映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

イントゥ・ザ・ストーム

2014年08月23日 20時06分30秒 | 映画 あ行
評価:★★★★☆【4,5点】


映像とヒューマンドラマが期待以上の出来で大満足!
十代最良の日となるはずだった高校の卒業式がまさかの大惨事となる。



アメリカ中西部の街シルバートン。
この日、ゲイリーが教頭を務める高校では卒業式が行われようとしていた。
一方、竜巻の撮影に執念を燃やすピート率いる
ストーム・チェイサー・チームのメンバーで気象学者のアリソンは、
シルバートンの気象状況にかつてない巨大竜巻の可能性を見出す。
さっそく一行は、特別仕様の装甲車を駆って現地へと向かう。
そんな中、ついに想像を絶する巨大竜巻が発生し、
シルバートンの街を襲う。
卒業式を中断し、避難する生徒や父兄の誘導に追われるゲイリー。
やがてその中にいるはずの息子ドニーの姿がないことに気づくが…。
<allcinema>



今から18年前の『ツイスター』(1996)も迫力ある映像に興奮したが
ドラマに専門性を持たせすぎて、観測チームの執念だけを
ただひたすら描き続けた結果、他の部分がやや薄っぺらい印象だった。

しかし、本作は素人感覚で見るにはこれ以上ない優れモノだ。
主人公は高校生の男の子(なのか?)とその弟の学園絡みがありーの
高校のマドンナに兄をアタックさせようとけしかける弟という
なんとも微笑ましい舞台設定ではないか(笑)

また、別のところでは竜巻だけを追い続ける
民間の撮影チームが手持ちの観測レーダーを元に竜巻の目を捉えようと
躍起になっている。ここで、ただのノー天気映画ではないことを印象付ける。

さらに別の場所で、“お笑い担当”としてYouTubeへの迫力動画を投稿し
一攫千金を手にしようとしているおバカな親父らがいいスパイスとなり
この3つのストーリーが巧い具合に絡み合っていくのだ。

予告編で何度も見ている竜巻映像ではあるが、本編ではさらに凄いものが。

ラストには、レベルマックスの巨大竜巻が発生し
街並みを粉砕していく画は、VFXの進化はもちろんアングルが決まり
自然の猛威をこれほどリアルに感じた映画は過去にないかも^^


【今週のツッコミ】
・『ツイスター』へのオマージュなのか、牛が巻き上げられてました^^;

・『クロニクル』(2012)が好きならこの映画も必ず面白く観られると断言したい。

・撮影チームの竜巻レーダーなどの機材を乗せた大型バンもいいが
 やはり、あの竜巻のど真ん中に突っ込んで行ける特別仕様装甲車が抜群!
 車体固定用4本足の杭(アウトリガー)が斬新だった。

・ドラマの中で弟が装甲車へ乗車OKが出たときの「やった!」が可笑しい。

・巨大竜巻に踏ん張る装甲車タイタス号の実力に思わず手に汗握る(爆)

・調子のいい弟が父に言った台詞におもわず吹き出した!(爆)
 「父さんに黙って抜け出すなんて“びっくりですよね”」
 なんで敬語だよ。それより本当のこと言えよ(爆)



・彼ら兄弟の父(高校の教頭先生)が『プリズナーズ』のヒュー父親と
 すこし被るんですけど(爆)

・ホイッスルがキーとなる『プリズナーズ』とナイフがキーとなる本作。

・撮影チームのリーダー(ピート)がジェームズ・キャメロンの
 造形(←おい)と、もの作りへの執念みたいなものがよく似ていた。

・廃工場のなかに取り残された兄とマドンナが水没寸前に言う最後の言葉に
 ワタシはもう少しで涙腺緩みそうでしたよ^^;

・で、そのシーンでこの映画、一気に高評価となった次第^^
 その後のお付き合いなど、彼らの25年後が気になるところ(笑)

