映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

とらわれて夏

2014年05月01日 16時57分35秒 | 映画 た行
評価:★★★【3点】


ケイト・ウィンスレットのひとり芝居でも成り立つとか?(笑)

夫と離婚し精神的に不安定なアデルを治癒する方法として
こういった状況に於ける荒治療がもっとも効果的であるということを
本作は証明してみせたのではないか。(ほんとか)



アメリカ東部の小さな町。
レイバーデイを週末に控えた穏やかな9月初旬。
夫に去られたシングルマザーのアデルは
癒されぬ心の傷を抱えたまま、
一人息子のヘンリーとともに静かな日々を送っていた。
ある日、スーパーマーケットに買い出し行った2人は、
ケガをしていて見るからに怪しげな男に声を掛けられ、
自宅まで車で連れ帰るよう脅される。
彼の正体はフランクという名の逃亡犯だった。
恐怖から、言われるままに彼を匿うしかなかったアデル。
しかしフランクは決して危害は加えないと約束し、
男手がなく苦労していたアデルの家事を手伝い、
一方でヘンリーにも優しく接して父親のような存在になっていく。
根は優しいフランクに、次第に心惹かれていくアデルだったが…。
<allcinema>



13歳の少年が体験した“忘れ得ぬ5日間”
少年目線で描かれたひと夏の経験ならぬ体験を主人公の
ナレーション方式でドラマは進行していく。
日本の『北の国から』のような演出方法は、やはりいいね(笑)

もしも、彼が脱獄犯でなかったら
このフランクは、とても理想的な父親像であるなと思った。

見た目の粗暴な感じと裏腹にアデルとヘンリーらに優しく接する。
次第にこの母子は彼に心許すのであるが
さて、そうなってくるとひとつの問題が生じてくるのだが
そこがこの映画のキーであり、見どころとなっている。

穏やかな片田舎の小さな町であるが故、脱獄犯を匿う
彼女らの勇気は並大抵のことではなかった。

フランクに身も心も許した母を拒絶することなく
逆に母を救ってくれる唯一の人物としてヘンリーは嬉しかった。

うつ状態のアデルを演じたケイトが実に巧い!
そして、そんな母を優しく見守る息子ヘンリーも年頃の男の子。
2階の寝室にいるフランクと母の会話が途切れ、
次第にリズミカルな音が聴こえてくることへの葛藤も
リアルに描かれている。
この辺りは『JUNO/ジュノ』や『ヤング≒アダルト』を撮った
ジェイソン・ライトマン監督ならではの繊細な演出法であると思う。


【今週のツッコミ】
・脱獄犯であるフランクは、なぜ脱獄したのか。
 そうしなければならなかった理由付けがもうひとつ伝わってこない。
 これがしっかり描かれてないから、彼を応援する感情が弱くなる。

・できれば、ご近所さんが訪問する頻度をもう1〜2回増やせば
 この映画はサスペンスドラマとして確立できたであろう。

・障害の息子を持つ近所の奥さんの図々しさにお口アングリ(笑)

・その障害の子を他人の家で折檻するあの奥さんにドン引きだった^^;
 彼女が受け取ったであろう1万ドル、これをどう使うのか気になる。

・本作も前情報一切なしだったのでラストで出てきた人物にびっくり!

・ちなみに、ヘンリー役は中学生、高校生、成人と
 劇中に3人出てくるんだが、高校生までは似た子を選び順当だったが
 ラストで彼が出てきたとき、それはないだろう!だった^^;

・ライアン・レイノルズはスケジュール合わなかったのだろうか。
 と勝手に決め付けてしまったが、ワタシなら彼にオファーしたであろう。

・同じ警察官でもマーベル作品と比べると、その重みがすごく違う^^

・中学生のヘンリーと知り合う同世代の女の子役の子のメイクに「お〜!」
 あちらのティーンエイジは恐ろしくセクシーだな^^
 ジャッカスのクソジジイの孫に開口一番「シナモンちゃん」と言われそう。

