映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

マイティ・ソー (3D字幕)

2011年07月02日 19時06分38秒 | 映画 ま行
評価:★★★★【4点】



肉体改造って簡単に出来たらいいのに、、、羨ましい(爆)

本日、TOHOシネマズへ仕様変更後、初の3D映画を観てきました。
メガネ派にとっては嬉しいクリップ式も出たマスターイメージってことで
別のシネコンのRealDのクリップ式レンズと見た目がまったく同じ。
さ~て、ココでまた、有らぬ行為に走ってみたのです。
分っちゃいるけど止められない!ということで、、、

RealDのレンズでマスターイメージ作品が立体に見られるのか?
結論は観れません!ま、当たり前ですけどね^^;



神の世界“アスガルド”で最強の戦士ソー。
しかし、強すぎるあまり、その傲慢さゆえに無用な争いを引き起こし、
ついには神々の王である父オーディンの怒りを買ってしまう。
そして、王位継承権を剥奪されたうえ、最強の武器“ムジョルニア”も奪われ、
地球に追放されてしまう。
しかし、そこで出会った天文学者のジェーンによって
少しずつ分別と他者への思いやりを身につけていくソー。
一方アスガルドでは、ソーの弟ロキによって恐るべき陰謀が企てられ、
父オーディンの身に危機が迫る。
さらにロキは、力を失ったソーにも最強の刺客を送り込もうとしていた。
<allcinema>



意外にも面白かった!
こういうアメコミヒーローものは主人公に課せられる責任が重大だと
勝手に思っているのですが、今回の彼は、まさにヒーローになるために
生まれてきたような超新星ではないでしょうか。
といっても、既に『スタートレック』(2009)や
『パーフェクト・ゲッタウェイ』(2009)での過去作はありますが
ワタシ的には、そのどれもまったく印象に残ってないのです(笑)

しかも、あのビックリするような大きな筋肉は2年前の映画と比べ
ふた回りくらい肉厚が増えた感じです。
これには劇中に言ってた「ステロイド」による筋肉増強説ってのも怪しいし^^;
もともと筋肉質とはいえ、わずか4カ月で見違えるような肉体にしたのは凄い。
まあでも、雰囲気的に続編ありそうだし、当分は苦しい筋トレが
クリスのもとに付いて回るんでしょうね。頑張ってください。

さて、本作、これはシェイクスピア劇でも見ている感じでした。

王位継承から始まった物語は、息子の長男へと委ねられますが
授与式(?)の寸前に神の国と敵対する氷の巨人たちが忍び込み
彼らのパワーの源なる箱を取り返しにやって来たからさあ大変!(ってこればっか)
授与式は中断され、戦いが三度の飯より好きなソーは
父の教えに逆らって数人の刺客を連れ、氷の巨人の世界に殴り込みに行くのです。

ソーのその強さ故の暴走から、王である父から神の国“アスガルド”を
即刻追放されてしまう。
そして、王が常に兄を自分より贔屓目にしてると感じ、その嫉妬から弟ロキの策謀が
ココからスタートするのであった。

神の国での分り易い設定と、地球に居る天文学者ジェーンたちとの偶然にして
必然的であった出会いが巧く語られているから、観てて突っ込みどころがないのです。
さすがはケネス・ブラナー!お得意の古典的作劇を、現代と融合させる辺りは
タダモノではないです。
これはアメコミでありながら、その枠を監督の感性で突き破ったって印象ですね。

まあ、敢えて難点をいうなら、3Dにする必要はそんなに感じられなかったです。
こういうCG多用映画は、まずは2Dで明るい画面でじっくり観察したいかなと。


おまけ)
・そういや、クリスって身長191センチもあるんですね。
 ってことはアントニオ猪木と殆ど変わらないし、あの筋肉美からすると
 プロレスラーとしてリングに上がっても普通に行けますね^^
 いずれザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンと映画で競演してもらいたい。

・久々にスクリーンへのご登場となったレネ・ルッソ。
 ワタシが最後に観たのが『トーマス・クラウン・アフェアー』(1999)だから
 実に12年ぶり! 相変わらず、その美貌は健在ですね。
 ってことで、彼女を見て思い出したのがミシェル・ファイファー。
 彼女は今何処~^^;

