映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ボーン・レガシー

2012年10月02日 22時33分04秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】


エドワード・ノートンの存在感がひときわ目立った。 

ジェレミー・レナーも頑張っていたけれど
今回は脇の彼が主役を食っちゃったという印象ですかね~。



記憶を失った最強暗殺者ジェイソン・ボーンの存在によって
CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”が
暴かれようとしていた。
それはさらなる極秘計画“アウトカム計画”にも波及し、
国家調査研究所のリック・バイヤーはCIAを守るため、
すべてのプログラムを闇に葬り去るべく動き出す。
関係者が次々と抹殺されていく中、
アウトカム計画の“最高傑作”アーロン・クロスは
間一髪で逃げ延びる。
アーロンは同様に命を狙われた研究者マルタを救い出すと、
体調の維持に必要な薬を求めて
フィリピンのマニラへと向かうのだったが…。
<allcinema>



アメリカでコケたようなことを耳にしたけど
思ったほど悪くないじゃん!ってのが最初の印象。

ただ、序盤の分かりづらい展開と終盤のマニラを舞台とした
一連のアクションは、ちょっと期待外れだった。
ボーンシリーズの名脚本家トニー・ギルロイが
監督をすると、演出面でワザと複雑にしてる印象が。。。(苦笑)
おそらくマニアなら、その面白さを見抜くんでしょうが
監督としてのトニーになんら興味を持たないワタシには
退屈なモノとしか見れません^^;

それでも、ジェイソン・ボーンの影で
実はこんな話が進行してたなんて
なかなか面白い世界観を作ってくれるもんだ(笑)

ボーンシリーズで出てくるいろいろな計画が
イマイチ分かりにくいっていうのもありそうなので
そういうときはこちらを参考におさらいすると助かりそうです。

本作最大の見どころといえば
ずばり!国家調査研究所のリック・バイヤーの的確な指揮力。
『逃亡者』のトミーのおっちゃん並の存在感に目が釘付け(爆)
半日も前に逃亡したアーロンらを国家間をまたぎ追い詰めていく。
もう、ここだけで手に汗握る展開で大満足でした(笑)

なので、その後に出てくる、あの№3の作戦員とのバイクチェイスは
べつに無くてもよかったくらいでした(爆)
あのチェイスシーンが本作最大の売りだったら、ごめんなさいだね。

ボーンシリーズは今後ふたりの競演がありそうですが
もしそうなったら、『アベンジャーズ』以上の期待感持ちますよ(笑)


【今週のツッコミ】
・今回の映画で初めてシリーズの中の計画というものを知った(おい)
 なんとか計画とか多すぎちゃって、ワタシの単細胞では理解できない。
 本作が意外と初心に帰った作りをしているので調べる気になったのかも。

・計画の作戦員は人と扱われていないのが恐ろしい。
 ジェイソン・ボーンはただ単に最初から強い人間と思ってたからね(汗)
 
・ちなみに、アーロンくんは誰の指示でアラスカで訓練してたのだろうか。
 せめて、薬の使用報告くらいしてあげてくださいよ。
 『デンジャラス・ラン』の地方に飛ばされた局員のような扱いだった。 

-----------------------------------------------------
監督:トニー・ギルロイ
脚本:トニー・ギルロイ/ダン・ギルロイ
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード


出演:ジェレミー・レナー/エドワード・ノートン/レイチェル・ワイズ/
    デヴィッド・ストラザーン/スコット・グレン/ジョアン・アレン


『ボーン・レガシー』


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイアン・スカイ | トップ | ロラックスおじさんの秘密の種 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェレミーって、 (オリーブリー)
2012-10-03 00:02:51
肉体が良いし、圧も感じる役者さんだけど、改めて観ると、主役張るタイプではないかも知れませんね。
二番手だから栄える、、、みたいな^^
ノートンなんて、流石の存在感でしたよ。

明日、「マロニー」さん観てきます。
エアポートの無料ポイントが溜まりに溜まってるんで、消化~~(笑)
そのまま夕食の買い物も出来るので、楽チン!
(あそこの焼き鳥、安くて美味しいのだ~笑)
まぁまぁかな (笛吹働爺)
2012-10-03 19:56:52
ハンガー・ゲームにしようか迷ったがこれを見ました。
☆3.5
ひたすら逃げるだけですが、バイクシーンも含めそれなりに
楽しめました。
冒頭、やはり何故1人でアラスカに?という疑問はありますね。それと他のメンバーが感覚が鋭敏になってるはずなの
にやすやすと毒薬を飲んでしまうというのはどうよ?
さて今後どこまで逃げ切れるか、またジェイソンはどこへ消
えたか? 続編あるかもしれませんね。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-10-03 22:08:52
こんばんは。
もしかして、ジェレミーに対する不安視は、そのまま採点につながってるのかもしれませんね。
今回の映画のような場合、もっとアクの強さが必要だったのかもな~(笑)
トムくんのようにはなってほしくないけど、ちょっと今のままじゃ物足りないですよね。

