映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

喰女-クイメ-

2014年08月31日 18時46分37秒 | 映画 か行
評価:★★★【3点】


劇中舞台劇と実生活が交錯するアイディアはチョット新鮮。

夏休み最後の日ということで
劇場には小学生風カップル4人が最前列に。
この映画、カップルでの鑑賞はお薦めしません!ってなってるのに
冒頭からの激しいセク〜スシーン、彼らは大丈夫だったのか(爆)




“四谷怪談”をモチーフに、俳優たちが演じる芝居の世界と
彼らの実生活が交錯していく愛憎の顛末を描く。
スター女優・後藤美雪がお岩を演じる舞台『真四谷怪談』が製作されることに。
相手役の伊右衛門には、美雪の強い薦めで彼女の私生活での恋人でもある
長谷川浩介が大抜擢された。
稽古が進む中、美雪のおかげで初めての大役を掴んだにもかかわらず、
長谷川は共演者の新進女優・朝比奈莉緒に手を出してしまう。
やがて愛する男に裏切られた美雪=お岩の情念は、
次第に現実と舞台の境を越えて重なりはじめ…。
<allcinema>



これって、歌舞伎役者・市川海老蔵本人に対するイメージが
映画のキャラクターにぴったりで、どこか自虐ネタ見せられてる感じ(笑)

劇中舞台劇「四谷怪談」の伊右衛門、本編の長谷川浩介と
それまで、ワイドショーなどでお騒がせしてきたモテ男海老蔵は
よく出演OKしたなーというのが正直なところだが
本人は至って普通に映画作りに参加してた感じだから
余計なことはお口チャック!(爆)

本作は、舞台劇を製作する段取りとかメイキング風な映像を
普通に見られたことが唯一よかったところといえるだろう。


【今週のツッコミ】
・某メーカーのサントリー(おい)のCMに出てる伊右衛門とは
 まったく関係ないからご安心を(爆)

・時代劇の柴咲コウといえば男女逆転した『大奥』の徳川吉宗役など
 意外と男前なキャラがよくお似合いな女優ですが
 劇中舞台劇のお岩さんのような主人に尽くすタイプもイケてる(笑)

・妊娠初期でお腹の子を自ら取り出そうする狂気シーンが
 本作で最も怖かったかもしれない。

・舞台劇のクライマックスでお岩が顔面のデキモノを剥がすシーン
 日本の特殊メイクもなかなか捨てたもんじゃない。

・この舞台劇って殺陣シーンで血しぶき上がるし本格的だった。
 もしも公開があるのなら是非観に行ってみたい(爆)

・直前に観た『ルーシー』が酷かったので、本作の評価が
 若干甘くなったということはありません。
---------------------------------------------------
監督:三池崇史
脚本:山岸きくみ
音楽:遠藤浩二