・ピートは竜巻の目に装甲車もろとも入って見たものは
 人類初、地球を宇宙から見たガガーリンな気分だったのだろう(笑)

・雲の上まで巻き上げられてそのまま地上に落下すれば即死亡だが
 『特攻野郎〜』みたいに地上に向けて砲弾連射で助かることもあるし
 ピートの生死をいちばん気にしてるのは3千ドル待つトレイかも(爆) 

・撮影クルーで小心者のひとりの青年がリーダーに叱咤激励され男の意地で
 撮った映像は命より重かったのだろうか。

・本作ヒロイン・撮影チームの彼女、どこかで見たことあるなーと
 ずっと考えていて終盤でやっと分かってスッキリした(笑)
 米国テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のヒロインね^^
------------------------------------------------------------  
監督:スティーヴン・クエイル
脚本:ジョン・スウェットナム
音楽:ブライアン・タイラー


出演:リチャード・アーミティッジ/サラ・ウェイン・キャリーズ/マット・ウォルシュ/
    アリシア・デブナム=ケアリー/アーレン・エスカーペタ/


『イントゥ・ザ・ストーム』




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バトルフロント | トップ | LUCY/ルーシー »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆっき〜)
2014-08-23 21:44:04
お父さん役のリチャーード・アーミテッジ目当てに行ったようなものですが(笑)、思ったより映像が怖くて力を入れて観ていたせいか、肩がガチガチに・・・
あの、つけっ鼻かっ?てくらい高〜いお鼻と、渋い低音は、まさしくトーリン・オーケンシールドでしたね(#^.^#)
ゆっき〜さんへ (ituka)
2014-08-24 09:16:49
本作の主演はどうやら彼のようですね^^
で、ワタシは彼の映画なんて観たことないよな〜と思っていたら
トーリン・オーケンシールドやってたんですね!びっくりでした(笑)
『ホビット』では特殊メイクで素顔わからないので気がつきませんでした。

彼の身長って189センチとかなりの長身でここでもヒューと被ってますね(笑)
こんにちは (りお)
2014-08-24 10:44:34
わたしは、人間ドラマの部分は、ベッタベタだなあ…と思って観ていたのですが。。。
兄とマドンナは、これで付き合うようになったとしても、おそらく吊り橋効果なので、長続きはしないと思われます
Unknown (えふ)
2014-08-24 10:55:35
タイタスがかっこよかったですわ〜(笑
あんな装甲車、初めてみたかもw
なんとか巨大竜巻に耐えてほしかったわ。

ウォーキング・デッドの彼女、、、
その前は脱獄を手伝ってたし、、、
今度は竜巻!
波乱万丈の人生ですね(爆
りおさんへ (ituka)
2014-08-24 17:51:39
ヒューマンドラマは確かにベタな展開でしたよね(笑)
でも、いいんです。こういうディザスターものは人間の素が見えますから
そこのところを映画というシミュレーションを用いて今後の災害に備えたいと思っているのです(爆)

>おそらく吊り橋効果なので

あー、やっぱりそうですかね(笑)
インターン試験の提出物さえ出せれば兄はお役御免ってところでしたが
生死を共にした共同体として生涯彼女の記憶にインプットされるだけでヨシとしましょう(笑)
えふさんへ (ituka)
2014-08-24 17:59:11
“巨大竜巻VSタイタス”
えふさん、上手いこと記事にしたなー!と思いました(笑)
あの車のベースがすごく気になってますが、米国海兵隊の装甲車としても役に立てそうですよね(爆)

で、結局ウインチのバンパー部分が取れますが、続編ではそこの強化を図ってくるでしょう(続編ないですから)

