映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

世界侵略:ロサンゼルス決戦

2011年09月21日 00時00分46秒 | 映画 さ行
評価:★★★★☆【4,5点】



人間ドラマは弱いけど、市街戦のリアルさに圧倒される。

序盤のニュース映像なんて
まるで実際に起こっているかのような臨場感。
現実にもしもこんなことが起きたとしたらレポーターの中継や
アナリストによる分析など、おそらくこんな感じかもな~。
そういう意味では過去の未曾有のニュースなんかと比べてみると
案外巧い演出だったと思います。

いかにも本物らしく!
これぞフェイクドキュメンタリーの決定版と認めたい!



ある日、大量の隕石が地球に降り注ぐ。
しかしそれは単なる隕石ではなかった。
数時間後、世界中の都市は未知の敵による大規模かつ
容赦のない攻撃によって次々と陥落していく。
そしてロサンゼルスも、もはや壊滅寸前に。
そんな中、ロサンゼルス西警察署に逃げ遅れた民間人5人が
取り残されていた。
彼らを救出すべく、退役間近のベテラン兵士ナンツ軍曹をはじめ
10人からなる海兵隊2-5小隊が、
瓦礫の山と化した市街地へと進入していくのだが…。
<allcinema>



いいね!
結論から言えば、主人公となるナンツ軍曹の過去のトラウマを
今回の戦争を通し自分なりに決着を付ける内容です。
ということでそこら辺りが唯一のドラマとなる部分ですが
冒頭の侵略者による攻撃があって、一個小隊の任務にスポットを当て
物語は進行していきます。
小隊の若者の個別の紹介が早過ぎて最初は付いて行けません(笑)
しかしながら、ここで置いてけぼりを食ったらいけないと思い
自分なりにそれぞれのキャラの特徴を必死に見つけなければならない。
そんな苦労はありましたが、観終わってみれば大した問題ではなかった(爆)

アーロン・エッカート演じる退役間近の軍曹の寡黙なキャラは
賛否が分かれてしまう微妙な感じではないだろうか。
ワタシ的にはアウトローっぽいキャラが似合うマイケル・マドセンが
主人公であった方がもっとエンタメ性があったと思うし
そっちのキャラにした方が人間ドラマに深みが増す予感があったりして。。。

未知の侵略者の総攻撃をよくよく考えれば
現段階での人類とそんなに大差ない武器を使用してたのが興味深かった。
おそらく『第9地区』でのエイリアンと似たような知能なのかな~と。
見た目こそ異様な造形をしてたものの人類の200年後の英知レベルと
勝手に判断してました。

本作を高評価にした判断基準は、なんといっても
リアル感に尽きますね。
海兵隊の普段の陽気な会話から、いざ出陣となったときの
相手の情報がまったくないという不安と海兵魂の意地が交錯し
最前線に近づくにつれ士気を高めるための行為などをみると
普段訓練を積んだ海兵隊といえども、やっぱり人の子なんだと。。。

米軍の最新の機材、銃器が溢れんばかりに出てくるので
そこを楽しむのもまた楽しいし、ミリタリー好きにはたまりません。

今回の映画って『スカイライン征服』の続編っぽい雰囲気。
それともあの時の別のところで起こっていたドラマを見ていると
勝手に想像してみるのもまた話のネタになりそうですね。


おまけ)
・銃と身体が一体になっていると聞いたときは少々不安になったけど
 一匹のエイリアン解体ショーでメカっぽくなかったので安心しました。

・『トランスフォーマー』で海兵隊が持っていた照準レーザーって
 ポケットサイズだったけど、今回は家庭用プリンターくらい大きかった。

・今の若き海兵隊はジョン・ウェインを知らないらしい。
 っていうか、そこでジョン・ウェインを出す時点でスベってた気がしたが。

・なんであそこで最後のミサイルと分ったのか謎です。

・スピルバーグの『宇宙戦争』のときのように人知を遥かに超えてはいなかった。
 その証拠に宇宙船には最大の防御となるバリアがなかったし(笑)

・ブリジット・モイナハンが相変わらず魅力的な獣医さんを好演。
 
・ミシェル・ロドリゲスの女性戦士は今回は少々大人し目だったが
 「口に粘液が入った!」発言に萌えてしまった(おい)

・マイケル・ペーニャと息子の最後のシーンのダメさ加減はなんとかして!
 せめて消防士役くらいにしてくれないと感情移入できません。

・民間人5人のなかの少女ふたりがやたら可愛かったけど、アレって誰?

・手榴弾を投げ込む投球フォームこそスローイングが大事。
 
・士官学校出のエリート少尉とナンツ軍曹の確執を
 もうちょっと描き込んでくれたら、もっと見どころ満載になったのに!

