映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

アバター

2009年12月27日 23時36分52秒 | 映画 あ行
評価:★★★★★[5/5]


世界ウルルン滞在記の比ではない(あたりまえ)

これは、すごい!とにかく細部に至るまで徹底的に作り上げたといわれる
架空の星“パンドラ”が、恰も実在するかのような出来である。

森に潜む獣や昆虫の類は、概ね地球のジャングルの進化版ではあるが、
植物に関しては鳥肌が立つくらい幻想的で、まさにファンタジーの世界観である。



22世紀、
人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで〈アバター・プロジェクト〉に着手していた。
この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体〈アバター〉を創ることで、
有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採取しようというのだ。

この計画に参加した元兵士ジェイクは車いすの身だったが〈アバター〉を得て
体の自由を取り戻す。
パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。

しかし彼は
パンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する洗濯を強いられていく。
<公式サイト>



162分の感動を延々と記事にする文章力はないのでここはひとつ、
お気に入りのシーンについて自分への覚え書きのつもりで行ってみます。

そのまえに、ネタバレ有りで行きますので要注意です。

なによりもまず、下半身不随の兵士を主役にしたことで
アバターの肉体を得たときの感動が純粋でいいんですね。
ジェイクは初めてアバターとして目覚めた時に足の感覚があることに歓喜するんです。

そして、ラボの人間の制止を振り切って外に飛び出し自分の足で走ってみる。
まるで子供のように喜ぶ姿にワタクシ、最初のウルウル状態となってしまいました。

このスカイピープル(基地)の外では、数体のアバターがすでに存在していて、
彼ら、彼女らは体力強化を目的に日々運動で身体能力を養っている。
このアバター(ナヴィ)の身長が3メートルほどあり人間と対比したときに、
やはり宇宙人なんだなと再認識させられる。

こういう人間型宇宙人を人間と共存させる映画は過去にいくつかあったが、
そのどれもが人間と背丈が同じであるため “宇宙人”としてみるには、
その超能力を見せるしかなかったと思う。
しかし、キャメロン監督は、ひとが異星人を見るときに最も違和感を感じるであろう
身長差に着目したのが凄い!
確かに、ナヴィも見た目はネコ科と人間のハーフではあるが・・・。

アバターとなり自由に動く体を手に入れたジェイクは初任務で科学者らの警護として
森に出かけるのですが、元海兵隊魂が蘇ったかのように奇声を上げるシーンで、
ジェイクの高揚する気持ちが手に取るように分かり、
もう完全に彼に感情移入しているワタシがいたんです。
その後、森で逸れたジェイクはナヴィ族のネイティリと出会い親しくなっていき
いつしか恋に落ちてしまう。

このネイティリというキャラがめちゃくちゃ魅力的!これはジェイクだけでなく、
ワタシもパンドラに行ったなら確実に彼女の虜になっていたかもしれません。

彼女に連れられパンドラの森へと案内されますがココで観る全ての物が新鮮で美しく
闇の中の光の芸術のようです。
これは、そのままテーマパークとしても使えそうな完成度。

ジェイクはネイティリの指導のもと、徐々に狩猟部族としての技術を身に付けていき、
一挙一動が非常に逞しく変化していく。
あのイクラン(翼竜)での初フライト時点ではもうすでに、
ネイティリは完全にジェイクに惹かれていてふたりのランデブー飛行では、
ふざけ合う仲の良さに。

このイクランの飛行シーンは本作の中に於いて、音楽効果も合わせ、
爽快で最も気持ちの良いシーンでした。
ナヴィの伝説で最強の鳥・トルークに乗ったのは、かつて5人のみ。
オマティカヤ族に追放されたジェイクが、信用を取り戻すため、
イチかバチかで、トルーク・マクトに挑むところは捨て身の勝負。

家を失い、悲しみに暮れ、集結する部族のまえにトルークにまたがり、
降り立つシーンには鳥肌が立ってしまった。



ホームツリーの巨大さに圧倒される。彼らのホームツリーの下には
直径200キロにも及ぶ範囲で鉱物(アンオブタニウム)が眠っているらしい。
その鉱物の引力によるものらしく、パンドラには宙に浮く山が存在する。
それがハレルヤマウンテンといいジェイクの仲間のノームの憧れの地であった。

そして、そのツリーが攻撃され倒れるときの重量感が凄い。
下にいたナヴィらの頭上から何百メートルもの大木が轟音を立て崩れ落ちる様は
まさに悪夢である9,11テロを思い出す。
我がホームツリーを倒され悲鳴や鳴き声が辺りを占めているとき
族長の妻が縛られているジェイクに歩み寄り「・・・仲間なら助けて」という。
ここでウルウル2回目!!!

