映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

アンストッパブル

2011年01月08日 22時18分44秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】


鉄道映画に外れなし!
ワタシが知ってるだけで鉄道関連またはそれを道具と
して作られた傑作アクション映画といえば・・・。

『天国と地獄』
『カサンドラ・クロス』
『大陸横断超特急』
『カナディアン・エクスプレス』などなど

鉄道メインじゃなくてもいいなら、まだまだありそうです。

今回の映画は、超重量級の貨物列車の暴走を
テレビ報道ニュースでその一部始終を見ている視聴者の気分でした。
そして、鉄道会社の対応状況なども同時に見られるという
これは、ある意味、報道ニュース特別番組と言ってもいいくらい。




ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場。
この日、初めてコンビを組むことになった勤続28年のベテラン機関士フランクと、
職務経験4ヶ月の新米車掌ウィル。
始めからソリが合わず、それぞれ私生活でも問題を抱える2人は、
険悪な雰囲気で旧式機関車1206号に乗り込むことに。

その頃、同州のフラー操車場では、運転士によるブレーキ操作のミスが原因で、
最新鋭の貨物列車777号が無人のまま走り出してしまう。
39両の大編成で全長約800メートルを誇るそれは、
極めて危険性の高い化学物質とディーゼル燃料を大量に積んでいるため、
その先に待ち受ける急カーブで転覆すれば大惨事に発展することは必至だった。
思わぬ事態に騒然となる現場を尻目に、みるみるスピードを上げていく777号。

あらゆる手立てを講じるも敢えなく失敗に終わる中、
全ての命運を託されたフランクとウィルは1206号の機関車両を777号の最後尾に
連結させ、ブレーキでその暴走を停止させるという無謀な手段に出るのだが…。
<allcinema>



熱くなった!
これぞ、男の仕事だってね(笑)
事件は現場で起きているんだ!青島刑事の名セリフをココで引用したいわ。

いざとなった時にオフィスに居て何が出来ると言うんでしょうか。
現に指令室のコニーやオフィスの上司ガルビンらが未曾有の事件に
その情報収集の段階でかなりトッチラかってましたからね。
とにかく暴走機関車の位置情報や速度、積荷の種類など
万が一脱線転覆するとしたら速度と路線形状を速やかに計算しなければいけない。
そして、被害を最小限に食い止める方向に持って行くことが彼らの責務である。

情報と指示が入り乱れてしまい、挙句はテレビ中継で教えてもらう始末に
鉄道会社の面目はまる潰れ状態という演出もなかなかお見事!

元海兵隊の鉄道員が州警察のヘリに乗り込み、空から
暴走機関車に飛び移るという作戦に目頭が熱くなってしまった。
なんでしょうこれは!きっと彼ならやってくれるという安心感からかと。
『ワールド・トレード・センター』で生き埋めになっていたマクローリンらが
カーンズ元海兵隊員を見つけた時の感動に似ていた。
しかし、この作戦もチョットしたオチが可笑しかったですけどね。

ホンの些細な操作ミスから、こんな大災害に発展するとは
誰も予想など出来ないのです。
現場作業中にドーナッツ喰いながら談笑する操車場作業員。
おそらく、普段の慣れから来る怠慢な仕事をし手抜きをすると
こんなことも起きるんですよ的な警告映画と観ました。
これは、鉄道員の心得なるマニュアル映画とするのも面白い。


追記)
・ツボだったシーン「テレビに教えられてどうする!!!」を吐いた
 鉄道会社の対策本部(?)の上司ガルビンの台詞(爆)

・暴走する貨物機関車をヘビー級に例えるならデンゼルとクリスの乗る
 機関車はミドル級といったところか。子供が酔っ払った大人を連れ帰る、
 そんな光景をイメージしたんですが。

・クリスと妻の別居事情を台詞による説明だけでなく、映像として本作に
 取り入れていたらラストでより感動できたと思う。チョット惜しかった。

・デンゼルパパと長女の確執も↑と同様に描き方がやや足りない。
 どちらも家族構成に問題アリというところが美味しいオカズだったのに。
 そういえば、その長女って『トロン』で案内役4人のひとりだったのね。
 エリザベス・マシスか~チェックしよっと(爆)

・この映画の隠れヒーローは、ピックアップで暴走機関車を追いかけていた
 鉄道溶接工のあのオっちゃんではないでしょうか。
 彼が居なかったら本作はより一層の火薬量を必要としてたとも言える。
 つまり、ラストが別の方向に向かったことになるでしょう。
 それとも、アソコでデンゼルパパが飛ぶ?これもアリか(笑)
--------------------------------------------------------------
監督:トニー・スコット
脚本:マーク・ボンバック
撮影:ベン・セレシン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ


出演:デンゼル・ワシントン/クリス・パイン/ロザリオ・ドーソン/ケヴィン・ダン/
    エリザベス・マシス/


『アンストッパブル』
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7級公務員 | トップ | ソーシャル・ネットワーク »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆タイトルセンスが☆ (TiM3)
2011-01-08 23:33:46
何だかバカっぽいですが(おい!)
高松でも公開されてるので、結構な期待値を高めとる
ワタシです。

最後に主人公が無傷で助かって「アンブレイカブルだった」
みたいな驚愕のオチ・・じゃないんでしょうね(=^_^=)
列車の警笛音が好き (ituka)
2011-01-08 23:50:05
TiM3さん、こんばんは。

バカっぽいタイトルもココではアリかな~という
そんな映画でしたよ^^
取り敢えず新年第一段の映画としてはなかなか面白かったです。
大満足とまではいきませんが、滑り出し好調な2011年といったところでしょうか(笑)

革靴の上から止血する裏ワザを本作で学びました(爆)
もしも… (オリーブリー)
2011-01-09 11:10:45
ミスした運転士がメタボでなければ…
最初の段階で追いついて飛び乗ったのかも(笑)
アメリカはおデブさんに対する位置づけが厳しいですよねぇ。
ゾンビの餌食になるのも、まずはおデブさんとのコトだし(笑)
しっかし、このコンビ、デンゼルとクリスの爪の垢を飲みなさいっ!!だわ!

ところで、「フーターズ」ってもんが存在するんですね。
ワンサイズ小さいユニフォームを支給されるそうな…。
日本にもあるそうで。
映画って、ホント、勉強になります(爆)
メタボはダメね (ituka)
2011-01-09 19:25:42
オリーブリーさん、こんばんは。


ヤツはあれで全力疾走してたんでしょうね^^;
見てる側からは早歩き程度にしか思えなかったです。
もしもあの時、追いついていたならデンゼルの早期退職やら
クリスの裁判での決定項目が辛いまんまでしたもんね。
ある意味、メタボくんはふたりの家庭を良い方に救った救世主ってことになるのかな~(笑)

>ところで、「フーターズ」ってもんが存在するんですね。

フッターズってアメリカ発症でしたかね?
タンクトップとオレンジ色のピッチピチのショートパンツ。
ローラースケート履いてるウエイトレスは過去映画で何度も見てますがアレかな?^^
日本や中国もあるそうですね。
名古屋はないのかな(爆)

こんばんは! (アイマック)
2011-01-09 23:02:11
鉄道映画って結構あるもんですね。
ニュース速報として自分がみてる感覚でした。
大暴走列車でしたよ。
デンゼルとクリスの家族事情はつまみみたいなものでしたね。笑
それからこの記事だけTB送れなくて、申し訳ないです。。
列車を使った逃亡劇が好き (ituka)
2011-01-10 20:53:05
アイマックさん、こんばんは。

暴走列車ってなかなか停められないんですね。
列車の重みプラス速度で脱線ストッパーが木端微塵でしたもんね^^;
列車を使った逃亡も結構好きなんですよ。

彼らの家庭事情をもっと掘り下げていたらラストでもしかしたら泣いてたかも^^;

TBの件、気にしないでくださいね。
編集画面のベータバージョンが不安定なのかもしれませんね^^
(因みに、旧バージョンにしないと「日本インターネット映画大賞」にTB出来ませんでしたよ)
☆観て来ました~☆ (TiM3)
2011-01-13 07:27:34
ハンサム&クールな、あの鉄道局のヒゲ兄さんには、
もう少し本筋に絡んで欲しかったですねぇ。

後半以降、ちとフェードアウト気味でしたから(・ω・)

ガルビン部長の「処分」には、場内から笑いがもれてましたよ(=^_^=)
メタボの職員さん (mariyon)
2011-01-13 09:07:39
すべての発端となった彼、最後はファーストフードに転職は笑えましたが、
職員さんたち、食べたもののごみを散らかす、適当な確認、ケータイ(私用で)使いまくり。
かなり、危ないです(笑)
でもまあ、それだからこそ、この大事件がおこって、映画にもなったわけでしょうか?
ライブ映像と、実際の映像(もちろん作り物だけど)をむちゃくちゃうまく取り入れてあって、ほんとうにおもしろかったです!
鑑賞お疲れです^^ (ituka)
2011-01-14 00:00:21
TiM3さん、こんばんは。

今月は小粒ながら良作が多い雰囲気なので楽しみです。

>ハンサム&クールな、あの鉄道局のヒゲ兄さんには、

あのスーツ姿の知的なお兄さんですよね。
要所で雑学の帝王みたいに情報出してましね^^;

>ガルビン部長の「処分」には、場内から笑いがもれてましたよ(=^_^=)

こちらも場内で笑いが起きましたよ(笑)
しかしアレですよ、外国の鉄道局の現場の安全管理は酷いです。
日本じゃまず考えられないんじゃないかな^^;

