映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

オブリビオン

2013年06月03日 20時44分02秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】



偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)

これ見て最初にイメージしたのは祈願用の“だるま”^^
その次は『ウォーリー』のイヴ姐さん(姐さんと言うのは妥当か?)
そして『2001年宇宙の旅』のHALにも似てました(笑)
まだまだ、トヨタプリウスGsバージョンの顔とかね^^;



2077年、地球はエイリアンの襲撃によって
壊滅的な被害を受ける。
やがて生き残った人類は他の惑星へと移住し、
人々のいなくなった地球では、
ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられていた。
そんな地球に残り、ドローンのメンテナンスや
パトロールなどの任務に当たるジャック。
ある日、未確認の宇宙船の墜落現場へと向かった彼は、
そこでカプセルの中で眠る美女を発見する。
やがて目を覚ました彼女はジュリアと名乗り、
なぜか会ったこともないジャックの名を口にする。
しかし肝心な記憶は曖昧で、
彼女自身が何者なのかも分からなかった。
一方ジュリアとの出会いをきっかけに、
自分にも失われた記憶があることに気づくジャックだったが…。
<allcinema>



【完全ネタバレ!要注意】


この映画、ほとんど期待値なし状態で鑑賞したのがよかった。
映像関係に莫大な資金を投入したハリウッドおバカ映画だろう!と
予告編の段階で失笑気味だったのですが、これが意外に面白かった。

人類が地球からいなくなってから久しいという設定が
『ウォーリー』とよく似ているし、遂にトムも
お掃除ロボットの仲間入りなのかと思っていたら
なんとも物語りが良いではないか!(笑)

人類愛、自己犠牲精神など映画ではよくあるネタですが
こういうのは手を変え品を変え、いろいろ工夫して
見る者に飽きさせない努力をしている製作スタッフに感謝です。

エド・ゲイン絡みのようなマニアック映画もいいけど
基本はこういう映画をたくさん観て少しでも心が浄化できるなら
今後の人生になにか役立ちそうな気がするのはワタシだけか(笑)


【今週のツッコミ】
・トムは主人公名ジャックがよほどお気に入りなのね(笑)

・1000人のジャックを見てみたかったが、終盤でチラッと^^;
 通常なら驚愕のラストシーンという扱いを贅沢に途中で出すのは
 SF映画ではすでにお馴染みだから今さらなんでしょうね。

・49と52以外のジャックは指令本部テット消滅後どうしたのか気になるところ。
 当然、ヴィクトリアにも言えるけど皆カップルだから心配なしか^^;
 ただし、52のヴィクトリアはひとりでうろたえてると思うよ。
 そこんところ52のジャックは湖畔で呑気にしてていいのかよ。

・任期終了(2週間後)まで任務に忠実なヴィクトリアはA型か。
 そうだ、彼女の立ち位置が予想と違っていてチョイと感情移入(笑)
 てっきり、あっち側の人間かアンドロイドと思っていたからね^^

・せっかく持ち帰った生きてる花を即行捨てるのは如何なものか。

・ヴィクトリア(アンドレア・ライズブロー)が『ビトレイヤー』よりは
 女性っぽくてお綺麗だった。
 理由は、全裸で泳ぐシーンでヒップの肉厚が魅力的だったから。
 でも、彼女はワタシの好みではない^^;

・ドローンが発する鼓膜を破壊しそうな金属重低音が迫力満点!
 これは『宇宙戦争』『ターミネーター4』に匹敵する音響効果だった!

・フタ開けてびっくり!なんだよジジイじゃねえか!
 しかも笑いながら起き上がって来たからマジックショーかと思った^^;

・ビーチ(モーガン爺さん)の忍耐強さは流石だわ!
 49を信頼してるというもののどこまで待つつもりだったのだろうか。
 これは『七人の侍』の島田勘兵衛をイメージしてたのか?

・できれば地球に攻撃してきたエイリアンの造形だけでも教えてほしい。

・放射能汚染区域は真っ赤なウソだった。ああやって区切らないと
 あちこちで俺俺?(亀梨くん映画)の状態なんだろうね(笑)

・真っ赤なウソ!といえばテットには人類ひとりもいなかった。
 ついでに土星の月タイタンに移住してるのもウソでしょ(笑)
 
Q:60年前オデッセイでオリジナルのヴィカにキスしたジャックは
 後部でコールドスリープされてたジュリアの存在をどう思ってたの?
 (注:ヴィカ=ヴィクトリア)
 
