映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

キャロル

2016年02月12日 19時34分18秒 | 映画 か行
評価:★★★☆【3.5点】



同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^;



1952年、クリスマス目前の活気あふれるニューヨーク。
高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズ。
フォトグラファーという夢を持ち、
恋人のリチャードからは結婚を迫られるなど、
一見充実しているかに思えて、
どこか満たされない日々を送っていた。
そんなある日、ゴージャスな毛皮のコートを着た女性キャロルが、
娘のクリスマスプレゼントを探しに彼女の売り場へやって来る。
その美しく優雅な佇まいに一瞬で目を奪われ、
強い憧れを抱くテレーズ。
後日、ふとした成り行きからキャロルにランチに誘われ、
彼女が夫ハージとの愛のない結婚生活に苦しんできたこと、
そしてついに離婚を決意したことを知るが…。
<allcinema>



事件、事故など犯罪絡みのまったくない純粋な同性愛映画を
観る気にさせたのは1950年代のアメリカを見たかったから。

破滅せず元の鞘に戻るという意味ではライト感覚な作品。
ラスト、テレーズとキャロルが互いを遠目に見つめ合うシーンに
世間の波に呑みこまれるのを拒否するかのようだった。

ケイト・ブランシェットのために用意されたような映画で
彼女でないとここまでの優雅さは表現できなかったかもしれない。

それにしてもルーニー・マーラの初々しさは未だ健在だし
いつまでも歳をとらない蝋人形のような美肌娘。
サンダーバード1号のスコット・トレーシー一族ともいう(こら)


【今週のツッコミ】
・何のひねりもなく底なしに落ちていくわけでもなく
 世間とこの二人の関係性に禁断の恋とまでは思えない。

・ルーニーの抑えた演技の内に秘める心の葛藤は
 嘔吐するほどのモノだったらしい。

・50年代の雰囲気を彩る街並みや流れるバックミュージックが
 心地よくて二人の恋愛が景色の中の一部のようだった。

・さすがにケイトのベッドシーンは辛いものがあった。
 
・隣室から盗聴する男と対峙するシーン、
 拳銃の弾はかならず確認するという作業はしましょう。

・ルーニーの泣きのシーン、鼻水拭いた左人差し指が
 かなりテカってましたが、その指、どうするつもり?
 アレがケイトだったらちょっとキツイかも(おい)
-----------------------------------------------------
監督:トッド・ヘインズ
脚本:フィリス・ナジー
音楽:カーター・バーウェル


出演:ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ/サラ・ポールソン


『キャロル』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ガンマン | トップ | スティーブ・ジョブズ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいんだけどね (rose_chocolat)
2016-02-13 05:04:34
じっくり描いててよかったんだけど、どうも雰囲気が勝ってるような気がして。
roseさんへ (ituka)
2016-02-13 15:10:25
雰囲気優先中身は軽め←こういうの結構好きなんです。
変に疲れないからかも(笑)
アカデミー賞 (笛吹働爺)
2016-02-15 21:39:31
主演・助演女優賞にノミネートされてますね。
「ブルックリン」でシアーシャ・ローナンが!
すっかり大人になっちまって!
笛吹働爺さんへ (ituka)
2016-02-15 22:05:32
シアーシャ・ローナンいいですよね〜。
北欧系っぽく、どこかクールな感じが(笑)
ほとんど見たまんまのキャラなので、時には思いっきり弾けた役も見たいです。
1950年代のアメリカ! (とらねこ)
2016-02-21 14:14:17
分かります。
車とか、デパートの内装とか、もうもう素敵でゴージャス
しかもきちんと美術作ってるな〜っていう。
ゴージャスで良かったですね。
1920年代のアメリカが一番好きですが、50年代もその次ぐらいに好きです

ケイト様のベッドシーン、上手にあまり映らないように撮っていたと思います…
肌の張りが違うのはしょうがないですよね
とらねこさんへ (ituka)
2016-02-21 16:55:40
ビンテージ・カーからその時代のファッションまで
すべて完璧な映画でしたね。
美形熟女に惹かれていくルーニーが初々しくて
どこかゴージャスな大トラとリスのようなイメージでした。

ケイトのベッドシーンは撮影監督の最適なカットだったんですね。
あれ以上のサービスは確かに無謀と言えますもんね(違)

