映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

パシフィック・リム(2D字幕)

2013年08月12日 20時13分02秒 | 映画 は行
評価:★★★【3点】



題材としては文句なく楽しいんだけど
全編休む暇なく戦い続ける慌ただしさに
いささか食傷気味となってしまい
途中で何度も記憶が飛ぶという状態にまでなってしまった。



ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。
“KAIJU”と名付けられた彼らは、
大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、
人類は滅亡の危機を迎える。
そこで人類は世界中の英知を結集し、
人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。
その操縦は2人のパイロットによって行われるが、
イェーガーの能力を引き出すためには、
パイロット同士の心を高い次元でシンクロさせる必要があった。
当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、
出現するたびにパワーを増していくKAIJUたちの前に
次第に苦戦を強いられていく。
そんな中、かつてKAIJUとのバトルで兄を失い、
失意のうちに戦線を離脱した
名パイロット・ローリーが復帰を決意する。
彼が乗る旧式イェーガー“ジプシー・デンジャー”の
修復に当たるのは日本人研究者の森マコ。
幼い頃にKAIJUに家族を殺された悲しい記憶に苦しめられていた。
やがて彼女はローリーとの相性を買われ、
ジプシー・デンジャーのパイロットに大抜擢されるのだったが…。
<allcinema>



冒頭からいきなりのロボットVS怪獣の構図は、ある意味斬新。
しかし、怪獣の造形にプラスしてその巨大さ加減が
ワタシの中でどうにも受け入れられなかった。

そしてロボット操縦パイロットの人間ドラマが浅く
もうひとつ感情移入できないというのが致命傷で
バトルメインでもせめてマコの家族構成くらいはみせないと。

さてバトルシーンですが、これほとんどトランスフォーマー。
しかも海上での闘いが大半を占めていたので
ビルの崩壊などが僅かしかなかったのが気に入らないね。


【今週のツッコミ】
・子供の頃、東宝特撮映画に夢中になってたのは
 単に怪獣見たさではなく、町の崩壊シーンであった。
 ミニチュアで作られたビルが高速撮影で撮られ
 怪獣らにぶっ壊されていく様に興奮していたものだった。
 本作ではそれがないのだ。

・マコ(菊池凛子)が幼少期の悲惨な体験から大人になり
 憧れの上官に~というのは、どこか図書館戦争を思い出す。

・怪獣が何体も出過ぎじゃないかね。
 そのなかにアンギラスに似たものがあったような(笑)
 その他はどうにもイマイチな印象。

・胸に埋め込まれたリアクターってアイアンマン?

・各国代表のロボットをみて『リアル・スティール』も
 これくらい巨大にしてたらワタシは観に行かなかったであろう。

・こういう怪獣映画こそすべてアナログで撮ってほしい!
 CGで容易く逃げてほしくない^^;
-------------------------------------------------------
監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラヴィス・ビーチャム/ギレルモ・デル・トロ
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
音楽:ラミン・ジャヴァディ


出演:チャーリー・ハナム/イドリス・エルバ/菊地凛子/
    ロン・パールマン/芦田愛菜


『パシフィック・リム』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムービー43 | トップ | ワールド・ウォー Z(2D字幕) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます♪ (ひろちゃん)
2013-08-13 10:28:31
私も円谷シリーズ観てましたし、斬新な冒頭のバトルから
結構面白そうと思ったのですが、いかんせ、ストーリーがお粗末で
(人間ドラマが浅かったですよね)期待度を超えなかった作品でした(汗)でも、観た方、特に男性にはウケがいいのに、itukaさん珍しい感想ですね。

夜の海で、ロボットも怪獣も観難かったです(汗)
香港の市街戦が、1番気持ち盛り上がりました!
ひろちゃんへ (ituka)
2013-08-13 15:34:06
こんにちは。
円谷シリーズ観てたのね^^
「ウルトラQ」から始まって世を席巻してましたよね。
冒頭のバトルは度肝を抜きましたよ。まさかいきなりクライマックスもってくるなんて(笑)
でも、映画の8割がバトルで残り2割が説明用ドラマって普通逆ですよね^^;