・高校生のヘンリーはCGじゃないよね(爆)

・母を想う一心で作ったお手製クーポン券にババを一枚入れてほしかった(こら)

・店のレジ打ち従業員に無言で何か訴えようとするケイトの演技。
 『ムービー43』の時もそうだったけど、これは彼女の十八番だな(笑)

・このドラマにジャッカスのようなクソジジイが脱獄訪問して来たら
 ヘンリーの将来はあらぬ方向に進んでいたことだろう(アーメン!)
--------------------------------------------------------
監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ジェイソン・ライトマン
音楽:ロルフ・ケント


出演:ケイト・ウィンスレット/ジョシュ・ブローリン/ガトリン・グリフィス/
    トビー・マグワイア/ブリード・フレミング/


『とらわれて夏』
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファイ 悪魔に育てられた少年 | トップ | ネイチャー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜☆ (kira)
2014-05-03 00:09:28
私はキャストの欄にあのひとの名前があったので、
これは後日談までを描いてくるんだと思い、ソレで終わらなさ気だったので観に行きました〜。
なので、過去系で語るナレーションが、あのひとだと直ぐに気が付いたんですよ。
そう、大人の彼は正面から撮らなくて正解

【今週のツッコミ】
未見のジャッカスネタ以外は全く同意
特にフランクの、隙があるだけでお腹切ったばかりで入院できるのに、もひとつ理解しがたいところでした。

そうそう、海外ドラマ「クローザー」のロス市警の本部長が隣人でピーチをもってきてましたが(笑)
もっといろいろ持ってつきまとうのかと期待しちゃったわ
まあ、
男のたしなみを13で教えられ、いちいち役に立っていくラストは好き〜
kiraさんへ (ituka)
2014-05-03 20:34:51
こんばんは。

>私はキャストの欄にあのひとの名前があったので

お〜!なるほど!
最近、大物のカメオが多いんですが、今回はクレジットされてましたね。
それにしても、あの流れでくる人相であるなら元スパじゃ、違和感あり過ぎでした(爆)
でも、そんなに突っ込むネタではないですね。

ジャッカス未見でしたか〜!
ふざけた映画なんですが、たった4人の俳優であれだけ面白く撮れるもんだと感心した映画でしたよ(笑)

>海外ドラマ「クローザー」のロス市警の本部長が隣人

さすが!詳しい^^
本部長も遂行できるほどの女優さんなんですね。
どうりで演技が巧かったわけだ^^

>男のたしなみを13で教えられ、いちいち役に立っていくラストは好き〜

あんな風なラストになるとは嬉しい誤算でした(笑)
てっきり、『明日に向かって撃て』『ひまわり』のような哀しい結末になると思ってたんで
最後でファンタジーになってよかった!
最新レビューの作品にも興味を抱きつつ、こちらにお邪魔します (ぺろんぱ)
2014-05-21 22:02:58
ケイト好きな私でしたが結局スルーとなってしまい残念ですが、何人かのブロガーさんの記事は読ませて頂き、来たる(いつの日かの)鑑賞に備えさせて頂くことにします。^_^

友人が以前にチラシを送ってくれたこともあり、本作には想いを寄せておりました。ケイト、ブルージャスミンも興味深いもう一人のケイト共々、実力派の女優さんですよね〜。

本作の監督さん、マイレージマイライフが思い出されますが、私はジュノもヤング…も未見です。どちらがよりお薦めですか?
というより、何度か引合いに出されているジャッカスのクソジジイとやらを是非観てみたいです^_^!!

ぺろんぱさんへ (ituka)
2014-05-22 20:42:23
こんばんは。
ケイトとくれば真っ先に思い浮かぶのがベッキンセールです(笑)
次がブランシェット>ウィンスレットの順でしょうか^^

本作の彼女もやはり演技は巧いです。
さすがオスカー俳優のことだけありますよ^^
いずれテレビ放映されると思いますが、ちょいとエロス入ってますので微妙かもしれません(笑)

そうそう!『ブルージャスミン』これ観たかったのですが、地元で公開されず悔しい思いをしています。

>私はジュノもヤング…も未見です。どちらがよりお薦めですか?

