映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

2009年度、日本インターネット映画大賞、外国映画部門

2010年01月01日 23時00分56秒 | その他、映画情報
2009年は自身初の年間劇場鑑賞100本オーバーとなりました。

そうした中、2009年は秀作が、かなり多かった年でもあり
いち映画ファンとしては、とても満足な一年でした。



[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「アバター」...............................................9点
  「チェイサー」.............................................8点
  「その男、ヴァン・ダム」..........................3点
  「ターミネーター4」..................................3点
  「ザ・バンク 堕ちた巨像」.....................2点
  「2012」...................................................1点
  「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」....1点
  「チェンジリング」......................................1点
  「96時間」.................................................1点
  「グラン・トリノ」.........................................1点
【コメント】
『アバター』に関しては3D映像に対する評価より、物語の中の世界観が
素晴らしかった。そこに住む先住民ナヴィやアバターとなったジェイクの
キャラクター造形が美しく、何度見てもウットリするくらいであった。
なにをしても半人前だった男が未知の世界に触れ、逞しく成長する姿を描く。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】            作品名
   [ジェームズ・キャメロン] (「アバター」)
【コメント】
脚本もこなし、最新3Dデジタルカメラも開発してしまう能力には
唖然とするばかりだ。劇中に登場したガンシップなども
数年先には現実のものとなるのではないかというほどの完成度。
キャメロン自身もまだ若いので、今後の作品が楽しみでならない。


【主演男優賞】
   [ジャン=クロード・ヴァン・ダム] (「その男、ヴァン・ダム」)
【コメント】
90年代を席巻した男も、今や過去の人。そんなヴァン・ダムが
自身のドキュメンタリーともいえる映画に実名で出演。
まさに、自虐ネタのような本作に、よく出演したものだと涙を誘う。
文無しのヴァン・ダムが郵便局強盗!?(爆)

【主演女優賞】
   [アンジェリーナ・ジョリー] (「チェンジリング」)
【コメント】
08年の『ウォンテッド』のアクション系から本作のような内面の演技まで
幅広く対応できる数少ない女優の一人。
今年も次回作の『ソルト』(2010)が楽しみです。

【助演男優賞】
   [クリストフ・ヴァルツ] (「イングロリアス・バスターズ」)
【コメント】
トップテンからは僅差で外れてしまった作品ですが、助演男優賞は
2009年で言えば、このひとしかいません。はにかむ姿が可愛いが
相当な冷酷人間のハンス・ランダ大佐が今も頭から離れない。

【助演女優賞】
   [ネイティリ:ゾーイ・サルダナ] (「アバター」)
【コメント】
『アバター』のキャラクターに完全に惚れてしまった。
素顔のゾーイ・サルダナは、よく知らないがネイティリの
女性戦士は近年映画のベスト3に入ると思っている。

【新人賞】
   [アリアーナ・エンジニア] (「エスター」)
【コメント】
劇中、エスターに狙われる家族の、6歳の聾唖の女の子役。
実際も聾唖という話ですが、とにかく演技が上手い!
目の演技ができる6歳児。しかも、めちゃくちゃ可愛い!


【音楽賞】
  「アレクサンドル・デスプラ」
【コメント】
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は音楽だけで、その悲しい
シーンの数々が蘇って来る。

-----------------------------------------------------------------

【こんなデート、見たことないで賞】
   [ジェイクとネイティリ] (「アバター」)
【コメント】
イクランでのランデブー飛行には「うわー!」と唸ってしまった。
あれは、恋人なら究極のデートではないかと、ワタシは思っている。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2009年度、年間マイベス... | トップ | お知らせです »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「おっぱいバレー」のご投票について (日本インターネット映画大賞事務局)
2010-01-02 07:48:36
日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。
外国映画部門に「おっぱいバレー」のご投票をいただきましたが、念のためご確認いただくようお願いいたします。m(__)m
☆猿棚?☆ (TiM3)
2010-01-02 15:08:56
ゾーイさんってば『スター・トレック』のヒロイン的位置におられましたよね。

もちっと頑張れば、サンディ・ニュートンさん辺りを圧倒出来るかも知れませんね。

お次はメジャー男優との共演(恋愛もの)かなぁ?

ご本人も3メートルぐらい背丈があったらどうしよう・・ ←んな訳あるかい!(=^_^=)
作品賞の配点について (日本インターネット映画大賞)
2010-01-03 08:48:19
「おっぱいバレー」のご対応ありがとうございました。
あと、作品賞の合計点が31点を超えておりますので、再度調整お願いいたします。m(__)m
2009年度日本インターネット映画大賞決定しました (日本インターネット映画大賞事務局)
2010-02-15 20:12:06
 2009年度日本インターネット映画大賞のご投票ありがとうございました。
 集計結果がすべて揃いましたので、正式発表いたします。
 作品賞ならびに各賞全ランキングは、当サイトをご覧ください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2009年度 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 (だらだら無気力ブログ)
今年は、洋画・邦画あわせて238本の観賞となりました。 今年も200本超えてしまいました。 今年も日本インターネット映画大賞運営委員会から 投票のお誘いを頂きましたので、ありがたく参加させて頂きます。 【作品賞】(5本以上10本まで) 「チョコレート・ファイター &...
映画道的ムービーアワード2009 (映画道)
2009年に劇場で鑑賞した86本の中からこれは観て良かったと感動した作品を洋画・邦画に分けてそれぞれ10作品をランキングさせていただきます。 その前に今年観た作品をラインナップ *洋画部門* チェ 28歳の革命 ミーアキャット 吹替え版 007慰めの報酬 ...
2009年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
   Merry Christmasいよいよ暮も押し迫り、年末のベスト10を選ぶ時期がきましたそして今月の20日でブログが無事3周年を迎えました―3年もブログを続けるなんて自分でも信じられませんが、これも仲良くして下さった皆さま、拙い記事を読んで下さった皆さま、エールを...
2009年、マイフェイバリットムービー (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
2009年は映画館・試写会での観賞が全部で91本。 12月の観賞本数失速も手伝って、今年も100本オーバーは達成できず。。。 2010年、今年こそは頑張りたいと思いますー。 ということで、2009年のお気に入り映画を振り返ってみようかなーと。 1.『キャラメル』 な...
§2009年マイベスト映画§ 2:欧米映画 (~青いそよ風が吹く街角~)
2:欧米映画の作品賞・部門賞。
2009年度日本インターネット映画大賞外国部門  (FREE TIME)
「2009年度日本インターネット映画大賞外国部門」に投票しました。
2010年 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 (或る日の出来事)
日本インターネット映画大賞 外国映画部門に投票。
映画道的ムービーアワード2009 (映画道)
2009年に劇場で鑑賞した86本の中からこれは観て良かったと感動した作品を洋画・邦画に分けてそれぞれ10作品をランキングさせていただきます。 その前に今年観た作品をラインナップ *洋画部門* チェ 28歳の革命 ミーアキャット 吹替え版 007慰めの報酬 ...