・ナタリー・ポートマンのキャラはやっぱりこういうのでなきゃ!
 『抱きたいカンケイ』のような、ちょっとコメディ入ってますってのがいい。

・出来ればマイティ・ソーには空を飛んでほしくなかった(爆)
 そこがなかったら可也イケてたのにな~^^

・地球上での国際諜報機関シールドのメンバーが吐く台詞に注目。
 例の鉄人デストロイヤーの登場に「トニー・スタークか?」って(爆)
 マーベルコミックってそれぞれのキャラを別映画にネタとして使ってる。

・エンドクレジット後の映像には、来年初夏に公開の『ジ・アベンジャーズ』の告知?
 マーベル・コミックのいつものことだけど、数分間のシーンだけど
 これがなかなか面白かったりするのでお見逃しなく。
--------------------------------------------------------------
監督:ケネス・ブラナー
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー/ザック・ステンツ/ドン・ペイン/
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
音楽:パトリック・ドイル


出演:クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン/トム・ヒドルストン/
    ステラン・スカルスガルド/浅野忠信/レネ・ルッソ/アンソニー・ホプキンス/


『マイティ・ソー』 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアン・ルーレット | トップ | 2011年度、上半期マイベスト... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暑いぞ~ォ!! (オリーブリー)
2011-07-03 00:05:44
コメ、ありがとうです。
2Dまで待ちます(笑)

しっかし、暑い6月でしたねぇ~梅雨が長いかと思っていたら、大きく裏切られました。
ひとりスッポンポンは、続きそうです(爆)
暑いね~ (ituka)
2011-07-03 23:06:12
オリーブリーさん、こんばんは。

2Dまで待つのですか^^
こちらは3Dしかやってないのよ~(笑)

今年の暑さ、特に残暑の分を前倒ししたような感じでしたね。
湿気がスゴったのも参ってしまいました^^;

>ひとりスッポンポンは、続きそうです(爆)

おっと~!!!また見に行きますのでヨロシクね(*^-゜)vィェィ♪
☆2Dで安くしてくれ(=^_^=)☆ (TiM3)
2011-07-04 01:10:46
スピやんの『スゴはち』で大きく凹んでしまった今夏のワタシなので、
本作なりと、気分転換に観に行きたい・・

と、思ってはおるのですが。。

カネはあるのに、時間が、、(x_x)

本作はナタポーちゃんとアサノさんの絡み方が気になる
ぐらいでしょうかね。

脚本的には、シュワルツェネッガーのヘラクレス並みの
ポンコツさを感じて止まないのですが(⌒~⌒ι)
モレラ岐阜で (笛吹働爺)
2011-07-04 20:38:18
本作ではなく「小川の辺」を見ました。東山の侍ぶりは美形すぎかも。
藤沢作品の映画の中で本作は違和感が多かった。まず武部聡志の音楽が新日本紀行のテーマそっくり、途中尺八っぽい音をシンセか電子オルガンで鳴らしたときはがっかり(尺八吹きとしては)。言葉も標準語。お歯黒もしてない(昔の映画はしてた)。殺陣もイマイチ。
TiM3さんへ (ituka)
2011-07-05 00:12:54
こんばんは。

激務に追われているようですが、くれぐれも体調を崩されませんように^^

「スゴはち」期待外れでしたもんね^^
ワタシもソレの反動だったのかな~
本作は割合に楽しむことが出来ましたよ。

ナタリーのイケイケぶりが可愛かったです。
ただ、浅野氏のアクションがチョット物足らなかった感じですかね。

マーベルコミックのヒーローもいいですけど
来月公開の冴えない中年のオっちゃんと少女が演じるヒーローもの『スーパー!』に期待してます。
これって『キック・アス』のバッタもん?(笑)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2011-07-05 00:29:08
こんばんは。

お~!『小川の辺』ご覧になったのですね。
ワタクシ、これは完全スルー作品です^^;
東山くんの侍は良くいえばスタイリッシュってイメージなんですけど
殺陣がイマイチの侍映画はチョットダメですよね~。

