映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

十三人の刺客

2010年09月26日 21時29分19秒 | 映画 英数行
評価:★★★★【4点】


ドラマは満点評価!
だが、戦が続いて行くうちに評価はどんどん下降線へと

それでも、なんとか高得点を維持できたのは
中盤までのドラマが、かなり丁寧に描かれていたことが大きい。

冒頭のシーンの痛さや、少女の悲惨な姿を
目の当たりにしたときの衝撃は、島田新左衛門のように
おもわず笑って武者震いするほどのインパクトがあった。
しかも、口筆で書かれた“みなごろし”の文字の
怖さは、黒澤映画の『蜘蛛巣城』なみのホラーを感じてしまった^^;




江戸時代末期。
将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりは目に余った。
斉韶は近く、老中への就任も決まっている男。
幕府の存亡に危機感を募らせる老中・土井利位は、
かねてより良く知る御目付・島田新左衛門に斉韶暗殺の密命を下す。

さっそく、甥の新六郎をはじめ十一人の腕に覚えある男たちを集めた新左衛門は、
後に加わる山の民・木賀小弥太を含む総勢十三人の暗殺部隊を組織、
入念な計画を練り上げていく。
しかし、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛もまたその動きを抜け目なく察知し、
大切な殿を守り抜くべく周到な準備を進めていた…。
<allcinema>



善と悪がハッキリしてるから、とても観やすかった。
変に、裏切りとか、二転三転するような演出もなかったので
聞き取りにくい台詞だけに注意すれば、十分に感情移入は出来る。

松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりって!
演じるのはスマップの稲垣吾郎ってことで、多少の不安はあったものの
これが意外と嵌まっているではありませんか(笑)
サイコなヤローを演じさせたら、右に出るものはいないと
おそらく、現代劇よりも、こういう時代劇のサイコ男を
やらせたら彼の独壇場だったりして^^;

さて、ドラマは満点とは言ったけど
細かい部分に目をつむれば!ということを前提にしている。
ひとつ、刺客となる暗殺部隊の人集めの段階で
さすがに十三人ものキャラクターを丁寧に描くことは無理なのか。
なので、『七人の侍』のように全員のキャラ作りが不足していたのが惜しい。

もうひとつ、見た目の人選で、どうにも腕の立つ侍に見えないのが
若干2名ほど居たんだが、もちろん、山男は含んではいません。

それでも、そんな細かいことを抜きにすれば
近年稀な、面白い時代劇だったように思った。
ただ、合戦シーンというか、戦のシーンで刺客たちの
作戦がまったく説明されていなかったので、見る方は
ただただ、スクリーンの展開、カメラの映す映像を追うしかなく
それも、やや冗長に感じてしまい、最後の方は飽きてしまった部分があった。


追記)
・刺客の待ち伏せまでですね。純粋に面白かったのは。
 以降の展開はグッチャグッチャになって、やたら敵が多すぎて
 シューティング・ゲームに途中で飽きたオッちゃん状態になってしまった。
 ちなみに、ワタクシ、テレビゲームはまったくやりませんが^^;

・あの、燃える牛たちが突進するヘタレなCGは、あれでいいのだろうか!

・松平斉韶(なりつぐ)のキャラはオリジナルではどうなんだろうか?
 未見なので、機会があれば是非、見くらべてみたい。
 にしても、無抵抗な人間を矢の標的にして遊ぶ猟奇度はこの時代ではめずらしい。

・夕飯に飽きたら、箸を落として、お盆に食い物をぶっちゃけ垂らし
 全部を混ぜこぜにして犬食いするのは、自分探しでもしたかったのか?
 
・ひとの痛みを知らないために、あんな暴君が生まれてしまう。
 切られたときに初めて「痛い!」「死ぬのが怖い!」と言っていたが
 できれば、もっと惨めな演出が欲しかった。

・今年の衝撃映像トップ1は、あの口筆の女性(茂手木桜子)でしょうか!
 あの画は、キョ―レツそのもの!ドラマがこれのためにかなり重いものへと。

・本作の山田くんは、かなりカッコよかったですね!
 三池崇史監督のファミリーとはいえ、こういう時代劇でも
 十分にやっていける実力を見せてもらいました。
 
・この映画でもっとも魅力的だったのは、鬼頭半兵衛(市村正親)です。
 こういう、どこか“ナンバー2”的な、佐々木小次郎、上杉謙信など
 歴史上で、「最も偉大な敵だった」と、そう言われ続けたキャラに
 不思議と魅力を感じるのはワタシだけでしょうか。
--------------------------------------------------------------
監督:三池崇史
脚本:天願大介
撮影:北信康
音楽:遠藤浩二