この2本、どちらも見ごたえありますよ。
とりあえず1本に絞るなら『ヤング≒アダルト』を是非ご覧くださいませ^^

『ジャッカスのクソジジイ』、これはもう超お薦めです(爆)
オープニングロールに (オリーブリー)
2014-05-27 17:54:07
しっかりとトビーの名前があったと思いますが、、、(爆)
でもまああれだけなら、声だけでも良かったような気がしないでもない(苦笑)
恋人か嫁か、一緒にベットにいた女性はあのギャルメイクの子なのかしら、、、とか思ってみたり(笑)

実はもう少しサスペンスフルなこともあるのかと思っていたんですが、優しいドラマに心が暖まりました。
キャスティングは間違なかったですね。
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-05-27 19:26:35
こんばんは。
オープニングロールにありましたっけ(笑)
たぶん、ほとんど文字向こうの背景しか見てなかったかも^^;

成人したヘンリー(トビー)の横にいたのがギャルメイクの子だったら
ヘンリーはどれだけ奥手なんだよ!と思いますよね^^;
中学であのメイクなら成人したらもっとぶっ飛んでいそう(笑)

>実はもう少しサスペンスフルなこともあるのかと

まったく同感です!(笑)
それを期待していたんですが、意外な方向に話が進んで行っちゃって
でも、あのラストなら清々しい気分で映画館を出られたから結果オーライって感じです(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『とらわれて夏』 (ラムの大通り)
(原題:LABOR DAY) ----『とらわれて夏』… ちょっとカッコいいタイトルだよね。 文学的と言うか…。 「うん。 原題は『LABOR DAY』(労働者の日)。 この内容で、そんなタイトルつけたら、 配給会社が狙っているターゲットは そっぽを向いてしまう」 ----どんなお話ニ...
『とらわれて夏』(映画)(2013)ー擦り切れた女心にピーチパイを、逃亡犯と過ごす優しくも切ない夏 (マンガデシネ)
 『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督・脚本、『とらわれて夏』を観て来た。まぁジュノの方は予告編を観るだけでお腹いっぱいになってしまい結局未見のままなんですが、 ...
とらわれて夏〜不思議なピーチパイ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Labor Day。ジョイス・メイナード原作、ジェイソン・ライトマン監督。ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、トビー・マグワイア、 ...
とらわれて夏 (to Heart)
原題 LABOR DAY 製作年度 2013年 上映時間 111分 原作 ジョイス・メイナード 監督 ジェイソン・ライトマン 出演 ケイト・ウィンスレット/ジョシュ・ブローリン/ガトリン・グリフィス/トビー・マグワイア/トム・リピンスキー/ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク/ディラン....
映画:とらわれて夏 Labor Day  登場人物たちに、まるで永遠のように記憶される 5日間。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
既に2度もアカデミー賞にノミニーの、ジェイソン・ライトマン監督の最新作。 (「JUNO/ジュノ」「マイレージ、マイライフ」) 買物に出かけた主婦(ケイト・ウィンスレット)は、息子が逃亡犯(ジョシュ・ブローリン)に巻き込まれ、家に。 その日の夜に、消え失せ...
『とらわれて夏』 2014年5月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『とらわれて夏』 を鑑賞しました。 今日は映画の日ですが、増税後なので¥1,100-でした。 今までの¥1,000-から¥100の値上げですが、この¥100が行く気を削ぎますね(笑) 【ストーリー】  9月初めのレイバーデーの連休が迫る、アメリカ東部の閑静な町。シングルマ...
とらわれて夏/ケイト・ウィンスレット (カノンな日々)
「ライ麦畑の迷路を抜けて」などで知られる作家ジョイス・メイナードの原作を基に『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督がケイト・ウィンスレットを主演にシン ...
とらわれて夏 (secret boots)
評価点:82点/2013年/アメリカ/111分 監督・脚本:ジェイソン・ライトマン 人生における〈接点〉 1987年夏、13歳の息子を持つアデル(ケイト・ウィンスレット)は夫と離婚し、失意の中にいた。 彼女にはパニック障害があり、外出を避けていた。 月に...