・効果音楽の使い方が単調でイマイチ盛り上がりに欠けていた。
 この辺りはテレビドラマのような安っぽさがあったように感じた。
 でも、効果音はものすごくリアルでそれは評価します。

・なんだかんだ言っても、こういうフェイク・ドキュメンタリー映画って
 ワタシは大好きなジャンルなんですよ^^
---------------------------------------------------------------------------
監督:ジョナサン・リーベスマン
脚本:クリストファー・バートリニー
撮影:ルーカス・エトリン
音楽:ブライアン・タイラー


出演:アーロン・エッカート/ミシェル・ロドリゲス/ラモン・ロドリゲス/
    ブリジット・ モイナハン/マイケル・ペーニャ/


『世界侵略:ロサンゼルス決戦』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンナ | トップ | アジョシ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆ワタシも観て来ました~☆ (TiM3)
2011-09-23 17:10:40
改めて『インデペンデンス・ディ』の完成度の高さを再確認した次第です(=^_^=)

前半のヘリを巡る展開は「如何にも、離陸した瞬間にアレやろな~」と予想がつきました(=^_^=)

また、あのパパの戦場適応能力の高さには、驚かされました。
絶対に“戦場で人を撃った事あるやろ!”と思いましたもん。
時間がなくても本作だけは観たかった(笑) (ituka)
2011-09-23 21:49:55
TiM3さん、こんばんは。

まったくその通りですね!
大統領自ら戦闘機を操縦する突っ込みなんか大したことではないです(笑)
あそこのヘリの展開は、まんま『スカイライン』じゃん!って感じでしたよ。

>また、あのパパの戦場適応能力の高さには、驚かされました。

さすがマイケル・ペーニャ!
あの動きは民間人じゃないですよね(笑)
また、誰でも簡単に撃てる機関銃っていうのも
ある意味、興味深かったです^^
描きたかったのは? (mariyon)
2011-09-24 11:59:03
この映画で言いたかったのはアメリカ軍の戦闘能力なんでしょうか??
映像には終始おぉとなりましたが、ドラマ部分に感情移入できなくって、長すぎる戦闘シーンに睡魔が…(絶対そこで死ぬ>爆)
おっしゃるように、リアルなつくりでした。、宇宙船の司令船にバリアーがなかったのは、本物ぽかったです。バリアーがあるなら、あんなふうに隠さないでしょうし。

>大統領自ら戦闘機を操縦
ぷぷぷですよね
でも、ID4くらいの楽しさがあればなぁ~~(笑)
アメリカ万歳!ですかね (ituka)
2011-09-24 23:27:35
mariyonさん、こんばんは。

自らを世界警察と豪語するアメリカの軍事力ココにあり!っていう映画です(そうなの)
映像は良かったですよね!
最前線に集結したときの小隊の頭上にすでに戦闘が始まっている画が生々しかったです。

もしもこんな侵略があったならこの映画を観てシミュレーションしてね!
っていうメッセージを言いたかった監督だと勝手に解釈してました(笑)

『ID4』のようなエンタメ性は余りなかったですね。
でもアメリカ海兵隊の実情があんなものっていうことが分っただけで収穫かな~(笑)
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2011-09-26 22:39:31
ちょっぴり、お久しぶりで~す♪
たまに覗かせて、頂いても、中々、itukaさんと鑑賞映画が、被らなくって(^^;
やっと、被りました(笑)

>フェイクドキュメンタリーの決定版

上手い!確かに\(^O^)/

私は、寡黙で真面目なアーロン良かったと思いますが、確かに、マイケル・マドセンのアウトロー的な主人公も面白かったかもしれませんね(^_-)-☆(ジョニーの「フェイク」のイメージ強いです^^)

ジョン・ウェインって(^^;この作品を観た若いかたに、わかるんでしょうかね(ーー;)

考えたら、局所的な一小隊のエイリアンとの
戦いで、こじんまりしたお話なんですが、
臨場感溢れる映像、泣かされる人間ドラマと
エンタメな作品にもなっていて、私も楽しめました♪
『モールス』以来ね^^ (ituka)
2011-09-27 00:16:47
ひろちゃん、こんばんは。

真面目なアーロンは良かったです!^^
真面目で誠実で部下を想いやり、なんて素晴らしい軍曹なんでしょう。
でも、もう少し明るかったらいうことなかったんですけどね^^;
アウトローだと、また違った作品になったかもしれないですしね。