今回、人間側の軍事兵器には、それほど興味が行かなかった。
たぶん『ターミネーター4』で似たようなものがすでに登場していたからでしょうか。



本作は、挿入音楽も新たに書かれたスコアであり、
作品とバッチリ合っていて良かったと思う。今回、字幕の3D版を観ましたが、
例の山の基地に行ったときに棚に貼ってあったナヴィ族との親交写真が
立体に見えて正解か?あれは意図的に立体写真だったのかどうかが気になるところ。


おまけ)
・ネイティリのキャラは近年の女性戦士のベスト3に入る。


・ジェイクがビデオログの最中に「もう寝たいんですけど・・」と訴えるシーンが
 とても自然で、まるで撮影中のアドリブのように感じた。

・アバターのジェイクの体型が前半と後半では別人のように変わっている。
 ナヴィでの修行で筋肉が増量していた。特に二頭筋が大きく成長。

・アバター・ラボには11~12台のリンクボックスがあり
 序盤のシーンでは全ドライバーがアバターとなっていた。
 ジェイク、ノーム、グレース以外に、8人(たぶん)を確認できた。

・サナターは実際のところ犬?黒豹?妙にメカっぽく感じてしまったが
 『トランスフォーマー』に出てきても違和感なさそう。

・エクゾパックの酸素吸入器の構造を是非知りたくなった。

・族長エイトゥカンやモストって、有名な俳優さんが演じてたのね。

・ジェイクが6代目トルーク・マクトになって、パートナーとなるネイティリが
 初代サナター乗りということで、これはおそらく史上最強のカップルかも。

・戦闘中、ドサクサにまぎれて大佐を攻撃したミシェルに1票!
 「や~めた」「私だって撃てるんだ」発言にニヤリ!とした。(字幕版)

・字幕と吹き替えは8割くらいニュアンスが違っている。
 前半は字幕、後半は吹き替えの方がドラマティック性があった。

・ジェイクの吹き替えはRPGの主人公みたいで、カッコつけ過ぎ感あり。
 字幕の方が断然、感情移入できる。
-----------------------------------------------------------
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーヴァー/
    スティーヴン・ラング/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ/


『アバター』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォース・カインド | トップ | 2009年度、年間マイベス... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆アバターもエクボー(意味不明)☆ (TiM3)
2009-12-28 01:18:40
ばんはです。

クルマで帰松しつつ、ナヴィ・・じゃない、ナビのTVで
『武士の一分』を観てたんですが、
電波状態が最悪で、余計ストレスが溜まりました(=^_^=) こんな中途半端な鑑賞なら、観ない方がスッキリしたぞ(=^_^=)

それはさておき、鑑賞、お疲れ様でした!
3D版だったんですね? うまやらしい!

>そしてラボの人間の制止を振り切って外に飛び出し

建物の外に結構いっぱい「アバター」がいましたよね。でも、実際に動き回ってたのは3人(グレース、ノーム、ジェイク)だけだったような・・(処理に伴う)資金的な問題かなぁ?

>人間と共存しているが、ナヴィの身長が3メートルほどあり

「ネイティリにだっこされる人間ジェイク」のシチュエーションに、何だか「母性」を感じちゃいました(照)

あの「身長差のアイデア」は、やっぱり『ロード・オヴ・ザ・リング』のガンダルフ(イアン・マッケラン)辺りに刺激を受けたんかな?

