映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

エージェント:ライアン

2014年02月15日 17時19分20秒 | 映画 あ行
評価:★★★☆【3,5点】


売りに出すタイミング、あそこまで粘る必要がどこに?(笑)

ドルを買い占め一気に売りに出すタイミングなら
『ウォールストリート』のジョーダン・ベルフォートか
ゴードン・ゲッコークラスの人材を側近に置いておくべきだった^^;



海兵隊員としてアフガニスタンの戦場に赴き
重傷を負った青年ジャック・ライアンは、
リハビリを支えてくれた医学生キャシーと恋に落ちる。
キャシーとの愛を育む一方、彼は秘かにCIAにスカウトされ、
不審な経済活動を監視するアナリストとして活躍していく。
そんなある日、
彼はモスクワの投資会社チェレヴィン・グループの
不穏な動きに気づき、上司のハーパーに報告する。
するとハーパーは、デスクワーク専門だったライアンを
現地へと送り込むことに。
現場経験のないライアンは戸惑いつつも
モスクワへと向かうのだったが…。
<allcinema>



ストーリーは王道で、とても分かりやすいところがいい。
言い方を変えれば、なんのヒネリもなく
単に任務を全うしようと一生懸命頑張る若きエージェントの
機能性を見てるだけともいえる。

元はデスクワーク専門の経済アナリストでありつつ
その前は海兵隊員という特殊訓練も備わった男で
ある意味、頭が切れて腕が立つ、そこには工作員の資質が
すでに備わっているから、こういうオファーも当然なのかも。
後は現場での経験を積み重ね任務遂行の精度を上げるだけ。

ストレートな国家間戦争ができない(書けない)今の世の中で
本作のようなやや遠回りではあるが世界経済を絡めたテロ活動は
今後、悪の象徴としてもっといろんな映画で見てみたいものだ。


【今週のツッコミ】
・医学生キャシーといつの間に同棲してたんだ?(笑)
 まるで『ラッシュ』のジェームズ・ハントさながらの早業だ^^

・そのキャシー、実は、、、という読みは外れました(笑)
 『Mr&Mrsスミス』っぽくなって行ってもワタシは好きだけどね。

・ハリウッド映画で活躍した数々のエージェント。
 いずれ、エージェント祭りなる豪華俳優共演なんぞ拵えてほしい(爆)

・ジャックの上司となるハーパー(ケヴィン・コスナー)は
 ここのところ渋さが増して存在感バッチリだ^^

・パリからモスクワへとやってきたキャシーの度胸にびっくり。
 一般市民が知らない土地(国)に〜だなんて
 結構、無鉄砲な一面があるところ、彼女は絶対に別組織の
 工作員だと未だに疑っているんですけど(爆)

・ケネス投資企業(笑)専属の医療担当員の怯えた素振りに
 彼は過去に何度も注射の件でひっぱたかれていたご様子(笑)

・モスクワの大手投資企業の秘密口座を探りゆく展開が
 本作でもっとも緊張するシーンなのだが、あそこは
 できれば外部からの狙撃はやめてほしかった。
 ひとの命の重みをもっと大切にしてほしい。

・劇中の映画『私は殺される』(1948)監督:アナトール・リトヴァク
 再上映されるほどの名作なのだろうか^^
-----------------------------------------------------
監督:ケネス・ブラナー
脚本:アダム・コザッド/デヴィッド・コープ/
音楽:パトリック・ドイル


出演:クリス・パイン/ケヴィン・コスナー/ケネス・ブラナー/キーラ・ナイトレイ/


『エージェント:ライアン』
 


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スノーピアサー | トップ | 大統領の執事の涙 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2014-02-16 11:02:21
キャシーはモスクワにやってきた時点で
バリバリに怪しい!とおもったんですけどね(苦笑
後半、上司のケビン・コスナーを横に置いといて、
指示を出すジャック・ライアンが良かったです♪
えふさんへ (ituka)
2014-02-16 19:41:00
こんばんは。
これってシリーズ化する気なら最後の隠し玉として
キャシーの実像を見せなかったっていうなら納得できるんですけど
ただの浮気疑惑でモスクワまで来ちゃったよ!って
エージェント映画にしてはちょっと軽すぎますよね(笑)

ケビンがなにも口出しできないくらい指示が早かったことに
嫌な部下だという印象持たなきゃいいんですけどね^^;
ベタ (オリーブリー)
2014-02-19 18:19:54
クリス、「ブラック & ホワイト」よりCIAっぽかったけど、特に目新しいものがなかったですね。
(笑)
マジ、キーラ、ウザイわ(爆)
今後、何かにつけ、疑われるよ。
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-02-19 23:43:55
こんばんは。
この映画はケヴィン・コスナーが出てるので観に行ったようなものでした。
かなり頭薄くなってるけど髪色のせいか地肌が目立たないから羨ましいです^^;

