映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」

2007年09月08日 12時29分01秒 | 映画 た行
評価★★★★



70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなどで再現している。楽しい試みをしてタランティーノの中では傑作作品と言えます。

『当時、グラインドハウスでかかっていた低予算映画は、フィルムが多くても20本程度しかプリントされなかった。それが国中のグラインドハウスを巡って使い回され、しばらくするとプリントには派手な傷、飛び、ブレが生じ、酷い時にはリールごと紛失、などという事態も珍しくなかった。この映画を「体験」として送り出したいと考えた二人は、あえてこうしたダメージを映像に再現。映画が熱かった時代のキッチュな味わいを提供している。』
◆オフィシャル・サイトより◆


これは前半と後半の2部構成仕立てになっています。自称“スタントマン・マイク”という殺人鬼の異常ぶりに思わず身の毛もよだつホラー・カーアクション。

前半は異様な性癖でガールズ4人を一瞬で逝かせてしまう!ここのシーンは可也の衝撃でしたね。ご丁寧に何回もスローでリプレイされている。吹っ飛んだ片足がもう1本の映画『プラネット・テラー』への伏線なのかと思ったりもしました。

後半は14ヵ月後の設定で、数分のモノクロシーンを境に画面も綺麗になり、新しいガールズが登場。
スタントマン・マイクが匂いを嗅ぎ付け新たな獲物として、ストーカー行為をする。

だが、後半のガールズたちは違っていた。スタントマン・マイクに執拗に嫌がらせを受け恐怖を味わった分、一転して復讐に立ち上がる。

スタントマン・マイクって結構打たれ弱いのね~(笑)
後半ではシェビー・ノバSSからダッジ・チャージャーのマッスルカーに乗り換えたスタントマン・マイクだったが、彼女たちも負けずのダッジ・チャレンジャーだ。
しかもスタントウーマンということで、互角の戦いを見せてくれます。

まあ、彼女等の設定でボンネットに乗りたがる変な趣味は理解できませんでしたが・・・。趣味が高じて映画の中の映画のカースタントの仕事に就いたのかもしれません。(この辺りはレストランでの妙になが~い会話で出てきたのかな?)

グラインドハウスというB級臭さを前面に押し出しているから、ストーリーを突っ込むなんてことは考えない方が楽しめます。

スタントマン・マイクが「昔は実際の車で本当に危険なスタントを俺たちが俳優の代わりにしたものさ!」「今はCGに頼りすぎている!」などと言ってました。

そうです!昔はそれが観たくてワクワクしたものです。
70年代の傑作カーアクション映画「バニシング・ポイント」「バニシング・IN60」へのオマージュなんでしょうね。

そして、スタントマン・マイクは「バート・レイノルズ」をイメージしていたんだと思います。

映画の最後に「THE END」の文字!!!
そうでしたね~(笑)昔はどの映画もみんなそんな終わり方をしていました。
この映画、エンドロールの後も、まだ何かあるのではないかと思い、なかなか席を立つことができませんでした。

個人的に傑作お奨めカーアクション映画
◆「バニシング・IN60」(H・B・ハリッキー監督主演)
◆「トランザム7000」(バート・レイノルズ主演)
◆「ザ・ドライバー」(ライアン・オニール主演)
◆「ブリット」(スティーブ・マックイーン主演)
◆「激走!5000キロ」

-------------------------------------------------------------------

監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:クエンティン・タランティーノ


出演:カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/マイケル・パークス/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/ジョーダン・ラッド/トレイシー・トムズ/クエンティン・タランティーノ

『デス・プルーフinグラインドハウス』オフィシャル・サイト
http://www.grindhousemovie.jp/


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シッコ | トップ | セブンアンドワイの「みんな... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ジョー)
2007-09-09 18:46:42
TBありがとうございます。
結局、車のカタに置いて行かれた女の子はどうなっちゃったんだろうと思いましたが、そんなことどうでもいいじゃんとばかりにエンドマークががーんと出るともう何も言えません。ノックアウトされました。
☆カート・ラッセル最新作☆ (TiM3)
2007-09-10 00:05:58
なんですね。
何か『ブレーキ・ダウン』を連想しちゃいそうですね(・ω・)

>個人的に傑作お奨めカーアクション映画

ワタシは『RONiN』や『ボーン・アイデンティティー』の中で
展開されるカーアクションが好きでしたね。

間違いなく『ブリット』の演出は後年、スタロ~ンの『コブラ』に継承されたんだと、ひとり妄想しております(=^_^=)
ジョーさんへ (ituka)
2007-09-10 19:11:16
確かに!
ボンネットに乗るとダダをコネた時点で、それはアカンだろ~!ボンネットが凹むし、すり傷が付くじゃん!と思って観てました。日本と感覚の違いなんでしょうね(笑)
写真のチアガールの子・・・心配ですよね(笑)

それと、バイヤーの男の声質が『スリング・ブレイド』の知的障害者役「ビリー・ボブ・ソーントン」へのオマージュかと思ってしまいました。
TiM3さんへ (ituka)
2007-09-10 19:34:15
『ブレーキダウン』面白かったです。『激突!』っぽい低予算映画でも、これだけ面白い映画は出来るんだと思いましたよ。

そうそう!最近のカーアクションはカメラを車内に持ち込んで観客にもリアル体験させてしまうということなんでしょうかね(笑)
CGなしで迫力を出す斬新な方法なのでしょう^^

飛び散るガラスや変形する車体を間近で見るとスタントマンは凄いな!って思います。

『ボーン』シリーズもリアリティ溢れる演出で大好きです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
グラインドハウス/ スタントマイク as カート・ラッセル (京都の七条にてアメトイ専門に取り扱っておりますフィギュアショップ ピンクドラゴンです。               今後入荷予...)
ロバート・ロドリゲス×クエンティン・タランティーノのタッグで贈る『グラインドハウス』より、『DEATH PROOF』で殺人鬼として恐れられるマイクがトーキング12インチフィギュアとして登場!演じるカートラッセルの持つ悪
「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。 {/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。 {/hiy...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
映画~デス・プルーフ in グラインドハウス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60~70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」。そのタランティーノバージョンにあた...
デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/
デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。 (My Favorite Things)
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。
映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆ (てっしーblog)
(大ネタバレ注意)  70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ!  タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよ...
★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (ひらりん的映画ブログ)
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス (銅版画制作の日々)
    クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「...
デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑...
【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。...