それぞれのキャラの作り込みが足らなかったですよね。

ワタシは「マジンガーZ」とかロボット系はまったく興味なかったので
『トランスフォーマー』も期待値低く観に行ったものです。

ただ、ギレルモ監督のような日本の特撮映画を崇拝する映画関係者割と多いというのは嬉しいことです。

香港の市街戦は見応えありましたね^^
こんにちは。 (みぃみ)
2013-08-14 18:12:25
海の場面、多かったですね~。
ロボット達が錆びちゃったりお水が入って漏電したりしないのかな?と、心配でした。

ウルトラマン、私も見ていましたよ~。
itukaさんの萌えポイントは、街大崩壊だったのですね(^^)。
地上戦は確かにマコちゃんの時と香港。
壊れっぷりは少なめ。派手に壊れてたのはイェーガー達でしたね。

私の場合は、怪獣の倒されつつから倒れるまでの、ぼよよよ~ん及びずっだ~んなバウンド感萌えなので、今作、堪能しました。
現れる度巨大化していくのには、ん?でしたけど(笑)。

そういえばグエムルも水中発生でしたね。
海外では海と空が異空間との接続ポイントなのでしょうか?。

今回のデル氏に触発されて、日本でもまたちゃんとした作品作ろうと思ってくれる人現れるといいですね。
海洋堂さんというすっごいメーカーさんいらっしゃるんですもの☆。


追伸:夏休み中なので明けたらTB貼らせてください。よろしくお願いします。
みぃみさんへ (ituka)
2013-08-14 20:03:16
こんばんは。
そうなんですよ!ワタシの萌えポイントはミニチュアビルや家屋がいかに本物っぽく壊れていくかにかかってます(笑)
なので海を舞台にしてると対象物は波の水しぶきしかないのでつまらないのです(超マニアック?)^^
山を舞台にしてれば樹木があるのでまだいいんですけどね。

今回の巨大さ加減についてはロボットを人に例えれば人間の大きさは蟻くらいでしょう(笑)
ワタシがもっとも好む比率は『大魔人』の大きさなんですよ(爆)

水濡れイェーガーが漏電状態とは思いつきませんでした(笑)
確かにそれありますよね!

深海にはまだまだ未確認生物がいるということで
今度、ダイオウイカなるものを撮影したドキュメンタリー映画が公開されるようですね。
たしかNHKスペシャルで放送されたとか、、、(笑)

海洋堂というメーカー有名ですよね!
ネットで検索すれば一発ヒット(笑)

TBの件いつでもどうぞ~^^
こんにちは。 (みぃみ)
2013-08-19 10:01:14
夏休み明けましたので、TBさせていただきました。

イカさんのNスペ見ましたよ~。
イカさんVSクジラの戦いもCG(←何かの機械で各々の動きが想像できるシステムがあるらしいです)放送していました。

ン十メートルVSが海中で、実際に行われている様子を見ながら地上の生き物で且つ人間でよかったと思いました。
迫力ありましたよ~!。

海洋堂さんの展示場、日本一暑い町四万十にありますのでよろしければ☆。
みぃみさんへ (ituka)
2013-08-19 15:28:08
こんにちは。
夏休み明けましたね。ワタシは今日有給取ってたのでまだ休みです(笑)

お~!NHKスペシャルご覧になってた!
ということは今度劇場公開される映画はその放送を丸ごと流すみたいなので劇場に行かなくてもいいですね^^

Youtubeでダイオウイカ見ましたが、イマイチよく分りません^^;
CGで鯨とのバトルコレ興味あります。

日本一暑い四万十町って今年一気に有名になりましたよね(笑)
相当な大きさの展示場というのはウィキで調べました。
今度、一度チャンスがあれば観に行きたいです。

☆齧られてなかった?☆ (TiM3)
2013-09-02 00:04:57
ばんはです。

「週末+レイト」スタイルの鑑賞が定着して参りました(⌒~⌒ι)

本作、後で考えるとロン・パールマンのキャラが一番美味しかったように思います。

何だかでも、怪獣に「2噛み」「3噛み」ぐらいはされてたと思うんですが・・アレで無事なのは理解できない(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2013-09-02 19:27:44
こんばんは。
ここのところ金曜日公開が多いので金曜レイト、土曜レイトで日曜はフリーになりますね。

エンドクレジットで重要なおまけ映像があるよ!と聞いていたので観てましたが
普通ならこの出来では即行帰ってました(笑)

たしかにもぐもぐやってましたよね^^;
口の中で相当逃げ回っていたのか、あの怪獣ってもしや魚類系だったのかな(笑)
オタク映画 (mariyon)
2013-09-10 09:30:26
トランスフォーマーがあまりにバカらしかったので
ぜったいパスって思ってら、
いや、これ、むちゃくちゃオタク映画ですよね。

まあ、CGなんで、itukaさんのおっしゃるミニチア撮影のオタクさはないかもですが。。。(-_-;)

でも、カイジュウってだけでも笑える。
マジンガーZや鉄人にときどき見えてくるのもよかったです。
凜子ちゃん、がんばってましたね。
もう少し、綺麗に撮ってあげれなかったのか??

オタク監督にはカイジュウやロボットのほうが
美しく見えるんでしょうね(笑)
mariyonさんへ (ituka)
2013-09-11 20:07:11
こんばんは。
そうですよ~、これはオタク監督がオタクのためにオタク映画を作ってしまったというやつです(笑)
しかも製作費回収できてないのに、次回作に着手しようという気の早さにお口アングリです(爆)

ワタシは怪獣はこの年齢になってしまうと、もうどうでもよくて
精巧に作られたミニチュアの街並みだけでいいのよ(笑)

マジンガーZは昔から苦手^^;
鉄人28号は大好きでした(そのちがいはどこなのか自分でも判らない)。

凛子さんは次回作の方が妖艶に撮られてますね。
例の「47RONIN」(笑)