 A:これは偶然の産物で振り向いたら顔がそこにあっただけ。
 ちなみにヴィカはジャックにかなり惚れてましたけどね^^
 でも、ジャックはジュリアン切り離しの瞬間「俺たちの夢を…」って
 呟いてましたよ。

・レーダーに認知されないステルス型ヘルメットがプレデターだった。

・本部にドローンを追加注文する交渉が笑える。
 予算使いすぎて赤字にでもなっているのかと心配したほどだ(笑)

・本部のサリーという語呂が「のっぽのサリー」とかぶる(かぶらんよ)

・49が52用バブルシップ乗ってても疑問すら持たない本部のサリーって^^;
 高度な認識技術(声帯反応)もってる割にそこに気付かない不思議さ。

・地上1000メートルのスカイタワーが無機質でチリひとつなく
 ガラス張りの壁の効果もあり、まさに近未来的居住空間の理想像。
 でも、ジャックの聖域の地の温もり感も捨てがたい。

・スカイタワーの背景はCGでなく実物映像をプロジェクターで投影。
 トム曰く、過去の出演作品で最も美しい舞台セットだったらしい。

・荒廃した地球を飛ぶドローンやバブルシップの構図が抜群だった。
 ドローン166号には意志があるようにみえてしかたなかった。
 どこかイラついているというか、あの顔だからそう見えた?(笑)

・これはお金を掛けた『月に囚われた男』ってやつですね(笑)

・ジャックの首振り人形ボブは誰がモデル?^^
 デュランデュランのボーカル・スティーヴン・ダフィだったりして。

・スカヴに捕獲されていたドローン172号(?)へ通電した瞬間が
 人生初、動物病院に連れて行かれた我が家のデブ猫のようだった。
 不安で辺りをキョロキョロする表情が妙に愛らしかった(笑)

・当初、ジュリア役はジェシカ・チャステインだったらしいが
 『ゼロ・ダーク・サーティ』の撮影のため降板したとのこと。
 また、ヴィクトリア役にはケイト・ベッキンセールの名も。
 ワタシはケイトで観たかったな~^^;
-------------------------------------------------------------
監督:ジョセフ・コシンスキー
脚本:カール・ガイダシェク/マイケル・デブライン
撮影:クラウディオ・ミランダ
音楽:M83


出演:トム・クルーズ/モーガン・フリーマン/オルガ・キュリレンコ/
    アンドレア・ライズブロー/メリッサ・レオ


『オブリビオン』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イノセント・ガーデン | トップ | エンド・オブ・ホワイトハウス »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うん、うん♪ (kira)
2013-06-03 22:01:19
>これはお金を掛けた『月に囚われた男』ってやつ
デスッ

・『ウォーリー』のイヴ姐さん、も、
・1000人のジャックも、
・できれば地球に攻撃してきたエイリアンの造形だけでもも、
・レーダーに認知されないステルス型ヘルメットも、
ま~ぁったく同感~
でも、、、
私的にはあのラストは蛇足感が~
52号ともう一つのステーションの彼女が出会ったらどうすんの?
kiraさんへ (ituka)
2013-06-03 22:32:09
こんばんは。

>52号ともう一つのステーションの彼女が出会ったらどうすんの?

そりゃ~もう、修羅場となり、記者会見も開けないくらい落ち込むんでしょうね(苦笑)
彼女に何の落ち度もないわけだし、52に食ってかかるしかありません。
少なくともジュリアたちと同居は出来ないでしょうね^^;

これ、できればスピンオフやってくれないかな~(爆)

ちなみに、52の彼女って治療用具を取りに来た49の彼のユニフォーム番号に気が付かなかったのかな?(笑)
Unknown (mariyon)
2013-06-03 22:38:39
>遂にトムもお掃除ロボットの仲間入り

いやぁ~~、たしかに、あの予告だとそんな感じ(笑)

わたしも全く期待していなかった分、
かなり面白かったです。
地球最後の男となったトムでなくてジャックを
機械が生かしている・・・みたいな、
よくあるショートショートネタかなぁ…なんて思ってたんですが
まさかわらわらといっぱいのトムさんがいて、
それが最大の人類の敵だったなんて。
それを許して、最後彼を助けた人々もすごいけど
受け入れる彼女の気持ちも・・・う~ん。。
わたしも、ラストがちよっとよけいな気がします。
mariyonさんへ (ituka)
2013-06-04 23:35:03
こんばんは。
予告編のパトロール機バブルシップがどこか玩具みたいだったし
下手すればトムとモーガン・フリーマンの出演料だけで製作費を使ってしまった映画と思ってましたよ^^;
なので、公開当日でなく日曜日に鑑賞(笑)
ところが、意外に面白く『プロメテウス』よりも断然こっちがいいわ~(笑)

