映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年06月30日 09時38分59秒 | 映画 あ行
評価:★★★★☆【4,5点】



エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)

「同じ日を繰り返す主人公?」そんな映画途中で飽きそうだと
最初はあまり食指は動かされなかったものの
予告編でエミリーの激痩せぶりに「お、シャープになってる!」
これは相当の準備期間を費やしたに違いない!
戦闘員としてしっかりキャラ作りしてるじゃん!ってことで
俄然観る気になったのである(笑)



謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、
人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。
そんな中、軍の広報担当だったケイジ少佐は、
ある時司令官の怒りを買い、
一兵卒として最前線へと送られてしまう。
しかし戦闘スキルゼロの彼は強大な敵を前にあっけなく命を落とす。
ところが次の瞬間、彼は出撃前日へと戻り目を覚ます。
そして再び出撃しては戦死する同じ一日を何度も繰り返す。
そんな過酷なループの中で徐々に戦闘力が磨かれていくケイジ。
やがて彼はカリスマ的女戦士リタと巡り会う。
彼のループ能力がギタイを倒す鍵になると確信したリタによって、
最強の“兵器”となるべく
容赦ない特訓を繰り返し課されるケイジだったが…。
<allcinema>



戦闘経験ゼロの男がいきなり最前線に放り込まれる冒頭は
まるで自分が主人公になったような錯覚を覚える。
それまで米軍のメディア担当でディスクワークしかしたことがなく
自分の指を切っただけで失神するくらいの臆病もので
これはずばり言って“負け犬兵士”そのものだった^^;

銃器の取り扱いはおろか安全装置の外し方さえも知らない男の恐怖は
計り知れないものがあったと思うよ(笑)
もう、この辺りから主人公目線となりトムと一緒に
先の見えないジェットコースターに乗ったような気持ちになった。

そして地獄の前線で5分も経たないうちにあっけなく命を落とす。
次の瞬間、出撃前日の基地の広場で目を覚ます。
序盤はこれの繰り返しなのだが、経験した記憶だけは残っていて
少しずつスキルアップしていく過程は非常に興味深かった。

おそらくこの時点で作品世界にどっぷり浸かっていたのだ(笑)

タイムループを描くうえで観る者に飽きさせることなく
逆に興味を持たせるための作りこみは絶品だったと思う。

ただ、細かい部分に疑問を持っても考えてる暇を与えないので
かなりテンポが良かったということなんだろうね。

後で思うといろいろ分からないところもあるのだが
そこは、あのラストの爽快さでどうでもよくなったのだった(笑)



【今週のツッコミ】
・負け犬トムがカリスマ女戦士リタと出逢ったところから
 俄然やる気をみせ、逞しく成長していく姿に『アバター』の
 ジェイクと重なるんですけど(笑)

・いくら負け犬トムであっても50過ぎのオっちゃんが
 最前線で一兵卒として戦う姿にはカタルシスを感じてしまった^^

・リタ「目覚めたら私を探して!」こんなこと言われてみたい(爆)

・知的生命体による地球侵略モノは過去にも多いが
 敵となるエイリアンをこんなにも見せなかった作品はめずらしい。

・ただ、あのエイリアンの造形は如何なものかと^^;

・ギタイって擬態と捉えていいのだろうか(笑)

・最前線で敵であるギタイから放出される砲弾のようなモノって
 やつらの触角の一部だったらしいが
 どうみても火薬が装填されているようにしか見えない^^;

・ギタイから飛ぶ砲弾状の排煙(?)がどこかDNA遺伝子構造のよう(笑)
 これ意外と斬新だったな~(笑)

・あの機動スーツの総重量が知りたくなった。
 撮影用に作られた物は40~60キロくらいあったらしい。
 細部にこだわるハリウッドならではですね。
 日本だったら単なる着ぐるみで終わりそうだけど。

・米軍ネイビーシールズと同じく各自ヘルメットには
 それなりのこだわりがあるようだ(笑)
 ただ、下着姿のまま機動スーツ着用してたおデブちゃんには愛の手を。

・タイムループするトム目線はいいんだけど
 重傷するたびに即射殺する側ではトムの死体が毎回残っているわけで
 訓練施設でリタはどのように事情説明したのか気になるところ^^

・何度もリセットされるたびにトムの行動が段々と手抜きというか
 ショートカット、いや合理的になっていく(それがスキルアップね)

・ヨーロッパ主要国がやられ、次にニューヨーク、東京の順って
 都市崩壊するにも係らず、ちょっと嬉しかった。
 そこに昨今のお騒がせ近隣諸国が入ってなかった点は評価に値する(爆)

・最後のタイムループだけあそこに戻ったのは、ラスボスの血液が
 高純度だったからか(笑)

・ビーチ最前線のどこかに原作者の桜坂洋氏がエキストラとして
 機動スーツ姿の兵士役で出てるらしいけど
 本人知らないので確認のしようがない^^;