気取り屋ノートン(おいおい)ぴったりの役どころで実に嵌まってたですたい(左門かよ!・笑)

お!エアポートの焼き鳥が美味いんですか!〆(。゜Д゜。)ノメモっとくね

マロリー観たら、マロニーちゃんもらえますよ(爆)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-10-03 22:19:03
こんばんは。
やっぱり、冒頭の雪山シーンが冗長でしたよね(苦笑)
アラスカまで行って、あの訓練の意味がいまいち分かりませんでした。
川底の円柱ケースに入ってた地図を頼りにオリエンテーリングしてる印象でしたしね(苦笑)

バイクの追っかけっこもそこそこスリルがあったけど
あそこも冗長で、もっと削ってテンポのいい編集してほしかったです。

そういや、ボーンがNYに現れたとか言ってましたね(笑)
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-10-03 23:23:41
ジェレミーは結構好きなので、良かったと思います。
とにかくテンポが悪かったですよねσ(^◇^;)

冒頭のシーンは結構好きでしたが、確かに雪山のシーン長かったですし、バイクシーンもちょっと長かった(あそこが見せ場でしょうが)ように思います。
最強の敵NO.3もチョー弱かったですし・・・
最後は、女に蹴られてって(^_^;)

ノートンは、さすがの存在感だったとは思います。
でも、あの組織、結構突っ込みどころ多くないですか?アーロンたちにやられっぱなしで(苦笑)

これは序章ですので、とりあえず次回作に期待します(^_-)-☆
天地明察 (笛吹働爺)
2012-10-04 20:29:23
今週は怒濤の映画週間か!

たまには日本映画をと、たいして期待せずにみましたが、
☆4です。
江戸初期にこんなに天文学や算学が発達して
いたなんて知らなかった。やっぱり日本はすごい!

宮崎あおいが、まだまだカワイイ。

「秘密のあっこちゃん」は終わるまでに見られるかどうか、
ジジイが一人で見に行くのはちと恥ずかしいし・・・。

ひろちゃんへ (ituka)
2012-10-04 21:53:08
こんばんは。
バイクのシーンってほとんどジェレミーご本人がスタントしていたとは驚きです。
ひろちゃんの記事で初めて知りましたよ。
ボーンシリーズのアクションといえば、初期のころからリアルが売りでしたよね。
今回のバイクシーンは『ナイト&デイ』のトム&キャメロンのときと違ってシリアスなチェイスでした。
こういうの結構好きなんですよ(笑)

№3の最期は悲惨でした(爆)
あの蹴りの威力に目が点になりました(笑)

本作は序章だったのね!
マットとの競演を楽しみに待ちます!(笑)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-10-04 22:06:58
こんばんは。
邦画の『天地明察 』ご覧になったのですね。
某映画サイトでも評価高いですよね。
でも、ワタシの鑑賞順位からすれば、スルーになる予想です(苦笑)
ココに来て、邦画で期待するのは『のぼうの城』ってところです。

>江戸初期にこんなに天文学や算学が発達して
>いたなんて知らなかった。やっぱり日本はすごい!

事実を知るという意味では観る価値十分ありますね^^
こういうのを知ると、同じ日本人として誇りに思いますよね!

『秘密のアッコちゃん』行っちゃいますか?(笑)
はるかちゃんのキャラそのままという感じですが、原作のアッコちゃんも、こんなキャラだったのかな~(笑)

☆山小屋に、そのままいたら、死んでたね☆ (TiM3)
2012-10-07 02:39:49
ばんはです。

本作、観たのは先週末なんだけど・・さっきやっと記事がアップ出来ました(⌒~⌒ι)

研究員の暴れるシーンが、とにかく恐かったです。
扉1枚隔てた向こう側には、あんなに人間がいるのにねぇ。

ラストでは、撃たれたアーロン君が(バイクに乗りながらも)失神してて(?)笑えました。
『ナイト&ディ』と言い、本作と言い、ヒロインが妙に強いですよねぇ・・
TiM3さんへ (ituka)
2012-10-07 08:37:05
おはようございます。
お~、先週末にご覧になっていたのですね。

