映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

カラスの親指

2012年11月27日 00時01分59秒 | 映画 か行
評価:★★★【3点】



笑えることに、ラストでタケが西、テツが地下鉄へと去り
これで物語は終了なのかと思ってたら、足早に劇場を後にする客がいた。
どうでもいいけど、帰るならせめてエンドロールが始まったのを
確認してから席を立つほうが無難と思われますよ(笑)

ということで、あの数人の客は本当のラストを知らないままだ。
実はここから驚愕の新事実が語られるのに。。。
最後のおまけ映像レベルなら「ちょいと残念」で済むけど
この作品に至ってはものすごく重要な部分で
本作品の物語を根底からひっくり返す内容だったのです。

なので帰ってしまった彼らには、アーメン!と十字を切るしかない^^;



悲しい過去を持つプロのサギ師タケと
成り行きからコンビを組むことになった初老のサギ師テツ。
ある日2人のもとに、街で偶然知り合った少女まひろが
姉のやひろとその彼氏を連れて転がり込んでくる。
こうして5人のまるで家族のような奇妙で
温かな共同生活が始まる。
ところがそんな穏やかな日々は、
タケを執拗に追う魔の手によってあっけなく破壊されてしまう。
もはや逃げ続ける人生に疲れ果て、
崖っぷちまで追い詰められた5人は、
ついに一世一代の大勝負に打って出る。
<allcinema>



で、ワタシの感想は?というと期待するものが違ってたかも。
巧妙な詐欺の手口、緊迫した最後の大仕事というのを
限りなく見たかったのに。。。

本作は、なんだかストーリーのテンポが遅く
テツ(村上ショージ)の台詞が回りくどい感じだった。
たぶん、説明が丁寧すぎてあんな風な台本になったと思うけど
あらすじから受ける切迫感や緊張感がイマイチ伝わってこない。

そしてトドメは最後の大勝負にでた手口が
近年の犯罪映画のなかでは、思いのほか平和的で
こぢんまりし過ぎていて、尚且つ粗だらけの作戦では
見ててどこにも緊張は生まれません。

少なくともチームを組んで相手を騙すときは
自分の人格を捨てて架空の人格になりきることが大事。
生まれ育ってから現代に至るまでのストーリーは暗記しないと(おい)
そこら辺の甘さで作戦遂行中に他人の何気ない質問に
ついつい詰まってしまうんですね(笑)

カラスの親指ならぬ、手のひらの親指の逸話はよかっただけに
もうちょっと演出面でスピード感が出せなかったのかな~と
残念な気持ちでいっぱいでした。


【今週のツッコミ】
・引越し先で5人が暮らす羽目になったアパート。
 あそこが妙に撮影セットっぽくて舞台劇を見てるようだった。
 これ、出演者をそのまま使って舞台劇にしたほうが見やすいかも。

・手の指のいい話のシーンでこっそり試してしまった。
 おかげで人差し指がつりそうなって痛かった(爆)
 たしかに親指を使うと台詞の通りになりますな~。
 ってこれって日本昔話で有名か?

・防犯コンサルティングの社員に化けたスキンヘッドのタカ。
 見るからに怪しいのはアンタの方だった(笑)

・サインを見落とさなかった石屋貫太郎が意外と冷静ではあったが
 あそこは場の空気を読む勉強も必要だったりする^^;

・ラストでまさかの真相に本作の評価が若干上がったが
 テツの奥深い計算に回りくどさをココでも感じてしまった。
 ま、これはテツのお遊びに付き合わされたってところでしょうか。
-----------------------------------------------------
監督:伊藤匡史
脚本:伊藤匡史
撮影:岡雅一
音楽:林祐介

出演:阿部寛/村上ショージ/石原さとみ/能年玲奈/小柳友/ベンガル/
    ユースケ・サンタマリア


『カラスの親指』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドリームハウス | トップ | 綱引いちゃった! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カジノロワイヤル… (オリーブリー)
2012-11-28 23:53:35
やっぱり観ちゃいました~~あの玉打ちシーンは映画史に残る?お気に入りでーす(爆)
いよいよ007ですよねぇ~~~IMAX予約したのですが、エグゼシートがもう埋まってて取れませんでした(苦笑)
内容はともかく、明日のダニたんも楽しみ~~♪

