映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ダークナイト

2008年08月10日 22時06分10秒 | 映画 た行
評価★★★★



ジョーカーの両頬の雑な縫い傷は誰が縫ったのか。


凶悪犯罪者として映画史に残るであろう
身の毛もよだつ、この男をマイリストに付け加えたい。

前シリーズのティム・バートンの
ジョーカーの印象がほとんど残ってないため
と、いうか、
個人的にジャック・ニコルソンが苦手なため
自然に記憶から削除されたのかもしれない(笑)

今回のジョーカーは剥げたピエロメイクに
ヨレヨレのパープル・ジャケットだ。
なんだろう!このリアル感は・・・。

引き裂かれた口を縫った痕があるが
あれは自分で縫った痕であろうか。

「口が裂けるほど笑わせてやる!」
これは自分の顔のキズとを引っ掛けたブラックジョークだ。

幼少期に実の父親から受けた暴力。
横には刺殺された母親が横たわる。
恐怖で怯える息子に向かって
「笑え」と口にナイフを入れたのだ。

家族の愛情も知らず、
悲惨な子供時代を過ごして来たジョーカーが
なんとも痛ましいのである。

喋る時、舌をチロチロと出すしぐさは
粗縫いしたことによる両頬内側の腫れによる
それの後遺症である可能性が高い。
そのため、話す言葉も微妙に息が漏れて
歯切れが悪く、聞き取りにくい感じだった。

このキャラを演じるために
ヒース君は上顎に特殊メイクをしているはずだ。
多分、細かいキャラ作りは
演じる俳優の意見が、監督と合致した場合
恐ろしいほどキャラに入り込んで行く。

劇中で脳裏に浮かんだのが
アントン・シガーに首輪で繋がれて
ペットのように飼われている凶悪犯ふたりの構図だ。
片手にボンベ、片手にジョーカー。

薄気味の悪さでいけば最強のタッグだと思うんだが。

---◇

ブルース・ウェインは
自ら解き放ち、もはや引き戻すことができなくなった
“バットマンというキャラクター”のせいで、
精神的にも肉体的にも犠牲を払っている。

バットマンという表面的な姿以上に
ブルースはひとつのシンボルを創り出し
シンボルである以上、限界をもつことができない。
彼は決して弱さを見せることができない。

ブルースは二重生活の代償に気づき
自分の選択が正しかったかどうかを自問し始める。

悩めるバットマン。

それは、スパイダーマンにも共通する試練だ。
貧しい学生と大企業のセレブとの違いはあるが
ヒーローであるがゆえ裏ではこんなにも悩んでいるのだ。

そんなときに
ゴッサムシティに法の権力者が登場する。
窮地にある街を締めつけている組織犯罪を一掃する使命を担い
新任地方検事ハーベイ・デントの登場だ。

◇---

ハービーは組織犯罪撲滅と街の浄化に燃えている。
彼はゴッサムの輝ける新たな希望であり
救世主、“光の騎士”としてやる気満々であった。

だが、愛するものを失い、更に
自身の顔半分が火傷で重度のケロイドと化したことで
ここからハービーはトゥーフェイスとなり
人格が180度変わって復讐鬼となってしまう。

ここでひと言!
皮膚移植を断固として受け付けないのは個人の自由。
しかしね、あの顔はダメでしょう。
理科の授業の標本じゃないんだから。

細かいようですが、あのCGは理屈に合わないね。
あの状態で普通に生活できるわけないし
あそこまで悲惨な顔にする理由がないんだが・・・。


巷の評価が凄いことになってますが
10年に1本の傑作!とか
恐ろしく高評価であったため、逆に
細かい部分で荒が目立ってしまったという
そんな作品だったのかもしれません。


おまけ)
ハーベイにレイチェルを取られてしまった恰好のブルース。
ハーベイに対する嫉妬心が画面から伝わってこない。
ベランダから捨てたワインだけの演技では弱い。

スパイダーマンにも言えることだが
ヒロイン選びに失敗していないか?
ワタシ的には
マギー・ギレンホール&キルステン・ダンストは同じ顔。
彼女らは別に苦手ではないが
国民的ヒーローのヒロインには、チョット厳しいかなと思った。

「バット・ポッドは目立つから
ランボルギーニ・ムルシエラゴで出かける!?
そうですか!シックなグレーメタリックとはいえ
庶民とのズレは、ココにあったのですね。

---------------------------------------------------------

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン/ジョナサン・ノーラン
撮影:ウォーリー・フィスター
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード



出演:クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/アーロン・エッカート/マギー・ギレンホール/ゲイリー・オールドマン/モーガン・フリーマン



『ダークナイト』




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『おっぱいバレー』これいいかも! | トップ | 北米興行収入トップ10 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆ぎょえ~!☆ (TiM3)
2008-08-10 23:41:41
ご覧になられたんですね~。

正義に燃える検事が「堕落」する、と言う展開は知ってましたが・・

そうなっちゃうとは・・ううう、知ってしまった(×_×)
あぁぁ (ituka)
2008-08-11 00:20:59
【ネタバレ注意】の但し書きを忘れていました。
あまりにも皆さんが先行ロードショーで鑑賞していたものですから
既に公開後半期になったものと錯覚してしまいました。
いや、これは言い訳ですね。
今回の映画では、そこんとこは大して重要な部分ではありません(いや、いちばん重要かも)