あの研究員も薬の作用であんな風になったんですよね(苦笑)
あそこは、下手なホラー映画よりハラハラしちゃいました(爆)

>ラストでは、撃たれたアーロン君が(バイクに乗りながらも)失神してて(?)笑えました。

あそこで、“それ”が分かった人って半分くらいだと思いますよ。
固まって下向いて漫画みたいでしたよね(笑)
あのヒロインのキック力はどんなもんでしょうか^^;
Youtubeでも似たようなシーンをリアルでやってるの見たことあります(苦笑)

楽しめました (mariyon)
2012-10-10 10:16:00
ボーンについては原作ファンなもんで、言いたいことがいっぱいあって、
絶対、ジェイソン・ボーンはマットではないとか、ボーンがただの暗殺者だなんて、ちゃんちゃらおかしいと言い切る自分がいて、映画が楽しめないんですが、こちらはもう最初からただの逃亡劇。
面白かったです。

たしかに、彼はなんであんな凍える太陽のような地で訓練してたんでしょうか?
mariyonさんへ (ituka)
2012-10-10 23:15:43
こんばんは。
お!ボーンの原作ファンだったのですね!^^
ってことは、彼を語り出したら、止まらなくなりますか?(笑)
映画での描かれ方に不満なんですね。
ワタシは原作知らないんで映画のまんまで捉えてますよ(苦笑)

アラスカの酷寒で川に潜るって、リーアム兄さんだけかと思ってましたよ(爆)