ラストの展開は女性陣にはイマイチだったみたいですね^^
これ、男からすれば良いとこ取りのラッキーマンにみえて、なんとも羨ましかったです(爆)
なので、このラストは有ってもまったく問題なかったです~(笑)
私も・・・ (ひろちゃん)
2013-07-03 23:10:56
ケイトが観たかったなあ・・・

ジュリアは、最初はジェシカだったんですか?
黒髪のオルガとは全然タイプが違いますね~

>偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)

気持ちわかります(笑)殺人マシーンですが、造形から
SWのR2D2を私は思い出してましたから~

意味がわからいとこたくさんありますが(笑)こういう世界観が私も好きです♪
ひろちゃんへ (ituka)
2013-07-05 22:30:55
ケイト版見たかったですよね!
彼女は年齢を重ねるごとに魅力的になって行きます^^

>ジュリアは、最初はジェシカだったんですか?
>黒髪のオルガとは全然タイプが違いますね~

そうそう、ジェシカちゃんだったんですよ。
彼女は顎割れてるけどどこか彫刻像っぽい無機質な印象なので
オルガのように肌の温もり感は感じないと思います(おいおい)^^

前半に不明だった2機のドローンを探しに行ったジャックが微かな救難信号音をたよりに動いているところ
あの信号音がすごく心地よかったです。
これぞSF映画だ!って感じでしたよ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
オブリビオン~拡大版チェルノブイリ? (佐藤秀の徒然幻視録)
ウクライナ映画「故郷よ」がかぶる 公式サイト。原題:Oblivion。ジョセフ・コシンスキー原作・監督。トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モーガン・ ...
オブリビオン (ぷかざの映画感想記)
オブリビオン観ました。 ※ネタバレありの感想ですので、まだ見てなくてこれから見ら
オブリビオン (to Heart)
原題 OBLIVION 製作年度 2013年 原作 ジョセフ・コシンスキー 脚本 カール・ガイダシェク 、マイケル・デブライン 上映時間 124分 監督 ジョセフ・コシンスキー 出演 トム・クルーズ/モーガン・フリーマン/オルガ・キュリレンコ/アンドレア・ライズブロー/ニコライ・コス...
『オブリビオン』 2013年5月8日 TOHOシネマズ六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オブリビオン』 を鑑賞しました。 上映前にファンサービスの絶大なトム・クルーズとオルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督の 舞台挨拶がありました。 そこでも、トムの話が長くて監督の話が短かった。 【ストーリー】  エイリアン“スカヴ”の侵略を食...
オブリビオン /OBLIVION (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 楽しみだったトムちん主演のSF、初日鑑賞 「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。 エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住し...
オブリビオン / Oblivion (勝手に映画評)
ネタバレあり。 2077年。60年前にエイリアンの攻撃を受け、壊滅した地球。その地球上に残り、地球に残った装置類の監視・メンテナンスを行なっているジャック。ある時、墜落した宇宙船を発見し、生存者を保護したが、その生存者は自分の夢に出てくる人物であった。 地球...
ジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ主演『オブリビオン』(oblivion) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー監督が、自らのアイデアをもとに描いたSF超大作『オブリビオン』(oblivion)。出演はトム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モ
オブリビオン (だらだら無気力ブログ!)
映像が綺麗で面白かった。
オブリビオン (Memoirs_of_dai)
二都物語へ 【Story】 2077年、地球はエイリアンの襲撃によって壊滅的な被害を受け、生き残った人類は他の惑星へと移住。人のいなくなった地球では、ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられ...
『オブリビオン』 (ラムの大通り)
(原題:OBLIVION) ----これって、 最近トム・クルーズが来日して話題になった映画だよね。 「うん。 トム・クルーズは華があるよね。 ぼくはこれまでに シュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、さらには ディカプリオなどの来日記者会見に行ったことあるけど、...
『オブリビオン』 その意味するものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は、2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。  トリンプ・インターナショナル・ジャパン...
映画:オブリビオン Oblivion 久々に本格的SFを観た、ていう感覚。これって なんかうれしいかも?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
西暦2077年。 主人公元海兵隊司令官ジャック・ハーパーは、荒廃した地球の監視任務で派遣される。 60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により人類の大半は、他の惑星へ移住。 荒廃した地球(写真)での任務は、あくまでも「監視」なので、簡単なはずの任務だった。 が....
劇場鑑賞「オブリビオン」 (日々“是”精進! ver.F)