>尺八っぽい音をシンセか電子オルガンで鳴らしたときはがっかり(尺八吹きとしては)。

おぉ~!尺八奏者でしたか~!凄いですね。
今や電子オルガンで、どんな音も出せるとか言ってますが
やっぱり本物の音とは違いますからね(って想像ですけど)^^;
邦楽器の音色は電子機器では完璧には無理でしょうし。
でもワタシのようなシロウトだと分らないかもしれませんね。
ロック様(笑) (mariyon)
2011-07-08 16:36:54
懐かしい~~!!最近見かけないですね。最初、このクリス君もレスラーあがりかっ?と、思わず見とれちゃいましたが、はい、スタートレックに出てたって全く記憶にありませんが、今回、かっこよさに惚れ惚れでしたよ。
そして、ナタリーとの身長差も神と地球人って感じで、よかったです。(ナタリー可愛かった)この夏のハリウッドは、はずれが少ないかも・・・。
クリス・ロックかと思っちゃった^^; (ituka)
2011-07-08 18:38:45
mariyonさん、こんにちは。

ロック、懐かしいのですね^^
ワタクシ、彼の映画って観た事無いかもしれません^^;
ということで、今度の『ワイルド・スピード/メガマックス』の出演に可也の期待を持ってますよ。
クリスくん、レスラーと並んでも見劣りしないと思います^^
とにかくデカイ!たったの4ヶ月間であんなにもなっちゃうんですね。
ワタシも鶏肉のみの食生活にしようかな(爆)

今年の夏は大作てんこ盛りですよね。
これだけ話題作が集中するのも珍しいかもしれません^^
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2011-07-09 16:05:38
いや~~予想以上に面白くて、好みでした!
予告編では、あまりコメディタッチなところが
なかったので、これほど笑えるところがあるとは思っていませんでした。
クリス、私もスタートレックの時覚えていなくて、調べて、おお!カークの父親役かあ~と
わかった次第です(汗)191cmもあるんですね(驚)
ケネスがアメコミ?と思いましたが、観れば
シェークピアのコスチューム劇!監督は
ピッタリだっだと思います^^

そそ、トニースタークか?に爆でした。
確かにデストロイヤー何となく似てるし(笑)

ミシェル~は好きな女優さんなんですが
今でもきれいですし、結構いろいろと出て
いますから、ご安心?を(笑)

期待してなかった分ってやつですね^^ (ituka)
2011-07-10 00:17:22
ひろちゃん、こんばんは。

これって、予告編の作りが手抜きだったとは言い過ぎですけど
監督がケネス・ブラナーじゃなかったら観てなかったかもしれません。
なんちゃって、でもナタポー出てますし観に行くだろうな(笑)
クリス君『スタートレック』のカークのお父さん役って言われても思い出せない(爆)
同じクリスでもパインのインパクトの方があったんで仕方ないですよね^^;

神の国の戦士って、シェークスピアのまんまでした。
さすがはケネス監督!こういうの得意ですよね。

>ミシェル~は好きな女優さんなんですが
>今でもきれいですし、結構いろいろと出て
>いますから、ご安心?を(笑)

おぉ~!そうなんですか^^安心しました。
50代なのにすごくチャーミングなので好きなんですよ~(笑)

2Dで見た (笛吹働爺)
2011-07-13 18:59:41
2Dで十分面白かった。
正統派アメコミムービーといったところでしょうか。単純明快なところがいいですね。
2D羨ましいです (ituka)
2011-07-13 22:27:09
笛吹働爺さん、こんばんは。

この作品って元からの3Dでないためか、殆ど奥行き感を感じませんでした。
こんなのに割増料金払うのは辛いです。
そうそう、話は分り易くお気楽に鑑賞出来たのがよかったです^^
アメコミはこうでなきゃ!(笑)
涼しい夜です (オリーブリー)
2011-07-22 01:11:17
2Dで観てきましたよぉ~。
いや、ホント、意外と面白かった!!
笑えたし、もう最後にはソーに胸キュンでした(爆)
「馬、くれ!」
「乗れるものなら何でもいい!」