>この最強の鳥(トルークマクト)に乗り

ここはちとツッコミます(=^_^=)
鳥が「トゥルーク」で、乗る人が「トゥルークマクト」です。

>鉱物(アンオブタニウム)が眠っているらしい。

鉱石の名前が分かりスッキリしました。有難う(=^_^=)
吹替えだと「アニオブタニウム」かな?「アンゴブタニウム」かな? とか良く聞き取れなかったのでがんす。

ってことで、
興奮さめやらぬレビュー、ごちになりました(=^_^=)
IMAXで見たい (笛吹働爺)
2009-12-28 01:19:25
IMAX3Dで見たいなぁ。
CBCのアナの見た感想が、もはや映画というよりその世界に一緒にいるという感じ、驚きの連続のあまりストーリーを覚えてない、というものでした。
どんなんやろ?
パンドラの森の光 (ituka)
2009-12-28 15:25:26
TiM3さん こんにちは。

肝心な部分でノイズはストレスですよね^^

>建物の外に結構いっぱい「アバター」がいましたよね。

あれってアバターだったのね。ラボのリンクボックスの数を見てどうなんだろう?
な~んて思ってたんですよ。
英語学校やらで交流しつつ、基地に遊びに来てるナヴィだと判断してました(汗)

>何だか「母性」を感じちゃいました(照)

赤ん坊を抱く母でしたよね^^

>やっぱり『ロード・オヴ・ザ・リング』のガンダルフ(イアン・マッケラン)辺りに刺激を受けたんかな?

そうなんですか。『ロード・オヴ・ザ・リング』は未見なので、さっぱり判りませんです。

>鳥が「トゥルーク」で、乗る人が「トゥルークマクト」です。

そうでしたね。オレンジの鳥で検索したらそうなってました。
記事修正します。ありがとうです。

>吹替えだと「アニオブタニウム」かな?「アンゴブタニウム」かな?

今回、メモ帳持参して気合い入れてたんですが
後で見たらミミズ文字に文字が重なってたりして最悪でした。
これも合ってるのか微妙ですよ^^;
ワタシもIMAXで観たい (ituka)
2009-12-28 15:34:15
笛吹働爺さん こんにちは。

映像自体は革命的というほどの衝撃はなかったです。
画面の奥行き感は感じますけど、すでに『カールじいさん』で体験してるし~ってところです。

IMAXいいですね~。観るなら中央やや前よりでしょうかね^^
ただ眼鏡フレームに画面が収まるか気になりますね^^;
とりあえず安コロで (笛吹働爺)
2009-12-28 16:01:50
今朝8:00からの3D吹替版を見ました。3Dだと横幅が狭く感じますね。想像してたより立体感は薄かったですが、昔の「青赤」みたいな立体絵本みたいではなくまあまあ自然でした。
ただ3時間も目と脳に負担をかけたせいか夕方になっても変な疲れが残ってます。2Dでも立体感は感じるので今後も3D版を見たいかどうか疑問です。
ストーリーはダンス・ウィズ・ウルブスみたいでナルニア国などの要素もありで、あまり真新しいとは思わなかった。
IMAX行って来たよ! (オリーブリー)
2009-12-28 18:28:06
itukaさん、こんばんは。

映画に千円以上出したくない女が、109行って来ましたよ(笑)
高いけど観て良かった!
この歳の初体験で、感動すらしちゃいました!

ストーリーは置いといて(おいっ!)
映像の美しさ滑らかさ、戦闘機などの無機質感、まるでそこに一緒に居るかのようでした。
でも109のスクリーンは、小さいらしいですね…
まあ、私は十分でしたが(笑)

ネイティリ、強かったぁ~獣のように叫ぶのカッコイイ(爆)
ゾーイは「パイレーツ/呪われた海賊」から男勝りな感じが大好きなんです。
だって、ジャックの顔を二回も張り倒すんですよ(爆)
今回は素顔を隠し(笑)熱演でしたね♪
ジェイク (ぺろんぱ)
2009-12-29 01:18:28
こんばんは。

私も、ジェイクが人類の世界では半身不随であったことがキーであったと思いました。
優秀な兄と比較されるだけの「頭はからっぽ」と言われる人間であったことも。
アバターとなった彼は健脚と、英雄としての誉と、何より彼を慕い敬うナヴィの人たちに出会えたのですものね。
勿論、あくまでキッカケとして、ですが。
根底には人間・ジェイク自身の孤高で強靭な精神があったからなのでしょう。本当の自分を見つけたっていう事だったのでしょうね。

>最も違和感を感じるであろう身長差に

そうですね。
そう言えば私も本作のPR用だった映像で最も興味を抱いたのは、その大きさと皮膚の色だったかもしれません。
そういうところに着眼されて記事にされたitukaさんも凄いです。(*^_^*)


