映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

キック・アス

2011年01月22日 22時12分25秒 | 映画 か行
評価:★★★★☆【4,5点】


キャストの魅力が作品をさらに盛り上げてる。

昨年のみなさんの映画ランキングのなかに於いて
本作をかなり評価されていたこともあり
年越しとはなりましたが、やっと公開され
初日のオープニングで観てきました。

劇場内に入って、舞台サイドにマイクが並べられている。
んん?いつもと様子が違うぞ!

と思っていたら、なんと!
突然、『キック・アス』のコスプレ男女が乱入してきた!
ヒットガールのマシンガントークに会場は騒然(いや、そこまでは)
舞台挨拶なんて何も聞いてないし、ホムペにも告知なし。
ちょっとびっくりしたけど、なんだか得した気分でした。

そういえば、当日のチケットも割引され、ポイントも2倍!
劇場を挙げてかなり盛り上がっている感じでした。

ちなみに、コスプレ戦士なるふたりとは
栄芸術映画祭プログラムディレクターの松岡ひとみさんと
映画専門フリーペーパーC2の発行人川本朗さんということらしいです。
当日なりきったコスチュームは本場からの輸入だそうですが
それって、ほんまかいな~!
キックアスの方は胴体部分がブッカブカでヒラヒラしてましたよ(爆)



アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ。
ある日彼は、インターネットで手に入れたコスチュームを身に纏い、
勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。

しかし、何の能力も持たない彼は最初のパトロールで
チンピラにボコボコにされ重傷を負ってしまう。
ところが、その治療で体中に金属を埋め込み、
神経の損傷で痛みにも鈍感になったデイヴは無類の打たれ強さを身につけていた。
そして、懲りずにパトロールを再開したデイヴ。

すると、その様子を野次馬が動画サイトにアップしたことから
キック・アスの名はたちまち知れ渡り、一躍時の人に。
だが、そんなキック・アスの活躍ぶりを知った地元マフィアの
ボス、ダミコは最近起きた組織のトラブルを彼の仕業と勘違いし、
キック・アスの抹殺へと乗り出す。

ところが、実際はキック・アスの影で別のヒーローが暗躍していた。
その正体は、ダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”と、
彼が手塩に掛け恐るべき殺人マシーンへと鍛え上げた娘“ヒット・ガール”だった。
やがてキック・アスは、この親子とダミコの血で血を洗う戦いの渦に
巻き込まれていくのだが…。
<allcinema>



なんの取り柄もない主人公がスーパーヒーローに憧れ
夢と現実のギャップを思い知らされ挫折し人間的に成長していくという
そんな映画ではなかったのですね。

だれもが密かに想い描く自分のヒーロー像はあるわけで
デイヴにとっては「スパイダーマン」のような正義のヒーローを
いつか自分でほんとうに演じてみせたかったのだ。

ヒーロー、キック・アスとヒット・ガール&ビッグ・ダディは
それぞれ別物でまったく関わり合いがなかったところから
この映画は始まっている。

この映画の面白さはなんといっても、細かい小ネタと
“勘違い”というキーワードがそこかしこに散りばめられ
それぞれにキャラが真剣に演じれば演じるほど吹き出してしまう可笑しさがある。

そして、そんなところにビックリするような本物のヒーローが現れる。
しかもどう見たって小学生くらいの女の子。
この子が元警官の父による英才教育で殺人マシーンとなり
地元マフィアを相手に瞬殺していく姿に思わず見とれてしまうのでした^^

この映画のために7ヶ月間のスタントアクションのトレーニングを積み
ヒット・ガールの約9割のアクションを自分でこなしたという。
誕生日プレゼントのバタフライナイフのさばき方は本物!
当時11歳というクロエちゃんはもしかしたら数年後には
タイの女優ジージャーみたいになっていくのだろうか^^;

そういえば、3月にDVDがもう出るそうですね。
とりあえずDVDが出る前に観ることが出来てよかった^^;


おまけ)
・終盤で単身敵地に乗り込むクロエのシーンで効果音楽に
 『夕陽のガンマン』(エンニオ・モリコーネ作曲)が流れたところで
 おもわずウルウルと一気に来てしまった。
 これはタランティーノの世界感じゃないのか^^
 いや~!盛り上げてくれますね~。

・クロエちゃん、壁面後方宙返りだけは代役(スタントマン)だとか。
 『ウォンテッド』のアンジー姐さんの決めのポーズを参考にしたそうな^^
 どうりで銃を扱うときの睨みのショットがそっくりだったな~。