ボーンのスピンオフみたいな作り方でしたが、なかなか良くできてました。
こうしてみると、ドラッグの吸引力は相当なもんなんですね^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボーン・レガシー (そーれりぽーと)
むさ苦しい顔してるのに何故かハリウッドに好かれてブレイク中のジェレミー・レナーが“ボーン”の新シリーズを継いだ『ボーン・レガシー』を観てきました。 ★★★ さすがに“ボーン”シリーズが面白く変わった2作目『ボーン・スプレマシー』と3作目『ボーン・アルティ...
ボーン・レガシー (あーうぃ だにぇっと)
ボーン・レガシー@TOHOシネマズ日劇3
ボーン・レガシー (佐藤秀の徒然幻視録)
バイオハザードの劣化コピー? 公式サイト。原題:The Bourne Legacy。トニー・ギルロイ監督、ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョアン・アレン、アル ...
ボーン・レガシー (心のままに映画の風景)
ジェイソン・ボーンによってCIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”と“ブラックブライアー計画”が暴かれようとしていた同じ時、更なるプログラム“アウトカム計画”が遂行されていた。 情報漏洩によって...
ボーン・レガシー (だらだら無気力ブログ!)
前半、ちょっと退屈・・・。
劇場鑑賞「ボーン・レガシー」 (日々“是”精進! ver.F)
アウトカム計画と、ラークス計画… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209290001/ Bourne LegacySoundtrack Varese Sarabande 2012-08-07売り上げランキン...
ボーン・レガシー (Akira's VOICE)
CIAは人間兵器を作りすぎ。  
ボーン・レガシー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOURNE LEGACY】 2012/09/28公開 アメリカ 135分監督:トニー・ギルロイ出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョーン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン ジェイソン・ボーンは氷山....
ボーン・レガシー (ただの映画好き日記)
CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、
映画『ボーン・レガシー』★手に汗握り心臓バクバクで止まりそう(笑) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157156/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     マット・デイモン主演のジェイソン・ボーンのシリーズは 記憶喪失でわけわからないまま、命...
ボーン・レガシー (風に吹かれて)
計画はトレッドストーンだけではなかった俺の名前はNo.5 公式サイト http://bourne-legacy.jp監督・脚本: トニー・ギルロイ  「フィクサー」 CIAの極秘プログラム「トレッドス
ボーン・レガシー (The Bourne Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・ギルロイ 主演 ジェレミー・レナー 2012年 アメリカ映画 135分 アクション 採点★★ 『ボーン・アルティメイタム』で最高の幕引きを見せた“ジェイソン・ボーン”シリーズ。ただまぁ、スタジオがそう易々とヒットシリーズを手放すわけもなく、第4作...
映画:ボーン・レガシー The Bourne Legacy 007の強敵が復活(笑)3連作越えのアクションが炸裂しまくり (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ボーンに続き、トレッドストーン作戦から膿みのように誕生した 新キャラクター。 演じるのは、最近超売れっ子の、ジェレミー・レナー(写真 左) 彼は、ここんとこ急激に超売れっ子に。 「28週後...」→「ハート・ロッカー」で正に爆発(笑)、続く「ザ・タウン」でい...
映画「ボーン・レガシー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ボーン・レガシー」観に行ってきました。マッド・デイモンが演じるジェイソン・ボーンが活躍する「ボーン」シリーズ3部作の裏で同時進行していた、CIAの計画を巡る戦いを...
ボーン・レガシー / The Bourne Legacy (勝手に映画評)
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』に繋がる、CIAの極秘プログラムを描いた映画。本来の原作に、同じ『ボーン・レガシー』と言うタイトルの作品もありますが、この作品はその原作をベースにしておらず、全く別の物語と....
★ボーン・レガシー(2012)★ (Cinema Collection 2)
THE BOURNE LEGACY ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった 映時間 135分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/09/28 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 G 【解説】 世界中で大ヒットした“ボーン”シリーズ3部作の続...
ボーン・レガシー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
大ヒットしたマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズ三部作の脚本家トニー・ギルロイが今度はメガホンをとり同じ世界観、同じ時系列の中で新たな暗殺者アーロン・クロスを主人 ...
『ボーン・レガシー』 (こねたみっくす)
ボーン・シリーズの亜流として期待せずに見れば面白いが、新たなるボーン・シリーズとして少しでも期待して見ると終盤までは結構退屈。 シリーズの正式な続編にして、ジェイソン ...
No.5 ~『ボーン・レガシー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOURNE LEGACY  ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の逃亡により、CIAの極秘計画が白日 の下に晒されようとしていた。国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード ・ノート...
ボーン・レガシー  監督/トニー・ギルロイ  (西京極 紫の館)
【出演】  ジェレミー・レナー  レイチェル・ワイズ  エドワード・ノートン 【ストーリー】 CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロ....
No.325 ボーン・レガシー (気ままな映画生活)
記憶を失ったスパイ、ジェイソン・ボーンの戦いを描いたロバート・ラドラム原作、マッド・デイモン主演の人気スパイアクション3部作(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・ス ...
ボーン・レガシー (こみち)
 JUGEMテーマ:洋画     ◆ボーン シリーズ    無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを    メスで使って取り出すシーンは、秘密工作員のありさまが    うまく描かれてお...
[映画『ボーン・レガシー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆実は、この「ボーン」シリーズ、初めての鑑賞であった。  前三部作からは主役が代わったとのことで、物語も仕切りなおしで、とっつき易いかなと思い、見た。  最初は、前作との絡みで分かりにくかったが、どうにか理解できていると思う。  簡単に言うと、CIAと...
『ボーン・レガシー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ボーン・レガシー」 □監督・脚本 トニー・ギルロイ □脚本 ダン・ギルロイ □原案 ロバート・ラドラム □キャスト ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、       アルバート...
ボーン・レガシー (こんな映画見ました~)
『ボーン・レガシー』---THE BOURNE LEGACY---2012年( アメリカ)監督:トニー・ギルロイ出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ 、ジョーン・アレン 、アルバート・フィニー 、スコット・グレン 解世界中で大ヒットした&amp...
本編より好き!「ボーン・レガシー」 (茅kaya日記)
 ボーンネタでまだやるの?って思ったけど、レナーさんだし、やっぱ見なきゃ!ってことで(笑) が、原作好きなので、いまひとつノリきれなかった本編(?)に比べこちらのほうが普通にアクション映画として楽しめた。
ボーン・レガシー ぶっ飛びおもろーいっ!さすが! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=40 -5-】 マット・デイモンの「ジェイソン・ボーン」3部作は観ていない、しかし、ジェレミー・レナーが好きなので観てみるのだ。  CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカ...
『ボーン・レガシー』 2012年10月14日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ボーン・レガシー』 を観賞しました。 今日は、14日なのでTOHOで 【ストーリー】  最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、...
ボーン・レガシー (銀幕大帝α)
ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった。 -感想- え?なにこれ。 すっごく普通なんですけど。 新鮮さも無ければ斬新さも無い。 在り来たりのアクション映画。 面白くない訳ではないけれど、これといった見所が余り無いのは考え物やなぁ。 展開も画で見せ...
ボーン・レガシー (いやいやえん)
ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。 「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA...
ボーン・レガシー (RISING STEEL)
ボーン・レガシー / THE BOURNE LEGACY 2012年 アメリカ映画  ユニヴァーサル製作 監督:トニー・ギルロイ 製作:フランク・マーシャル  パトリック・クローリー  ジェフリー・M・ワイナー  ベン・スミス 製作総指揮:ヘンリー・モリソン  ジェニ...