えっ??!
あそこで退場者が?!
信じられないなぁ~~あの後、まだ20分ぐらいあったでしょうに、、、
って、そんな人って、別に観たくもないのに暇つぶしみたいに来てるんじゃないですかねぇ~何しに来てるんだろう?と思う人いますよね…。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-11-29 15:18:01
こんにちは。
今日は有給休暇ですよ(笑)
今日はセンチュリーに行ってまいりました。
朝一のクロエを観に行ったので、たぶん入れ違いだったんでしょうかね(笑)
ちなみに上映終了後に一服してからオリーブリーさんらしき人を探したんですが分かりませんでした^^;

『カジノロワイヤル』ですか!例の拷問のところですよね!
あの急所攻撃は観てるこっちが痛かったです(苦笑)
そうか~、あの玉パッチンがお気に入りなのね(爆)

『カラス』はラスト前のあのシーンってフェイントですよね!
ワタシもあそこで終わりなのかなって思ってしまったし(笑)
5人くらい帰って、うち一人は出口手前でとどまって別の席に座っていたみたいです(笑)

「ハチさん」みたいな人もいたしね^^;
Unknown (オリーブリー)
2012-11-29 16:21:24
今終わりました。
携帯からです。
私、ギリギリで12時5分くらいに地下からエレベーターで上がりましたが、すれ違う人に声かける勇気はありませんでした(笑)
また次回~
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-11-29 17:04:45
ハシゴ鑑賞、お疲れ様でした(笑)