出演:役所広司/市村正親/山田孝之/伊勢谷友介/松本幸四郎/平幹二朗/稲垣吾郎/
    谷村美月/松方弘樹/伊原剛志/吹石一恵/

『十三人の刺客』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TSUNAMI-ツナミ- | トップ | 大奥 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆おおっ!☆ (TiM3)
2010-09-26 21:52:01
ワタシも観て来ました。

今、ちょこちょことまとめてまそ。
鑑賞映画がガチ!と合いましたね (ituka)
2010-09-26 22:05:09
TiM3さん こんばんは。

これは、稲垣吾朗の悪人が見たくて行って来ました^^
なかなかにサイコな印象は、かなりインパクトがありました。
あれだけやりたい放題だと、仕える側近もストレス溜まりまくりですよね~^^;

では、あとでお邪魔を~!
こんばんわーー^^ (真理子)
2010-09-27 01:16:20
いろいろ読ませてもらっています^^

参考になります。

また、お時間のある時に、訪問させてもらいますね^^

それでは、失礼します。
こんばんは。 (ななんぼ)
2010-09-27 02:05:36


こんばんは。
TBをしたのですがウチのblogはgooとは相性が悪く(汗)エラーになってしまったのでコメントのみ残させて頂きます。

私はチャンバラ好きなのでラスト50分の死闘も燃えましたが、刺客は13人いたせいか目立たないキャラも居たのは惜しかったですね。でも、オリジナル版に比べたら十分にキャラは立っていたと思いますが…。

吾郎ちゃんの暴君ぶりはあまりに非道過ぎてファンでありながら終始ムカつきっぱなしでした(笑)。オリジナル版の暴君の狂気ぶりも凄まじいのですが、あそこまで残虐な描写は無かったですからね。

あと、筆を口に咥えた娘を演じていた方は茂手木桜子さんという女優さんです。谷村美月さんは殿に暴行されたお嫁さんの役です。
真理子さんへ (ituka)
2010-09-27 22:39:04
ども!いらっしゃませ。

こんな拙ブログでも、お役に立ててなによりです。
また何時でもお越しくださいませ。
ななんぼさんへ (ituka)
2010-09-27 22:47:46
TBの件、難儀させてすみません^^;

お~!オリジナル版をご覧になってたんですね。
いろいろ比較とかできるので、一層興味深かったことでしょう^^

吾郎ちゃんの狂気はオリジナル版を凌いでいたとは・・・。
三池監督だったからこそ、あそこまで徹底させたとも言えますよね。

>筆を口に咥えた娘を演じていた方は茂手木桜子さんという女優さんです。

あらら、そうだったんですか。
これは、さっそく記事の修正をしたいと思います。
貴重な情報をありがとうございました^^
時代劇流行り (mariyon)
2010-10-01 17:50:22
最近邦画も良く観てるんですが、時代劇、昔に比べてすごい見てる。
もともと劇場に時代劇を観に行くってしたことなかった。子供のころはTVだったり、ちょっと前までは洋画全盛期。
でも、今はこんな予算をかけて時代劇を作れるんだってことがまずすごい。松方さんもうれしいだろうなぁ~~。(あのへたれな牛のCG以外は)
でも、わたしも、あの後半はちょっと長すぎました。山田君が生き残ってたから、最後まで観れたのかも(苦笑)。

横レスで、奥さん役が谷村美月!!ぜんぜんわからなかったです。あの化粧だと没個性ですね。
時代劇がブームなの? (ituka)
2010-10-01 22:43:32
mariyonさん こんばんは。

近年の時代劇は三池監督のような常識にとらわれない作品作りのせいか
なにか新感覚なイメージが、ワタシにはありますよ。
ワタシも劇場に時代劇はほとんど観に行ってません。
強いて言うなら勝新太郎の最後の『座頭市』くらいでしょうか^^

あとはテレビやDVDで黒澤映画の時代劇かな~
ちなみに、ワタシの現時点での映画最高傑作は『七人の侍』なんですよ。
これを超える映画と出会うために、映画を見続けて行こうと思っているんです(*^-゜)vィェィ♪

>奥さん役が谷村美月!!ぜんぜんわからなかったです。あの化粧だと没個性ですね。

そうそう!あれじゃ判らないですよね(笑)
そもそも白粉化粧やお歯黒じたいが、ワタシにはホラーとしか思えない^^;
電車待ちで前にたカップルが本作のパンフレットに没頭してました (ぺろんぱ)
2010-10-03 20:02:49
こんばんは。

