映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ニード・フォー・スピード

2014年06月08日 18時11分45秒 | 映画 な行
評価:★★★【3点】


無実を証明するためニューヨークからサンフランシスコまでの
4200キロをシェルビー・マスタングで疾走する主人公。
 
アナログ時代の名作『バニシングin60』(1974)と
『バニシング・ポイント』(1971)の2作品を
リスペクトした(と勝手に思っている)演出は嬉しい限りである^^

前半の公道レースもカメラワークの冥というべきか
往年の名車を激しく責め立てる走りに胸が熱くなるのだった(笑)



天才的なカー・エンジニアにして凄腕ドライバーのトビー。
かつての仲間でプロドライバーのディーノとの公道レース対決で、
親友を死に追いやられたばかりか
その罪を着せられ投獄されてしまう。
やがて仮出所したトビーは、ディーノも参加する
全米最大の非合法ストリート・レース“デレオン”に参加し、
ディーノを叩きのめすと誓い、開催地へ向け大陸横断の旅に出る。
しかし、それを知ったディーノは、法外な懸賞金を用意し、
あらゆる手段でトビーを阻止しようと動き出す。
<allcinema>



底なしにフルチューンされた改造車での公道レースですか^^
日本車ならすでに『ワイルド・スピード』シリーズがあるので
ここは60~70年代のアメリカン・マッスルカーでどうでしょう。
そうですね、それもいいですがヲタクっぽくなってしまうし
女性ウケがよくないので、ここは最新のスーパーカーなんか
数台出した方がいいかもしれませんなー(笑)

という製作者サイドの会話があったかどうかは知らないが
ワタシ的には出てくる車は『ワイスピ』より断然こちら派だ^^

往年のアメリカン・マッスルカーで終始してくれたら
これ最高なんだけど、最新のシェルビー・マスタングGT500も悪くない。

ただ、ヨーロッパのスーパーカーはどうも好きになれない。
なのでラストに向かって年一回の裏レース「デレオン」に
あまり魅力を感じなかったのである^^;

ところで
やはり車といえば維持費が発生するから普段使い出来なきゃね。

ガソリン車もいいけど、これからはHV(ハイブリッド)か
PHV(プラグインハイブリッド)に移り変わるだろうし
こういう公道レースを題材にした映画作品も
それ用の車が登場するのも、そう遠くはないはずだ。

ちなみに今や次世代タイプのポルシェ918スパイダー(7AT)があるし
これって0-100km/hをわずか2.6秒で駆け抜け
しかも燃費は約33km/リッターとトヨタのプリウスよりいいのだ^^;
但し、お値段はプリウスが約30数台も買えるくらい高額らしい。

もう少し値段を抑えたければBMWのi8という手もあるけどね^^;
こちらはプリウス5台分くらいの値段ともいわれている(笑)


【今週のツッコミ】
・先日、偶然にもBSフジでイギリス自動車バラエティ番組のゲストで
 本作の主人公トビーが「TopGear」に出てました。
 ゲストによる大衆車タイムアタックコーナーがあって
 その時の彼のタイムは笑ってしまうくらい遅かった。
 正直、映画の役と大きくかけ離れたドライビングに
 司会者のジェレミー・クラークソンも大笑いだった(笑)

・で、その時の番組で彼が登場してきたとき会場は一気に盛り上がる。
 ワタシは思った。彼はそれほどの有名人だったのだと^^;
 日本ではまったくの無名なので少々驚いたのだった(爆)

・ニューヨークからサンフランシスコまで4200キロの距離。
 それをシェルビー・マスタングで45時間で走破することは
 凄いのかどうかがよく分からず
 劇中に暗算しなければならず苦労した(爆)
 

・冷静になって計算すれば意外と簡単だった。
 桁を少なくしてやれば420キロを4,5時間、
 なんと徹夜で走れば大衆車でも行けるじゃんみたいな(笑)

・スウェーデン製スーパーカー・ケーニグセグCCXが出てくる映画は
 過去に『レッドライン』(2008)というのがあったこと思い出す^^
-----------------------------------------------------
監督:スコット・ウォー
脚本:ジョージ・ゲイティンズ
音楽:ネイサン・ファースト


出演:アーロン・ポール/ドミニク・クーパー/イモージェン・プーツ


『ニード・フォー・スピード』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンペイ | トップ | ゴジラ 60周年記念デジタルリマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ニード・フォー・スピード』 2014年5月23日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ニード・フォー・スピード』 を試写会で鑑賞しました。 今日のよみうりホールは空席が目立った。 (昨日も空いていたらしいw) 【ストーリー】  天才的なドライビングテクニックを持つレーサーのトビー(アーロン・ポール)は、パートナーのディーノ(ドミニク・ク...
劇場鑑賞「ニード・フォー・スピード」 (日々“是”精進! ver.F)
名誉を賭けたレースへ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406070001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック・スコア ニード・フォー・...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
ニード・フォー・スピード (試写会) (風に吹かれて)
無謀運転用例集公道では絶対ダメよ! 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/nfs6月7日公開 原案は同名のレーシングカー・ゲーム 監督: スコット・ワウ  「ネイビ
ニード・フォー・スピード (だらだら無気力ブログ!)
カーシーンは見応えあったな。
ニード・フォー・スピード/アーロン・ポール (カノンな日々)
なんだかパッと観が『ワイルド・スピード』みたく感じる映像でしたが、何でも世界中でヒットした人気レーシングゲームを原案にしたカーアクション・ムービーなんだそうです。高級 ...
ニード・フォー・スピード (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【NEED FOR SPEED】 2014/06/07公開 アメリカ 131分監督:スコット・ウォー出演:アーロン・ポール、ドミニク・クーパー、イモージェン・プーツ、ラモン・ロドリゲス、マイケル・キートン 法もルールも無い“裏レース”を舞台にチューンアップされた夢...
ニード・フォー・スピード (映画好きパパの鑑賞日記)
 同名の人気ゲームの映画化。もっと単純なレース映画かと思ったら、肝心のレースにたどりつくまでが長くてイライラ。131分もあるんだもの。間延びしちゃうよ。スーパーカーがクラッシュするのはファンだったら面白いのだろうけど、知っている車は出てこなかったし。  ...
ニード・フォー・スピード ★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的な人気レーシングカーゲームを原案にしたカーアクション。天才レーサーが自分を裏切り陥れたかつての相棒に復讐(ふくしゅう)すべく、危険な公道レースに挑む。『ネイビーシールズ』などのスコット・ウォーが監督を務め、フォード・マスタングやランボルギーニなど...
映画「ニード・フォー・スピード(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ニード・フォー・スピード(字幕版)』 (公式)を本日、ファーストデイ にて劇場鑑賞。採点はかなり甘めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 天才的なドライビングテクニックと...
ニード・フォー・スピード (銀幕大帝α)
NEED FOR SPEED 2014年 アメリカ 131分 アクション 劇場公開(2014/06/07) 監督: スコット・ウォー 『ネイビーシールズ』 製作総指揮: スコット・ウォー 編集: スコット・ウォー 出演: アーロン・ポール:トビー・マーシャル ドミニク・クーパー:ディー....