映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

大統領の執事の涙

2014年02月15日 20時04分30秒 | 映画 た行
評価:★★★★【4点】


人間いくつになっても学ぶことがあるな~と改めて思い知る。




奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。
幼くして南部の農園で働くセシル・ゲインズは、
白人に父親を殺された後、
ハウス・ニガー(家働きの下男)として登用され、
白人に仕える作法を叩き込まれる。
やがて町に出たセシルは、幸運な出会いと努力の結果、
高級ホテルのボーイとなる。
そして、そこでの仕事ぶりが認められ、
ついにホワイトハウスの執事に大抜擢される。
彼は執事として“見ざる聞かざる”を貫き、
空気のように存在を消して的確に仕事をこなし、
歴代大統領たちの信頼を獲得していった。
一方、家庭では白人に従順に仕える彼に反発するように、
長男が公民権を求めて過激な反政府運動に身を投じていくが…。
<allcinema>



執事といえば「ちびまる子ちゃん」の花輪くん家のヒデじい、
『バットマン』のアルフレッドと先日見た『黒執事』の
セバスチャンと、いずれも個性派ぞろいである(笑)

でも、本作の執事はほんとうに地味で空気のような存在。
これは、この時代の黒人に与えられた最も名誉な職であり
反面、白人に対し決して不愉快な思いをさせてはならないという
完全に自分の存在を消さなければ成立しないのである。

高級レストランのウェイターと執事がどこか被るが
ウェイターこそ執事を意識していると思えばいいのだろうか。

さて本作。
盛り上がるような展開はなく終始淡々と進むストーリーに
中盤辺りで睡魔に襲われることたびたび(笑)

セシルが少年時代に南部の農園を飛び出すくだりは
農園を仕切る白人にいずれ殺されると思ったからだが
おそらく父親が生きていたなら引き留めていただろう。
いや、父親が生きていたら飛び出す理由もないから
そのままハウス・ニガーとして一生を終えていた可能性も。

しかし、運命というのはどこでどうなるか分からない。
母親が美しすぎたのが原因で農園の白人にレイプされ
それを見ていた父が思い余って白人に怒りの態度を示すと
問答無用に即射殺!って
ここはまるで『ジャンゴ』のような展開だった。

たぶん、序盤のこのシーンが最も映画らしかったかもしれない。


【今週のツッコミ】
・主人公が少年期に働らく南部の農園が未だ奴隷制度の名残りか
 『ジャンゴ』の続きを見ているようだった。
 あの憎き白人青年を演じたのは『アイ・アム・ナンバー4』の
 アレックス・ペティファーだったのね。

・農園を飛び出したセシルが歯科医で賞金稼ぎの男に出会っていたら
 その後の人生が大きく変わっていたであろう(爆)
 少なくとも大統領の執事だけはやってないはず^^;

・父親となったセシルが長男に対する気持ちがよくわかる。
 人との接し方が不器用であるが故に気持ちが伝わらないんだね。

・国と戦う長男か国のために戦う二男なのか
 最終的に正しかったのはどちらなのか。父の答えは最後に出ます。

・我が家の汚点、犯罪者と思っていた長男は実はヒーローだったのだ。

・歴代大統領に仕えた執事を謳い文句にしているが
 一方で、その大統領たちは?というと扮する俳優に意外性有り!^^;

・ジョン・F・ケネディのジェームズ・マースデンは順当で
 アイゼンハワーのロビン・ウィリアムズはなんとか分かったが
 ジョンソン大統領にまさかのリーヴ・シュレイバー(笑)
 挙句はレーガンにアラン・リックマンとそう見えてしまうから
 ハリウッドメイクって流石だわ!(笑)

・Q:ところでマライア・キャリーってどこに出てたの?
 A:セシルの美しい母親役、悲劇のヒロインとして映画にしたいですね。
---------------------------------------------------------
監督:リー・ダニエルズ
脚本:ダニー・ストロング
音楽:ホドリゴ・レオン