・キック・アスのアーロンくんがことのほか美形だった!
 冴えない高校生もピッタリ似合ってた分、正直おどろいた。

・クロエの誕生日に「欲しいものは決めたか?」の返事に
 ニコラスたちの変人親子の会話がかなり笑える。

・ニコラスのビッグ・ダディはコミカルな映画だけで消えて行くのは
 とても惜しい気がする。
 もしかしたらニコラス映画のなかでは本作がベストワンじゃないかと。

・この映画は不思議と元気が貰えるそんな映画でした。
----------------------------------------------------------------
監督:マシュー・ヴォーン
脚本:ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーン/
撮影:ベン・デイヴィス
音楽:ジョン・マーフィ/ヘンリー・ジャックマン/マリウス・デ・ヴリーズ/


出演:アーロン・ジョンソン/クロエ・グレース・モレッツ/ニコラス・ケイジ/
    マーク・ストロング/


『キック・アス』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕が結婚を決めたワケ | トップ | 完全なる報復 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆お、イキましたね(=^_^=)☆ (TiM3)
2011-01-22 23:31:51
楽しまれたようで、何よりです。

パーソナルジェットは、結構な飛行時間&積載量(?)を
誇るみたいですね(=^_^=)

そういや、本作におけるアメコミ描写では、平面を立体的に
表現してて、アレは結構「すごい!」と感心させられました。
爆弾をポイッと横投げしつつ、投げた方向など一切見ず、
淡々と破壊工作を作業的にこなしてるニコラスが最高でした(=^_^=)
DVD!! (mariyon)
2011-01-23 09:16:21
もう発売の声??
わたしも年あが明けてから観たので、まだまだ新作気分なもんで、びっくり。
これから公開の劇場もたくさんあるのに、大丈夫でしょうか?

クロエちゃん、、、ほんとうに素晴らしかったです。でもって、アーロンくんがただのオタク青年そのものだったことも。ジョン・レノンやってたときとはえらい違いでしたね。
ケイジさんも楽しそうでした。
銃撃戦が良かった! (naotomo)
2011-01-23 12:46:05
キック・アス!

私はダメダメな主人公がヒーローになっていくB級風味たっぷりの物語も良かったのですが、なんといっても銃撃戦がすばらしかった!

ちゃんと考えて計算されているっていうか、魅せる部分と計算している部分が見事で、そこだけでも何度も見たくなります。

メジャーではないところから、こういう映画が出てくるところに、アメリカ映画の幅の広さと強さを感じます。
TiM3さんへ (ituka)
2011-01-23 20:38:15
こんばんは。

これは去年観ていたら確実にベスト入りでしたよ。
パーソナル・ジェットといえばロケッティアを真っ先に思い浮かべます^^
これって実際に売ってるそうですね。
いったいだれが買うのでしょうか(笑)

立体描写に見せるテクニックはダマシ絵が多いですが
本作におけるそれは、そういう意図もなくただ単に凄かったですよね^^

>爆弾をポイッと横投げしつつ、投げた方向など一切見ず

これはカッコよかった!
まるでプロの料理人が皿を見ずに盛り付けしていく感じに思えました(笑)
こういう演出こそ映画の醍醐味ですよね。
mariyonさんへ (ituka)
2011-01-23 20:46:33
こんばんは。

そうなんですよ~!余りに地方を無視してるというか
逆にDVDがすぐ後に発売(同時にレンタル開始)されたら
劇場に足を運ぶ客が激減しそうで、この辺りはどう考えているんでしょうね~^^;

>ジョン・レノンやってたときとはえらい違いでしたね。

そうなんですよね。『ノーウェアーボーイ』は未見ですが予告編は何度も見てました。
でもその彼だったとは・・・これも驚きでした^^
クロエちゃん自身は続編希望のようです。
その時にはパールのマントの下に小型ガトリング銃を取り付けてほしいとか。
なんか、希望する内容自体もタダものではないですね(笑)
naotomoさんへ (ituka)
2011-01-23 20:54:32
こんばんは。

コメントありがとうございます。
主人公の青年の純粋さに、早くから感情移入をしてしまいました^^
本作の銃撃戦は見応えありましたよね。
まったく無駄のない弾の使い方はもちろんですが
相手を射程距離に持ち込むために自分自身が囮としてダンスのように舞う姿に感動でした。

そういえば、本作品の舞台挨拶で言ってましたが
すでに16回も観たという凄い人もいるようですが
確かにこの作品はいろいろ確認したくなる名シーンが多かった気がします。
 (とらねこ)
2011-01-24 00:23:50
おお=♪itukaさんもご覧になりましたね~。
だいぶお気に入りになった様子ですね。
こういう衣装着るのって、やっぱりお腹辺りにはせめて自信がないと、すごくマヌケになってしまうというか。。。
ああ、このヒーロー、もう少しメタボでも面白かったかな?
いや、それではコメディ色が強すぎてしまうのか。。w
えっ、えーーー!! (オリーブリー)
2011-01-24 11:03:36
な、なんですとぉーー?!
割引&ポイント2倍っ!!
何も言ってくれなかったです(大泣)
無料券使ったから?
二回目観たのですが、大盛況でした!
あんなに混んでる金銀に行ったの初めてです(爆)