松平斉韶を演じた稲垣クン、本作を観た友人から「本作で賞を取れるとしたら彼をおいてないのでは?」というくらいの喝采ものだったとか聞きました。茂手木桜子さんという女優さんの名も完璧にインプットされたとか。
itukaさんのレヴューを読ませて頂いて納得できました。

>戦が続いて行くうちに評価はどんどん下降線

13人のキャラ造形が十分でなかったということでしょうか。

>どこか“ナンバー2”的な

静かに“ここに存在している”的な魅力がある気がします。(*^_^*)
そのカップルの会話が気になりますね (ituka)
2010-10-04 21:49:38
ぺろんぱさん こんばんは。

これは吾郎くんの代表作になるのではないでしょうか^^
助演男優賞は稲垣吾郎くんで助演女優賞は茂手木桜子さんで決定!ですね。
この御両人は体当たり演技だったかもしれません^^;

>13人のキャラ造形が十分でなかったということでしょうか。

13人ものキャラがいると、なかの数人はまったく目立たなくなるという典型でしょうか^^;
下降線となったのは、まだいる大量の敵に対して敢えて地上戦に持ち込む理由が判らなかったことです。

ナンバー2ってどこか好きな立ち位置なんです^^
悪の軍団にしても2番手のやられ役に哀愁を感じてしまうんです(笑)
こんばんは! (kira)
2010-10-06 00:55:53
キョウレツでしたよね?あの犬食いのシーン。
生かさず殺さずと言ってもいいぐらいの、何もすることがない、
生きることも殺生でさえ退屈な遊びでしかなかった男を
三池監督の描き方でしたね~。
ゴローちゃんは見事、監督の期待に応えた残酷なコドモのような殿を演じていたと思います~。
しっかし、これでいいのかですよね(笑)

矢の雨に関しては、私もまだいっぱい残ってるだろう!?と突っ込みましたよ

ただ、最後は身を挺して確実な方法を選んだ役所さんにジンとしましたです。
気になったので (あれま)
2010-10-06 09:54:10
庭で射殺されていたのは庶民じゃなくて間宮図書の家族、武家ですよ。
腕自慢の刺客たちってことで (ituka)
2010-10-06 23:14:29
kiraさん こんばんは。

あれは犬食いでいいんですよね^^
ここんところ記事に関して突っ込まれてるので安心しました。
飛び道具残ってるのに敢えて群衆に飛び込んだのは
彼らのアドレナリンが出まくって神経が高ぶった結果だったりしてね^^;
(おっと!こういうレスにも注意ですね)

そうそう!最後の役所さんの反則技はアリだと思います^^
しかも、ゴローちゃんに卑怯呼ばわりされちゃって
思わず「おまえに言われたくないわ!」と突っ込みましたよ(笑)
そうそう!後で気が付き・・・ (ituka)
2010-10-06 23:18:24
あれまさん どもです!