49と52… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306010002/ Oblivion SoundtrackM83 Backlot Music 2013-04-16売り上げランキング : 27594Amazonで詳しく...
オブリビオン ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
2077年の地球 - エイリアンの攻撃により半壊状態となるが、人類の抗戦によりエイリアンの撃退に成功する。 しかし、人類の大半は核汚染により地球に住めなくなった地球から土星の惑星タイタンへ移住し、エ...
オブリビオン トム様的な映画で、なーんか消化不良なんですが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=30 うち今年の試写会5】 予告編を観ている限り「宇宙戦争」的な香りを感じていたのだけど、うっかり観に行ってしまいましたとさ・・・。  エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へ...
「オブリビオン」みた。 (たいむのひとりごと)
なんだか予告編と随分印象が違うような?というのが本編を見ながら思っていたこと。そうした違和感の理由が判ったのは、たまたま本編を観た直後、劇場で流されていた予告編を目にすることが出来たから。同じカットな
オブリビオン (Akira's VOICE)
驚きと興奮とツッコミ。  
オブリビオン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【OBLIVION】 2013/05/31公開 アメリカ 124分監督:ジョセフ・コシンスキー出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー、ニコライ・コスター=ワルドー、メリッサ・レオ、ゾーイ・ベル 何故、彼は人類のいない地球に残...
オブリビオン (風に吹かれて)
愛の記憶は消えない公式サイト http://oblivion-movie.jp監督: ジョセフ・コシンスキー  「トロン:レガシー」エイリアン“スカヴ”の侵略を受けた地球は、かろうじて彼らとの戦いに勝
映画『オブリビオン』★その“失われない愛“はSF的ハッピーエンド (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161180/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   事前情報なしで 、トム・クルーズ 主演ということだけで、楽しみにしていました! (事前情報ナシのほうが...
6月~(オブリビオン) (Break Time)
今日から、6月です・・・
オブリビオン (映画感想メモ)
タイトル言うのに詰まった。オビリオン、オブリオン、じゃなくてオブリビオンだ(* ̄
オブリビオン IMAX/トム・クルーズ (カノンな日々)
監督のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基にトム・クルーズを主演に映像化した大作SFアクション映画です。そのスケールの大きさは劇場予告編からも十分 ...
オブリビオン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「オブリビオン」監督:ジョセフ・コシンスキー(『トロン:レガシー』)出演:トム・クルーズ(『アウトロー』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』)モーガン・フ ...
「オブリビオン」 (ゆっくり歩こ。)
これは予告を観たときから気になってました トム・クルーズ、最近めっちゃ仕事してますねぇ 私生活を振り切るように・・・ この作品でもアクション☆バッチリ決めてます! 動きは素早いです~ さすがだわ 私はトム・クルーズ好きではないのですがこういうSF作品...
オブリビオン  監督/ジョセフ・コシンスキー (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  オルガ・キュリレンコ  モーガン・フリーマン  アンドレア・ライズブロー 【ストーリー】 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中...
[映画『オブリビオン』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆初めは、なんかサイエントロジー絡みじゃないだろうな・・・、と予備知識なく不安になりながらの鑑賞だったが、  それとは関係ないようで、う~ん、ハードSFとも言えよう地球全体を覆いつくした侵略者による大災厄を、少ない人間関係に集約し、その中でのラブストー...
『オブリビオン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、       メリッサ...
オブリビオン (I am invincible !)
ジャック(トム・クルーズ)とパートナーのヴィクトリア(アンドレア・ライズブロー)は、上空1000mにあるスカイタワーと呼ばれるステーションで暮らしていた。
オブリビオン (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】宇宙人に乗っ取られた地球のパトロールをし
『オブリビオン』 (beatitude)
西暦2077年。60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により地球は荒廃し、人類の大半は、土星の衛星であるタイタンへの移住を余儀なくされていた。そんな中、地球にたった二人残った元海兵隊司令官ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)とヴィクトリア・オルセン(アンドレア...
オブリビオン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた...
オブリビオン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた...
