映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

柘榴坂の仇討

2014年10月13日 13時44分01秒 | 映画 さ行
評価:★★★☆【3.5点】



すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
だったら時間もあることだし、地元TOHOはメンズデーなので
巷で評価の高かった本作を観ることに。



安政七年(1860年)。
時の大老・井伊直弼に仕える彦根藩士の志村金吾。
桜田門外で暗殺者集団の襲撃を受けた際、
直弼の警護役を務めながらその命を守りきることができなかった。
その失態を恥じた両親は自害するも、自身は切腹を許されず、
逃亡した水戸浪士を討ち取れとの藩命が下る。
以来、献身的な妻セツに支えられ、仇を捜し続ける日々を送る。
それから13年、時代は明治へと変わり、
武士の世は終わりを告げ、彦根藩もすでにない。
にもかかわらず、金吾の仇討ちへの執念は揺らぐことはなかった。
そしてついに、18名の刺客の最後の生き残り、
佐橋十兵衛の居場所を知る金吾だったが…。
<allcinema>



任務失敗から13年もの間、当時の刺客をひたすら追い続ける志村。
途中で挫折し、切腹を切望するも認められず
以降も刺客の首を獲るまで、ずっと探し回る日々が続いた。

忠誠心、どこまでも真面目で律義な侍を演じた中井貴一がいい!

そしてまた、追われる身となった水戸浪士の
たった一人の生き残り、佐橋十兵衛役の阿部寛の
寡黙な雰囲気が、冬を舞台にした映画にさらに凄味を与える。

終始張りつめた重い空気が追うもの追われるものから滲み出て
それがついに巡り合った時に解き放たれるのだった。

時代の変化がふたりを変えたのか
互いに歳を取ったことを案ずるかように相手の歳を訊くシーンは
思わず目頭が熱くなってしまった。


【今週のツッコミ】
・先日、録画しておいた『ゼロの焦点』で広末涼子を見たばかり
 軸のブレない良妻を演じておられ、本作もまた似たような役。
 表情にも貫禄が出て、今後さらに大女優へと邁進していってほしいものだ。

・井戸端会議の長屋のお母さん方がいい味出してました。
 そのなかのひとり、若い未亡人の彼女に佐橋十兵衛が言う
 「今度、ちび乗せて3人で公園に行きませんか?」
 佐橋十兵衛のことばに狂喜寸前の未亡人の表情に
 思わずもらい泣き寸前でしたよ^^;

・Q:地面にこぼした金平糖(こんぺいとう)ですが
   あれは普通に拾って洗って食べたらダメなんでしょうか?
 
 A:せっかくお嬢ちゃんがネタ作ってくれたのに
   それをフイにするようなら佐橋十兵衛は一生独り身です(爆)


・Q:子の失態に親が自害する。この時代に生まれなくてよかった(怖)
 
 A:いや、藩士にならなければいいだけですからご安心を。
-----------------------------------------------------------
監督:若松節朗
脚本:高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫
音楽:久石譲


出演:中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏


『柘榴坂の仇討』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒野はつらいよ ~アリゾナより... | トップ | グレース・オブ・モナコ 公妃の... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mariyon)
2014-10-14 18:13:45
中井貴一って、すごくまっすぐな役が似合うんですよね。
壬生義士伝なんてほんと素敵だった。
でも、最後、あまりになかなか死なないので
涙しながら、まだ死なないのか?って
そんな不埒なことをおもいました。

今回もそんな感じで、このまっすぐさ、武士の精神、
姿勢、何もかもがいいんですが、でも、
なんだかなぁ~~って気持ちがしちゃうんです。

やりすぎって言うか・・・・。
すみません、せっかく感動してらしたのに…(-_-;)
mariyonさんへ (ituka)
2014-10-14 23:13:28
これぞ日本人の持つサムライ精神ってやつですかね~(笑)
こういうのを見ると自然と姿勢を正したくなってしまいます。

“日本に良い映画が出来た”なんてコピーがあったんで釣られましたが観てよかったです。
でも、再見するほどではない^^;