>サナターは実際のところ

黒光りしてたので、初めは何となく「カブトムシのお化けみたいなのん」と自分の中で呼んでましたが、カブトムシみたいな角をもった妖獣は他にいましたよね。^_^;

ワタシもその日に目の疲れ (ituka)
2009-12-29 08:17:46
笛吹働爺さん おはようございます。

3Dの方式も3種類ほどあるらしいです。
眼鏡のフレームに方式名が刻印されてるようですね。
眼鏡は「XpanD」がいちばん重そうです^^

目が疲れますよね~^^;
家に帰ったら目が充血してましたよ。

>2Dでも立体感は感じるので今後も3D版を見たいかどうか疑問です。

ワタシは両方観て比較した結果、大きくは変わらないというのが本音です。
足がすくむような崖下も2Dでも十分味わえましたよ^^

>ストーリーはダンス・ウィズ・ウルブスみたいでナルニア国などの要素もありで、あまり真新しいとは思わなかった。

話自体はオーソドックスでシンプルでしたよね。
映像で酔わせる映画に複雑なストーリーは客に疲れさせるとキャメロン監督は思ったのでしょうかね^^
今日こそIMAXに~ (ituka)
2009-12-29 08:44:44
オリーブリーさん おはようございます。

いきなりIMAXだなんてすごい(笑)
3Dお初がIMAXって相当に感動ものだったでしょう。
愛知ではそこしかないのかな?
愛知の映画ファンなら冬休みに一度は109に足を運ぶんでしょうね。
今は混雑するのかなぁ

>ネイティリ、強かったぁ~獣のように叫ぶのカッコイイ(爆)

そうそう、ジェイクに言葉や弓矢を教えてる時にイラついて殴る仕草もいい感じ^^

>ジャックの顔を二回も張り倒すんですよ(爆)

へ~、そうだったんですか。
今最もホットな女優さんといえばゾーイ・サルダナなんでしょうね。
これで知名度がぐ~んと上がるんでしょう。
ただ本作では素顔がさっぱり判らないのが微妙ですね^^
英知の女神 (ituka)
2009-12-29 09:05:44
ぺろんぱさん おはようございます。

アバターのジェイクから純粋なオーラが出ていたんでしょうかね~
エイワの森の妖精が何度も現れる辺り、半身不随と因果関係があるように思いました。

>根底には人間・ジェイク自身の孤高で強靭な精神があったからなのでしょう。

冒頭で、除隊後も海兵隊魂はずっと残るみたいなこと言ってましたね。

>その大きさと皮膚の色だったかもしれません。

ラボでフラフラしながら立ち上がるところから、もう目が釘付けでしたよ。
しかも、喜びを表す台詞が自然で、サムは声優としてもやっていけるんでは?
なんてことを思って観てましたよ。

>カブトムシみたいな角をもった妖獣は他にいましたよね。^_^;

思い浮かべると『スターシップ・・』辺りで似たようなのが出てきましたけどね^^
他はごっちゃになっていてどれがどれだか?ってところです^^;