・昨年の『オブリビオン』に続き、トム・クルーズ主演のSF映画は
 総じて面白いということがこれで確信できた。
---------------------------------------------------------
監督:ダグ・ライマン
脚本:クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/
    ジョン=ヘンリー・バターワース
音楽:クリストフ・ベック


出演:トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/
    ブレンダン・グリーソン


『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« her/世界でひとつの彼女 | トップ | ゴール・オブ・ザ・デッド »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (みぃみ)
2014-07-01 15:34:38
リタさん、いい身体してるな~☆と思ったのですが、
頑張って完成したお姿なのですね(^^)。

そして、お尻。。。
最近あちらこちらで男性陣のもの見てます。

日本の小説を、トムたん、前面に押し出して、
なので、ちょこっと心配していましたが、とってもイイ感じに作りかえてあって、楽しめました。

既に出来る人な設定を目にする事の多くなったトム・クルーズ。
徐々に成長していく役を演じるトム・クルーズの姿を見られて、よかったです。
みぃみさんへ (ituka)
2014-07-01 23:49:02
こんばんは。
リタさん、お顔がシャープになってて二の腕に筋肉付いてましたね^^
訓練室でひとり瞑想してたんでしょうか。腕立て伏せじゃなかったですよね。

ここ最近、男優さんのお尻よく見ますよね(笑)
本作も、J分団のおデブさんのタプタプのお尻見させてもらって、みぃみさん嬉しかったですか?(おい)

原作まったく知らないのですが、漫画のキャラはいい感じです。
どこか「攻殻機動隊」のような雰囲気でてました。

冒頭の前線への拒否する態度でいつもと違うトムが新鮮で、その後に成長する姿は「アバター」のジェイクのようでした。
互いの腕を信用しながら突き進んでいくカップル、ものすごくクールでカッコよかったです(笑)
こんにちは (りお)
2014-07-02 05:10:52
これって男子受けする作品なんですかね。
わたしは合いませんでした。
ゲームっぽいのがダメだったのかも。。。
エミリーはめっちゃ鍛えてましたね。
あの腕の筋肉、すごい!と思いました。
りおさんへ (ituka)
2014-07-02 19:43:52
こんばんは。
最近公開された新作映画レビューの傾向を見る限り
おそらく、ウェス・アンダーソン監督作品を楽しめた方からすると
この映画は合わないというのがワタシの見解(なにをえらそうに)
そうでしたか、りおさん合わなかったのですね。

この映画、成長するトムもよかったけど、クールなエミリーが最高でしたよ(笑)
Unknown (えふ)
2014-07-05 17:15:42
タイムループって飽きちゃうかな?
とおもったけど、
進化していくトムが面白くてはまっちゃいました!
それにすぐ殺されちゃうトムも可笑しかった(爆
えふさんへ (ituka)
2014-07-05 19:41:41
こんばんは。
普通は途中で飽きちゃいそうですが、記憶が残ってて
攻めてくる敵を見ないで撃ち殺すシーンがなんとも爽快でした(笑)
怪我しただけで問答無用で射殺ってところで
あるシーンで「骨折だけだから」と言っても銃を構えたリタに
「お~、かも~ん」とうなだれたトムが可愛かったです(爆)
☆あのスーツのコンセプトは?☆ (TiM3)
2014-07-23 01:26:30
対「ギタイ」用としては、余りにお粗末なスペック(戦闘能力)のスーツだと思いました。

連想したのは、やっぱしバーホーベンさんの『スターシップ・トゥルーパー』でしょうか。
あちらもお粗末なスーツを装着させられ、最前線で兵士らの若い生命が砕け散ってましたっけ・・
TiM3さんへ (ituka)
2014-07-23 20:05:08
こんばんは。
米軍広報部ではあの機動スーツ最新バージョンをかなりウリにしてましたね(笑)
その甲斐あって海兵隊志願者が倍増したとかしないとか^^;
己の血で失神するヘタレなトムを見て『宇宙戦争』のダメ親父を思い出しました。

『スターシップ~』ほとんど覚えておりませぬ^^;
ただ、やたら無駄死にしてた兵士がいたな~とは、なんとなく。。。

あの機動スーツ、スペック的に時代を考えたら古すぎますよね^^;
兵士は兵器だとか言ってるくらいだから、いちいち良いものは与えられなかったのかも。
やはり米国だから、その辺りを割り切ってるんでしょうか^^
Unknown (mariyon)
2014-08-08 00:00:03
最初のトムさんのあまりの弱腰がわざとらしすぎて
笑えましたが、繰り返し学習するさまがなかなか面白くって、全体の迫力とあいまって、見ごたえがありました。

>原作者の桜坂洋氏がエキストラとして
そうなんですか??原作者のことはまったく知らないですが、そうとうのオタクらしいので、エキストラ体験は嬉しかったでしょうね。まさか、日本のラノベがハリウッド映画に、しかも、トムさん主演とは思ってもみなかったでしょうから。
そう言えば、ビデオ屋でバイトしてたと言う
セブンの原作者(脚本家?)も、最初の死体役でご満悦だっとか・・・。