>やりすぎって言うか・・・・。

あ~、なんとなく分かりますとも(笑)
実際、あんな嫁とか普通いないですよね(爆)
感想はひとそれぞれってところが面白いんですよね^^
先週見ました (笛吹働爺)
2014-10-17 19:46:32
★4 でした。
最後まで見ごたえのある映画でした。仇討ちの顛末はなんとなく予想はついていたが、やっぱりねと思う前にほっとした、というのは演出の勝利でしょうね。

蜩の記を見ようかどうしようか迷うところです。ネガティブ評が多いので。

綾瀬はるかのTVドラマ見てます。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-10-18 14:11:43
ずっと緊張感を持続しつつ要所での笑いネタ(幼女の唐突な行動)など
全体的に品格ある印象を受けましたよ(笑)
おそらくこれもセツさんの良妻ぶりから香る印象でしょうか。
ラストの展開は時が解決してくれましたね^^

>蜩の記を見ようかどうしようか迷うところです

これは完全スルーします^^;
綾瀬さん主演作、ここのところ映画は見てないんですが
TVのドラマも出ていらっしゃるんですね。相変わらずの活躍ぶりで凄いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
柘榴坂の仇討~そもそも仇討でない (佐藤秀の徒然幻視録)
時代劇から仇討取れば何が残るか問題 公式サイト。浅田次郎原作、若松節朗監督。中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、 ...
柘榴坂の仇討 (映画好きパパの鑑賞日記)
 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 ...
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 2014年6月11日 松竹試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 をモニター試写会で鑑賞しました。 観た当時は情報を書き込まないように署名していましたので控えていました。 で、案の定、内容は忘却されています。。。 【ストーリー】  安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大...
柘榴坂の仇討 (映画と本の『たんぽぽ館』)
良くも悪くも武士の矜持 * * * * * * * * * * 幕末期。 歴史に名高い「桜田門外の変」が発端となります。 彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、 主君井伊直弼(中村吉右衛門)の警護にあたっていました。 しかし雪の降るその日、水戸藩浪士によって...
柘榴坂の仇討ち (Break Time)
連休2日目です・・・
ショートレビュー「柘榴坂の仇討・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ラストサムライのプライドと宿命。 幕末の桜田門外の変で主君・井伊直弼を目の前で殺され、仇討を命じられた男と、襲撃者一党の中でただ一人、明治の世まで生き残った男。 時代に取り残されたラストサムライたちの、13年に及ぶ武士の誇りと人間としての生き方を巡る物...
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
柘榴坂の仇討 (映画的・絵画的・音楽的)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村....
『柘榴坂の仇討』 (soraの日常生活)
『柘榴坂の仇討』、観ました。 原作は浅田次郎さんの小説で、 桜田門外の変で討ち取られた大老井伊直弼に仕えた家臣と 敵側の水戸浪士役のその後を描いた作品。 家臣役は中井貴一さん、仇役に阿部寛さん。 私は妻役の人が苦手な女優さんだったけど内容的にはいい作....
「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ (オールマイティにコメンテート)
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
柘榴坂の仇討 (花ごよみ)
  原作は浅田次郎の短編集 「五郎治殿御始末」の中の一編。 五郎治殿御始末 (新潮文庫) 本は以前に買ってあったのに、 読まずにいましたが 短編なので映画の始まる直前に読みました。 原作はすぐに読み終えることのできる短編、 それをどう映画化したのか 楽しみに....
『柘榴坂の仇討』 (こねたみっくす)
ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。 仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...
「柘榴坂の仇討」 (NAOのピアノレッスン日記)
~ひたむきに生きる~ 2014年   日本映画    (2014.09.20公開)配給:松竹        上映時間:1時間59分監督:若松節朗原作:浅田次郎 『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収)脚本:高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫美術:小川富美夫音楽...
柘榴坂の仇討 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚...
柘榴坂の仇討 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。彦根藩士・志村金吾は敬愛する主君・井伊直弼に仕えていました。しかし「桜田門外の変」で井伊直弼は暗殺されてしまいます。主君を守れず一人生き残った金吾は切腹することも許されず、生き残りの刺客を探し出し仇を討つよう命じられます。幕末から明治...
『柘榴坂の仇討』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
柘榴坂の仇討 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...