ベタな話も展開が早かったので普通に見られましたよ。

>マジ、キーラ、ウザイわ(爆)

なんと!『パイレーツ』の時からそんな我がままをいう女優さんだったのね^^;
それは知らなかったので、今後彼女を見る目が変わりそうです(爆)
まぁまぁでした (笛吹働爺)
2014-02-27 17:32:38
時間が空いたので見ました。☆3のところ相変わらずちょい綺麗なキーラに+0.5。
ストーリーはこんなもんでしょう。なんかTVドラマっぽいが。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-02-27 23:18:51
こんばんは。
男性から見るとキーラはストライクゾーンなんですが
パイレーツ好みの女性陣からは非難轟々のようです(笑)

ストーリーは大したヒネリもなく単調でしたね。
後半はテンポが良かったから、そこだけで救われました。
ライアンシリーズ (mariyon)
2014-03-05 11:04:38
アレックおじさん、ハリソンじーさん、そしてベン君。
うぅ〜〜ん。。。今回、ちょっとクリス・パインに乗れず。
映画は飽きなかったけど、なんだか、彼が強すぎて
面白みに欠けるというか・・・。
最初のリハビリシーンが一番つらそうでしたから。

頭は切れるがちょっと運動神経はとか、
後遺症が残って杖を突いているが、土壇場では頑張るとか、なにか、弱点が欲しかった。
唯一の弱点がでしゃばりすぎる婚約者って(-_-;)
mariyonさんへ (ituka)
2014-03-05 23:43:47
こんばんは。
歴代ジャック・ライアンのなかでも、たぶん最も物足らないキャストだったかもしれませんね^^;
やっぱりライアンはハリソン爺さんがいちばんシックリきます。

まあでも、作品自体はそこそこ魅せてくれました。
序盤からテンポよく進みますが、途中で素人女が作戦に加わった辺りから
あり得ない展開じゃないの〜?でしたが、これは許しましょう(笑)

ワタシの予想、彼女は実はエージェントと見てますが次回作で確認したいです(笑)
☆監督があのしと!☆ (TiM3)
2014-07-16 01:12:29
と言うのを知って驚きました(元南軍のラヴレス博士)。
てっきり原作がシェークスピアなのかと思ってしまったほど(いや、ないない)