この監督さん思いっきり童心に帰って楽しんでいたみたい(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『パシフィック・リム』が守った映画のルール (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...
『パシフィック・リム』 (こねたみっくす)
熱いぜ!この中二病的ヲタク魂! 「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ...
『パシフィック・リム』 2013年7月28日 ユナイテッドシネマ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『パシフィック・リム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 菊池凛子、芦田愛奈、ギレルモ・デル・トロ監督が登壇しました。 3Dで見るにはかなり辛いわ 【ストーリー】  2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破...
パシフィック・リム (花ごよみ)
監督はギレルモ・デル・トロ 地球征服を目論み 海底の裂け目から出現したKAIJU(怪獣)と 地球の危機を救うため開発された 人型巨大ロボット、イェーガーとの 壮絶な戦闘を描いています。 KAIJU(怪獣)との戦いによって、 兄を亡くしてしまった ローリー(チャーリー...
パシフィック・リム3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJ...
パシフィック・リム~リメンバー・フクシマ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Pacific Rim。ギレルモ・デル・トロ監督、トラヴィス・ビーチャム脚本。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロ ...
パシフィック・リム (3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)  菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)  チャーリー・デイ/ニュートン....
パシフィック・リム (あーうぃ だにぇっと)
パシフィック・リム@よみうりホール
劇場鑑賞「パシフィック・リム」 (日々“是”精進! ver.F)
イェーガー vs 怪獣… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308090003/ 【送料無料】パシフィック・リム ビジュアルガイドラ・ドゥース 限定3000部 [ デイヴ...
[映画『パシフィック・リム』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...
映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。 そ...
タイトルデザイン_34.(Imaginary Forces) ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜、他、怪獣や巨
パシフィック・リム IMAX-3D/チャーリー・ハナム (カノンな日々)
初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...
パシフィック・リム (Akira's VOICE)
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  
★パシフィック・リム(2013)★ (Cinema Collection 2)
PACIFIC RIM 人類最後の望みは、この巨兵。 映時間 131分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/09 ジャンル アクション/SF/ロボット 映倫 G 【解説】 日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」 「パンズ...
パシフィック・リム(不本意ながらも3D吹替) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Pacific Rim監督:ギレルモ・デル・トロ出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊池凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー
パシフィック・リム(不本意ながらも3D吹替) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Pacific Rim監督:ギレルモ・デル・トロ出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊池凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー
パシフィック・リム(2D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子 【あらすじ】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団...
パシフィック・リム (だらだら無気力ブログ!)
中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
パシフィック・リム 3D (そーれりぽーと)
ジャパニメーション独自の文化の一つとして進化してきた巨大ロボと、東宝東映円谷プロの特撮映画に出てきそうな怪獣が世界の危機を背景に対決するハリウッド映画。『パシフィック・リム』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 日本のアニメや特撮映画が大好きで、周囲の...
パシフィック・リム (Memoirs_of_dai)
ロボットとメッセージ 【Story】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われ、世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科...
パシフィック・リム (風に吹かれて)
監督の日本愛公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim監督: ギレルモ・デル・トロある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から
映画「パシフィック・リム(IMAX3D 吹替)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
こんな映画が見たかった!!!! 良くある煽り文句ですが、心の底からそう思いましたよ( ゜д゜) っ!私の中のロボット魂と怪獣魂がシンクロというかドリフトというか、もうエライ状態になってました!!...
『パシフィック・リム』 (ラムの大通り)
(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤかなと…」 ----で、最初はやはりあれ? 『パシフィック・リム』? 「そう。 延ばし...
パシフィック・リム  監督/ギレルモ・デル・トロ (西京極 紫の館)
【出演】  チャーリー・ハナム  イドリス・エルバ  菊地 凛子 【ストーリー】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事の....
パシフィック・リム (とりあえず、コメントです)
特撮や日本の怪獣もの&アニメも大好きなギレルモ・デル・トロ監督が創り上げたSFアクションです。 巨大怪獣に立ち向かう巨大ロボットという映像を観て、凄そうだなと楽しみにしていました。 昔に観た怪獣たちを合体させたような強敵KAIJUと2人組で操縦するロボットたちの...
『パシフィック・リム』 (時間の無駄と言わないで)
「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。 監督の特撮趣味全開。 この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ...
「パシフィック・リム」人類が1つになった先にみた人類が生き残るための戦い怪獣との激しい攻防戦 (オールマイティにコメンテート)
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...
映画:「パシフィック・リム」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年8月13日(火)。 映画:「パシフィック・リム」。 最強盛り上がって、力入った二の腕がなにげに筋肉痛(笑)。 小学生の頃、朝5時に起きて見ていた「宇宙刑事シャイダー」とか 「ウルトラマン」とか「ヤッターマン」とか 色んな戦い物が、ギレルモ・デル...
パシフィック・リム IMAX3D(字幕) 8/19追記あり (単館系)
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...
怪獣対ロボット (笑う社会人の生活)
15日のことですが、映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて 世界各国を襲撃する謎の巨大生命体 kaijuを倒すべく 人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの戦いを描く これは面白かったの一言!  評判も良く、デル・トロ監督ということで期....
パシフィック・リム (映画的・絵画的・音楽的)
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)...
パシフィック・リム (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
パシフィック・リム '13:米 ◆原題:Pacific Rim ◆監督:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」 ◆主演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン、ク...
パシフィック・リム (いやいやえん)
かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)
映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語) (翼のインサイト競馬予想)
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス
パシフィック・リム (銀幕大帝α)
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...
『パシフィック・リム』を109シネマズ木場2で観て、オタクとしてこの映画にはいい所と悪い所があるふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★近親憎悪のようなものかもしれんが】 IMAX3D吹替で鑑賞。 とりあえず評判を聞いて物凄くテンションがあがった。 そして、単なる「怪獣プロレス」 ...
映画『パシフィック・リム 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャ...
パシフィック・リム (RISING STEEL)
パシフィック・リム / PACIFIC RIM 2013年 アメリカ映画 ワーナー製作 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:トーマス・タル ? ジョン・ジャシュニ ? ギレルモ・デル・トロ ? メアリー・ペアレント 製作総指揮: カラム・グリーン 原案:トラヴィス・ビー...