-11-22 11:33:23
天海さん、「ぎょい!」っておっしゃっていたのですね~。
わたくし、「ぎょっ!」に聞こえて、忍者なのにのんびりさんなのね(^^)と。

そして。。。勝ち馬ちゃんになっってましたね、彼女。
お父様降臨なさっていたのでしょうか。

んふふ♪。カニで、誘ってましたね~。
コメからカニ、おっ!豪華になってるやん~と楽しかったです。
困ったな~という顔の佐藤さん恒興の気持ち、なんだかわかる~と。

登場人物が多くて勉強するには苦手だったこの時代を、とってもわかりやすく描いてくれていたので、好感度大な作品です☆。

みぃみさんへ (ituka)
2013-11-22 23:43:04
こんばんは。
隠密天海さんは「ぎょい!」でしたね(笑)
貴方のおっしゃる通り!という意味のようです^^
ちなみに米国海軍の「イエスサー!」などと言ってますよね。
みぃみさん「ぎょっ」に聞こえましたか~(笑)
これ「ぎょぎょぎょ!」になると“さかなクン”になっちゃいますね(爆)

そうそう勝ち馬でしたね^^;
でも自然な流れだったのでいやらしくなかったのが好印象だったりして(笑)

最初はコメって言ってましたよね!
たらふく食わしてやるなんて言ったら、「七人の侍かよ!」って佐藤さんが突っ込みそうでした(笑)

日本の歴史を楽しく知るには三谷幸喜作品に限りますね(笑)
今後、三谷作品でなら戦国歴史ものじゃんじゃん作って欲しいです^^
やっと (笛吹働爺)
2013-12-31 01:59:57
2ヶ月ぶりくらいに映画を見ました。なぜか足が向かなかったので間があいてしまいました。
本作は嫁が見たいというのでお付き合い。嫁は剛力が気に入らなかったようでした。
前作で落武者の亡霊だった当人(西田)が出てきた時には笑ってしまった。
☆4,5です。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-12-31 10:39:21
おはようございます。
お!2ヶ月ぶりに映画鑑賞されましたか。
あ~、剛力さんのこと気に入らないというの、なんとなく分かります(笑)
あの眉なしメイク見てるだけでもちょっと怖かったですもんね(爆)

>前作で落武者の亡霊だった当人(西田)が出てきた時には笑ってしまった。

そうらしいですね。ワタシ前作未見なので後から気がつきましたよ。
ワタシが観た三谷映画ではこれがいちばん面白かったです。

では良いお年をお迎えください。
☆麻呂眉はコワい!☆ (TiM3)
2013-12-31 15:01:10
どもです。
先ほど、ようやく記事が仕上がりました~

間もなく今年も暮れてしまいますが、またお互いにより良き作品に出逢い、笑い、泣き、けなしたいモノですね(=^_^=) ではでは。

>元巨人のクロマティ選手みたいなの居なかった?

信長の手下の「ヤスケ」ですね。連れて来られた黒人さんとの事です。どうにもコントに見えてしまいますねぇ・・アダモステでしたっけ、、
TiM3さんへ (ituka)
2013-12-31 20:30:48
こんばんは。
もう3時間ちょっとで日付が変わりますね(笑)
そうですね。来年も良い作品を求めて、あれこれ言いたい放題したいですね(笑)

>信長の手下の「ヤスケ」ですね。連れて来られた黒人さんとの事です。

お~!さすがです!TiM3さんはよく知っておられます。
この映画の趣旨から言って、三谷監督ならではの遊び心かと感心したものです(笑)
アダモちゃん、覚えています(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、三谷幸喜監督 【ストーリー】  本能寺の...
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
映画『清須会議』観てきた(=^▽^=) (よくばりアンテナ)
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ~~ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごい...
清洲会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....
三谷幸喜監督『清須会議』とにかく"鼻"です、鼻!役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・(おそらく重要なポイント)内容に触れています。三谷幸喜監督書き下ろしの小説を自ら映画化した群像喜劇『清須会議』 物語・本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉
劇場鑑賞「清須会議」 (日々“是”精進! ver.F)
評定という名の戦、勃発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311090001/ 【送料無料】「清須会議」オリジナル・サウンドトラック [ 萩野清子(音楽) ]価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】清須会議 [ 三谷...
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
清須会議 (2013) 138分 (極私的映画論+α)
 役所広司が三船敏郎に見えました(笑)
『清須会議』 (時間の無駄と言わないで)
だいぶ長い。 138分だそうで。 あっという間の2時間ではなく、身を以て実感させられる2時間です。 そろそろ終わりかなと思ってからが長い。 「清須会議」っつうくらいだから丁 ...
清須会議 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:三谷幸喜 出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、松山ケンイチ、でんでん、中谷美紀、戸田恵子、天海祐樹希、西田敏行・・・
清須会議 (はるみのひとり言)
☆公開日: 2013年11月9日☆上映時間: 138分☆監督・脚本:三谷幸喜☆キャスト: 役所広司 / 大泉洋 / 小日向文世 / 佐藤浩市 / 妻夫木聡 / 浅野忠信☆試写会にて鑑賞 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。 ...
心理戦。『清須会議』 (水曜日のシネマ日記)
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
恋と出世の二兎は追えない。(笑)~「清須会議」~ (ペパーミントの魔術師)
出てるひとらがね、なんていうかホームランバッターばっかしで 打席にたったら絶対かっ飛ばして悠々と手をふってダイヤモンドまわりたいのに 三谷監督ったら豪華キャストにむかって あ、キミはフォアボールで出てよね。 あ、キミは足遅くても盗塁してよね。 キミはちょっ...
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
清須会議 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大...
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
清須会議 (風に吹かれて)
秀吉の陰謀公式サイト http://www.kiyosukaigi.com原作: 清須会議 (三谷幸喜著/幻冬舎)監督: 三谷幸喜1582年、本能寺の変で織田信長が命を落とし、長男の忠信も討ち死にした
『清須会議』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
映画「清須会議」 (FREE TIME)
注目の映画「清須会議」を鑑賞しました。
歴史をある程度知っていると…(アウトブレイク・カンパニーとか清須会議(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【境界の彼方 第7話】恩人の妹さんとのお話決着編の巻。妹さんがこんなに早く退場しちゃうとは思いませんでしたよ。“妖夢を倒すごとに力を増す武器”という、いかにも厨二病が好 ...
[映画『清須会議』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
清須会議 (青いblog)
いつもの三谷さんはアメリカの旧作映画って感じですが、 今回は日本の60年代くらいの邦画を観ているようでした。 こういう喜劇、あるある。 旧作時代劇に詳しい方は、どの監督のオマージュかわかるかもしれません。 密室劇とのことでしたが、ロケが多くて開放的。...
清須会議 (映画的・絵画的・音楽的)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
「清須会議」:三谷さんは満足なのでしょうけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『清須会議』は、歴史マニアの三谷幸喜が作りたくてしょうがなかったんだろうなー
清須会議 (悠雅的生活)
評定という名の戦。
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
運命の会議のために (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。 本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり 候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・ 三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが ...
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (いやいやえん)
天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織田家後継者及び遺領の配分を決定することを目的に、尾張・清洲城で開催されたこの会議に出席し