映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

モールス

2011年08月06日 22時48分54秒 | 映画 ま行
評価:★★★☆【3,5点】


オリジナルの良さを忠実に再現した作品。

リメイクといってもオリジナルに殆ど手を加えることなく
そのまま舞台と俳優を変えただけの作品なので
オリジナルと比較するなら俳優の好みくらいでしょうか。



ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が
同時に描かれたオリジナリティ溢れる物語を
恐ろしくも切ない作品に仕上げて世界中で評判を呼んだ
スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』を、
『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス監督が
ハリウッドで完全リメイクした感動サスペンス・ホラー。
主演は『ザ・ロード』のコディ・スミット=マクフィーと
『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ。

しんしんと雪の降る小さな田舎の町。
母親と2人きりで暮らす12歳の孤独な少年、オーウェン。
いつも学校でいじめにあっている彼は、
夜になると団地の中庭でひとり寂しく過ごしていた。
ある日、隣に引っ越してきたばかりの謎めいた裸足の少女アビーと出会う。
2人は夜の中庭で言葉を交わすようになり、少しずつうちとけていく。
その後、部屋の壁越しにモールス信号で連絡を取り合うまでになる2人だったが、
やがてオーウェンはアビーの驚くべき秘密を知ってしまう。
折しも、町では残酷な猟奇殺人事件が連続して発生し、住民を恐怖に陥れていた。
<allcinema>



既にオリジナル版を観ているだけに物語自体に衝撃を受けることもなく
淡々とした感じで、いろんなシーンを比較しながらの鑑賞でした。
主演の二人、特にオーウェン役のコディくんがなかなか良かった。
『ザ・ロード』を観て以来の登場ですが、綺麗な子役でした。
これはオリジナルの子よりも、ワタシはリメイク版の方がいいです。

そして、『キック・アス』でブレイクしたクロエちゃんは
こういうシリアス系には余り向いてないように感じました。
特に美形という顔立ちでもないので、途中から、故アイルトン・セナに見えてしまい
こちらはオリジナル版の少女の方がそれらしくて良かったです。

雰囲気的にはオリジナルの北欧らしい透き通るような寒空が
こちらでは今一歩感じることが出来なかったかなという感じですかね。

少女アビーが単独で行動を起こす映像は、今どきのCGとしては
チョットばかり時代遅れな印象でしたし、監督はあれで本当に良かったのか。
マット・リーヴスだけに『クローバーフィールド』の実力があれば
あんな映像で満足するはずがないと思うんですけど、、、
それとも意図的にそうしたのなら、その辺りがチョイと謎になりますね。

オリジナルで終盤にアビーの禁断のボカシ映像があったはずだけど
リメイク版ではその辺の意味深映像は出てきませんでした。
ちょっと残念(←おい)


おまけ)
・悪ガキいじめっ子のリーダーが『フラッシュダンス』に出てきた
 ストリップ劇場の呼び込み兄ちゃんにそっくりだった。

・溺死寸前プールのシーンの迫力はオリジナルに軍牌ですね。
 ということで、少年オーウェンを演じたコディくん以外は
 すべてオリジナルの方がよかったというのがワタシの印象でした。

・崖から落下する車を車載カメラで捉えた映像だけは新鮮だった。
 これ見て、シートベルトの重要性を思い知った(って、今ごろかよ)
--------------------------------------------------------------
監督:マット・リーヴス
脚本:マット・リーヴス
撮影:グレッグ・フレイザー
音楽:マイケル・ジアッキノ


出演:コディ・スミット=マクフィー/クロエ・グレース・モレッツ/
    イライアス・コティーズ/リチャード・ジェンキンス/


『モールス』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーズ2 (3D吹替え) | トップ | メタルヘッド »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆薄目で拝読(=^_^=)☆ (TiM3)
2011-08-08 00:22:01
やっぱりオリジナル版が気になるので、
そっちから先に観るかな~ とか思いつつ、
BS降臨を待ってます(=^_^=) ←やんねぇよ!