出演:フォレスト・ウィテカー/オプラ・ウィンフリー/ジョン・キューザック/
    ジェーン・フォンダ/キューバ・グッディング・Jr/テレンス・ハワード/
    ジェームズ・マースデン/アラン・リックマン/リーヴ・シュレイバー/
    ロビン・ウィリアムズ/マライア・キャリー/


『大統領の執事の涙』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エージェント:ライアン | トップ | ハリケーンアワー »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勘弁して下さいww (ami)
2014-02-17 22:46:26
>農園を飛び出したセシルが歯科医で賞金稼ぎの男に出会っていたら

まさかこの作品のレヴューで爆笑することになろうとは思ってもしませんでしたよ(爆)

マライアは『プレシャス』の時よりは分かりやすかったですが、リーヴ・シュレイバーは衝撃的でした(笑)
amiさんへ (ituka)
2014-02-18 00:02:57
こんばんは。
鎖に繋がれてなかったセシルはジャンゴより選択肢はあったんでしょうけど
空腹で思い余ってウインドウのスイーツに手を出しましたね。
ハウスニガーに見つかったときは撃たれるんじゃないかとハラハラしました^^;

黒人が赤いジャムをお口周りにつけてると何故かゾンビを思い出しましたよ^^

そうそう!リーヴのオっちゃんは化けてましたね(笑)
いつもよりハンサムに見えましたよ(爆)
楽しみは (オリーブリー)
2014-02-19 18:27:54
次々と変わる大統領の面々でした。
実は、もっと政治の話が出てくるのかと思ってたんですが、メインはプライベートだったんですね。
隣のお兄ちゃんが何度もあくびするので、何度もつられましたし、隣のオヤジがずっとヒゲを擦ってて、ジョリジョリの音が気になるやら気持ち悪いやらでした(苦笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-02-19 23:54:59
こんばんは。
歴代大統領を演じられたそれぞれの有名どころは似せようと顔をいじってましたが
ジョン・キューザックだけなにもせず、まんまニクソンやってましたね。
その余りのアバウトさにそれでいいのかよ!でした(爆)

アクビはまだしも、髭を摩る音はワタシも嫌だな~^^;
髭って摩り過ぎるとふけのようなものが空気に乗って周りを漂いますよ。気をつけてよ(笑)
Unknown (mariyon)
2014-03-05 11:15:41
ジョン・キューもさすがに鼻はいじってましたよ・・・たぶん

って、それはともかく、この作品かなり高評価なんですが、
もっと、ホワイトハウスよりの話だと思ってたもので
なんか違うって気持ちが強くて、入り込めず。

でも、親の職業を口にできないほど執事は
(たとえホワイトハウス勤務でも)
黒人(奴隷制度?)社会の象徴的な職業だったことに驚きました。
mariyonさんへ (ituka)
2014-03-05 23:53:51
こんばんは。
お!ジョンキューのホンの小さな特殊メイクを見つけるとは
さすがデザイナーさんですね。

普段から繊細な仕事をされている分、チョットした変化も見逃さないんですね。
ワタシはジョンキューがなにも顔をいじらずニクソン気取りだったもので、こいつ舐めてるのか?でしたよ^^;

>親の職業を口にできないほど執事は

長男からみれば執事は白人の奴隷のように思えたのでしょうね。
今なら普通に執事も主に意見を言いますし、ほとんど秘書感覚だと思っています。
Unknown (Nakaji)
2014-03-19 18:18:10
こんにちは。

>ハリウッドメイクって流石だわ!(笑)

