映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ボーダーライン

2016年04月09日 19時16分04秒 | 映画 は行
評価:★★★★☆【4.5点】




メキシコとの国境沿いの緊迫感が凄い!



FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト・メイサー。
ある日その活躍が認められ、メキシコの麻薬組織
“ソノラ・カルテル”の壊滅と最高幹部マヌエル・ディアスの
拘束という極秘任務を帯びた特殊部隊にスカウトされる。
こうしてリーダーの特別捜査官マット・グレイヴァーや
コンサルタントとしてチームに同行する謎のコロンビア人
アレハンドロともに国境を越えてメキシコのフアレスに向かったケイト。
しかしそこで待っていたのは、正義や法の手続きなどが一切通用しない、
暴力のみが支配する麻薬戦争のあまりにも深い闇だった。
<allcinema>



限りなく本物に拘ったディテール映像に驚くばかり。

メキシコ麻薬といえばコロンビアと並ぶカルテルの聖地(おい)
数年前から実際にニュースで取り上げられるほど深刻化している。
今回、そんなカルテルの実情とそれを撲滅するべく特殊チームが結成され
その中のひとりに女性FBI捜査官メイサー(エミリー・ブラント)が
加わることとなる。

メキシコとの国境がとにかくヤバイ!という通達を受け
そのように準備万端で警戒に当たっているものの
民間の車で混雑するハイウェイでの一件は映画と分かっていながら
まるで自分がそこにいるような錯覚を起こす。
アクション映画にありがちな設定にも拘らずこの緊張感はいったい?

おそらく同行してる初心者メイサー目線で状況を見てるので
次の予測がまったくできないからだろう。
しかも捜査上のルールも完全無視する荒業に面食らい
怒りさえ覚えてしまうメイサー捜査官(法に基づく真面目な女性)

その場所には、その場所のやり方がある。
これぞまさに匠の技ではないだろうか(ほんとかよ)^^;

久しぶりに見たベニチオ・デル・トロの存在感は
本作の質を向上させる意味では一役買ってるように思えた。



【今週のツッコミ】
・メキシコのフアレスに入った途端、高架下にさかさまに吊るされてる
 4体の死体らしきもの。あそこまで残酷性を強調させる監督は
 もしや変態か^^;

・とにかくグロ映像に関しては冒頭の人質救出作戦から
 怒涛の展開にワクワクしまくりだった。

・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で最前線に立つ
 カリスマ女戦士の経験を持ってしても本作に掛かれば
 まるで赤子のような扱いになってしまうのね。

・メキシコ警察見ても仲間と思うな、大半が買収されてるって
 こうなってくると、さらに緊張感は高まる設定になるんだよね。

・本作出演者の中で、ワタシが最もお気に入りのキャラは
 特殊チームの中の血尿でおしっこするたび痛いと言ってた彼(笑)
------------------------------------------------------------
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:テイラー・シェリダン
音楽:ヨハン・ヨハンソン


出演:エミリー・ブラント/ベニチオ・デル・トロ/ジョシュ・ブローリン
    ヴィクター・ガーバー/


『ボーダーライン』



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドリーム ホーム 99%を操る... | トップ | ルーム »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2016-04-10 19:44:13
半端ない緊張案とリアルな臨場感でした!
ドンパチ好きには申し分ない作品でした。
てっきりエミリーが、がんがんと引っ張っていく役だと思ったのですが、、、
やっぱこういう世界はマッチョな男の世界でしたね。
そして終わってみればベニチオ・デル・トロが主役だっただったような・・・(爆
えふさんへ (ituka)
2016-04-10 20:47:19
ビックリするくらいリアルでしたよね。
そうそう、エミリー捜査官が先頭に立ち敵を打ち砕くものとばかり(笑)
こういうのってどこの世界も結局上層部の思惑通りに進んで行ってしまうんですね。

べニチオ・デル・トロの抑えながらも濃い演技は相変わらずでしたね(いい意味で)^^
Unknown (ここなつ)
2016-04-19 16:25:18
こんにちは。
この監督は、ホンットに想像を超えた異常性を描くのがお得意ですよね。
でも、実際に地球の裏側ではこんな異常な出来事が起こっているのか…?
そう考えると、ホント、心底怖かったです。
ここなつさんへ (ituka)
2016-04-19 21:45:50
ドゥニ監督の前作2本観ましたが結構ワタシ好みってことで本作も期待値上がってましたよ(笑)
とにかく異常な世界というか異様な世界観持ってますよね。
そうそう、南半球に位置する国家はなんでこんなに危険なんでしょう。
絶対行きたくないわ(爆)
オール・ユー・ニード・イズ・キルを (ami)
2016-05-03 21:41:53
観ていない私にはエミリー・ブラントが敏腕捜査官には到底見えなくて
う~ん...ーー; だったので 、彼女が狂言回しだったと分かって納得しました。
主役は完全にデルトロでしたね。

それにしてもこれ観ちゃうと、トランプさんの「壁」も満更悪くないかも・・・って思っちゃいますね(こらこら)
amiさんへ (ituka)
2016-05-03 22:36:08
本作にエミリー・ブラントが主演すると知って
もしやこの路線で強い女性キャラ確立か?と思ったくらいです。
『オール・ユー・~』の彼女がホントに女戦士でトムクルが単なる一兵卒でしたから(笑)

うん確かに、トランプ氏の壁作りは有りかもしれませんね。
ただメキシコ側が製作費払えよっていうのがあるんで
実現には至らないっていうのが世の見方ですかね(爆)
ヴィルヌーブベスト (とらねこ)
2016-05-09 14:25:13
ファレスに入った辺りの「地獄巡り」ドライブ最高でしたね!
メキシコの犯罪って本当に凄惨なもの多いんですよ。
何度も襲われたメキシコ市の女性市長、人工肛門で頑張ってたんですが、とうとう殺されてしまいましたね。
ドニ・ヴィルヌーブ監督のベストになりました。