出演:市川海老蔵/柴咲コウ/伊藤英明/中西美帆/マイコ/根岸季衣/
    勝野洋/古谷一行


『喰女-クイメ-』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LUCY/ルーシー | トップ | フライト・ゲーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「喰女 クイメ」 (日々“是”精進! ver.F)
恨みは、絶対に晴らす… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408230000/ [DVD] 嗤う伊右衛門価格:3,833円(税込、送料別)
『喰女』 2014年8月20日 丸の内東映 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『喰女』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 上映前の舞台挨拶はトークショー形式で海老蔵がよく喋ること 柴咲コウのコメントがもっと聞きたかったぞ  登壇者 三池崇史監督、市川海老蔵、柴咲コウ、中西美帆、根岸季衣   マイコは妻夫木聡の件で欠席か あっ、これ...
「喰女 クイメ」:私が至らぬばかりに・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『喰女 クイメ』は三池崇史が『四谷怪談』を現代アレンジで映画化したわけですが
喰女−クイメ−〜海老蔵の自虐ネタ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Over Your Dead body。山岸きくみ原作、三池崇史監督、市川海老蔵企画・主演。柴咲コウ、中西美帆、マイコ、根岸季衣、勝野洋、古谷一行、伊藤英明。東海道四谷怪談を ...
喰女-クイメ-/市川海老蔵 (カノンな日々)
『一命』の主演俳優・市川海老蔵さんと監督・三池崇史さんに脚本家の山岸きくみさんが再タッグを組んで歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」をモチーフに男女の愛と狂気の世界を描いたサ ...
『喰女-クイメ-』 (こねたみっくす)
現実と虚構がリンクする。 「東海道四谷怪談」を現代劇としてリメイクしたホラー作品ではなく、「真四谷怪談」という舞台稽古に勤しむ俳優たちの現実と芝居の境目が徐々に消えて ...
喰女−クイメ− (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月23日(土) 14:15〜 チネ5 料金:1100円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 何だこれ。 『喰女−クイメ−』公式サイト 四谷怪談をベースにしている。 劇中劇で四谷怪談の稽古をしていて、その影響が役者の実生活に及んだとのことのようなのだが。 ...
喰女-クイメ- (だらだら無気力ブログ!)
面白くも怖くもねぇな。
喰女-クイメ- (映画好きパパの鑑賞日記)
 四谷怪談をベースにしたホラーなんですけど、スタイリッシュに描こうという部分が強いためか、肝心のホラーの部分がいま一つ。いっそのこと現代パートをなくして、四谷怪談そのものの映画のほうが良かったかも。  作品情報 2013年日本映画 監督:三池崇史 出演:市...
喰女−クイメ− ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『一命』の三池崇史監督と市川海老蔵が再びタッグを組み、有名な歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」を題材に描く衝撃作。柴咲コウがヒロインを演じ、虚構と現実の世界が交錯しながらもつれ合う男女の愛と狂気を浮き彫りにする。『悪の教典』などの伊藤英明や『ミロクローゼ』な...
喰女 クイメ (映画と本の『たんぽぽ館』)
怖いもの見たさで・・・ * * * * * * * * * * おなじみ四谷怪談に由来するストーリー。 普段ホラーはあまり見ませんが、 本作、市川海老蔵さんに柴咲コウさん出演、 おまけに三池崇史監督・・・ とくれば、俄然興味が出てしまいます。 実のところ....
『 喰女-クイメ- 』ゲキ×シネ「四谷怪談」 (映画@見取り八段)
喰女-クイメ-      監督: 三池崇史    キャスト: 市川海老蔵、柴咲コウ、中西美帆、マイコ、根岸季衣、勝野洋、古谷一行、伊藤英明 公開: 2014年8月23日 2014年8月27日。劇場観賞 難しいね…。 きっと、好みが凄く分れるだろうなと思った。 ものすごく変わ...
『喰女 クイメ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「喰女 クイメ」□監督 三池崇史□脚本・原作 山岸きくみ□キャスト 市川海老蔵、柴咲コウ、伊藤英明、中西美帆、マイコ■鑑賞日 8月24日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想...
喰女 -クイメ-  監督/三池 崇史 (西京極 紫の館)
【出演】  市川 海老蔵  柴咲 コウ  伊藤 英明 【ストーリー】 舞台「真四谷怪談」の看板女優である後藤美雪の推薦により、彼女と付き合っている長谷川浩介が相手役に選ばれる。二人はお岩と伊右衛門にふんすることになり、鈴木順と朝比奈莉緒らの共演も決定する。こ....
喰女‐クイメ‐ (いやいやえん)
【概略】 恋人のスター女優・美雪の抜擢で舞台「真・四谷怪談」の伊右衛門役を手にした浩介。だが彼は浮気者で、早速、梅役の若手女優と関係を持つ。すぐに彼の裏切りに気付いた美雪は、稽古でお岩に扮するたびに現実と舞台の境目があやふやになっていくのだが…。 ホラ...
喰女-クイメ- (銀幕大帝α)
2013年 日本 94分 ホラー/ロマンス PG12 劇場公開(2014/08/23) 監督: 三池崇史 『藁の楯 わらのたて』 企画: 市川海老蔵 出演: 市川海老蔵:伊右衛門/長谷川浩介 柴咲コウ:民谷岩/後藤美雪 伊藤英明:宅悦/鈴木順 中西美帆:伊藤梅/朝比奈莉緒 マイ....