本当に思った!!
なんかさあ、それなりに大統領に似てくるというか・・
感心しちゃいました。おもわずわかんない大統領はググって顔写真みちゃいました(笑)
Nakajiさんへ (ituka)
2014-03-19 21:37:28
こんばんは。
どうみても大統領になる要素のない俳優でもメイクでしっかり変身してましたね(笑)
ご本人と比べるとたぶん似てないと思うんですけど
要は雰囲気なんでしょうね。
とくにキューザックなんかその典型(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『大統領の執事の涙』 2014年2月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『大統領の執事の涙』 を試写会で鑑賞しました。 リー・ダニエルズ監督が来日していて急遽登壇いたしました。 陽気な監督でした。(ちなみに黒人です) 【ストーリー】  綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルの...
大統領の執事の涙 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。奴隷から大統領の執事に上り詰め、ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セシル・ゲインズと、その家族の人生を描くヒューマンドラマ。綿花畑の奴隷として生まれたセシルは、子供の頃父親を白人の主人に撃ち殺されてしまいますが、ハウスニガ...
映画『大統領の執事の涙』観てきた~ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
奴隷から大統領執事になった男の目を通して、 アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。 公式HPはコチラ 実在の人物がモデルだそうです。 綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、 ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。 家働きの下男となり、そ...
大統領の執事の涙 (あーうぃ だにぇっと)
大統領の執事の涙@アスミック・エース試写室
大統領の執事の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】子供時代から執事を終えるまでの出来事を追
大統領の執事の涙 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン....
大統領の執事の涙 / Lee Daniels' The Butler (勝手に映画評)
ユージン・アレンと言う8代の大統領に使えた実在の執事の人生を元に描いた、1950年代から1980年代のアメリカの戦後史。 物語の始まりは、1920年代のアメリカ南部から始まるのですが、まだまだ黒人差別が有る時代が描かれています。ネタバレになってしまいますが、いきな...
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある....
劇場鑑賞「大統領の執事の涙」 (日々“是”精進! ver.F)
誇りと信念を持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402180001/ 【送料無料】大統領の執事の涙 [ ウィル・ヘイグッド ]価格:1,470円(税込、送料込) 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無...
大統領の執事の涙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け、...
大統領の執事の涙 (心のままに映画の風景)
奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。 南部の農園で両親と働くセシル・ゲインズは、農場主に父親を殺された後、ハウス・ニガーとして作法を叩き込まれる。 やがて町に出たセシル(フォレスト・ウィテカー)は、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボー...
大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
大統領の執事の涙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大統領の執事の涙』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、アイゼンハワーからレーガンまで7人のアメリカ合衆国大統領に仕えた黒人執事の半生を描いた映画であり、アメリカで大ヒットしたということなので、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、主人公の...
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
『大統領の執事の涙』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大統領の執事の涙」□監督 リー・ダニエルズ □脚本 ダニー・ストロング □キャスト フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、       ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス...
映画「大統領の執事の涙」 (FREE TIME)
映画「大統領の執事の涙」を鑑賞しました。
大統領の執事の涙 (風に吹かれて)
豪華キャストでアメリカ現代史 公式サイト http://butler-tears.asmik-ace.co.jp 監督: リー・ダニエルズ  「プレシャス」 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 1920年
映画『大統領の執事の涙』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-21.大統領の執事の涙■原題:The Butler■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:1,800円■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:リー・ダニエルズ◆フォレスト・ウィテカー◆オプラ・ウィンフリー◆...
大統領の執事の涙 (こんな映画見ました~)
『大統領の執事の涙』---LEE DANIELS' THE BUTLER---2013年(アメリカ)監督:リー・ダニエルズ出演:フォレスト・ウィテカー 、オプラ・ウィンフリー 、ジョン・キューザック 、ジェーン・フォンダ 、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、...
『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? (映画のブログ)
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして...
大統領の執事の涙 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワード、レ...
アメリカ現代史~『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで 働くことになる。  1950年代から80年代にかけてのアメリカに実在した、7人...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと戦い。 早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の...
映画・大統領の執事の涙 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE BUTLER2013年 アメリカ アメリカ・ホワイトハウスでアイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンの7人の大統領に仕えた黒人執事・セシル(フォレスト・ウィテカー)の物語 実話に基づいているそうです 1926年、....
大統領の執事の涙 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LEE DANIELS' THE BUTLER】 2014/02/15公開 アメリカ 132分監督:リー・ダニエルズ出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キ......