すれ違う人全員に声掛ける勇気は難しいですよね(笑)
っていうか、整理券№読み上げてるころにそれどころじゃない(爆)
あ、でも、地下のエレベーター前で乗り込もうと慌ててる風の女性が2名ほど居ましたが
内、グレー系の上着を着てた方が「こっち(が早い)」とか言ってたような~(笑)
1時間くらいで (笛吹働爺)
2012-11-30 00:50:51
あまりのテンポの無さに退屈してトイレに出たついでにエスケイプしちゃいました。骨董屋に香炉を・・・、のあたり。
阿部ちゃんが自画自賛してたので期待して入ったのだががっかり。ひょっとして後半は面白かったのかな?
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-11-30 21:36:01
こんばんは。
あらら、1時間で決断したとは、かなり早かったですね^^
ワタシもテンポの悪さはずっと感じてましたが、席を立つことは思いませんでした。
香炉のところでしたか(笑)
3人の居候は未見ってことですね。
でも、どのみち3人のキャラも特別面白かったわけでもないし
最後までテンポ悪かったし早めに決断して正解だと思います^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「カラスの親指」気楽に見られる160分! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カラスの親指] ブログ村キーワード  阿部寛、今年3本目の主演作!「カラスの親指」(20世紀フォックス映画)。刑事、古代ローマ人に続いて今度はプロのサギ師。さあ、あなたもダマされちゃいますか?  武沢竹夫(阿部寛)=通称・タケは、8年前に自身に振りかか...
カラスの親指 (あーうぃ だにぇっと)
カラスの親指@シネマサンシャイン池袋
『カラスの親指』 2012年10月29日 シネマサンシャイン池袋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『カラスの親指』 を試写会で鑑賞しました。 尺の割には、早く終わったような気もしますが...やっぱり長いよね 終わったり22:00チョイ前でしたし 【ストーリー】  ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)と、どこかマヌケな相棒のテツ(村上ショージ)。ある日、ひょんなこと...
映画『カラスの親指』観てきたよ~~♪ (よくばりアンテナ)
原作は直木賞作家・道尾秀介、未読。 今年、3つ目の阿部寛主演作品。今度は詐欺師。 内容を口外しないように、ってあらかじめお約束の画面が(^_^;) まぁ・・・ね。 予告編やら、なんやら...
カラスの親指/阿部寛 (カノンな日々)
何やら面白そうなミステリー作品だなぁと楽しみにしてました。原作は未読ですが直木賞作家・道尾秀介さんの本格ミステリー小説を映画した作品だそうです。阿部寛さんと村上ショー ...
カラスの親指 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/11/23公開 日本 160分監督:伊藤匡史出演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、古坂大魔王、上田耕一、鶴見辰吾 5人のサギ師(カラス)が挑んだ大勝負!! 驚きと感動の爽快エンタテイ....
カラスの親指~伏線厨な物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
周到に見えて全て一発ギャグぽい 公式サイト。道尾秀介原作、伊藤匡史監督。阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸 ...
カラスの親指 (心のままに映画の風景)
詐欺師のタケ(阿部寛)は、どこかマヌケなテツ(村上ショージ)と成り行きでコンビを組んでいた。 ある日、街で偶然知り合った少女まひろ(能年玲奈)が、姉のやひろ(石原さとみ)とその彼氏貫太郎(小...
映画「カラスの親指」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「カラスの親指」観に行ってきました。道尾秀介の同名小説を実写化した、阿部寛と村上ショージが主演を担う人間ドラマ作品。物語最初の舞台は競馬場。競馬場の馬券売り場で、あ...
「カラスの親指」助けた少女たちと共同生活した先にみた大勝負で騙し見事に騙された親指詐欺師の親心 (オールマイティにコメンテート)
「カラスの親指」は詐欺師のコンビがある日突然少女を助けた事で姉妹とその恋人との共同生活をする事となり、過去の因縁から5人は狙われてしまうが、5人は最後の大勝負を掛けて ...
劇場鑑賞「カラスの親指」 (日々“是”精進! ver.F)
全ては“大鴉”の、掌の上… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211290003/ カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)道尾 秀介 講談社 2011-07-1...
カラスの親指  ★★★★ (パピとママ映画のblog)
直木賞作家、道尾秀介のミステリー小説を「テルマエ・ロマエ」の阿部寛主演で映画化。2人のサギ師コンビの元に、3人の若者が転がり込んできたことをきっかけに巻き起こる騒動を、ユーモアを交えて描く。共演は「怪談(07)」の村上ショージ、「貞子3D」の石原さとみ。監督...
カラスの親指 (だらだら無気力ブログ!)
予告編には騙されたなぁ。
『カラスの親指』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カラスの親指」□監督・脚本 伊藤匡史□原作 道尾秀介□キャスト 阿部 寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳 友■鑑賞日 12月2日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)...
カラスの親指 (花ごよみ)
原作は道尾秀介の同名小説。 主演は阿部寛。 監督は伊藤匡史。 不幸な過去を持つ詐欺師二人、 タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)。 詐欺師二人と同居することになった、 姉妹と一人の男性。 姉妹の姉を石原さとみ、 妹は能年玲奈。 そして小柳友。 5人の共同生....
カラスの親指 (映画的・絵画的・音楽的)
 『カラスの親指』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)阿部寛がお笑いの村上ショージと共演するのが面白いと思い、映画館に出かけました。  物語の冒頭では、競馬場で、どの馬券を買うべきか思案に暮れている男タケ(阿部寛)が映し出されます。すると彼のそばに、いかに....
カラスの親指 無駄な長尺や (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=53 -6-】 今日は、自分の出身単組が初出なので年賀の挨拶に行き、それから委員長と飯食って、今から神奈川に戻ります。 で、TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる8本目の鑑賞、別にどっちでもいいやと思っていたけど、たまたま時間が合ったので鑑賞したのだけど...
カラスの親指 (銀幕大帝α)
2012年 日本 160分 サスペンス/ミステリー/コメディ 劇場公開(2012/11/23) 監督:伊藤匡史 原作:道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』 脚本:伊藤匡史 出演: 阿部寛:武沢竹夫 村上ショージ:入川鉄巳 石原さとみ:河合やひろ 能年玲奈...
ハートフルな”スティング”~「カラスの親指」~ (ペパーミントの魔術師)
カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】キングレコード 2013-05-28売り上げランキング : 1158Amazonで詳しく見る by G-Tools これも劇場公開行きそびれてDVD鑑賞。 ちとネタバレしております、これから観る方はこっから先はスルーで。(^^; 実は....
カラスの親指 (いやいやえん)
わけあって短信です。 ・美人姉妹がかーわいい。準主役は能年玲奈さんなのだ ・コミカルなコン・ゲーム、詐欺師の物語です ・親指は他の全部の指と向き合える(確かに!) ・どんでん返し自体はそんなにびっくりするものではなかった ・ストーリーは良く練られて...
映画「カラスの親指」のブルーレイを見ました(能年玲奈とホールトマトと猫) (翼のインサイト競馬予想)
映画「カラスの親指」のブルーレイを見たのでレビューしてみたいと思います。 You