映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

22年目の告白-私が殺人犯です-

2017年06月18日 18時14分15秒 | 映画 英数行
評価:★★★【3点】




鑑賞前から疑問に思っていたことがあったが
鑑賞後もその疑問はまったく解消されずに少々不思議だった。



1995年。
東京で5人の命が奪われる連続殺人事件が発生、
担当刑事・牧村の必死の捜査もむなしく、
ついに事件は時効を迎えてしまう。
すると突然、曾根崎雅人という男が自分が殺人犯だと名乗り出て、
告白本の出版を大々的に発表する。
メディアは曾根崎の大胆不敵な一挙手一投足を追い続け、
瞬く間に本はベストセラーとなり、
日本中に賛否渦巻くセンセーションを巻き起こす。
遺族がそんな曾根崎に対して憎悪を剥き出しにする中、
事件を追い続けてきたジャーナリストの仙堂が
曾根崎を自身の番組に出演させるのだったが…。
<allcinema>



で、いったい何の疑問だよ!?
ということなのだが、よく考えてみれば誰もが思うこと。
それは22年前の連続殺人事件の犯人という曾根崎(藤原竜也)の
今現在の年齢である。
普通に思えば実年齢30代とするならば当時は10代になるはず。

どうみても30代半ばにしか見えない曾根崎が
しかもガタイが人より特別大きいわけでもなく至って普通で
中学生でそんな事件の犯人なんて可能だろうか。

劇中も整形云々というネタも出てきたが
さすがに実年齢引く22年という単純な謎は最後まで触れられず。
そこは単に作品に歩み寄るしかないのだろうか(笑)


【今週のツッコミ】

・トリックとしては非常に面白いところを突いているが
 さすがにキャスティングはもうちょっと考えた方がいい。

・今どきのSNSなどこういうのを板として登場させるのが
 世界的なトレンドなのだろう。

・イケメンという理由だけで犯人に熱を上げる女性らのおかしな状況に
 喝を入れる奴はいないのか!(なんてね)^^;

・心的外傷後ストレス障害(PTSD)は帰還兵だけとは限らない。

・夏帆が可愛い!このひとは演技の幅が広くてまだまだ未知数だと
 勝手に思っているワタシです。『箱入り息子の恋』でファンになり
 KDDI「au森家シリーズ」のCMでさらに好感度アップ^^
------------------------------------------------------------
監督:入江悠
脚本:平田研也/入江悠
音楽:横山克
出演:藤原竜也/伊藤英明/夏帆/野村周平

『22年目の告白-私が殺人犯です-』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おとなの恋の測り方 | トップ | キング・アーサー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (映画好きパパ)
2017-06-18 20:57:05
曾根崎が30代後半だったら、犯行当時17歳ぐらい。
ちょっと前の渋谷センター街とか歌舞伎町とか
並大抵の大人でも勝てそうもない凶悪そうな未成年が
ごろごろいた記憶があるのであまり気にならなかったです。
こんにちは (ここなつ)
2017-06-19 16:42:10
こんにちは。曽根崎の年齢(っていうか藤原竜也の見映え!?)について疑問をもっていらっしゃるようですが、
犯行時の年齢+22年だから、犯行時16歳で現在38歳、とかは全然アリだと思いますよ~。
って、じつは 私も鑑賞中になにげに指を折り曲げて計算しておりましたが(笑)。
映画好きパパさんへ (ituka)
2017-06-19 20:53:16
思えば20年前にも14歳の児童が神戸で大変な事件を起こしたこともありましたし
そう考えると十代だからと言っておかしいとは言えませんね^^;

>ちょっと前の渋谷センター街とか歌舞伎町とか

へ~、そうだったんですね。
ワタシの様な小心者は夕方以降はぜったい近寄れないです。
ここなつさんへ (ituka)
2017-06-19 21:04:43
ワタシは藤原君の実年齢で計算していたので
35歳マイナス22歳でおいおい!でしたよ。
実際は22年前の劇中の彼がいくつだったのかで計算できますが
まあ、そこはそんなに突っ込むことでもなさそうですね。
高須クリニックは10歳若返ることを思い出しました(笑)

コメントを投稿

映画 英数行」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
22年目の告白-私が殺人犯です-  監督/入江 悠 (西京極 紫の館)
【出演】  藤原 竜也  伊藤 英明  仲村 トオル 【ストーリー】 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事......
『22年目の告白 -私が殺人犯です-』('17初鑑賞63・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月13日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:40の回を鑑賞。
『22年目の告白 私が殺人犯です』 2017年6月3日 ワーナーブラザース試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『22年目の告白 私が殺人犯です』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に入江監督とプロデューサーのティーチインがあり、なかなか面白かった。 【ストーリー】  阪神・淡路大震......
22年目の告白-私が殺人犯です-★★★★ (パピとママ映画のblog)
未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッ......
22年目の告白―私が殺人犯です― (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。入江悠監督。藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル。韓国映画「殺人の告白」のリメイク。
劇場鑑賞「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」 (日々“是”精進! ver.F)
真実を、追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706100000/ 22年目の告白ー私が殺人犯ですー [ 浜口 倫太郎 ]
22年目の告白-私が殺人犯です- (花ごよみ)
藤原竜也と伊藤英明の、ダブル主演映画。 監督は入江悠。 韓国映画「殺人の告白」が原作。 犯人を名乗る男、曾根崎には藤原竜也。 捜査を担当、上司を殺された刑事、 牧村には......
「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」 (ここなつ映画レビュー)
すごいものを観てしまった…。それは、残虐なシーンの過度な露出や、ただ狂ってるとしか言いようのない「殺人犯」のことだけを言いたいのではなく、…つまり内容もさることながら......
22年目の告白-私が殺人犯です- (to Heart)
上映時間 117分 脚本 平田研也、入江悠 監督 入江悠 音楽 横山克 主題歌 感覚ピエロ『疑問疑答』 出演 藤原竜也/伊藤英明/夏帆/野村周平/石橋杏奈/竜星涼/早乙女太一/平田満/岩松了/岩城......
『22年目の告白 私が殺人犯です』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィサルサイト 「22年目の告白 私が殺人犯です」□監督 入江悠□脚本 平田研也、入江悠□キャスト 藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈■鑑賞日 6月......
22年目の告白-私が殺人犯です- (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2017/06/10公開 日本 117分監督:入江悠出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル すべての国民が、この男に......
22年目の告白 (映画的・絵画的・音楽的)
 『22年目の告白―私が殺人犯です―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVドラマ『リバース』(注1)に出演していた藤原竜也の主演映画ということで映画館に行ってきました。  ......
映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」 (FREE TIME)
映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」を鑑賞しました。
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」殺人犯に迫った先にみた事件の真相の先にあったも...... (オールマイティにコメンテート)
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」は22年前に殺人を犯した殺人犯が時効があった時代に時効を迎えた事で突然現れて事件の真相を著書として出版する事で世間は大きな賛否両論が......
映画「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」☆☆☆ (ドラマでポン)
ナイスエンターテイメント!楽しめました。告白手記を上梓した殺人犯が藤原竜也というキャスティングがもう素晴らしいです。アシンメトリーな髪型もナイス!冷めた語り口といいカ......
22年目の告白-私が殺人犯です- (ネタバレ映画館)
なんでわしが総理の時にこんな大事件ばかり起こるんじゃ!
[映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編 ☆・・・結論から言うと、面白かった。 ・・・予告編の時点で、もう展開が読めて、最初のタイトルロール、キャストが流れた...
22年目の告白-私が殺人犯です- (だらだら無気力ブログ!)
思ったよりも面白く観られた。