「ウォーキング・デッド」のシーズン2までは観てたのですが、、、
へー!脱獄のヘルパーまでしてたのですか!(笑)
Unknown (mariyon)
2014-08-27 10:14:41
むちゃくちゃめっけもんでした。
パスろうかなーーくらいにしか思ってなかったもんで。
俳優にあまりお金をかけない、正しいパニック映画の作り方でしたね。

itukaさんのおっしゃるように、誰が主人公かわからない。
それくらい、竜巻が主人公だったわけで。

わたしは、最後の最後まで、ピートが「よっ」なんて
調子ででてきてくれるんじゃないかと・・・思ってましたよ。
そして、タイタス2号を作ってほしい(笑)
mariyonさんへ (ituka)
2014-08-27 19:55:45
こんばんは。
教頭先生のことを『ホビット』シリーズのトーリン・オーケンシールドと最初から知ってれば
それなりに意識して観たんでしょうけど、他はほとんどテレビ俳優ってことで
変に俳優に捉われることなく災害だけに集中できましたよ(笑)
mariyonさんの言うように、これがパニック映画の作り方の基本なんでしょうね。

ラストにおバカ二人組は意外でした(爆)
そうそう!あれはピートであってほしかったですよね!^^
★4.5 (rose_chocolat)
2014-09-28 16:10:54
おんなじ〜
私これかなり好きです。
ちゃんと面白かったですよね。
roseさんへ (ituka)
2014-09-28 16:55:17
これ、有料で2回見ましたよ(笑)
それくらい面白かった。
『ツイスター』と似てるようで、物語が庶民感覚で進んでいくので
断然こちらの方が良かったです。