ジョン・ウェインって、あの兵士のように若い方は知らないと思います。
多分、あそこのシーンのやり取りは意味不明ですよ^^

>考えたら、局所的な一小隊のエイリアンとの
>戦いで、こじんまりしたお話なんですが、

地球規模の話だったはずなのに、その後の他国の状況って説明あったのかな?
ナンツ2等軍曹による急所探しは世界を救いましたね。
続編は概ね表彰式から始まるんでしょうか~(って、もうないって)(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (LOVE Cinemas 調布)
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演に『アバター』のミシェル・ロ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
2011年9月8日 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 よみうりホール (気ままな映画生活)
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。 実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが 観れないと思って諦めていました。 震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーンの 試写も当たってたのですが、日程合わず断念して...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ジョナサン=リーベスマン。脚本、クリストファー=バートリニー。2011年米
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (闘争と逃走の道程)
 なんでも、当初は4月1日に公開予定だったのだが、震災の影響で延期になっていたという作品らしい。ことさら“地震”や“津波”を想起させる作品じゃないけど、ほぼ全篇、瓦礫と化した町で話が展開するので、延期...
[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いや、面白かった~^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に? ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / Battle Los Angeles (勝手に映画評)
突如世界各地に現れた、地球外生命体。突然の攻撃に、都市は壊滅していく。絶望的な状況の中、戦う海兵隊の姿を描いた映画。元々4.1に公開予定だったのですが、3.11東日本大震災の影響で公開が延期されました。 この作品を巡っては、SPEとVFX会社が、この映画の製...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Akira's VOICE)
不撓不屈で戦います!  
世界侵略:ロサンゼルス決戦/アーロン・エッカート (カノンな日々)
当初は4月に公開されるはずだったのがこれも東日本大震災で延期になっていたんですよね。一時期は『スカイライン-征服-』の予告編と同時期に流れていたこともありましたが内容も似 ...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」みた。 (たいむのひとりごと)
東日本大震災のために上映が延期されていた映画のひとつがようやく公開。世界中の主要都市が壊滅的なダメージを受けまくるわけで、被災者心理に配慮して見送られたものと思われるが、それ程神経質に考えるほどのもの
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
もうアメリカの敵は宇宙に求めるしかないというわけで、世界中にエイリアンが隕石みたいな感じで襲ってくる。大気圏に入るまで全く感知されないハイテクを持っているのに、案外エイリアンが弱い。海兵隊賞賛映画になるのはわかっていたけど、迫力映像に圧倒された。映画館...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ それでも人類は戦うのか――。 ロサンゼル...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (うろうろ日記)
試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(※前説)まー語るほどのス
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観に行ってきました。エイリアン達による地球侵略に立ち向かうアメリカ海兵隊員達の戦いを描いたSFアクション作品。人が血を流して死ぬ描写や...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月17日(土) 19:25~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの映画のようだ。 新味と言えば、 優男イメージが...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (花ごよみ)
実際にあったらしいロサンゼルスの 不可解な出来事から69年後 彼らの地球侵略が始まった。 舞台はロサンゼルス、 宇宙からやってきたエイリアン。 そのエイリアンに果敢に、 立ち向かう10人の海兵隊員。 エイリアンと海兵隊の壮絶な市街戦が、 ロサンゼルスで展開...
SFと言うよりは…「世界侵略ロサンゼルス決戦」 (茅kaya日記)
 SFと思って観に行ったが、これはアメリカの軍隊の映画だった。戦争映画は敵味方がいてなんぼである。情報戦でなくアメリカの武器や技術で描く戦争映画、やっぱ、相手はエイリアンしかいないってことだろうなぁ~。 それにしても、派手にぶっ壊してた。
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (ラムの大通り)
(原題:Battle:Los Angeless) ----これって3.11のとき、 公開が延期されたうちの一本だよね。 「うん。 同じ宇宙人侵略モノの『スカイライン/征服』は そのまま公開されたのに、なぜ?って思ったけど、 その破壊ぶりが徹底的。 しかも、リアル」。 ----SFというよ...
大好物映画w 【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES) ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきた エイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。 【あらすじ】 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとら...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開 ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂 (SOARのパストラーレ♪)
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。 戦闘時にブレまくる映像は実際...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (風に吹かれて)
怒涛の戦闘シーンの連続公式サイト http://www.battlela.jp世界中の大都市に、謎の物体が飛来した。それは宇宙からの侵略者だった。猛攻撃を受けて次々と各都市が崩壊する中、ロサンゼルスも
★世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)★ (Cinema Collection 2)
BATTLE: LOS ANGELES   それでも人類は戦うのか――。   上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2011/09/17 ジャンル SF/アクション 映倫 PG12  【解説】  エイリアンによる容赦の...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (だらだら無気力ブログ!)
見事にアメリカ万歳映画だった。
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:ク...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (銀幕大帝α)
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ <ストーリー...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (Cinema+Sweets=∞)
この作品も劇場公開していた時に気になっていた作品ではあるんだけれど、結局映画館では観れずじまい。 やっとのことでDVDで鑑賞しました。 ******************** エイリアンによる容赦のない地球侵...
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...