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アバター/AVATAR (LOVE Cinemas 調布)
『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレック』のゾーイ・サルダナ、キャメロン監督とは『エイリ...
アバター (まさとの素人映画レビュー)
ジェームズ・キャメロン監督が久しぶりにメガホンを取った大作、アバター。 アバターというのはインターネット上でよく使われる自分の分身の事。 映画では他の惑星の先住民を模して作られ、自分の自由に動かせる体の事。 映画の予告は何度か観ていたけど、あまり興味...
映画アバターを3D・IMAXシアターで観てきました。まさに映像革命!初体験 (ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像)
<font size="3"><font face="Arial">みんみんです<img src="/im/emoticon/heart3.gif" align="absmiddle">。<br><br><br><br>今日は待ちに待ったアバターを鑑賞してきました。<br><font color="#993300">1週間前に映画館窓口まで赴き、席を確保していたのです<img src="/...
ジェームズ・キャメロン監督 「アバター」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
クリスマスの今日、公休。 話題になってた映画 ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」観てきました♪ もちろん当然ながら3D上映で(^m^)b 初めてです3D映画 いつ3Dメガネを架けたら良いのかな? もう予告上映あたりから… ソワソワo(@^◇^@)oワ...
アバター (Akira's VOICE)
かつてない規模のウルルン滞在記。  
アバター (心のままに映画の風景)
戦争で下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、“アバター・プロジェクト”にスカウトされ衛星パンドラにや...
アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星、パンドラ。この世界観が圧倒的に凄い{/ee_3/} ジェームズ・キャメロン監督、構想14年 製作4年を費やした最新SF超大作{/ee_3/} ...
アバター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。』  コチラの「アバター」は、「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの新作となる12/23公開のSFアドベンチャーなのですが、3D特別前夜祭で早速観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
★「アバター」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30~の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。
[映画『アバター 3D・字幕版』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年最後の大作を、<MOVIX昭島>の公開前夜祭で観てきました。  面白かったです!  恋人たちがクリスマスデートで観ても楽しいひと時を過ごせますよ^^(←余計なお世話^^;)    ◇  J・キャメロン監督らしく、しつこいほどのサービス精神を、尻尾...
『アバター』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:AVATAR監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、スティーヴン・ラング公式サイトはこちら。<Story>元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシ...
アバター (悠雅的生活)
3D 字幕版
アバター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採...
アバター (to Heart)
観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 原題 AVATAR 製作年度 2009年 上映時間 162分 監督/脚本 ジェームズ・キャメロン 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーヴァー/スティーヴン・...
アバター (だらだら無気力ブログ)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の...
アバター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アバター’09:米 ◆原題:AVATAR◆監督・脚本・製作: ジェームズ・キャメロン「タイタニック」「ターミネーター」1、2 ◆出演: サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング ...
アバター (Memoirs_of_dai)
宮崎世界を3Dで 【Story】 下半身不随になり、車椅子生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間と...
2012 (メルブロ)
2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グローヴァー 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(試写会 168回目) 評価 7点(...
アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す (労組書記長社労士のブログ)
【1】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを今年からで貯め直したかったために、封切りしてからも年が変わるのを待っていた「アバター」を...
『アバター』(3D・吹替) ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン主演。 ≪IMAX鑑賞≫
アバター IMAX 3D【字幕版】 (小部屋日記)
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつ...
アバター (Movies 1-800)
Avatar (2009年) 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーブン・ラング、シガーニー・ウィーバー 惑星パンドラを舞台に、人間と先住民ナヴィとの戦争を描くSFアクション映画で、パンドラに眠る貴重な鉱物資源を狙う企業に雇...
映画「アバター」の感想です。 (MOVIE レビュー)
お久しぶりの更新です。「アバター」を観てきたので、私の今年最後に観る映画となるのでUPしてみました。この映画は全編3D映画と言うことで公開前からすごく話題になっていましたが、私が観たのは3Dではなく2Dの普通の映画館だったので、それほどすごいと言える映...
あなたが見える~『アバター』 (真紅のthinkingdays)
 AVATAR  未来。車椅子の元海兵隊員ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、事故死し た双子の兄の代わりに惑星パンドラへと向か...
アバター (サム・ワーシントンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
映画「アバター」 (FREE TIME)
話題の映画「アバター」を3Dで鑑賞。
アバター (犬・ときどき映画)
アバター[AVATAR] 今年1本目 <STORY> 惑星パンドラ、車いすの元兵士ジェイクはその動かない脚を治療してもらえることと引き換えに、パンドラの先住民ナヴィの肉体にリンクして、この星を侵略し鉱物資源を採掘するためにパンドラに乗り込んだ。 しかしナヴィの娘ネイ...
ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 (水曜日のシネマ日記)
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。
AVATAR アバター 3D吹き替え版 2回目 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様...
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
『かいじゅうたちのいるところ』はあなたの家だ (映画のブログ)
 親が子どもを「ウチのかいじゅう」などと表現するのはよくあることだが、『かいじゅうたちのいるところ』は、王様気取りの大怪獣たる少年...
「アバター」 3D新時代 (ノルウェー暮らし・イン・London)
もし3D映画が、これからの映画新時代の幕開けなのだとしたら、もう新時代など来なければいい・・・・・
『アバター』@日劇 3D鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイクは、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女に助...
アバター 3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...
アバター/AVATAR(3D映画) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
「アバター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ
ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 (水曜日のシネマ日記)
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。
アバター IMAX 3D【字幕版】 (小部屋日記)
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつ...
【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行くのが目的だったので、私の収穫は長袖Tシャツが1枚のみ{/face_acha/}{/down/} 帰りの古賀サービスエリアで食...
mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサ...
アバター (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン...