映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

モネ・ゲーム

2013年05月19日 00時41分33秒 | 映画 ま行
評価:★★★☆【3,5点】


コメディアンのようなコリン・ファースがいいね!

実はワタシの中でコリン・ファースは苦手俳優のひとりでした。
しかしながら、本作品で彼の意外な部分が知れて
苦手意識がなくなったのが今回の収穫ということになりそうです^^



印象派の巨匠モネの代表作《積みわら》の連作には、
消えた1枚が存在した――。
英国の美術鑑定士ハリーは、自分を無能呼ばわりする
雇い主の億万長者シャバンダーに仕返しすべく、
《積みわら》の贋作を使った完璧な詐欺計画を練り上げる。
そして話に真実味を持たせるため、
名画の持ち主役としてテキサスの天然系カウガール、
PJを相棒にスカウトする。
ところが、自由奔放で怖い者知らずのPJは
ハリーの指示を完全無視、完璧だったはずの計画は
早々に綻びを見せてしまうのだが…。
<allcinema>



これ『泥棒貴族』(1966)のリメイクだったんですね。
本作にどことなくレトロな雰囲気を感じたのは、今の時代に於いて
このような絵画詐欺を敢えて題材にしてたからでしょうか。
でも、なぜかこのレトロ感がどことなく微笑ましいから不思議。

映画自体は今回の詐欺計画同様に荒削りで穴だらけなんですが
それをテンポの良さでカバーしてたように思うけど
まあでも、ラストの意外さで映画が締まったようには感じたかな。

部分的に笑いネタを挟んでいて主演のコリン・ファースが
Mr・ビーンに見えて仕方なかった(笑)


【今週のツッコミ】
・モネの代表作「積みわら」は連作であったことを知らなかった^^;
 映画の中では2作品登場してましたが、調べてみると
 なんとまあ!積みわら関連でいえば12作品もあったのね。
 今回のこの構図のモノだけでも5作品ということでした。

・ワタシは絵画に疎いのでこういう映画により
 無能な自分に知識が付くだけでもありがたい作品でした。

・映画はコリン・ファースの意外な一面を知れて
 それが自分の中ですごく新鮮で、これならMr.ビーンこと
 ローワン・アトキンソンの後釜として行けるんじゃないか。
 あの椅子のギャグは絶対にソレ狙ってますよね。

・今回の最大の見せ場は、なんといってもホテルシーンです!
 サスペンスフルなギャグネタ万歳でコリン・ファースが
 実に上手く演じていました(笑)

・声も届く高さなのに通行人の誰も気付かないおバカさ最高!
 あのまま、ズボンの木に落下しても良いなと思った(笑)
 本作のコリンはいろいろ生傷絶えなかったからね^^ 

・キャメロン・ディアスもいつまでこういう役やるんでしょうか。
 体型的には問題なくても、さすがに見てて辛いものを感じる。

・四足歩行動物の弱点をキャメロンが説き実演する(笑)

・富豪の思いつくセキュリティは超アナログ的であった(苦笑)

・アラン・リックマンが鼻を鳴らすネタは生理的に嫌だった^^;

・そのリックマンですが、相変わらず歳とらないね〜。
 全裸の後ろ姿に女性の方は萌えるのか是非伺ってみたいところ。

・美術鑑定士のさじ加減でどうにでもなるのを感じ
 ワタシは本物の絵画購入をやめようと決心した(←いうのはタダさ・笑)

・スタンリー・トゥッチが“本物!”と鑑定した意図とは?
 実は隠された陰謀があるのではと思っていたんだが、、、

・噛みタバコを吐くあの婆さんのシーンはホラー映画のよう。
----------------------------------------------------------
監督:マイケル・ホフマン
脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
撮影:フロリアン・バルハウス
音楽:ロルフ・ケント