ヒットガール、最高でしたね。
ヒーローものだから、エグくても許せちゃうし(苦笑)
そうそう、殺戮シーンはタラちゃんの世界!
「キル・ビル」思い出しました。

今回もニアミスでしたね~でもあの入りでは検討もつきませんわ(笑)
とらねこさんへ (ituka)
2011-01-24 23:22:21
こんばんは。

あ~、確かにキックアスの方はジャック・ブラック系のお兄さんがやってたら
モロ、マンガの世界になっちゃいますね(笑)

本作はもう一回観てもいいかなというくらいお気に入りになりました。
ニコラス親子は自然で本当の親子のようでここもポイントアップでした^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2011-01-24 23:31:05
こんばんは。

そうそう!なぜか1100円でしたし、スタンプ2個押しますね~とか言ってましたよ。
チケット売り場のお姉さんも「ココで無料券使うと勿体ないですよ」くらい言ってほしいですよね(笑)

上映終了後にロビーに出てびっくりしましたよ。
なに?この混雑ぶりは!って感じでした。
オリーブリーさん、そのなかに居たのね~分らなかったわ残念!
Unknown (リバー)
2011-01-26 01:10:36
TB ありがとうございます

意外に良く出来たストーリーで
面白かったです

ヒットガールが最高でした
低予算映画でも (ituka)
2011-01-26 23:28:29
リバーさん、こんばんは。

ストーリーがしっかりしていればこれだけ面白い映画が出来るということでしょうか。
本作はキックアスに感情移入し 
ヒットガールに魅了され、ビッグダディの存在感それぞれに圧倒されました。

続編は来年公開されるかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
キック・アス/アーロン・ジョンソン (カノンな日々)
年末の忙しいこの時期に風邪をひいてしまいました(悲)まだ病み上がりなんですけど見逃したくなくて久々の劇場鑑賞です。 ブラッド・ピットが製作に名を連ね『レイヤー・ケーキ』の ...
『キック・アス』 あなたが戦わない理由は? (映画のブログ)
 Wikipediaに "Japan is the only country that nears the US in output of superheroes." と解説されているように、おそらく世界でもスーパーヒーローを輩出している大国は日米2ヶ国である。  しかしなが...
映画:キック・アス kick-ass これは....今年2010年、最高のコメディー! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
直近の映画系エントリーをこう締めた。 <あと一ヶ月あるから、そこで毎年凄い映画に出くわしたりするので、違う展開もありうる そう年末12月になって、毎年なんか凄い映画に出くわす。 そして、まさか今日それが来たとは!! しかもそれはコメディーだった..... ア...
キック・アス (Memoirs_of_dai)
ヒット・ガールとレッド・ミストの共通点 【Story】 コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、“キック...
キック・アス (LOVE Cinemas 調布)
ヒーローに憧れる何の特殊能力もないオタク高校生がある日成り切りヒーロー、キック・アスとして立ち上がる。主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソン。共演に『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ。監...
「キック・アス」最強ヒロイン、悪を切り裂く! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[キック・アス] ブログ村キーワード  “なりきりヒーロー・青春ムービー”「キック・アス」(カルチュア・パブリッシャーズ)。『オタクが狂喜する、カル~イ映画かいな?』と、思っておったのですが、これが何ともなかなかハードな出来でございました。  デ...
キック・アス (映画的・絵画的・音楽的)
 『キック・アス』をシネセゾン渋谷で見てきました。  先だっては、恵比寿ガーデンシネマの閉館が報道されましたが、今度はこの映画館も2月27日で閉館の予定だとか。26年間も続いたようで(ガーデンシネマは17年)、最近では『森崎書店の日々』、『恋愛戯曲』、『悪夢....
キック・アス (だらだら無気力ブログ)
『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの 執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。 スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が 思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードな...
「キック アス」R指定?過激なオタクアクションムービー (ノルウェー暮らし・イン・London)
コスプレ好きなオタクが、頑張って本物のヒーローに成長していく、ほのぼのコメディだと思ったら大間違い! こーれは、面白いよ♪ でもアメコミヒーローいっぱい出てきて、子供と楽しめる?と思っちゃいけない。 さまざまな国でR指定になった、過激なアクションムービ...
キック・アス #6 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ・イギリス 原題:KickAss 製作・脚本・監督:マシュー・ボーン 脚本:ジェーン・ゴールドマン 原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr.製作:ブラッド・ピット、アダム・ボーリング、ターキン・パック、デビッド・レイド、クリス・ティケル ...
キック・アス (心のままに映画の風景)
アメコミ好きの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、インターネットで買ったコスチュームを身に纏い、憧れのスーパーヒーローとして街で活動しようとする。 何の能力もないデイヴだったが、捨て身の姿...
[遅ればせながら、映画『キック・アス』を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いやはや、素晴らしいですね。  何が良いって、<ヒットガール>ですよね!  私、今年の<ナカデミー賞>は、この娘以外には考えられないほど夢中になりました。  まだまだチンクシャ顔の11歳の女の子ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)です。      ...
ヒーローになろう (笑う学生の生活)
6日のことですが、映画「キック・アス」を鑑賞しました。 スーパーヒーローの憧れる少年が インターネットで買ったコスチュームを着て キック・アスと名乗り 悪党退治をしようとするのだが・・・ ちょっとありがちな設定と思いきや これが 良く出来ていて B級かなぁと...
★「キック・アス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
上映館も上映回数も少ないので、平日の割には結構お客が入っててビックリ。
キック・アス (試写会) (風に吹かれて)
こんなところにバズーカが 公式サイト http://www.kick-ass.jp12月18日公開アメリカンコミックの映画化監督: マシュー・ボーン 「レイヤーケーキ」 「スターダスト」製作には、ブラ
キック・アス (映画鑑賞★日記・・・)
【KICK-ASS】 2010/12/18公開 アメリカ R15+ 117分監督:マシュー・ヴォーン出演:アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、クロエ・グレース・モレ ...
キック・アス / Kick-Ass  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click スティーヴン・キングが選ぶ、今年の映画ベスト10で見事6位! ブラピが製作に参加、ニコラス・ケイジ、地味においしく出演 アメリカで大ヒットした話題のB級ヒーローアメコミ、遂に日本上陸 日本では、夏の終りに下町コメデ...
キック・アス (そーれりぽーと)
リアルスーパーヒーローになろうとした青年を描いた話題の『キック・アス』を観てきました。 ★★★★★ なんでスーパーヒーローってコミックの中だけなの? こんなにコミックのスーパーヒーローに憧れてる人が多いのに、なんで自らなろうと思う人は居ないの? と考えた...
■映画『キック・アス』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いやー、童貞ってアホだな、アメリカ人ってアホだなと、いい意味で思わせてくれる映画『キック・アス』。 こういうノリ、大好き! ニコラス・ケイジ、ようやくアメコミヒーローになる夢がかなったね…。『ゴーストライダー』よりずっとハマってるよ…。 アメリカ人...
映画 ■■キック・アス■■ (Playing the Piano is ME.)
これは面白かった! 私が大嫌いな、バイオレントな映画でしたが 「どうだった?」 と、聞かれたら 「面白かった」と答えるしかない映画でした。
キック・アス (銀幕大帝α)
KICK-ASS/10年/英・米/117分/青春アクション・コメディ/R15+/劇場公開 監督:マシュー・ヴォーン 製作:マシュー・ヴォーン、ブラッド・ピット 製作総指揮:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr 原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr 脚本:....
キック・アス (Kick-Ass) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル...
キック・アス (RISING STEEL)
キック・アス / KICK-ASS 2010年 アメリカ/イギリス合作映画 監督・製作・脚本:マシュー・ヴォーン 製作:ブラッド・ピット  クリス・サイキエル  アダム・ボーリング 原作:マーク・ミラー...
キック・アス (C'est joli~ここちいい毎日を~)
キック・アス'10:イギリス+アメリカ◆原題:KICK-ASS◆監督:マシュー・ボーン「スターダスト」◆出演:アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ ...
No.249 キック・アス (気ままな映画生活)
【ストーリー】 同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好きな ...
マシュー・ボーン監督 「キック・アス」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
今、公開されている「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の監督が昨年撮った映画 雑誌・映画秘宝でベスト1として紹介されていました。 全然知りませんでした。 いったいとんな映画なんだろうか? 「X-MEN」も気になるところですが、まずは先にこの映画...
キック・アス (我が頭に巣くう映画達)
60点 2010年のアメリカ映画で、 監督はマシュー・ヴォーン、主演はアーロン・ジョンソンです。 どこにでもいるような冴えない学生が、 ヒーローになるため、全身タイツを着込み悪と戦う、 というス...
キック・アス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン 、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング 、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ 【解説】 とあるコミックオタクの平凡な高校生が、自ら“キック・アス”と名乗り、ヒーローとして活躍...