映画・とらわれて夏 (読書と映画とガーデニング)
原題 Labor Day2013年 アメリカ 夏の終りの5日間過去の傷にとらわれた母を救い出したのは心優しい脱獄犯だった− 1987年の夏の終わりアメリカ東部、ニューハンプシャー州の小さな町に住む13歳のヘンリー(ガトリン・グリフィス)は、過去のつらい出来事からト...
『とらわれて夏(LABOR DAY)』ジェイソン・ライトマン監督、ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリング・グリフィス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『とらわれて夏(LABOR DAY)』ジェイソン・ライトマン監督ケイト・ウィンスレットジョシュ・ブローリンガトリング・グリフィス、他物語・9月初めのレイバーデーの連休が迫
「とらわれて夏」 (ここなつ映画レビュー)
こういう、言わばメロドラマ的な、ハーレクイン・ロマンス的なものをわざわざ映画館で観るのってどうなの?と思いながら、まあターゲットは間違いなく私(の属する属性)なのだろう、と思いつつ、劇場に行ってみたら、観客が男性ばかりなのに驚いた。たまたま、だとは思う...
とらわれて夏 (映画的・絵画的・音楽的)
 『とらわれて夏』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)ケイト・ウィンスレットが出演するというので映画館に行ってきました。  本作の時代は1987年の夏の終りの5日間、舞台はアメリカ東部のニューハンプシャー州の小さな町(注1)。  冒頭では、その町から、シングルマザ...
『とらわれて夏』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「とらわれて夏」□監督・脚本 ジェイソン・ライトマン□原作 ジョイス・メイナード□キャスト ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、       トビー・マグワイア、トム・リピンスキー ■鑑賞日...
とらわれて夏 (心のままに映画の風景)
1987年、アメリカ東部ニューハンプシャーの小さな町。 レイバーデイ(労働者の日)を控えた9月初旬、シングルマザーのアデル(ケイト・ウィンスレット) は、癒されぬ心を抱えたまま、13歳の息子ヘンリー(ガトリン・グリフィス) と静かな日々を送っていた。 ある...
とらわれて夏 (映画好きパパの鑑賞日記)
 心優しい脱獄犯と恋に落ちる母親を子供の視点から見た物語。なんか現実離れしているというのか、もっとうまくやればいいのに、とイライラする部分もあり、いま一つ物語に入り込めませんでした。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ジェイソン・ライトマン 出...
映画『とらわれて夏』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-40.とらわれて夏■原題:Labor Day■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:111分■料金:1,100円■観賞日:5月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本・製作:ジェイソン・ライトマン◆ジョシュ・ブローリン◆ケイト・ウィンスレット◆...
とらわれて夏 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「ライ麦畑の迷路を抜けて」などで知られる作家、ジョイス・メイナードの原作を実写化したラブストーリー。ひょんなことから逃亡犯の男性をかくまうことになった女性が、彼と惹(ひ)かれ合った果てに重大な決断をする5日間を見つめていく。監督は『ヤング≒アダルト』な...
その夏の出来事、 (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「とらわれて夏」を鑑賞しました。  レイバー・デイを週末にひかえたある日、小さな町で暮らすシングルマザーのアデルと13歳の息子ヘンリーは、 脱獄犯のフランクに強要され自宅に匿うことに、危害は加えないと約束したフランクは母子ともに交流を...
とらわれて夏 (いやいやえん)
【概略】 シングルマザーのアデルと息子のヘンリーは、偶然出会った逃亡犯・フランクを匿うことになる。共同生活を送る間に、3人は次第に心を通わせていくが…。 ドラマ ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン共演。 癖のある役者やメロドラマ的なタイ...