出演:コリン・ファース/キャメロン・ディアス/アラン・リックマン
    スタンリー・トゥッチ


『モネ・ゲーム』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビトレイヤー | トップ | プレイス・ビヨンド・ザ・パイン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Mr・ビーン (オリーブリー)
2013-05-19 21:50:08
あそこまで濃い顔じゃないけど、笑いの質は似ていたかも(笑)
情けないコリンって面白いですよね〜。
リックマンの全裸、お尻のお肉のハリとか、やっぱり男性も老いは隠せませんなっ^^

来週のゴズ君もコロナですか?
ワタシはミリオンのレディースまで待とうかと思ってます。
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-05-19 22:25:52
こんばんは。
ワタシはコリン・ファースとビル・プルマンという系列が苦手だったけど
今回の映画でいくら声質が高くても、こういうキャラが演じられるなら受け入れようと思いましたよ(笑)
コリンのおバカ演技はクリント・イーストウッドがコメディ演じるくらいの驚き!でした(爆)

リックマンの後ろ姿はやっぱりそういうことね^^;

ゴズくんはコロナなんですよ〜。
今回もコロナだったんでリーフレットの1000円鑑賞券を使って観ようと思ってますが
なんだったらミリオンでお供しましょうか。●割で(爆)
ビル・プルマン? (mariyon)
2013-05-20 16:18:08
全然関係ないとこで反応してしまいました。
なぜに?ビル・プルマンの名前が・・・。
お嫌いだろうとなんだろうと、最近、彼の名前なんて
口にする人も皆無でして。。。それだけで嬉しかったです。

ちなみに、ビルもけっこうおバカキャラうまいんですが。
ダメでしょうか?(笑) 
最高傑作は、「秘密のお願い(のちに邦題がブラッドピットの君にメロメロになったのにはびっくりですが)」
若いころは、ハリウッドのふられ男の異名をとってました。
ただ、最後に劇場で観たのははたまたいつだったのか??大統領までやったのに最近はさっぱりです。はぁ〜〜

なんてことはともかく、役者陣がなかなか豪華(元?)で
彼らの経歴を考えて一人でくすくす笑っちゃいました。
コリンなんて、真珠の耳飾りの少女では、フィルメールやってたし、なんと言っても変な日本企業と言えばリックマンだし。

それにしても、あんな名門ホテルのボーイが、あれでいいのか?詮索し過ぎだろう・・・(-_-;)
mariyonさんへ (ituka)
2013-05-20 23:52:33
こんばんは。
あらま〜、ビルのファンでしたか〜。これはついうっかりこき下ろしちゃいましたよ^^;
昨夜、BS放送で録画しておいた『偶然の旅行者』(1988)を観てて、そこにビル・プルマンの若かりし姿を拝見しました。
主演はウィリアム・ハート(←実は彼も苦手)でしたが内容に惹き込まれましたよ(笑)

ワタシ的に、たぶん、この三人(コリン、ビル、ハート)の堅物イメージを勝手に抱いていたかもしれませんね。
なので、今回、こんなコリンを見られて新鮮でしたし、過去の傑作映画など観たらイメージが変わるかもしれないと思っています^^

>最高傑作は、「秘密のお願い(のちに邦題がブラッドピットの君にメロメロになったのにはびっくりですが)」

こういうの止めてもらいたいですよね!
邦題の冠に役者名使うなんてせっかくの芸術が台無しですもんね^^;

そうそう、あのホテルマン余分なこと言い過ぎ!
あと、御婦人のオナラには意表を突かれました(爆)
コリン・ファースは (ami)
2013-07-05 21:02:50
案外コメディが似合うんですよね。
『聖トリニアンズ女学院』では過去の出演作のセルフパロまでやってますよ(笑)

>積みわら関連でいえば12作品
そんなにあるんですかーーー!?___φ(。_。*)カキカキ
今回の2つですら一瞬見分けがつかないのに
絶対どれがどれだか分からなくなりそうです^^;

>今回の最大の見せ場は、なんといってもホテルシーンです!
同感です。
あまりにもベタなギャグは若い人には受けが悪いかもしれませんが
昭和な私には十分でした(笑)
amiさんへ (ituka)
2013-07-05 23:11:27
今までコリン・ファースは苦手俳優だったので『英国王のスピーチ』にも大して感動もしなかったです。
でも、この映画で一気に惹き込まれてしまいました。

>『聖トリニアンズ女学院』では過去の出演作のセルフパロまでやってますよ(笑)

そうなんですか!これは興味津々ですよ(笑)
ローワン・アトキンソン引退後はコリン・ファースが後継ぎしてもらいたい(爆)

積みわらって実は20作品以上あるってことを知りました。
でもね、例の有名な作品以外はどれもなんだかな〜!です^^;
あれ?絵画に詳しいamiさんじゃなかったですか〜(笑)

スーツに下ボクサーパンツってどこぞのコレクションみたいですよね(笑)
あれはあれでアリかな〜なんてこと思っちゃいましたよ(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『モネ・ゲーム』 2013年5月9日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『モネ・ゲーム』 を試写会で鑑賞しました。 コリン・ファースは真面目な役の印象が強いから、こういうコメディ役を演じるとは思わなかった 真面目に馬鹿やって面白い映画だった 【ストーリー】  美術学芸員のハリー(コリン・ファース)はモネの名画のニセモノを使っ...
モネ・ゲーム (Memoirs_of_dai)
“モネ”というより“マネー”・ゲーム 【Story】 英国の美術鑑定士ハリー(コリン・ファース)は、自分を無能呼ばわりする雇い主の億万長者シャバンダーに(アラン・リックマン)仕返しすべく、《積みわら...
劇場鑑賞「モネ・ゲーム」 (日々“是”精進! ver.F)
騙されたのは、誰… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305170003/ ポスタ- A4 モネ・ゲーム 光沢プリント写真フォトスタンド APOLLO 売り上げランキング ...
映画:モネ・ゲーム Gambit コーエン兄弟脚本 + オールスターキャスト、だが しかし... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
出演陣はとっても豪華。 アカデミー主演賞獲得「英国王のスピーチ」コリン・ファース(写真:左) ぶっ飛んだ女性を演じるなら彼女しかない、キャメロン・ディアス(写真:中央) 「ハリー・ポッター」シリーズで重石、アラン・リックマン(写真:右) 文句のつけよう....
モネ・ゲーム / Gambit (勝手に映画評)
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンのコーエン兄弟による脚本。1966年の『泥棒貴族』と言う映画のリメイク。って言うか、『泥棒貴族』なんて知らなかった・・・。シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインが出ているらしいけど。 『英国王のスピーチ』で第83回アカ...
モネ・ゲーム (佐藤秀の徒然幻視録)
眠気覚ましの大音響付き 公式サイト。シドニー・キャロル原作、原題:Gambit。マイケル・ホフマン監督、ジョエル・コーエン・イーサン・コーエン脚本、 コリン・ファース、キャメロン ...
モネ・ゲーム (悠雅的生活)
積みわら。明の壺。独自のセキュリティシステム。
モネ・ゲーム/コリン・ファース (カノンな日々)
犯罪コメディーの名画『泥棒貴族』をジョエル、イーサン・コーエン兄弟監督が脚本を手がけ『終着駅 トルストイ最後の旅』のマイケル・ホフマンがメガホンをとりコリン・ファースと ...
モネ・ゲーム /Gambit (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click キャメロン・ディアスと、アラン・リックマン共演ってことで楽しみにしてた モネの絵画を贋作とすり替える詐欺コメディ、「GAMBIT」がモネ・ゲームの邦題で ついに日本公開 もともとは、シャーリー・マクレ...
モネ・ゲーム (心のままに映画の風景)
英国の美術鑑定士ハリー・ディーン(コリン・ファース)は、自分を無能呼ばわりする雇い主の億万長者シャバンダー(アラン・リックマン)に仕返しすべく、モネの名画「積みわら」の贋作を使った詐欺計画を練...
モネ・ゲーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GAMBIT】 2013/05/17公開 アメリカ 90分監督:マイケル・ホフマン出演:コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ なぜ、盗めない!? [Story]美術学芸員のハリー(コリン・ファース)はモネの名画のニセモ...