この映画は主演女優、助演女優とオスカーにノミネートされてるのに
なぜに作品賞候補にないのかチョット意外でした(笑)
男女差? (ami)
2016-04-17 22:48:43
私はこの作品、とても濃厚なラブストーリーに感じましたけど、
これは男女の感じ方の違い?
それとも私がラブストーリー慣れしてない所為?(笑)

もしキャロルが男性だったら、
妻と別居中の中年が若い子ナンパした挙句、勝手に捨てておいて、
妻と別れたからまた会いたい、とか「ふざけんなよ、テメー!」ですが、ケイト様なら許されるのです(爆)
amiさんへ (ituka)
2016-04-18 21:26:10
感じ方の違いは多分に男女差だと思われます(笑)
男性からすれば直接的な映像の大小もそうですけど
如何に強烈な実写映像が有るかないかという
ある意味、AV感覚だったりして(おいおい)

>「ふざけんなよ、テメー!」

いいですねー(爆)
それくらいハッキリ言ってくれれば言われた方も納得できますしね。
でも、amiさんがそういう言い方すると凄く新鮮です(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『キャロル』 2016年1月20日 ユーロライブ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『キャロル』 を試写会で鑑賞しました。 どうもケイト様は好きになれない。 あの顔つきが、キツイ感じで受け付けないんだよね... 【ストーリー】  1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル...
映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 ! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな...
キャロル (あーうぃ だにぇっと)
キャロル@ユーロライブ
ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。 「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイス...
キャロル (そーれりぽーと)
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが出てるってこと以外、何も知らずに『キャロル』を観てきました。 ★★★ キャストだけで蓋を開けてみたら、ビアン版『テルマ&ルイーズ』(言い過ぎか)的な内容でびっくり。 だいたい、タイトルからクリスマス関係の話だとば...
『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方 (Nice One!! @goo)
原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャ...
ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。 「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイス...
これは不倫か?純愛か?『キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
離婚調停中の人妻と若い女性の恋愛を描いた作品です。
キャロル〜←クリスマス (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ...
キャロル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。...
キャロル (映画と本の『たんぽぽ館』)
惹かれ合う理由 * * * * * * * * * * 本作は1952年に、パトリシア・ハイスミスによって発表された小説。 けれど、当時は同性愛は法に触れることもあり、 別名で出版されたといいます。 今や同性婚も認められつつある時代。 だからわりと何気なく見...
『キャロル』 (こねたみっくす)
「憧れ」や「代用」は恋へと昇華するのだろうか。 これは恋の物語でも愛の物語でもなく、本当の意味での恋が始まるまでの物語。キャロル・エアードとテレーズ・ベリベットの対等 ...
『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195
キャロル (風に吹かれて)
恋に落ちた相手はキャロル 公式サイト http://carol-movie.com 原作: キャロル (パトリシア・ハイスミス著/河出文庫)監督: トッド・ヘインズ  「ベルベット・ゴールドマイン」 
キャロル  (心のままに映画の風景)
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに...
キャロル (映画好きパパの鑑賞日記)
 1950年代のアメリカを舞台に、当時は市民権を得られていなかった女性の同性愛を描いた作品。美術、ファッション、撮影などは満点に近く、主演の2人も本当に美しかったのだけど、これ、男女の話だったら、普通のメロドラマだよな、と見ていて醒めた部分もありました...
キャロル (映画的・絵画的・音楽的)
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ...
私の天使〜『キャロル』 (真紅のthinkingdays)
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブラ...
「キャロル」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜あなたが私を変えた。〜2015年   イギリス/アメリカ合作  PG12指定 (2016.02.11公開)配給:ファントム・フィルム    上映時間:1時間58分監督:トッド・ヘインズ原作:パトリシア・ハイスミス   『キャロル』(河出書房新社刊)脚本:フィリス・ナ...
運命の恋、それは (笑う社会人の生活)
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな...
【映画】キャロル (アリスのさすらい映画館)
   キャロル(2015)イギリス/アメリカ/フランス 原題:Carol 監督:トッド・ヘインズ 原作:パトリシア・ハイスミス 脚本:フィリス・ナジー  出演:ケイト・ブランシェット / ルーニー・マーラ / サラ・ポールソン/&#...
キャロル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50...