映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

スノーピアサー

2014年02月08日 22時33分40秒 | 映画 さ行
評価:★★★【3点】


本作のMVPはティルダ・スウィントンに決定です!(笑)
今回、かなり作ってきましたね~(爆)

先回の吸血鬼の映画は自身の都合でスルーしちゃったので
予告編のイメージしか知りませんが
それから考えると相当なイメージチェンジじゃないかと思う。



2014年、人類は急速に進行する温暖化を食い止めるため、
人工冷却物質の散布を実施。
しかしそれは予想外の結果を招き、
地球は氷河期に突入してしまう。
やがて人類を含めほとんどの生物は死に絶え、
17年後の2031年、“スノーピアサー”と呼ばれる列車の中で
生活する乗客たちだけが人類のすべてとなっていた。
その列車は永久機関のエンジンを積み、
1度も止まることなく1年をかけて地球を1周する“走る箱舟”。
その前方車両では富裕層が優雅に暮らす一方、
後方車両に押し込められた貧困層は劣悪な環境で虐げられ、
忍従の日々を送っていた。
そんな中、最後尾に乗るカーティスが革命に立ち上がり、
反乱軍を率いて前方車両へと侵攻していくが…。
<allcinema>



序盤の説明こそテンポよく作品世界に没頭できたが
中盤辺りから後半に行くまで、決断に躊躇う主人公のせいで
チョイと中だるみ状態となってしまった。

でも先に述べたようにティルダ姐さんの滑稽なキャラのお陰で
暗いはずの映画が、どこかコメディな感じで
アレは絶対ウケ狙いのキャラクターだよな~と思った(笑)

そう確信したのは口から取り出すまさかのアレ!(爆)
しかも台詞に笑ったし7分間のスピーチに翻訳にピシ!って^^;
彼女が出てたことによりドラマ部分の弱さを若干カバーできた感じ。


【今週のツッコミ】
・マーベル作品では優等生的イメージのリーダーキャプテン。
 本作ではまるで別人のようなワイルドなルックスに
 こういうキャラも今後の俳優人生ために必要だからね。

・地球規模の政治政策なのに映像に全く出ない政治家。
 温暖化を食い止める薬品CW-7とはクールワールド7薬品目?(笑)

・オゾン層ってあんなに低い位置にあったっけ?^^;

・ティルダ姐さんのお尻にナイフが刺さる演出には吹き出した!(爆)

・そういや、ターミネーターのようなボディガードが不気味だった。

・あの父親がユエン・ブレムナーと気づいたのが記事を書く今頃^^;
 

・先頭車両、最後尾車両以外の中間車両に全人類が生活してるって
 ちょっと無理がある話ではあるが細かいことを突っ込んだら
 余りにもキリがないことに気がつくのだった(笑)

・これ、もしかして続編作るなら雪山シーンから始められるけど
 序盤の伏線は終盤ですべて回収しちゃってるからどうなんでしょ。

・本日、映画の影響から牛肉が食べたくなった。
 舌の不調にいい亜鉛も摂取できるから一石二鳥だな(爆)
---------------------------------------------------
監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノケリー・マスターソン
音楽:マルコ・ベルトラミ


出演:クリス・エヴァンス/ソン・ガンホ/ティルダ・スウィントン/ジェイミー・ベル/
    オクタヴィア・スペンサー/ユエン・ブレムナー/ジョン・ハート/エド・ハリス/


『スノーピアサー』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒執事 | トップ | エージェント:ライアン »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんか、、、 (オリーブリー)
2014-02-09 22:34:06
違ってた(苦笑)
後になって考えたら、結局、みんなヘンな人たちばかりに思えて、、、。
役者揃えたのに、それぞれのイイとこが全然見えなかった。
ジェイミーの退場が早すぎる(苦笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-02-10 00:26:25
こんばんは。
鑑賞前に英語を話せないソン・ガンホという情報知っちゃってから
もしかしたら、思いっきりつまらない映画かもしれないという覚悟してましたから
そういう事前情報のお陰(?)でハードル低めにしてたのがよかったかも(笑)

たしかにみんな変人ばかり^^;
車両全体がどこかの怪しい宗教団体みたいで、先頭車両の教祖に会いたがってる下層レベルの教団生の反乱みたいでした(笑)

ジェイミー、あっけなかったですよね!
☆クロノールを集めるのは止せ! 可燃性だから!☆ (TiM3)
2014-02-23 11:33:51
どもです。
ようやく記事アップが完了しました~

終盤以降の「主人公の憔悴&後退っぷり」がハンパなかったですね(⌒~⌒ι)

エドガー君の「後釜のしと」のあっけなさも特筆モノでした・・

にしても・・先頭車両にいた「ブス子」さんって、何だったんでしょう?

追記:近未来を生き延びるため、ヴァイオリンを習おうかどうか、真剣に悩んでおります(ウソ)
TiM3さんへ (ituka)
2014-02-23 18:06:01
こんばんは。
主人公が余りに慎重過ぎて観てるこちらがイラッとしましたよ。
先頭車両に辿り着いてからのネタばれに「あらら」でしたが
あのステーキが妙に美味そうに見えました(笑)

>先頭車両にいた「ブス子」さんって、何だったんでしょう?