ヒロインは「この※※ン※野郎!」とか毒づいたりしてるんですか?(⌒~⌒ι)
コディくんは『ザ・ロード』でも『モールス』でも“いばらの道”ですね (ぺろんぱ)
2011-08-08 22:14:21
こんばんは。
私も日曜に観てきました。レヴューはやっとさっきアップしたばかりです。

北欧の空気感、ヴァンパイアの女の子、オリジナルの良さ再確認、共に全く同感です。読ませて頂いて嬉しく感じたほどです。

>悪ガキいじめっ子のリーダー

私も、どうもあの子は“いい子顔”に見えてしまって、さほど怖さがなかったです。

>シートベルトの重要性を思い知った

私は26歳の時に思い知りました。
あの時もしもシートベルトをしてなかったらと思うとゾッとします。
TiM3さんへ (ituka)
2011-08-08 23:21:54
こんばんは。

BS放送はまだまだでしょうけど、DVDならもう出てるのかな?
観るならやっぱりオリジナルからがいいと思いますよ。
本作ヒロインには是非ともタメ口で毒づいてほしかった(笑)
クロエちゃんは暗い表情より愛嬌ある笑顔の方がお似合いですかね~^^;
少なくとも本作でブレイクするようなインパクトはなかった感じでした。
ぺろんぱさんへ (ituka)
2011-08-08 23:45:38
こんばんは。

お!ご覧になったのですね。
やっぱり北欧独特の空気感って魅力的ですよね。
本作の雪景色がどことなく作りモノっぽかったのが残念でしたよ^^;

>どうもあの子は“いい子顔”に見えてしまって、

ですよね~!(笑)
できれば、ジャイアン系かジェイソン系、あるいはスネ男系とかメリハリ欲しかったです(おいおい)

>私は26歳の時に思い知りました。

わ!なんかすごい意味深ですね。
もしかして、本作なみに丘からゴロゴロってやつですかね。
貴重(?)な体験談をありがとうございます^^
やはりパスかな (笛吹働爺)
2011-08-10 20:07:04
オリジナルも見なかったし・・・。
ところで今朝の朝日新聞に紹介してあった、「ペーパーバード幸せは翼にのって」という映画。http://www.alcine-terran.com/paperbird/
10月に名演にかかるようなのでなんとか見たいと思います。
クロエちゃん。 (BC)
2011-08-10 22:52:17
itukaさん、こんばんは。

CGはB級映画みたいでしょぼかったですね。。。

確かに、クロエちゃんは故アイルトン・セナに似ていますね。
クロエちゃんはミステリアスな雰囲気や色気に欠けるような気もしましたよ。
クロエちゃんは快活な作品のほうが合いそうな気もしますね。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2011-08-11 09:13:23
お早うございます。

『ペーパーバード幸せは翼にのって』早速サイトの方へ行って来ました。
お~、なかなかいい感じの映画ですね。
モントリール観客賞など獲ってて期待出そうな雰囲気あります。
主役があの子役なんでしょうかね。ハンカチの用意かな^^
仮面でも付けてたら (ituka)
2011-08-11 09:20:41
BCさん、お早うございます。

特殊メイクやCGは使わない、見せないというやり方もアリなんですけどね。
『キック・アス』の印象が強いんで、本作のシリアスな演技にはちょっと違和感出まくりでした。
特に美形でもないんで、せめて仮面かアイパッチを装着するくらいの
遊び心を監督さんにしてもらいたかったです。
☆アイルトン・セナ☆ (ひろちゃん)
2011-08-15 17:04:13
こんにちは♪

セナファンですので、セナって書いてあるならコメントしなければ(笑)
どのへんで、セナに見えました?
確かにセナ美形でもないかもですが(怒)(笑)

itukaさんも、コディ君以外は、オリジナル派
なんですね^^
やはり、オリジナル観ないといけませんね^^

PS.あれっ?BCさんもセナに似てるって
言われてますね(苦笑)
お!意外ですがそうなんですか? (ituka)
2011-08-15 19:58:32
ひろちゃん、こんばんは。