本作、もういちど観てもいいかなーと思っています(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「イントゥ・ザ・ストーム」 (日々“是”精進! ver.F)
巨大竜巻、襲来… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408220001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【BD2枚3000円2倍】ツイスター【Blu-ray】 [ ヘレン・ハ...価格:1,500円(税込、送料込)
『イン・トゥ・ザ・ストーム』 2014年8月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イン・トゥ・ザ・ストーム』 を試写会で鑑賞しました。 まだアメリカでも公開前の為か、厳重なセキュリティチェックがありました そこまでする必要があるんでしょうかね 中国ならまだしも日本だからそんなに盗撮の心配はなさそうですが... 【ストーリー】  直径1,00...
イントゥ・ザ・ストーム/リチャード・アーミティッジ (カノンな日々)
直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまと襲われた人々の死闘をドキュメンタリータッチな映像で描いたディザスター・パニック・ムービー。監督はジェームズ ...
「イントゥ・ザ・ストーム」:ド迫力の竜巻映像! (大江戸時夫の東京温度)
映画『イントゥ・ザ・ストーム』は、現代のVFX技術の凄さをこれでもかと見せつける
『イントゥ・ザ・ストーム』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い。ただリアルな怖さは一切ない。 これはディザスターパニック映画というよりはモンスターパニック映画です。巨大竜巻を自然災害というよりは予告編通りに「怪物」 ...
イントゥ・ザ・ストーム (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞イントゥ・ザ・ストーム/INTO THE STORM 2014年/アメリカ/89分 監督: スティーヴン・クエイル 出演: リチャード・アーミティッジ/サラ・ウェイン・キャリーズ/マット・ウォルシュ/アリシア・デブナム=ケアリー/アーレン・エスカーペタ 公...
イントゥ・ザ・ストーム (試写会) (風に吹かれて)
ナイフは便利な道具です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm8月22日公開 監督: スティーブン・クォーレ  「ファイナル・デッドブリッジ」
映画:イントゥ・ザ・ストーム Into The Storm クソ暑〜い残暑にぴったりのディザスター物 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
いわゆるディザスター・ムービー(パニック映画、とも言う)の系譜。 近いところでいうと「ツイスター」 Twister に近いか? あちらもF5クラス級(秒速117-141m)のだったが、この映画に出てくるのも、秒速135m。 全体の0.1%未満という出現率のトルネード。 なので、....
イントゥ・ザ・ストーム / Into the Storm (勝手に映画評)
直径3200mにも及ぶ超巨大竜巻に襲われた、ストームチェイサー、街の人々を描いた作品。若干ネタバレがあります。 この作品は、もう『竜巻を見る』、それに尽きますね。この頃は、日本でも竜巻被害が出るようになり、時々報道もされますが、映画で誇張されてはいますが、....
イントゥ・ザ・ストーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【INTO THE STORM】 2014/08/22公開 アメリカ 89分監督:スティーヴン・クエイル出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー 、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス ...
イントゥ・ザ・ストーム ★★★ (パピとママ映画のblog)
史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック。ジャンボジェット機も簡単に飲み込む直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまを、臨場感あふれる映像で映し出す。メガホンを取るのは、『タイタニック』『アバター』など...
『イントゥ・ザ・ストーム』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
マイフェイバリット・ムービーの中に『ツイスター』を入れてる身としては、これは劇場に体感しに行くしかありません。お話は大きく二つのグループに分かれて展開してきます。一つは高校教師の父親と高校生二人の息子、母親が亡くなってからギクシャクしっぱなし、という家...
イントゥ・ザ・ストーム (だらだら無気力ブログ!)
アメリカさんとこも大変だ。
『イントゥ・ザ・ストーム』 (ラムの大通り)
(原題:Into the Storm) ----いやあ。ほんとうに暑いニャあ。 10年前に、映画のお話を聞き始めた頃より、 さらに暑いみたい。 エルニーニョで冷夏と聞いていたけど、 もう信じられニャい。 「ほんと、このごろの天候はおかしいよね。 竜巻注意報なんかも出たりして、 ....
イントゥ・ザ・ストーム (佐藤秀の徒然幻視録)
最近のSF映画の原点のような昇天シーン 公式サイト。Into the Storm。スティーヴン・クォーレ監督、リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、マ ...
イントゥ・ザ・ストーム (映画と本の『たんぽぽ館』)
廃墟の街で人はまた25年後に向けて歩み始める * * * * * * * * * * 牛やトラックが風に巻き上げられて空を飛ぶ・・・ そんなシーンを未だに覚えているのですが、 それは「ツイスター」という、本作と同じく竜巻をテーマとした作品。 しかしそれが....
『イントゥ・ザ・ストーム』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ストーム」□監督 スティーブン・クォーレ□脚本 ジョン・スウェットナム□キャスト リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ ■鑑賞日 8月24日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
『イントゥ・ザ・ストーム』 息継ぎに気をつけろ! (映画のブログ)
 鑑賞中に一斉に息をする音が聞こえる映画は珍しい。  『イントゥ・ザ・ストーム』はそんな稀有な一本だ。  映画が佳境に差し掛かると、我知らず息を止めてしまう。まったく自覚はない。  危険が去ってはじめて息を呑んでたことに気付き、ようやく息を吐き出す。...
『イントゥ・ザ・ストーム』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Into the Storm 監督: スティーブン・クォーレ 出演: リチャード・アーミテージ 、サラ・ウェイン・キャリーズ 、マット・ウォルシュ 、アリシア・デブナム・ケアリー 、アーレン・エスカーペタ 公式サイトはこちら。 観測のため荒れ狂う竜巻に立ち向...
映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-69.イントゥ・ザ・ストーム■原題:Into The Storm■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:89分■料金:1,800円■鑑賞日:8月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督:スティーヴン・クォーレ◆リチャード・アーミテージ◆マット・ウォル...
イントゥ・ザ・ストーム (銀幕大帝α)
INTO THE STORM 2014年 アメリカ 89分 パニック 劇場公開(2014/08/22) 監督: スティーヴン・クエイル 『ファイナル・デッドブリッジ』 出演: リチャード・アーミティッジ:ゲイリー サラ・ウェイン・キャリーズ:アリソン マット・ウォルシュ:ピート アリシ...
イントゥ・ザ・ストーム (いやいやえん)
【概略】 アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。 パニック 竜巻映画です。96年の「ツイスター」がみたくなったな。 この手のパニック映画にあ...