あのお姉さん、いきなりスケール持って寸法測りだしたとき、思わず厭らしいことに使うんだろうな~と^^;
そして、この映画はその後に恐ろしい儀式なんかで盛り上がるのかと、そこまで予想が広がりました。

しかし、ブス子さんでしたね(爆)
脇の俳優がよかっただけに、彼女で一気に映画の格が下がってしまいましたよ。

>ヴァイオリンを習おうかどうか

いいですね。犯罪以外なら、なんでもチャレンジするべきです。
ヴァイオリンもいいし、ピアノなんかも隠し技として身につけておきたい特技です^^

今更ですが・・・その2 (ami)
2014-04-28 21:27:45
私はこの作品をてっきりポン・ジュノ監督のハリウッドデビュー作だと思っていたので
冒頭の「CJ Entertainment」のロゴに「韓国映画なのー!?」とびっくり!
実際俳優は英米メインですが雰囲気的には思いっきり韓国映画でしたね(笑)
amiさんへ (ituka)
2014-04-29 11:12:55
こんにちは。
今更その2、ありがとうございます(笑)
そういえば、ユナイテッドって秀作に限らず意外な所で公開が遅れるパターン多いですよね。
地元の阿久比もそうなんです。

>ポン・ジュノ監督のハリウッドデビュー作

そうそう!まったく同じ勘違いをワタシもしていました^^;
しかも、冒頭のロゴでそこに気づいたのも同じ(爆)

たぶん、ハリウッド映画であったならソン・ガンホの翻訳機はしっかり没収されていたでしょうね(笑)
下手でもしゃべれよ!みたいな^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スノーピアサー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などの....
『スノーピアサー』 2014年1月29日 角川シネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スノーピアサー』 を試写会で鑑賞しました。 ポン・ジュノ監督の挨拶がありました でも、映画無関係な不要な森脇健児と安田大サーカスの団長がゲストでいらない話が長かった 【ストーリー】  地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起...
スノーピアサー~アイデア賞どまり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。韓国=アメリカ=フランス、ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ原作、原題:Snowpiercer、ポン・ジュノ監督。クリス・エヴァンス、ソ ...
ポン・ジュノ監督『スノーピアサー(Snowpiercer)』クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル』『母なる証明』(←スゴイ!全部傑作!)のポン・ジュノ監督がフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原
劇場鑑賞「スノーピアサー」 (日々“是”精進! ver.F)
シロクマは生きてました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402070001/ ポン・ジュノ監督作 / ソン・ガンホ、コ・アソン CMDC-10153 映画OST / 『雪国列車』SNOWPIERC...価格:1,890円(税込、送料別) ★特価...
スノーピアサー (Akira's VOICE)
その手は人のため!  
スノーピアサー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Snowpiercer監督:ボン・ジュノ出演:クリス・エバンス、 ソン・ガンホ、 ティルダ・スウィントン、 ジェイミー・ベル、 エド・ハリス
スノーピアサー  (心のままに映画の風景)
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止...
スノーピアサー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
『スノーピアサー』 (こねたみっくす)
白い外界と暗い車内。本当の方舟はどちらなのか。 フランスのSFコミックを韓国のポン・ジュノ監督がアメリカやイギリスの名優を揃えて描くこの作品。 これまでの監督作品と比べる ...
スノーピアサー/SNOWPIERCER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チ....
映画『スノーピアサー』観てきた (よくばりアンテナ)
浅田真央ちゃんのSPでみんなが沈んでいる日。 真央ちゃんのこと考えながら運転してて映画館へ向かう道を間違えてしまったよ。 真央ちゃん、日本中の期待のことも、今までの努力のこともみんな忘れて フリーでは大好きなスケートをオリンピックで滑る喜びと楽しさを思...
スノーピアサー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スノーピアサー 13:韓国=アメリカ=フランス ◆原題:SNOWPIERCER ◆監督:ポン・ジュノ「母なる証明」「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」 ◆主演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレ...
『スノーピアサー』 (時間の無駄と言わないで)
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
映画『スノーピアサー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-14.スノーピアサー■原題:Snowpiercer■製作年、国:2013年、韓国・アメリカ・フランス■上映時間:125分■料金:1,800円■観賞日:2月11日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督・脚本:ボン・ジュノ□脚本:ケリー・マスターソン◆クリス・エヴァンス...
残された人々~『スノーピアサー』 (真紅のthinkingdays)
 Snowpiercer  2014年7月。温暖化を阻止すべく打ち上げられたCW-7ロケットの影響で、地球 は凍結状態となり、生物のほとんどは死滅する。17年後、残された人類を乗せた 列車 「スノーピアサー」 は、一年かけて地球を一周する軌道を走り続けていた。...
スノーピアサー (銀幕大帝α)
SNOWPIERCER 2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分 SF/サスペンス/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/07) 監督: ポン・ジュノ 『母なる証明』 製作: パク・チャヌク 原案: ポン・ジュノ 脚本: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス:カーティス ソン...
スノーピアサー (いやいやえん)
ポン・ジュノ監督が「氷河期の地球を疾走する全人類唯一の生存空間の列車」という、え、ちょっとありえねーだろな設定で挑むSF大作。元はコミックらしいですねー。新鮮味のある映画だった。 個性的であくの強いキャラたちがたくさん登場しますが、そのどれもが区別が...
スノーピアサー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ 【解説】 『母な....
スノーピアサー (miaのmovie★DIARY)
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は...