近親者の不和とか、まんまシェークスピア。
ケネスの「ヘンリー5世」に近いものがありましたねぇ(子役のベイルがチラつきます~笑)
チラッと出たジェレミーの存在感はさすが。
浅野さんは…(パイレーツの松崎悠希並?~汗)
おまけも繋がって、「アベンジャーズ」が楽しみになりました。
(ハルクはノートンではないのですよねぇ~残念)

今夜は久々に着込んで寝ます(大爆)
このまま秋へ~(笑) (ituka)
2011-07-22 09:49:02
オリーブリーさん、お早うございます。

予想以上って感じでお得感ありましたよね。
女性ってあういう規格外のオレについてこいタイプに弱いのですね^^

え!『ヘンリー5世』に子役のベイルが出てたの?知らなかった^^;
ジェレミーはなにやっても存在感ありますね。
彼を発掘したキャスリン・ビグローに初めて称賛を贈りたい(爆)
浅野ちゃんは予想通り!台詞を噛まなかっただけヨシとしました。

『アベンジャーズ』は今から本当に楽しみですよ~

台風一過から秋の気配!(笑)
このまま暑くならずに10月に行ってもらいたい。
あ!風邪引かないでね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マイティ・ソー (あーうぃ だにぇっと)
6月23日(木)@よみうりホール。 20日(月)に新幹線のビジネス切符を買いに新橋の金券ショップに行った。 その時に試写状を1枚900円で購入。 今週は1週間毎日どこかで“マイティー・ソー”の試写会が行なわれている。 そのわりに、私のところに到来した試...
マイティ・ソー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THOR) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1962年にスタン・リーとジャック・カービーのコンビによって誕生したアメコミ・ヒーロー。 力を奪われ神の世界を追放された男が、人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていき、やがて訪れる地球と神の...
マイティ・ソー (Akira's VOICE)
暴れんぼうソー君のお気楽修行。  
2011年6月20日 『マイティ・ソー』 一ツ橋ホール (気ままな映画生活)
今日は、『マイティ・ソー』 を試写会で鑑賞です。 楽しみにしていた作品でしたが・・・ 【ストーリー】  神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失...
マイティ・ソー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack北欧神話にアメコミを足し合わせ、ケネス・ブラナー流に料理すると、古典的なヒーローが誕生する不思議。クリス・ヘムズワースのマッチョぶりが妙に笑える。神の世界“アス ...
マイティ・ソー (悠雅的生活)
神の国からの追放。未登録の武器所持。虹の架け橋。
マイティ・ソー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THOR】 2011/07/02公開 アメリカ 115分監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、ジ...
『マイティ・ソー』 (ラムの大通り)
(原題:Thor) ----これもマーベル・コミック。 あまり、というか全然聞いたことないけど…。 「ぼくも。 でも、日本から浅野忠信も出ているというし、 いったい、どんなお話だろうって興味津々。 ところが、いきなりビックリ。 冒頭こそ現代のニューメキシコだけど、 ...
マイティ・ソー (とりあえず、コメントです)
マーベルコミック原作のSFファンタジーです。 原作は未読ですけど、ソーが人気のキャラクターだと聞いてどんな物語になるのか期待していました。 壮大な神の世界とソーの魅力でワクワクさせてくれるような作品でした。
マイティ・ソー (2D字幕) / THOR  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメコミ映画大好きだけど、なんとなく全く期待してなかった、本作。試写にて。 マーベルのコミックの中でもとくに人気あるキャラなんだとか。 主演はオレ様ヒーロー 武器はハンマー なんて原始的。 あ....
[映画『マイティ・ソー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆北欧の神話を題材にしたヒーロー物なので、なんか重々しくて気が進まなかったんだけど、  主人公・ソーが、シンプルにパワー一直線キャラクターだったので、気軽に作品世界に入っていけた。  主演のクリス・ヘムズワースは、カッチョいい筋肉体型だけど、甘いハンサ...
映画「マイティ・ソー(3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
あの「アイアンマン2」のラストから続く物語北欧神話の好きな私には、ソーよりもトールの方がしっくり来るし、映画の中の発音もトールに近いようだ。でも、まあ、それは仕方ないで...
映画 マイティー・ソー (充実した毎日を送るための独り言)
・「マイティ・ソー」(7月2日より上映中 クリス・ヘムズワース,ナタリー・ポートマン,浅野忠信,アンソニー・ホプキンス出演) 北欧神話と、現代アメリカの科学技術が融合したストーリー、主人公で体格も性格も傲慢さがうかがえるアスガルドの王候補ソーが、挑発にの...