それにしても、10年前のデンゼルパパなら、あの距離なら躊躇なく走って飛んでたと思います(笑)
ってことでクリスの出番なし状態になってたりして^^;

入社してからメタボ? (ituka)
2011-01-14 00:08:24
mariyonさん、こんばんは。

それとも、あのメタボで入社できたのかが気になってます。
エアーブレーキホースの外れは目視したら即行修正しないとね~^^;
メタボのお兄さんは、結構仕事をショートカットしてましたね。
彼なりに合理的な方法だったのでしょう(笑)

この映画の良いところは、仰るようにライブ映像とニュース映像をうまく使い分けたところでしょう(*^-゜)vィェィ♪
なかなかでした (笛吹働爺)
2011-01-31 17:05:10
今日観了しました。
☆4.5です。-0.5はお色気が無かったところ。
ご覧になったのですね (ituka)
2011-02-01 00:49:31
笛吹働爺さん、こんばんは。

なかなかの高評価じゃないですか^^
男気を感じさせる映画でしたよね。
お色気は確かになかったですよね~
デンゼルの娘ふたりがもうちょっと本筋にからん来てくれたらよかったのにと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって...
アンストッパブル/デンゼル・ワシントン、クリス・パイン (カノンな日々)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故をモチーフに『サブウェイ123 激突』のトニー・スコット監督が映画化した大作サスペンス・アクション映画です。トニー・スコット監督とデ ...
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
アンストッパブル (Memoirs_of_dai)
トニー・スコットのいい仕事 【Story】 大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車777号が整備ミスにより走り出す。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)と、...
アンストッパブル (心のままに映画の風景)
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
「アンストッパブル」燃えるぜ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トニー・スコット] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
映画「アンストッパブル」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はラジオNIKKEIさんと東京建物さんだ。映画上映前に篠崎菜穂子さんの司会で前説と、宿泊券、ウォークマン、クオカード、プレスシートが当たる抽選会が行われた...
アンストッパブル (映画鑑賞★日記・・・)
【UNSTOPPABLE】 2011/01/07公開 アメリカ 99分監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン生きて帰れ ...
映画「アンストッパブル」 (FREE TIME)
映画「アンストッパブル」を鑑賞。
アンストッパブル (ハクナマタタ)
一言で言うと、暴走機関車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
アンストッパブル(2010)●UNSTOPPABLE (銅版画制作の日々)
 生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 全米が固唾をのんで成り行きを見守ったその大事...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度...
トニー・スコット監督 「アンストッパブル」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年最初のCinemaレビューになりますが… 劇場で観た映画は実はこれが今年2本目 1本目は昨年暮に観た「相棒‐劇場版2‐」の再鑑賞 だって今年最初の公休日(6日)に、私が観たいと思える作品がまだ上映されてなかったンだもん 2回目の公休の今日(13日)...
映画「アンストッパブル」の感想です。 (MOVIE レビュー)
今年1本目の映画「アンストッパブル」を観ました。 ストーリーは実にシンプルで、運転士の軽はずみなミスから、走る破壊兵器と化した無人機関車を追いかけて停止させるというもの。これが、単純な話なのに面白かったです。この映画は2001年にアメリカ・ペンシルバニア州で...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
暴走列車を止めよ (笑う学生の生活)
9日のことだが、映画「アンストッパブル」を鑑賞しました。 無人列車が暴走 それを止めようとする機関士2人の奮闘 ストーリーはシンプル 暴走列車を止める パニックアクション なんか ありがちというか 一昔前の作品ぽいですが・・・ 単純明快に面白い ハラハラドキ....
アンストッパブル (小部屋日記)
Unstoppable(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 生きて帰れたら、いいたいことがあるんだ。 通算5回目となるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコラボレーション。 20...
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! これがバッタバッタと車から何からぶっ飛ばして暴走。 た....
アンストッパブル (Recommend Movies)
列車を止める使命を託された、二人の男の物語 予告編を観てテンションが上がったので勇んで劇場へ♪ デンゼル・ワシントンって運行司令部勤務じゃなかったっけー ペンシルベニア州にある操車場で最...
(映画) アンストッパブル (ゼロから)
TV中継を見ながら実際の場面を見ているような感じがする映画でした。機関車の早い動きを見せるためにコマの一部カットを行って撮影の工夫していました
暴走無人列車~『アンストッパブル』 (真紅のthinkingdays)
 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
失うモノがない男、取り戻したいモノがある男。『アンストッパブル』 (水曜日のシネマ日記)
実際に起こった列車暴走事故をモデルに作られた映画です。
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
映画『アンストッパブル』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-4.アンストッパブル■原題:Unstoppable■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:林完治■鑑賞日:1月10日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円ス...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...