ワタシは一度では理解できなかったんで、もういちど鑑賞予定に入れたいと思ってます。
暗すぎるーー (笛吹働爺)
2008-08-11 20:07:52
最近のヒーロー物は単純明快ではなく、悩んだり、敵役がメインだったりだし、内容がメッチャ暗いので見る気がしないのです。
スーパーヒーローではないインディとハムナプトラは古典的ですな。見終わってスッキリしたいのです。
暗いです (ituka)
2008-08-12 07:14:40
悩むのは大抵シリーズもののヒーローですよね^^
そういう意味では、今度の『ハンコック』も悩める主人公となってますが、妙に明るいのはウィル・スミスのキャラなのかな~。

>スーパーヒーローではないインディとハムナプトラは古典的ですな。見終わってスッキリしたいのです。

窮地に立っても、ジョークを言うくらいでないと真のヒーローにはなれないってことですよね~^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自分の限界 (ふぉとヒストリ)
自分の限界以上のものって見えないんですね。今日痛感しました。自分が限界を決めてしまう。バカの壁っつ言うんでしたっけ
ダークナイト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『シリーズ最高傑作!この夏、あなたは史上最凶のジョーカーを引く――!』  コチラの「ダークナイト」は、コレまでの映画化された「バットマン」とは違う切り口と世界観を提示した「バットマン・ビギンズ」の続編となる8/9公開(2・3先行上映)のアメコミヒーロー...
ダークナイト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物...
★「ダークナイト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。
ダークナイト/THE DARK KNIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリス...
ダークナイト (Akira's VOICE)
なんですか,このテンションの高さは!!!  
ダークナイト (eclipse的な独り言)
 これだけは観たかった!ヒース・レジャー!30歳を前にこんな役ができるとは!本当
映画 『ダークナイト』 (きららのきらきら生活)
 ☆公式サイト☆映画『バットマン ビギンズ』の続編で、バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作。監督は前作から続投のクリストファー・ノーラン。悪のはびこるゴッ...
THE DARK KNIGHT★★ (銅版画制作の日々)
   ヒース・レジャー、これが本当に最後の作品に・・・・・。 8月11日、MOVX京都にて鑑賞。昨日も映画館は多くの人でした。「ダーク・ナイト」もお客さん多いです。いい席はゲットできず・・・・。端っこの前の方でした。まあいいか主役のバットマンは前作に引き続...
『ダークナイト』 (Sweet*Days**)
監督:クリストファー・ノーラン  CAST:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 他 犯罪都市ゴッサムシテ...
『ダークナイト』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
真の正義の行為なんてものはないと、物語の主人公たちは闇の中でもがくのだけど、この作品のスタッフとキャストはまぎれもなく、ハリウッドという堂々たる表舞台で、真なるものを生み出した。アメコミが原作のヒーローもので、見ごたえあるスリルとアクションがふんだんな...
ダークナイト (小部屋日記)
The Dark Knight(2008/アメリカ)【先行上映】 監督・原案・脚本: クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/マギー・ギレンホール/ゲイリー・オールドマン/モーガン・フリーマン/エリック・ロバーツ/アーロン...
映画「ダークナイト」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆Christopher Nolan監督とChristian Baleが組んだ 新生Batmanシリーズ2作目。Joker (Heath Ledger)も怖いが、後半に突如として登場するあの悪党が一番怖い。原題は「The Dark Knight」。     ◇ 悪のはびこる街Gotham City。Joker (Heath Ledger)...
真相は闇に溶けて (MESCALINE DRIVE)
「ダークナイト」を観たんだな。思ったけど、ジョーカーはドラゴンボール最強伝説の持ち主であるアックマンなんだな。アクマイト光線を浴びると悪心がどんどん膨らんでゆく。パーン!メタボリック!
【2008-185】ダークナイト (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る
ダークナイト (映画君の毎日)
どうなんだろうこの映画は?ってずっと思っていたら、 いつの間にやらアメリカでの興行成績が歴代2位なんて事になり、 1位の「タイタニック」に迫る勢い。 日本では「ポニョ」に大敗をくらい大ヒットには至らなかった。 …と思っていたが、映画ブロガーの評価...
ダークナイト 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
【映画】ダークナイト (新!やさぐれ日記)
■動機 バットマン ビギンズを見ていたから。 ■感想 いやもうビックリ! ■満足度 ★★★★★★★ びっくり ■あらすじ 悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力の...
『ダークナイト』 (・*・ etoile ・*・)
'08.09.14 『ダークナイト』@サロンパスルーブル丸の内 これは気になった。ヒース・レジャーがジョーカーを演じて、その演技が絶賛されていること、そして本作が彼の遺作になってしまったことが理由。特別ファンではなかったけれど、演技派俳優の最期の演技を劇場で見...
【映画】ダークナイト…高評価↑ 残念な点はマ○ー・ギレンホールの顔ぐらいですね (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
洗車をすると翌日高確率で雨{/kaeru_rain/}が降るピロEKです{/face_hekomu/} 先程、夜勤から帰ってきました{/ase/} 私の会社は夜勤があります。ほとんどの生産現場の従業員さんは夜勤で働いている訳で…とはいえ私の場合、ここ数年間は夜勤なんてしていなかったんです...
「ダークナイト」(The Dark Knight) (シネマ・ワンダーランド)
実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが2008年にメガホンを執ったサスペンス・アクションムービー「ダークナイト」(米、ジョナサン&クリストファ...
ダークナイト (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたは史上最凶のジョーカーを引く。
映画「ダークナイト IMAX版」 (おそらく見聞録)
監督:クリストファー・ノーラン(バットマン次回作にも期待) 出演:クリスチャン・ベイル ヒース・レジャー(素晴らしい)アーロン・エッカート  出演:モーガン・フリーマン マギー・ギレンホール(ヒロイン役には無理がある) ゴッサム・シティに現れた史...