修正しなきゃ!と思いつつそのままに~
にしても、間宮家はあれじゃ浮かばれないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
十三人の刺客 (LOVE Cinemas 調布)
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正...
十三人の刺客 (悠雅的生活)
み な ご ろ し
映画「十三人の刺客」@朝日ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、客年齢は高い。今回は「yahoo!映画」ユーザーレビュアーとして招かれました。      十三人の刺客オリジナル・サウンドトラック 映画の話 幕府の...
十三人の刺客 (だらだら無気力ブログ)
1963年に公開された工藤栄一監督の傑作時代劇『十三人の刺客』を『ヤッタ ーマン』の三池崇史監督がリメイクしたエンターテインメント時代劇。 将軍の弟ということでやりたい放題の凶悪な暴君を暗殺するために、集めら れた13人の刺客達が、暴君を守る300人以上の藩士を...
映画「十三人の刺客」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「十三人の刺客」観に行ってきました。 1963年に公開された同名の時代劇映画のリメイク作品。 作中に切腹シーンがあったり、手足を切り落とされた裸の女性が映し出されるシーンがあったりすることもあり、この作品
十三人の刺客 だいわはうちゅ~o( ̄ー ̄;)ゞううむ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。 おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思ったけど扱い小さめ、スポーツ報知は文字だけやし、日刊スポーツは2人だけしか...
十三人の刺客 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/25公開 日本 PG12 141分監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親命を、燃やせ。幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣...
侍の道~『十三人の刺客』 (真紅のthinkingdays)
 江戸時代末期。時の将軍の弟で、明石藩主である松平斉韶(稲垣吾郎)は極悪 非道な暴君。しかし、年明けには老中への就任が決まっている...
『十三人の刺客』は世界を目指す! (映画のブログ)
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ...
『十三人の刺客』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣...
十三人の刺客 (花ごよみ)
監督は三池崇史。 出演は 役所広司、山田孝之、 市村正親、伊原剛志、松方弘樹、 稲垣吾郎、伊勢谷友介、沢村一樹、 古田新太、松本幸四郎 六角精児、、高岡蒼甫、 窪田正孝、吹石一恵等、 超豪華キャスト。 島田新左衛門(役所広司)以下、 13人の刺客は、 将軍の弟...
[何かしら無理矢理に話す(7:十三人の刺客)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆工藤栄一の傑作『十三人の刺客』がリメイクされるそうだ。    ◇  私は『必殺』シリーズが好きで、特に、中学時代(四半世紀前)の夕方に再放送されていた『必殺仕業人』や『新・必殺仕置人』には猛烈に夢中になった。  シリーズの中でも、この二作は、非の打ち...
十三人の刺客 (うふふ・映画三昧。)
徳川家慶の弟・斉韶が権力を手にすることになる。 この人が、とんでもなく悪い奴で、こんな人が偉くなっちゃたまらん! 密かにやっつけちゃおう! と、参勤交代で移動中の斉韶様ご一行を、十三人の刺客が狙い打つ物語。 ざっくばらん。 冒頭、内野聖陽さん...
映画『十三人の刺客』 (闘争と逃走の道程)
 1963年公開の時代劇映画の名作を、監督・三池崇史、主演・役所広司ほか豪華キャストでリメイクした話題作。映画の後ろ半分、ほとんど斬り合...
十三人の刺客  監督/三池 崇史 (西京極 紫の館)
【主演】  役所 広司  山田 孝之  伊勢谷 友介 【ストーリー】 島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、幕府の権力を...
★「十三人の刺客」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
三池崇史監督の時代劇は「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」以来かな。 これ好きだったので、今回も期待してました。
十三人の刺客 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親...
十三人の刺客 (Akira's VOICE)
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!  
13番目が一番?「13人の刺客」 (茅kaya日記)
 ヴェネチア映画祭で絶賛!!いやぁ~~、気持ちわかるなぁ。中華系の武峡映画同様とことん外人受けしそう。 それにしても、時代劇ばやりだけど、昔の時代劇とは一味違う。まあ、男女逆転大奥ほどではないにしろ、これだけアクション大作で時代劇が作れることに...
映画「十三人の刺客」 (itchy1976の日記)
「十三人の刺客(2010)」(映画.com) 「十三人の刺客(2010)」オフィシャルサイト 十三人の刺客@ぴあ映画生活 十三人の刺客 - goo 映画 ○作品情報(映画.com) 監督:三池崇史 製作総指揮:ジェレミー・トーマス、中沢敏明、平城隆司 原作:池上金男(池宮彰一郎) 脚...
十三人の刺客 リアルチャンバラに圧倒された! (ぱるぷんて海の家)
いやあぁ 面白かった! 久しぶりにチャンバラらしいチャンバラを見た気分です。 それも 昔懐かしい様式美のチャンバラでなく 云ってみれば リアルチャンバラ 落合宿でのラスト50分の死闘 まさしく死闘と云うに相応しい。 実に見応えありました。 若い...
十三人の刺客 (to Heart)
命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/...
十三人の刺客 (2010) (青いblog)
あらすじ '63年に公開された工藤栄一監督による時代劇映画『十三人の刺客』を、三
十三人の刺客 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
池宮彰一郎によって書かれた脚本「十三人の刺客」。その傑作が47年の時を経て再構築され、圧倒的なスケールとリアリティを追及したアクションエンターテインメントに仕上がった。共同プロデュースするのは、『おくりびと』など数々の作品を手がけた中沢敏明と、『戦場のメ...
『十三人の刺客』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、 ...
「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三...
十三人の刺客 (映画的・絵画的・音楽的)
 ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)
十三人の刺客 (銀幕大帝α)
10年/日本/141分/時代劇アクション/PG12/劇場公開 監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、神楽坂恵、岸部一徳、松本幸四郎...
『十三人の刺客』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 十三人の刺客 』 (2010)  監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...
三池崇史監督 「十三人の刺客」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
工藤栄一監督が1968年に撮った名作「十三人の刺客」を、「ヤッターマン」や「クローズ・ZERO」そして「忍たま乱太郎」等を撮った三池崇史監督がリメイクした2010年の作品 SMAPの稲垣吾郎が残虐な殿さま役だった事で話題に DVDで観ました。 http://1...
映画「13人の刺客」のDVDを見ました(お盆には帰ります)  (翼のインサイト競馬予想)
映画「13人の刺客」のDVDを見たので、レビュー記事を書いてみたいと思います。