ところで、今名古屋に来ています。
今日夕方辺りなんて、お暇ではないでしょうか?なんちゃって笑。
名古屋でオススメのお店、良かったら教えて下さい。
とらねこさんへ (ituka)
2016-05-09 18:20:20
そうそう、あの地獄巡りってマジ地獄の一丁目みたいでしたね(笑)
何度も襲われて人工肛門って聞くと、なにやらそっち系の想像しちゃいますけど
女性市長ってことで「なんで?」ですよね(違)
そうでしたか彼らにとって市長は単なる邪魔者扱いだったんですね。
なんという酷いことを・・・。

え!なんと!名古屋に来てるんですか!
じゃあこのコメもタブレットで?(笑)
ホンの少し前に地元シネコンから帰ってきましたよ。
ワタシ、愛知でも西の方なので名古屋ではないんですよ^^
そうか、とらねこさんに会いたかったな~。
名古屋でいい店?普段名古屋で食事も買い物もせず映画観て即帰りの電車なので
どうだろ、栄パルコ西館の4F~5F辺りに楽器店ありますけど(笑)
そうじゃなくて?(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボーダーライン / Sicario (勝手に映画評)
アメリカとメキシコの国境付近における麻薬戦争を描いた作品。 激烈ですねぇ。日本でこの様な事が話題になることはないので、衝撃的です。単に、警察に寄る取り締まりではなく、リアルに“戦争“だと思います。 描かれている内容が圧倒的すぎて、何とも言えません。映画...
『ボーダーライン』 2016年2月23日 角川試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ボーダーライン』 を試写会で鑑賞しました。 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品は楽しみであるが、 この映画も素晴らしかった 【ストーリー】  優秀なFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官(ジョ...
劇場鑑賞「ボーダーライン」 (日々“是”精進! ver.F)
善悪の境界の曖昧さ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604090001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/SICARIO【輸入盤】価格:1,727円(税込、送料別) [DVD] プリズナーズ価格:3,119円(税込、送料別)
映画「ボーダーライン」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ボーダーライン』(公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー エリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、巨悪化するメキシコ麻薬カルテ...
『ボーダーライン』 (時間の無駄と言わないで)
流石はロジャー・ディーキンス。 画が格好イイ。 ベニチオ・デル・トロも格好イイ。 重たい音楽も格好イイ。 中盤ちょっと展開がまったりして眠くなるところも。 序盤の護送 ...
ボーダーライン (ハリウッド映画 LOVE)
ボーダーライン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サスペンス・アクション。主演は「オール・ユー・ニード・イ...
『ボーダーライン』 (こねたみっくす)
越えてはいけない一線がある。分けるべき一線もある。 これがメキシコ麻薬カルテルの恐ろしさなのか。これがドナルド・トランプ候補が国境線に壁を建てたいと主張した実情なのか ...
ボーダーライン (風に吹かれて)
終わりのない闇 公式サイト http://border-line.jp 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 「プリズナーズ」 「複製された男」 FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト
「ボーダーライン」 (ここなつ映画レビュー)
原題「Sicario(シカリオ)」は、メキシコで「暗殺者」を意味する。誘拐・人質専門担当官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、とある事件の凄惨な現場に遭遇した後、国防省の顧問を名乗る男マット・グレイバー(ジョシュ・ブローリン)のスカウトを受け、アメリ...
メキシコ麻薬カルテルの根深さ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「ボーダーライン」を鑑賞しました。 試写会にて  FBI捜査官のケイトは、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊にリクルートされる 特別捜査官マットや謎のコロンビア人アレハンドロとともにアメリカとメキシコの国境付近の麻薬組織撲滅の...
国境の南~『ボーダーライン』 (真紅のthinkingdays)
 SICARIO  優秀なFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコの麻薬組織<カル テル>撲滅のためのチームにスカウトされる。国境の南で彼女が見たのは、 銃声の止まない無法地帯と化した街・フアレスだった。  ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作...
ボーダーライン (映画好きパパの鑑賞日記)
 原題は「Sicario」。邦題は似たような題名のテレビや映画はあるだけに、最初はどうかと思いましたが、見終わったら、ああ、この題名しかないと腑に落ちました。最初から最後まで緊迫感あふれるサスペンスです。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ドゥニ・ヴィル...
映画『ボーダーライン』 SICARIO ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレは概要紹介の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) あれ?いとこのファウスト・アラルコンはソノラ・カルテルのナンバー3って言われてなかったっけ・・・? そんな疑問が頭に引っかかり、でもwikipediaのストーリー欄は間違いだらけでアテにな...
DVD:ボーダーライン Sicario  今年のベスト10に入れちゃいそうな、今年有数の犯罪映画。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
DVDで鑑賞して、「この映画、劇場で見なくちゃだったな…」と後悔する作品が年に何本か、ある。 今作は、まさにその一本! 映画のテーマは、メキシコの麻薬組織との闘い。 ...
ボーダーライン (映画と本の『たんぽぽ館』)
世界の実情を、鋭く描く * * * * * * * * * * エリートFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、 米国防総省の特別部隊に加わるよう要請されます。 巨大......
ボーダーライン (銀幕大帝α)
SICARIO 2015年 アメリカ 121分 サスペンス/犯罪/アクション R15+ 劇場公開(2016/04/09) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『複製された男』 出演: エミリー・ブラント:ケイト・......
「ボーダーライン」 (或る日の出来事)
麻薬戦争、恐ろしい!