映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

天地明察

2012年10月17日 20時28分33秒 | 映画 た行
評価:★★★★【4点】



宮崎あおいさんが太陽に見える(笑)

1年待っても帰らない貴方に疲れ果て
私は周りが進める縁談に、つい唆されて嫁いでしまいました。

これってなにか策略でもあったのかとずっと考えてたけど
それは単なる深読みだったことに大笑い!

でもまぁ、どちらにせよ器量は別として度量は申し分なし(笑)



将軍に囲碁を教える名家に生まれた青年・安井算哲は
出世に興味が無く、大好きな星の観測と
算術の問題解きに夢中になっていた。
将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之は、
そんな算哲に興味を示す。
折しも、800年にわたって使われていた中国の暦のズレが
大きな問題になり始めていた。
そこで保科は、新しい暦をつくるという大計画のリーダーに
算哲を大抜擢する。
それは星や太陽の観測に途方もない労力が必要なばかりか、
暦を権威の象徴と考える朝廷をも敵に回す困難で壮大な事業だった。
<allcinema>



暦を作るというのが、如何に大変かを知った映画でした。
前半は暦に関わる算哲らのロードムービーとして見れば
そこそこ面白かった。

そして、後半に行くと自分に課せられた任務に
黙々と打ち込み、世の中にある3つの暦のうち
どれがいちばん信頼性が高いのかをピックアップしていく。

自分らが苦労して作り上げた新作を
朝廷内の利権がらみで抹殺しようとする動きがでてくるとは
ある意味、意外な方向に進んでいくんだな〜と嬉しくなった。

やはり、いつの時代も世の中を操作するのはお役人たち。

新鋭の天文学者といえども政治力には太刀打ちできない。
しかしながら、算術の天才は民衆に認知してもらうため
自らの命と引き換えに、公然の場で日食テストを敢行するのね。

結果は分かっているんだけど、この辺りの演出は
なかなか良かったんではないでしょうか。


【今週のツッコミ】
・1年待って、3年待っても10年はさすがに無理だったのね(笑)

・暦を作成する上で、最も大変なのは莫大なデータ収集よりも
 それを集めるための精密な測定機器を作った職人さんだと思う。

・安井算哲と普通に検索すると義父の方にヒットする(笑)

・同じ算術家を演じた市川猿之助(関孝和)のメリハリある台詞回しは
 さすが歌舞伎役者といったところか。

・劇中に登場する地球儀ならぬ渾天儀を見て
 思わず『コンタクト』の瞬間移動装置を連想したわ(爆)

・映画の性質上、日食シーンが何回とも登場したが
 『アイアン・スカイ』で言えば完ぺきな日食はもう起こり得ない(苦笑)

・「なぜ、ここに?」「離縁したのよ」と間髪いれずに即答するあおいちゃん。
 結婚したこと自体、本当だったのか?それともかなりの男前?(笑)
 良妻賢母の見本のような嫁でした。
--------------------------------------------------------
監督:滝田洋二郎
脚本:加藤正人/滝田洋二郎
撮影:浜田毅
音楽:久石譲


出演:岡田准一/宮崎あおい/佐藤隆太/市川猿之助/笹野高史/岸部一徳/
    市川染五郎/中井貴一/松本幸四郎


『天地明察』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 推理作家ポー 最期の5日間 | トップ | エクスペンダブルズ2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (mariyon)
2012-10-17 23:41:23
日食って、あんなに表れるの?って
思いましたが、やっぱり、あれは映画上なんですね。

前半のほうが、面白かったです。
理系でないので、全くわからないことだらけなのに
話にぐいぐい引き込まれました。

>劇中に登場する地球儀ならぬ渾天儀
これが、けっこうお近くの寒川神社が
取材協力してたらしいです。
ぺこちゃんスマイル (笛吹働爺)
2012-10-18 00:20:15
ねーっ!
あおいちゃんの笑顔は最高でしょっ!
原作も読んでみなくっちゃ。
mariyonさんへ (ituka)
2012-10-18 22:21:50
こんばんは。
何回も現れる日食ショーでしたが、思えば数十年の時が経っていたのですね。
出演してる皆さん、まったくお歳を召すこともなく何よりでした(苦笑)

前半のロードムービーを見てて、どことなく黒澤映画の『隠し砦の三悪人』を思い出してしまいました。
武藤敬司と徳井優さんのコンビが千明実と藤原釜足コンビに見えましたから(爆)

渾天儀ってそういうことでしたか!
寝室に1個くらいほしいところです(←おい)^^
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-10-18 22:25:14
こんばんは。
あおいちゃんのスマイルは癒されますね(笑)
算哲の腰ひも(?)修正するシーンなんか、自分があんな状況だったら、ゾクッとしますよ(笑)