ボロボロになったホテルの部屋があっという間に修復されてて、そこはスゴかったですね。
流石はC※A・・「アウェー」でも、やるもんだ。
Tim3さんへ (ituka)
2014-07-16 23:29:29
そうなんですよね。
監督があの人(笑)
ネタ的には今時のもので大した新しさはなかったですね。
でも、見せ場はちゃんと心得ている感じで、脇に渋いオっちゃんが出ていたのもよかったです。
あの犬の行方が気になってる方が多いようです^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「エージェント:ライアン」 (日々“是”精進! ver.F)
アナリストから、エージェントへ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402140001/ ★枚数限定ポスター★■クリス・パインVer■ [映画ポスター] エージェント:ライアン (JACK RYAN...価格:6,800円(税込、送料別) ...
エージェント:ライアン (佐藤秀の徒然幻視録)
時代に追い付けず古色蒼然 公式サイト。原題:Jack Ryan:Shadow Recruit。トム・クランシー原作、ケネス・ブラナー監督・出演、クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー ...
タイトルデザイン_40(Matt Curtis) ケネス・ブラナー監督(出演)、クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、キーラ・ナイトレイ出演『エー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズを新たに再構築『エージェント:ライアン(Jack Ryan: Shadow Recruit)』を監督も務めるケネス・ブラナーが監督(出演も)。脚本は
『エージェント:ライアン』 2014年2月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エージェント:ライアン』 を鑑賞しました。 今日は14日なので、TOHOでした。 今年は6,000マイル狙って日本橋へ行くぞ 【ストーリー】  ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャ...
エージェント:ライアン (試写会) (風に吹かれて)
なりたてほやほやエージェント 公式サイト http://www.agentryan.jp2月15日公開 キャラクター原案: トム・クランシー監督: ケネス・ブラナー 学生だったジャック・ライアン(クリ
彼女がリーダーである理由(劇場版IDOLM@STERとか劇場版TIGER&BUNNYとか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【ニセコイ 第5話】スク水メガネ祭りの巻。素晴らしい…。何が素晴らしいって、スク水姿なのにメガネを掛け続けていたるりさんのことデスヨ!彼女こそはメガネっ娘の鏡ですな。他 ...
[映画『エージェント:ライアン』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆やや格調高さがあり、さりとて、荒唐無稽さもあり、面白かった。  ジャック・ライアンと言えば、『レッドオクトーバーを追え!』をはじめ、いくつかのシリーズが作られてきたが、今回は、名前を借りて、主人公を若返らせた新シリーズだ。  トム・クランシーの原作は...
エージェント:ライアン (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jack Ryan: Shadow Recruit 監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケビン・コスナー、ケネス・ブラナー
「エージェント:ライアン」みた。 (たいむのひとりごと)
凄腕CIAエージェント:ジャック・ライアンが活躍する人気のシリーズをクリス・パインでリスタート。主人公が若返ったことで、若きジャックが如何にしてCAIエージェントに転身したのか・・という始まりの物語に
『エージェント:ライアン』 (こねたみっくす)
時代背景は変わっても、物語の背景は変わりませぬ。 トム・クランシー先生の代表作「ジャック・ライアン」シリーズが帰ってきたはずなのに、国家存亡の危機を回避するために暗躍 ...
映画『エージェント・ライアン』観たよ〜 (よくばりアンテナ)
ポスターの巨大な謎っていう言葉がなんか合ってないような気がする。 謎っていうか、策略とか陰謀とかじゃないかな・・・ テロ計画を謎っていうのも変な気がしている・・・ トム・クランシー原作の人気小説原案のジャック・ライアンシリーズが 新しく始まるっ...
エージェント:ライアン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JACK RYAN: SHADOW RECRUIT】 2014/02/15公開 アメリカ 106分監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ 巨大な謎を《解析》せよ。 [Story]ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を...
エージェント:ライアン ★★★ (パピとママ映画のblog)
『レッド・オクトーバーを追え!』などの原作で知られる、トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを新たに実写化したサスペンスアクション。投資銀行員という表向きの顔を持つCIA情報分析アナリストのジャック・ライアンが、世界恐慌勃発を狙う巨大な陰...
エージェント:ライアン (心のままに映画の風景)
アフガニスタンの戦場に赴き重傷を負った海兵隊員ジャック・ライアン(クリス・パイン)は、CIAのハーパー(ケヴィン・コスナー)にスカウトされ、ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスとして、経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストと活躍していく。...
エージェント:ライアン (こんな映画見ました〜)
『エージェント:ライアン』---JACK RYAN: SHADOW RECRUIT---2014年(アメリカ)監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー 、ケネス・ブラナー 、キーラ・ナイトレイ 「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム....
『エージェント:ライアン』 (時間の無駄と言わないで)
クリス・パインはリブートばっかりな気がするけど、ジャック・ライアン役は毎度の様に変わっているから意外とリブート感がないというか。 この作品自体に「新しいジャック・ライ ...
エージェント:ライアン / Jack Ryan: Shadow Recruit (勝手に映画評)
2013年10月1日、突然世を去ったトム・クランシーが創りだしたヒーロー、ジャック・ライアン。これまで、アレック・ボールドウィン(『レッド・オクトーバーを追え!』)、ハリソン・フォード(『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』)、ベン・アフレック(『ベン・...
『エージェント:ライアン』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
『レッド・オクトーバーを追え!』、『パトリオット・ゲーム』、『今そこにある危機』、『トータル・フィアーズ』に続く<ジャック・ライアン>シリーズの第5弾。前作で一度シリーズをリセットしているが、今回は二度目のリブート。負傷して軍を退役したライアンがCIA...
『エージェント:ライアン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「エージェント:ライアン」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 アダム・コザッド、デヴィッド・コープ □原作 トム・クランシー □キャスト クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー■鑑賞日 2月15...
エージェント:ライアン (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かった。
映画『エージェント:ライアン』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-23.エージェント・ライアン■原題:Jack Ryan:Shadow Recruit■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:105分■料金:1,000円■観賞日:3月1日、TOHOシネマズスカラ座(日比谷) □監督:ケネス・ブラナー◆クリス・パイン◆キーラ・ナイトレー◆ケヴ...
エージェント:ライアン (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
エージェント:ライアン '14:米 ◆原題:JACK RYAN: SHADOW RECRUIT ◆監督:ケネス・ブラナー「マイティ・ソー」 ◆主演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、コルム・フィオール、デイヴィッド・ペイマー ◆STORY◆ウォー...
エージェント:ライアン (いやいやえん)
【概略】 現場経験が全くないCIA情報分析班のアナリスト、ジャック・ライアンが、世界経済を左右する巨大な陰謀を暴くため奔走し、エージェントとして成長していく姿を描く。 アクション 「レッドオクトーバーを追え」「今そこにある危機」「トータル・フィアー...
エージェント・ライアン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ、ノンソー・アノジー、コルム・フィオール、ジェンマ・チャン、デヴィッド・ペイマー、カレン・デヴィッド、ペーター・アンデション 【解説】 『レッド・オク....
エージェント・ライアン (miaのmovie★DIARY)
エージェント:ライアン [DVD](2014/12/10)クリス・パイン、ケヴィン・コスナー 他商品詳細を見る 【JACK RYAN : SHADOW RECRUIT】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 全世界を標的とした大規模テロ計画がロシアで発覚。 この真相を暴くため、頭脳明晰の経済アナリ...