映画『オブリビオン』観てきた~(*бωб*)♪ (よくばりアンテナ)
SFって私には当たり外れが激しいので、 苦手なタイプだったらどうしようって不安もありながらの鑑賞。 杞憂に終わり、観て良かった~~とちょっと爽快な気分。 とは言っても、前半はかなり眠たかった。...
オブリビオン (心のままに映画の風景)
2077年。 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めた地球は、壊滅的な被害を受けていた。 生き残った人類は他の惑星へと移住し、人々のいなくなった地球では、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)が無人偵...
オブリビオン/OBLIVION (いい加減社長の映画日記)
SF大作っぽいけど、どうなのかなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 2077年、地球は“スカブ”と呼ばれるエイリアンによって壊滅し、人類は他の惑星へ移住を果していた。 荒廃した地球に残っているのは、無人偵察機を管理するために高度1000mの管制塔に...
「オブリビオン」 (Con Gas, Sin Hielo)
俺俺、ジャックハーパー。 ジャックリーチャーではない、念のため。観ていないけど。 予告がなかなか良かったので楽しみにしていた作品。近未来の地球って、かなりの確率で壊滅しています。まあ豊かになって世界ではドラマは生まれにくいのだろう。 序盤のジャックの....
映画「オブリビオン」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
廃墟となった地球。美しい、色のない世界。 ストーリーを追うだけでも俳優や女優を見るためだけでもなく、映像の中に作り出された世界の素晴らしさを味わうのも、映画を見る大きな楽しみである。 人...
「オブリビオン」:監督の本質とのミスマッチ (大江戸時夫の東京温度)
映画『オブリビオン』は、なんともミスマッチ感覚のSF大作。何がミスマッチかという
映画「オブリビオン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「オブリビオン」観に行ってきました。「ミッション:インポッシブル」シリーズや「アウトロー」のトム・クルーズが主演のSFアクション大作。先月の2013年5月は何故か公...
「オブリビオン」 (或る日の出来事)
すごく楽しめた!
オブリビオン (はるみのひとり言)
鑑賞券をゲットしてたのにやっとです。窓口で「オリブビヨン」と言ってしまい、「オブリビオン」ですねと笑顔で言われてしまいました。2017年、謎のエイリアン「スカヴ」の襲撃を受けるも勝利した人類。しかしその結果地球は汚染され人類が住めなくなっってしまいました。...
本当の人類は (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「オブリビオン」を鑑賞しました。 エイリアン“スカヴ”の侵略、戦いによって地球が半壊し生き残った者たちがほかの惑星へと移住している人類 地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパーは墜落した謎の宇宙船の中で眠っている美女を発見...
オブリビオン (菫色映画)
オブリビオン2013年 アメリカ 監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:トム・クルーズ    オリガ・キュリレンコ    モーガン・フリーマン    アンドレア・ライズブロー   ...
No.355 オブリビオン (気ままな映画生活)
トム・クルーズ主演、「トロン:レガシー」のジョセフ・コジンスキー監督によるSFアクション。スカヴと呼ばれるエイリアンの攻撃により地球が壊滅し、生き残った人類は遠い惑星へ ...
オブリビオン (とりあえず、コメントです)
宇宙からの襲撃で破壊された未来の地球を舞台に描かれたトム・クルーズ主演のSF大作です。 謎めいた世界の中で活躍する主人公を映した予告編を観て、面白そうだなと楽しみにしていました。 次々と謎が解き明かされていく意外な展開にドキドキしてしまう作品でした。
★オブリビオン(2013)★ (Cinema Collection 2)
OBLIVION 何故、彼は 人類のいない地球に残されたのか――? 上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2013/05/31 ジャンル SF/アクション 映倫 G 【解説】 トム・クルーズ主演で贈るSFアクション。「トロン:レガシー」...
オブリビオン (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オブリビオン '13:米 ◆原題:OBLIVION ◆監督:ジョセフ・コジンスキー「トロン:レガシー」 ◆出演:トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、アンドレア・ライズボロー、ニコライ・コスター=ワルド ◆STORY◆エイリアン“...
オブリビオン (銀幕大帝α)
OBLIVION 2013年 アメリカ 124分 SF/アクション 劇場公開(2013/05/31) 監督:ジョセフ・コシンスキー『トロン:レガシー』 製作:ジョセフ・コシンスキー 原作:ジョセフ・コシンスキー 出演: トム・クルーズ:ジャック・ハーパー モーガン・フリーマン:...
オブリビオン (いやいやえん)
トム・クルーズ主演、化粧っけのないオルガ・キュリレンコさんが、何故かオセロ中島さんと菊地凛子さんっぽく見えて仕方なかった^; カメラワークやSF的なガジェット類、遠くにかすかに見える建造物、文明が滅びた後の地球風景など、映像のスケールは圧倒的に美し...
オブリビオン (Oblivion) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 トム・クルーズ 2013年 アメリカ映画 124分 SF 採点★★★★ 「オッサンだからでしょ?」と言われればそれまでなんですが、どうにも昨今主流のCGの嵐映画ってのが苦手な私。ロケーション撮影に付きまとう様々な問題もクリア...