映画「マイティ・ソー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイティ・ソー(3D版)」観に行ってきました。 アメリカのマーベルコミックの中でも特に人気が高いヒーローのひとりであるマイティ・ソーが活躍するアクション大作。 私が観に行った映画館では3D版しか公開されていなかったので、余計なカネがかかることを承...
映画:マイティ・ソー The Mighty Thor  マーベル・コミックの人気キャラが実写で登場。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
マーベル・コミックを実写映画化。 アメリカで公開後、好評の声が聞こえてきたので、期待して観に行った。 神の世界の最強戦士ソー(写真:左)は、ある事件をきっかけに父親(写真:右)から追放され、ただの人間にされてしまう(あれ?ワーグナーの指輪みたいだな...)...
マイティ・ソー (LOVE Cinemas 調布)
マーベルコミックのスーパーヒーローシリーズ。傲慢な態度で神の国を追放された男、最強戦士ソーは、地球で愛する女性と出会うことで成長し、巨大な敵に立ち向かう。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。共演にナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキン...
マイティ・ソー (食はすべての源なり。)
マイティ・ソー ★★★★☆(★4つ) 雷の神ソーは、傲慢さが仇となり、人間界へ追放されてしまう。その“乱暴者の神”が、力を失ったまま二つの世界=《地球》と《神の世界》の危機に直面する・・・。 アクションストーリー。 面白かった~コメディポイント満載で、...
王道最高!! 【映画】マイティ・ソー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マイティ・ソー(THOR) マーベルコミックからマイティ・ソーが映画化。 主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。 ヒロインにナタリー・ポートマン。 【あらすじ】 神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災い...
【劇場鑑賞】マイティ・ソー<2D字幕版> (MAGI☆の日記)
マイティ・ソー<2D字幕版>を見てきました。 神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。...
マイティ・ソー こんだけ強けりゃ文句ないし! (労組書記長社労士のブログ)
 いきなりに5時にぱっちり目が覚めちゃったのでマンションの下の河川敷を軽いペースで5?ジョギング、しかし5時台でももいうけっこう暑い・・・夏のジョギングはきつい。 【=37 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート11本目、3Dで鑑賞、しかし3Dにする必要性は全く...
劇場鑑賞「マイティ・ソー」 (日々“是”精進! ver.A)
“俺様”ヒーローから、真の英雄へ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107050003/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.28 Thor Walt Disney Records (2011-05-03) 売り上げランキング: 342...
マイティー・ソー  監督/ケネス・ブラナー (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ナタリー・ポートマン  アンソニー・ホプキンス 【ストーリー】 神々が暮らすアスガルドの国では、全能の王・オーディンの息子・ソーの戴冠式が行われていた。しかし、敵対する氷の王国・ヨトゥンヘイムの巨人が侵入し、式は中止にな...
マイティ・ソー 3D 字幕版/クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
『マイティ・ソー』という『スパイダーマン』みたいなアメコミのヒーロー物人気作品があるのは知ってましたけど、どういうお話なのかはこの映画の宣伝で初めて知りました。神話と ...
むちゃくちゃ好みかも(笑)「マイティ・ソー」 (茅kaya日記)
 3D上映は嫌なので、京都駅のT-JOY、朝一番に2Dで鑑賞。平日とは言え、ななんと、たった4人(そのうち1人は自分の連れ)。やはり皆さん、3Dが好みなのかしら? ま、3Dでも2Dでも、間違いなくクリス・ヘムズワースはかっこよかった。
・・・パンチ力がない。『マイティ・ソー』 (水曜日のシネマ日記)
マーベルコミックの人気ヒーローを実写版映画化した作品です。
★マイティ・ソー(2011)★ (Cinema Collection 2)
THOR 失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に  上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2011/07/02 ジャンル アクション/アドベンチャー 映倫 G 【解説】 シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス...
マイティ・ソー (風に吹かれて)
雷小僧降臨 [E:typhoon] 公式サイト http://www.mighty-thor.jpマーベルコミックの映画化監督: ケネス・ブラナー神の世界アスガルド。王オーディン(アンソニー・ホプキン
マイティ・ソー (だらだら無気力ブログ)
シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が放つ アメコミ原作ヒーロー・アクション大作。 傍若無人な振る舞いがたたって力を奪われ神の世界を追放された男が、 人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていくさまと、やがて訪れる 地球と神の世界の...
■映画『マイティ・ソー』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
これを書いていいものか、ちょっと悩みましたが…。勇気を出して書いてみます。 『マイティ・ソー』のポスター画像を初めて観た時、「へー、『マイティ・ソー』って、ジャック・ブラックが主演なんだぁ」と思ってしまいました。すみません。 だって、なんか、台形っ...
マイティ・ソー (心のままに映画の風景)
神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...
木曜日の雷神~『マイティ・ソー』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THOR  神の国「アスガルド」で王(アンソニー・ホプキンス)の長男として生まれたソー (クリス・ヘムズワース)は、力に任せた振る舞いから父の怒りを買い、地球へと 追放されてしまう。  ...
マイティ・ソー3D (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
神話とヒーローを融合させたコミックを実写映画化。神の世界を追放された最強の戦士の活躍を描く3Dアクション大作。監督は「ヘンリー五世」のケネス・ブラナー。出演は、「パーフ ...
マイティ・ソー (to Heart)
神失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に 原題 THOR 製作年度 2011年 映時間 115分 原案 J・マイケル・ストラジンスキー/マーク・プロトセヴィッチ 脚本 アシュリー・エドワード・ミラー/ザック・ステンツ/ドン・ペイン 監督 ケネス・ブラナー 音楽 ...
「マイティ・ソー」暴れん坊 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミヒーローになった北欧神話の神様、マイティ・ソー。 スカンジナビアでは「Thor」はトールと読む。 どおりで持っているハンマーが「ムジョルニア」って、北欧らしいネーミングだわ。
マイティ・ソー 3D 字幕版 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
マイティ・ソー'11:米◆原題:THOR◆監督:ケネス・ブラナー「スルース」「魔笛」◆出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド ...
映画『マイティ・ソー』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-47.マイティ・ソー■原題:Thor■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:川又勝利■鑑賞日:7月23日、新宿ミラノ3■料金:1,800円□監督:ケネス・ブラナー□脚本:アシュリー・エドワード、ミラー&ザック・ステンツ、ドン・ペイン□...
【映画】マイティ・ソー…この筋肉バカには燃えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事アップ(一度目はこちら)。 …まずは近況報告から 本日2011年10月2日(日曜日)は、朝から公園の草取り作業を行ってきました。 涼しくなってきたので、こういう作業も随分楽ですね。 以下は映画観賞記録です。 「マイティ・ソー」 (監督:ケ...
映画『マイティ・ソー [3D]』 (闘争と逃走の道程)
 北欧神話をモチーフにしたアメリカン・コミックの映画化。圧倒的な力を持ちながら、その傲慢さゆえに神々の国を追放されたソーが、人間界と神々の世界にまたがる大いなる危機に立ち向かう! マイティ・ソー...
マイティ・ソー (銀幕大帝α)
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ケネス・ブラナー 製作総指揮:スタン・リー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキ...
マイティ・ソー (いやいやえん)
ケネス・ブラナー監督作品。アメコミのマーベル・コミックが原作。 北欧神話でソーなんていたっけ?と思ったら、トールをモチーフにした創作なんですね、なるほど。別にトールでも良かった気がしないでもないけど、
マイティ・ソー (Thor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ケネス・ブラナー 主演 クリス・ヘムズワース 2011年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★ 先ごろ公開された『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』をもって、いよいよ出揃ったアベンジャーズの面々。考えてみると戦う社長や緑色に...
マイティ・ソー (RISING STEEL)
3Dもタケナワらしいので、ブームが去る前になるべく見ようと思い 3D吹替版で見ました。 マイティ・ソー / THOR 北欧の神々の世界アスガルド。最高神オーディンの息子ソーは最強の戦士であったが ...