映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

素晴らしきかな、人生

2017年02月26日 00時03分45秒 | 映画 さ行
評価:★☆【1.5点】



最愛の一人娘を亡くした絶望感で会社をつぶす気?
さすがにココを突くと未経験者は語るな!と反論を受けそうだが
会社のCEOたるもの、もっと気丈に振る舞ってもらわないと。



ニューヨークで広告代理店を経営するハワード。
彼の手腕で会社は業績を伸ばし、
公私ともに順風満帆な人生を送っていた。
ところが突然、6歳の愛娘が不治の病でこの世を去る。
ハワードは深い悲しみで自暴自棄となり、仕事を放り出して
自宅に閉じこもる日々。
ハワードに頼り切りだった会社は急速に傾き始める。
残された同僚役員ホイット、サイモン、クレアは
それぞれの事情も相まって、
ハワードをどうにかして救わなければと思っていた。
そんな時、ある奇策を思いつく。
やがてハワードの前に、性別も年齢もバラバラな
3人の奇妙な舞台俳優が現われるのだったが…。
<allcinema>



で、結局どうなった?

序盤、意気揚々と主人公が社員の前でメッセージを!
と、そこまでは普通に良かった!
だが、娘を失った途端、まるで人格が変わったようになり
その余りにも暗い感じが延々と続くから観てる方は気が滅入る。

他の役員が彼と会社を心配しいろいろ密談するわけだが
その作戦というのが、ワタシ的にまったくノレなかった。

ということで、主人公が暗い、作戦に魅力がない。
こうなってくると、もう寝るしかないのである。
正直、物を言わないウィル・スミスほど詰まらないものはない。

たぶん、過去にも熟睡した映画は多々あるけれど
本作ほど気持ちよく最後まで寝てしまった映画は他にないだろう。

なので、初めに戻って、結局どうなった?になるのだった。



【今週のおねむ】(←よしなさい)

・"愛"、"時間"、"死"の3つワードからなる劇団員の3人
 正直、彼らの演技はどこまで効果があったのか気になるところ。

・中でも"死"を担当したヘレン・ミレンの最後に残した言葉が
 本作のキーとなったのは本当なの?
 この辺りは断片的に起きていたから字幕が読めた^^;
------------------------------------------------------
監督:デヴィッド・フランケル
脚本:アラン・ローブ
音楽:セオドア・シャピロ
出演:ウィル・スミス/エドワード・ノートン/キーラ・ナイトレイ

『素晴らしきかな、人生』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリミナル 2人の記憶を持つ男 | トップ | アサシン クリード »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2017-03-04 17:30:43
私も作戦とやらうさんくさくてノレなかったです。
けど後半寝ないで観てたら(こらっ)、
作戦とやらがいろいろとリンクして持ち直しました(苦笑
でもやっぱりラストはなんか悶々としちゃったな~
えふさんへ (ituka)
2017-03-04 20:55:30
よかったのは元気な姿の主人公まででした~(笑)
その後に閑散としたオフィスに「あれれ?」で
意味不明なドミノが積んである、まったくしゃべらなくなったりして
睡魔に襲われっぱなしで耐えられませんでした。
出演者はすごく豪華だったので惜しかった。
Unknown (mariyon)
2017-03-07 23:13:43
>序盤、意気揚々~と、そこまでは普通に良かった!
って、序盤すぎません?
つまり全くダメってことですよね(笑)

好きなノートンが最初出ずっぱりでいいじゃんと思ってたら、そう、あれはひどい。
親友の目を覚ますためとはいえ、ある意味犯罪です。
あんなことをしなくても、仕事をあそこまで放棄している段階で、いくら持ち株が多くとも、解雇はできるはず。株式会社ですから。

あんなあふうに殻に閉じこもっていながら、
友人の動向がわかっているなんて。。。
それも気味悪いし。

奥さんは最後までわからなかったです、はい。
この作品で、一番すごいのは奥さんだと思います。
mariyonさんへ (ituka)
2017-03-08 21:44:13
序盤というよりも冒頭でしたね^^;
ウィル・スミスが会話をしなくなった瞬間、思いっきり下降線でした。

ファンの方を前にこう言ってはいけないんですが
ノートンも老けましたね~(申し訳ない)^^;
そうそう彼の考えていることは犯罪と同じ。

ワタシ、レビュー書きあげて他のブロガーさんのところで
初めて彼女が妻だったと知りました!
もし、普通に鑑賞していたならもう少し評価上がったかもしれないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
素晴らしきかな、人生★★★ (パピとママ映画のblog)
ウィル・スミスが最愛の娘を失い絶望の淵に立たされた男を演じる異色のヒューマン・ドラマ。共演はエドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ、ケイト・ウィンスレット、キーラ・......
「素晴らしきかな、人生」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 「報知映画賞 特選試写会」。客席は満席。
『素晴らしきかな、人生』を一ツ橋ホールで観て、ウィル・スミスお前って奴はふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲宇宙愛キーラ・ナイトレイ テレサみたいな恰好で出てきてほしい。 五つ星評価で【★★超完膚なき駄作とまでは言わないけどウィル・スミスの片岡鶴太郎みたいな立ち位置が嫌......
素晴らしきかな、人生 (そーれりぽーと)
ウィル・スミスが主演ってところに拒否感が出ながらも『素晴らしきかな、人生』を観てきました。 ★★★★★ 昔の『素晴らしき哉、人生!』とは、クリスマスシーズンが舞台なとこ......
素晴らしきかな、人生 (試写会) (風に吹かれて)
ヘレン・ミレンはやっぱりうまい 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie2月25日公開 監督: デヴィッド・フランケル  「プラダを着た
劇場鑑賞「素晴らしきかな、人生」 (日々“是”精進! ver.F)
人生は、人との繋がり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702280000/ 7つの贈り物【Blu-ray】 [ ロザリオ・ドーソン ]
素晴らしきかな、人生~キリスト教的会社観 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Collateral Beauty。デヴィッド・フランケル監督。ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン、マイケル・......
素晴らしきかな、人生 (ハリウッド映画 LOVE)
素晴らしきかな、人生 / Collateral Beauty (勝手に映画評)
順風満帆だった人生から、娘の死を切っ掛けに一気に人生のどん底に落ち込んでしまった企業経営者の男性が、自分の人生を取り戻すまでの話。 錯誤によって取締役会を主導するのは......
映画:素晴らしきかな、人生 Collateral Beauty 「愛」「時間」「死」という哲学的なテーマ...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
仕事もプライベートも絶好調! だったはずの主人公。 ところが一気に地獄落ち… まだ小さかった大切な娘が亡くなってしまったのだ! 何もやる気がしないまま、半年以上が...
素晴らしきかな、人生/COLLATERAL BEAUTY (我想一個人映画美的女人blog)
邦題がどうかしちゃってるウィルの新作 この邦題はどう考えても映画ファンなら「素晴らしき哉、人生」(1946年、フランク・キャプラ監督作) のリメイクか?と思う。(でも別......