『モネ・ゲーム』 (ラムの大通り)
(原題:Gambit) ----『モネ・ゲーム』? 『マネー・ゲーム』の間違いじゃニャいの? 「フォーンまで“経済”に毒されたか…。 これはね、印象派の巨匠モネのこと。 その代表作の一つで消息不明の連作『積みわら』の1枚を贋作にして、 大富豪に売りつける――。 これが簡...
モネ・ゲーム ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
66年の「泥棒貴族」をコーエン兄弟の脚本でリメイクした作品。 コーエン兄弟脚本と言うことで、序盤からいい雰囲気で物語は進行する。 ハリーのホテルでのシークエンスの滅茶苦茶だけど柔らかなコメディ...
モネ・ゲーム (風に吹かれて)
アラン・リックマン まさかの...公式サイト http://monetgame.gaga.ne.jp「泥棒貴族」(1966年)のリメイク監督: マイケル・ホフマン  「素晴らしき日」「卒業の朝」「終着
『モネ・ゲーム』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「モネ・ゲーム」  □監督 マイケル・ホフマン□脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン□キャスト コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、       トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ■鑑賞...
コリン、キャメロン、アラン、そしてモネ (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「モネ・ゲーム」を鑑賞しました。 美術学芸員のハリーは億万長者のシャバンダーに復讐すべくモネの名画の贋作を使った詐欺を思いつく 相棒のカウガールPJが絵画の所有者に成り済まし、ハリーは本物そっくりな贋作を用意するのだが、 超天然のPJが...
モネ・ゲーム/GAMBIT (いい加減社長の映画日記)
ずいぶん、ためてしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 美術学芸員のハリーは、モネの名画「積みわら −夕暮れ」を使った贋作詐欺を企てていた。 計画に必要なのは、完璧な贋作と、名画の持ち主を演じる美人の相棒PJと、カモになる億万長者シャバンダ...
モネ・ゲーム ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
犯罪コメディー『泥棒貴族』を、オスカー俳優コリン・ファースとラブコメの女王ことキャメロン・ディアス共演でリメイク。モネの名画の贋作(がんさく)詐欺をもくろむ男と天然カウガールの相棒、そしてターゲットの億万長者が珍騒動を巻き起こす。脚本は数々のヒット作を...
モネ・ゲーム (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
モネ・ゲーム '12:米 ◆原題:Gambit ◆監督:マイケル・ホフマン「終着駅 トルストイ最後の旅」 ◆主演;コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ ◆STORY◆美術学芸員のハリー(コリン・ファース)は...
モネ・ゲーム (いやいやえん)
コリン・ファースさん♪とキャメロン・ディアスさん共演。アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチさんらも出演してます。60年代の傑作コメディ「泥棒貴族」をほとんど脚色して生まれ変わらせたという脚本は、確かにコメディになってるものの大笑いにはつながらない...
映画『モネ・ゲーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-46.モネ・ゲーム■原題:Gambit■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:90分■料金:1,800円■観賞日:5月25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) ◇コリン・ファース◇キャメロン・ディアス◇スタンリー・トゥッチ◇アラン・リックマン◇トム...
映画『モネ・ゲーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-46.モネ・ゲーム■原題:Gambit■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:90分■料金:1,800円■観賞日:5月25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) ◇コリン・ファース◇キャメロン・ディアス◇スタンリー・トゥッチ◇アラン・リックマン◇トム...