これは意外な発見ですよ!(笑)
まさかアイルトンをご存じだったとは。。。チョット嬉しい^^

>どのへんで、セナに見えました?
>確かにセナ美形でもないかもですが(怒)(笑)

え~っとですね。もう最初からですよ(笑)
クロエちゃんの暗く沈んだ表情は、出走直前のナーバスな状態のセナにそっくりよ(笑)
美形でないのはクロエちゃんの方で、セナはF1界のジェームズ・ディーンだと思ってます。

オリジナルの方が雰囲気がある感じかな~^^

>PS.あれっ?BCさんもセナに似てるって
>言われてますね(苦笑)

そうそう!BCさんも同調してくれましたよ^^
多分にワタシと同じところで感じてくれたんだと思ってます。

コメントを投稿

映画 ま行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

モールス/コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ (カノンな日々)
スウェーデンのスティーヴン・キングと呼ばれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化した『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイク版です。予告編 ...
モールス (あーうぃ だにぇっと)
7月22日(金)@なかのZERO大ホール。 愚妻と通路にしゃがんみこんで食物を摂取していたらKLYさんに発見されてしまった。(笑) 今日はしょうもないカサキケイを連れていく。
『モールス』 (2010) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: LET ME IN 監督・脚本: マット・リーヴス 原作: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 出演: クロエ・グレース・モレッツ 、コディ・スミット=マクフィー 、リチャード・ジェンキンス 、イライアス・コティーズ 試写会場: なかのZEROホール 公式サイト....
モールス (Akira's VOICE)
暗夜行路のドラマチックホラー。  
モールス / Let Me In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click この20年のアメリカでNO.1のスリラー。とにかく劇場に駆けこめ。 観終わった後にお礼を言ってもらえればいい。 とまで言わしめた、ホラー小説の巨匠 スティーブン・キングが選ぶ2010年のベスト1 これはあの...
モールス (食はすべての源なり。)
モールス ★★★☆☆(★3つ) 試写会会場に貼られてた、クロエのサイン入りポスター。 こちらは、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク。 悲しいホラー。 酷評してしまった、オリジナル版だけど、ハリウッド版よりはよかったなと今思...
モールス (LOVE Cinemas 調布)
ヴァンパイアの少女と少年の恋を描いたスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッドリメイク。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』マット・リーヴス監督が務める。主人公の少年を『ザ・ロード』のコディ・スミット=マクフィー、ヴァンパイアの少女...
『モールス』 (ラムの大通り)
(原題:Let Me In) ----これはスゴい評判。 観る前から、胸わくわくさせていたけど、 どうだった? 「いやあ。 噂にたがわぬ映画。 だけど、この映画の魅力を語るのって けっこう難しい。 オリジナルが、 『ぼくのエリ、200歳の少女』。 すでに傑作との評価を得ている....
モールス (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LET ME IN】 2011/08/05公開 アメリカ R15+ 116分監督:マット・リーヴス出演:コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ、イライアス・コティーズ、リチャード・ジェンキンス 最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー 学校でのいじめに悩...
『モールス』・・・ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、マット・リーヴス監督、クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ、カーラ・ブオノ出演。
「モールス」(原題「Let Me In」)ハリウッドの底力 (ノルウェー暮らし・イン・London)
日本でも高い評価だった昨年のヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 原作もちょうど読み終わったし・・・・ ハリウッドがすぐさまリメイクした「Let Me In」は、さすがハリウッドも捨てたもんじゃない・・・・と思わせておいて~
モールス  監督/マット・リーヴス (西京極 紫の館)
【出演】  クロエ・グレース・モレッツ  コディ・スミット=マクフィー 【ストーリー】 1983年の冬。12歳の少年オーウェンが暮らす団地の隣室に謎めいた少女が父親と越してくる。学校では陰湿な苛めにあい、家では精神的に不安定な母親との息苦しい生活に孤独感を強....
モールス (だらだら無気力ブログ)
ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同時に描かれたオリジナリティ 溢れる物語を恐ろしくも切ない作品に仕上げて世界中で評判を呼んだ スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を、 「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督がハリウ...