原作を読むにはもうひとつ吸引力がなかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
天地明察 (だらだら無気力ブログ!)
渋川春海って“はるみ”って呼ぶんだ。ずっと“しゅんかい”だと思ってた。
天地明察/岡田准一、宮崎あおい (カノンな日々)
2010年本屋大賞を受賞した冲方丁さんの小説を原作に映画化した娯楽大作時代劇です。本屋大賞受賞作やノミネート作品は基本的に好みなのが多いんですけど、最近は既に売れているヒッ ...
天地明察 (佐藤秀の徒然幻視録)
実学の範囲内にとどまった明察 公式サイト。冲方丁原作、滝田洋二郎監督、岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、市川染五 ...
『モニター試写会/天地明察』 2012年3月27日 角川試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『モニター試写会/天地明察』 感想は書いてはいけないということなので今度ね もう一般向けの試写会も行われてきたので、勝手に情報解禁! 【ストーリー】  太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。もと...
映画「天地明察」 (FREE TIME)
映画「天地明察」を鑑賞しました。
天地明察  監督/滝田洋二郎 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  宮崎 あおい  松本 幸四郎  中井 貴一 【ストーリー】 代々将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。ある日、会津藩主の保科正之から日本全国で北極....
天地明察 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】岡田くんが天文学を元に、結構頑張っち
天地明察 (映画的・絵画的・音楽的)
 『天地明察』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)原作〔冲方丁著『天地明察』(角川書店、2009年)〕を本屋大賞受賞の際に読み、大層面白かったので、映画の方はどうかなと映画館に足を運びました。  映画の冒頭は、屋根に上って夜空の星を見上げている主人公の安井....
試写会「天地明察」 (日々“是”精進! ver.F)
天は知れば知るほど、奥が深い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209050000/ 天地明察(上) (角川文庫)冲方 丁 角川書店(角川グループパブリッシング) 2...
映画『天地明察』観てきたよ〜〜♪ (よくばりアンテナ)
原作でめっちゃ感動したので、 楽しみにしてたんですよ〜〜 原作の感想はコチラ ストーリーも↑の原作の記事に書いてある通りです(^_^;) 映画を観ての感想は、 うん、北極星の観測に使う道具とか、大...
『天地明察』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「天地明察」□監督・脚本 滝田洋二郎 □脚本 加藤正人 □原作 冲方丁□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、       中井貴一、松本幸四郎、岸部一徳■鑑賞日 9月23日(日)■劇場 チネチッ...
「天地明察」 (ゆっくり歩こ。)
最初に書いてしまいましょう 私は・・・ レンタルでよかった、なぁ 評価がなかなか良いので行ってみました 大変丁寧に作られていて、俳優さん達も達者です 横山くん どぉーなの と思っていましたが 実際にはけっこう違和感無かったです 宮崎あおいちゃんは...
天地明察 (Akira's VOICE)
「明察」の過程が簡単すぎて気が入らん。  
天地明察 (風に吹かれて)
日食で白黒つけるぜ公式サイト http://www.tenchi-meisatsu.jp原作: 天地明察 (冲方丁著/角川文庫)監督・脚本: 滝田洋二郎  「陰陽師」 「おくりびと」将軍に囲碁を教える
「天地明察」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 冲方丁原作の同名時代小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督、V6の岡田准一主演で映画化。江戸前期、得意の算術を用いて、日本の正しい暦作りに尽力した囲碁棋士・安井算哲(のちの渋川春海)の半生を描く。
天地明察 (花ごよみ)
冲方丁作の同名小説の映画化。 監督は滝田洋二郎。 江戸時代、それまで使われてきた、 中国の暦に変わって、 新たな暦を作った人物である、 安井算哲を描いています。 岡田准一が安井算哲を演じます。 その妻には宮崎あおい。 徳川家に碁打ちとして、 仕えてきた算哲...
『天地明察』 (こねたみっくす)
算術バカの一代勝負記なのに人間ドラマが薄い。キャラクターがどれも魅力的なのに映画としては全く面白味がない。 第7回本屋大賞を受賞した沖方丁先生の原作を名の通ったスタッ ...
天地明察 (悠雅的生活)
初手天元。北極出地。真剣勝負。(試写会にて)
天地明察(2012-123) (単館系)
天地明察 MOVIX川口 太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、 算術にもたけていた。 もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(...
天地明察 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     安井算哲役の岡田准一が、若い頃の真田広之に   そっくりですね。ナレーションが真田広之だったので   これまた驚きでした。   えんが拗ねたり怒ったりといろいろな表...
【天地明察】天を相手に真剣勝負 (映画@見取り八段)
天地明察     監督: 滝田洋二郎    出演: 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎、笠原秀幸、染谷将太、きたろう、尾藤イサオ、徳井優、武藤敬司 公開: 2012年9月15日 ...
『天地明察』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
★★★★★ 岡田准一の表情がいい。算術や天体観測、暦研究など目の前の新しいこと全てにワクワクしている様子が伝わってくる。青年期から壮年期までだけなのに、大河ドラマを見ているような気分になった。安井算哲は棋士としての様々な能力を別の分野で十分に生かした、...
『天地明察』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
冲方丁の小説は何となく題名だけは知っていたのですが、どんな内容なのかは全く知りませんでした。ただ本屋大賞を受賞したりで人気があるんだろうなあ、ぐらいに考えていたのですが、映画化が決まって予告編を見た際に、ああ面白そうだなと思ったものの、そのままにしてし...
天地明察 (いやいやえん)
江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説、未読です。 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がなく、星...