映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

ノー・エスケープ 自由への国境

2017年05月06日 00時03分38秒 | 映画 な行
評価:★★★★【4点】



超絶シンプル第2弾!って第1弾は『フリー・ファイヤー』のことかよ
一緒にするのは失礼な気がするが(どっちに)



荒涼とした砂漠地帯の国境を徒歩で越境しようとする
15人のメキシコ人グループ。
その中にはアメリカに残してきた息子との再会を誓う
モイセスの姿もあった。
やがて有刺鉄線の国境をくぐり
アメリカへと足を踏み入れた一行を謎の銃弾が襲う。
身を隠せる場所もなく、一人また一人と銃弾の餌食となるメキシコ人たち。
モイセスらわずかに残った生存者たちも、
正体不明の襲撃者の執拗な追跡の前に、
さらにその数を減らしていくのだったが…。
<allcinema>




【ネタばれあります。要注意!】

超シンプル!そこがいいのだ。
密入国をするメキシコ人グループだったが、砂漠の真ん中で
なんと!輸送中のトラックのエンジントラブル発生!
たまたま、カーエンジニアの経験を持つメキシコ人(主人公)がいたが
ブラシの摩耗で応急処置もできない状態という。

斡旋会社は仕方なく彼らに徒歩で国境に向かえと言う。

さ~て、ここからですよ。
このアメリカとの国境沿いでひとりの男が偶然彼らを見つける。

当初、謎の狙撃者と勝手に思い込んでいたのだが
意外にも、冒頭から狙撃者の素性がしっかり描かれていて
この男がもうほとんど狂った狩人ともいえる最悪人物なのだ。
また、相棒の猟犬がこれまた凄くて、狙った獲物は逃さないとくるから
Wの悲劇とはまさにこのことだと思う(え?)

灼熱の砂漠で、生きる目的をすでに見失った男は束の間の娯楽の対象に
密入国する彼らを望遠ライフルで次々射殺していく。
なんだかイメージ的に『ゾンビ』を屋上から射殺する人間側の
あの状況に近い感じが狙撃手にあったのだろう。

走って逃げる、岩場に隠れ、また逃げるの繰り返し。
狙撃手は狙って撃って、また狙う、この繰り返しなのだが
まったく飽きることがないのは、カメラワークと演出の巧さだろう。


【今週のツッコミ】

・信号弾で突進してくる猟犬に向かって寸でのところで撃つわけだが
 見事、口の中に命中!その映像は実際あんな風になるのかな~だった。

・この狙撃手の腕が半端ないくらい正確なのは、元軍人か特殊部隊か。
 蜘蛛の子を散らすように逃げる11人(ガイド一人含む)を
 タバコの火が消えるまでに全員射殺する腕はいったい何!
 盗んだピックアップで逃げるメキシコ人を数キロ離れた距離から
 見事に命中させる腕は『アメリカン・スナイパー』もびっくりだ。

・岩場の先端から下を覗き込む狙撃手に息を殺し後ろから体当たりする主人公。
 共に落下しちゃうんですね。やはり余裕がなかったのかな。

・ガラガラヘビの団体さんは同じ方向目指していたが、先には何が?

・結果オーライで一人残してきた重症の女性を背負い徒歩で国境に。。。

・にしても、水なしであれだけ動いてよく生きていられた主人公。
 カーエンジニアという伏線もしっかり回収されてたし
 最後までハラハラドキドキさせてもらいましたよ、キュアロン監督。
------------------------------------------------------------------
監督:ホナス・キュアロン
脚本:ホナス・キュアロン
音楽:ウッドキッド
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル/ジェフリー・ディーン・モーガン/アロンドラ・イダルゴ

『ノー・エスケープ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェ・ソサエティ | トップ | ガーディアンズ・オブ・ギャ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2017-05-09 12:44:16
こんにちは。恐るべし、作品でしたね…。
>タバコの火が消えるまでに全員射殺する腕はいったい何!
正に正に!そして音響と演出の成せる技で、まるで自分が逃げていて、その時を本当に撃たれたようなズシン!とした銃声でしたね。

そうそう、あの喋るクマのぬいぐるみにガラガラ蛇が一斉に寄っていったのは何故だったのでしょう?ガラガラ蛇は音に反応?!
ここなつさんへ (ituka)
2017-05-09 21:56:10
10年以上前のワタシはホームシアターを構築していて
80インチスクリーンとプロジェクター、パワーアンプにスピーカー7本接続して
「映画は音響だ!」なんてこと言ってた時期がありました(笑)
この映画はそういったセッティング用に使えそうですよね。

たぶん、蛇は鳴かないので聴力もないのかもしれませんね
とすると、あのシーンは音による地表の振動を感知したと思いますね(蛇について検索しちゃったわ・笑)

コメントを投稿

映画 な行」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ノー・エスケープ 自由への国境/DESIERTO (我想一個人映画美的女人blog)
アルフォンソ・キュアロンの息子で「ゼロ・グラビティ」では共同脚本を手がけたホナス・キュアロン初監督作。 アカデミー賞外国語映画賞メキシコ代表ノミネート。 ガエル主演な......
ノー・エスケープ 自由への国境★★★ (パピとママ映画のblog)
『ゼロ・グラビティ』などのアルフォンソ・キュアロンがプロデューサー、息子のホナス・キュアロンが監督を務めたサバイバルスリラー。砂漠の国境地帯を舞台に、メキシコからアメ......
「ノー・エスケープ 自由への国境」☆自由とは? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
水なし武器なし逃げ場無し。 観ているこちらも目が乾く乾く、喉が渇く渇く・・・・ 88分という短さでなければ、食いしばった歯が欠けて、危く脱水症状になるところだったwa
ノー・エスケープ 自由への国境 (だらだら無気力ブログ!)
あんな犬に追いかけられたら怖くて仕方ない。
「ノー・エスケープ 自由への国境」 (ここなつ映画レビュー)
メキシコからアメリカへ密入国しようとする集団が、砂漠の中で次々殺される。「狩る」のは一人の男と一匹の犬。男のライフルの正確なショットと、犬の執拗な追跡は類稀である。こ......
ノー・エスケープ 自由への国境(2015)**DESIERTO (銅版画制作の日々)
 正体不明の襲撃者。水なし、武器なし、逃げ場なし。希望はあるか――。 migさんのブログで知り、早速東宝シネマズにて鑑賞。この日が初日でした。プレミアスクリーンでゆったり......
ノー・エスケープ 自由への国境 (映画と本の『たんぽぽ館』)
自由への国境? * * * * * * * * * * 舞台はアメリカ・メキシコの国境。 壁を作ると明言するトランプ大統領のこともあり、いかにも不穏です。 メキシコか......
ノー・エスケープ 自由への国境 (映画好きパパの鑑賞日記)
 メキシコから密入国する一団が、アメリカの狂信者に次々と射殺されていくという、トランプ政権下では実際に起こりそうな怖いお話し。ただ、序盤にあまりにも大量に犠牲者がでた......