なんてことはともかく、原作は読んでないですが、
あそこまでハッピーエンドではなかったはず。。
だって日本ぽくないですものね。
mariyonさんへ (ituka)
2014-08-09 07:54:28
おはようございます。
ヘタレなトムを見るのは最近では『宇宙戦争』のダメ親父がありましたが
あちらはまだ内面的には男気ありましたけど、今回は性格自体が負け犬でしたからね(笑)

将軍に前線行きを断ってさっさと部屋を出たいときに椅子に体をぶつけるチョットした演出が巧く
あれはトムのアドリブのような気がしてなりません(笑)

原作者が機動スーツを着用してエキストラとして出たらしいですが
余りの重量に一歩も動けなかったとか(爆)
そう考えるとトムのパワーはやはりすごいと思いますよ。

>日本のラノベがハリウッド映画に、しかも、トムさん主演とは

随分前からハリウッドで実写化されるという噂がある日本の伝説的アニメ「AKIRA」も
この映画の脚本担当したスタッフが関わっているというのがありますが情報が錯綜しててよくわかりません^^;

トムと主演とくればハッピーエンドしかないかもしれませんね(爆)
Unknown (Nakaji)
2014-08-28 20:49:54
こんにちは。

>昨年の『オブリビオン』に続き、トム・クルーズ主演のSF映画は
 総じて面白いということがこれで確信できた。

って私も思いました。やっぱりトムのは面白かったです。
Nakajiさんへ (ituka)
2014-08-29 20:51:56
こんばんは。

当初、この映画の予告編見たときに、やたらズングリとしたスーツ姿に
思いっきり、ダサすぎ!って思いました(笑)
鑑賞後、それも監督さんのネライだったことが面白かったです(笑)

トムのSF映画は『宇宙戦争』からほぼ完ぺきな面白さですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょう...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (佐藤秀の徒然幻視録)
広告屋が戦場で戦う意味 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、キ ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (日々“是”精進! ver.F)
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも...
オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥っ...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
桜坂洋によるライトノベル「All You Need Is Kill」原作の映画として話題に。 ヘタレな主人公がヒロインと出会い、色々あって強くなって、落ちこぼれ仲間の協力を得て世界を救ってしまい、すべてはメデタシメデタシという内容に、戦争、軍隊、パワードスーツ、宇宙...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。 (たいむのひとりごと)
先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況
オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ
オール・ユー・ニード・イズ・キル (とりあえず、コメントです)
桜坂洋著の原作をトム・クルーズ主演で映画化したSFアクションです。 近未来を舞台に戦うトム・クルーズの作品なら面白そう!と予告編を観た時から楽しみにしていました。 ヨーロッパを焦土にするような謎の宇宙生物との戦いは、めまぐるしく変わりながら繰り広げられてい...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D (そーれりぽーと)
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW 2014年/アメリカ/113分 監督: ダグ・ライマン 出演: トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン/ノア・テイラー 公式サイト 公開: 2014年07月04日...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵...
[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・リーマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ノア・テイラー
オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow (勝手に映画評)
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...
オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ (カノンな日々)
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (時間の無駄と言わないで)
日本のラノベがトム・クルーズ主演で映画化される時代が来るとはねぇ。 エンドクレジットでトム・クルーズよりも先に日本人の名前が出てくるのは感慨深い。 で、とても面白い映画 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (はるみのひとり言)
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (風に吹かれて)
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー....
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは面白かった~~~~~! 戦場で死んだはずのトムちんが 目が覚めたら又同じ光景の「前の日」に戻っているではありませんか! 同じ事を繰り返してる。。。 こんな感じの作品ってあるけど やっぱり面白い。 前に殺された時は、この時!と解るので 仲間を助けた....
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた~ (よくばりアンテナ)
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として...
『オール・ユー・二ード・イズ・キル』 (ラムの大通り)
(原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (或る日の出来事)
しょっぱなからネタばれするが…
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ここなつ映画レビュー)
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (secret boots)
評価点:76点/2014年/アメリカ/113分 監督:ダグ・リーマン トライ・アンド・エラーの先にあるもの。 宇宙から飛来した何者かが世界を侵略しつつあった。 そんな中、パワード・スーツが開発され、ヴェルダンでは大きな戦果を得たという報道が飛び交ってい....
運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (真紅のthinkingdays)
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
死ねば死ぬほど強くなるのね。(^_^;)~「オール・ユー・ニード・イズ・キル」~ (ペパーミントの魔術師)
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] by G-Tools ニード・フォー・スピード以外は全部最近見たな。(爆)それはさておき。 劇場公開の時はさして興味なかったんだけどね、GyaO配信が始まっ....
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(トム・クルーズ、未来を変える為に死ぬ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...