モールス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界で60の映画賞を受賞したスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督が、ハリウッド版として映画化。連続猟奇殺 ...
★モールス(2010)★ (Cinema Collection 2)
LET ME IN 最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー 上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(アスミック・エース) 初公開年月 2011/08/05 ジャンル ホラー/ドラマ 映倫 R15+  【解説】  ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同...
■映画『モールス』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
スウェーデンのヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの原作小説「MORSE―モールス」をハリウッドで製作したこの映画『モールス』。 同じ原作を2010年にスウェーデンで映画され、日本でも2010年に『ぼくのエリ 200歳の少女』という邦題で公開されています。 私は、ス...
裸足の少女~『モールス』 (真紅のthinkingdays)
 LET ME IN  1983年3月、ニューメキシコ州ロスアラモス。孤独な少年オーウェン(コディ ・スミット=マクフィー)は、ある夜裸足の少女アビー(クロエ・グレース・モレッ ツ)と出逢う。  ホ...
モールス (映画的・絵画的・音楽的)
 『モールス』を新宿のシネマスクエアとうきゅうで見てきました。 (1)この映画は、ヴァンパイア物があまり好きではないので圏外に置いておいたのですが、『キックアス』のクロエ・モレッツが主演し、評判もわるくはなさそうなのでドウしようかなと思っていたところ、夏....
遥かな時の旅人「モールス」 (茅kaya日記)
 中学生の頃にバイブルのように読み返したコミックがある。18世紀ヨーロッパ、少年のままヴァンパイアとなってしまったエドガーとアランの物語、あの有名な「ポーの一族」だ。 「僕の彼女、200歳のエリ」は観ていない。子供のヴァンパイア話はポーの一族に勝る...
モールス (心のままに映画の風景)
1983年、ニュー・メキシコの田舎町。 孤独でいじめられっ子のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、隣に引っ越してきた少女アビー(クロエ・モレッツ)と出会い、少しずつうちとけていく。 そ...
モールス (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:モールス 制作:2010年・アメリカ 監督:マット・リーヴス 出演:クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ あらすじ:学校でのいじめに悩む孤独な12歳の少年オーウェン(コ...
モールス (悠雅的生活)
ルービック・キューブ。ロミオとジュリエット。閉ざされた窓。
モールス (銀幕大帝α)
LET ME IN/10年/米/116分/ホラー・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:マット・リーヴス 過去監督作:『クローバーフィールド/HAKAISHA』 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『MORSE-モールス-』 脚本:マット・リーヴス オリジナル脚本:ヨン・アイヴィデ・....
モールス (いやいやえん)
再見につき加筆修正あり。 「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク作品です。クロエ・グレース・モレッツちゃんがヴァンパイア役に扮しています、相変わらず可愛らしいですね。 話の流れは大体同じ。苛められっこのオーウェンがアビーと出会う。モールス信...
モールス (Let Me In) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マット・リーヴス 主演 コディ・スミット=マクフィー 2010年 イギリス/アメリカ映画 116分 ラブロマンス 採点★★★★ 中学の時に初めて出来た彼女が年上だったこともあってか、しばらくの間は作る彼女全員年上って状態だった私。いいもんなんですよねぇ、...
映画「モールス」を観て (kintyre's Diary 新館)
11-55.モールス■原題:Let Me In■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■鑑賞日:8月20日、シネスクエア東急(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督・脚本:マット・リーヴス□原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト□撮影監督:グレイグ・...
映画「モールス」批評 切ないホラー(u_u。)  (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
モールス観ましたよ~(◎´∀`)ノ こんばんは、現在夜勤中っす[E:happy0
モールス : 危険な純愛映画 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートのご回答ありがとうございます。今までのアンケートの中でも、回答いただくペースが一番早いものになっております。それだけ、日