映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

レ・ミゼラブル

2012年12月22日 19時45分41秒 | 映画 ら行
評価:★★★☆【3,5点】




もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。

ジャン・ヴァルジャンの波乱万丈の人生に
ひとはチョットしたことから生まれ変われることができる。
そんな希望を抱かせてもらいましたよ(笑)



19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄され、
19年間を監獄の中で生きたジャン・バルジャン。
仮出獄した彼は再び盗みを働いてしまうが、
司教の優しさに触れ、心を入れ替えると決意する。
過去を捨て、マドレーヌと名前も変えながらも
正しくあろうと自らを律して生きていくバルジャン。
やがて市長にまで上り詰めるが、
法に忠誠を誓うジャベール警部に
自らの正体を見破られ逃亡を余儀なくされる。
その一方で、薄幸の女性ファンテーヌから託された
彼女の娘コゼットに深い愛情を注ぎ、
美しい女性へと育てていくバルジャンだったが…。
<allcinema>



内容的には人間本来の“愛と真心”をテーマにした
素晴らしい作品だったといえます。
個人的には実力派や今が旬の俳優たちのキャスティングで
スクリーンが一層華やいだ感じですかね。

1996年にリーアム・ニーソンとジェフリー・ラッシュが
同名映画として同じ役をやってましたが
あちらはイマイチ記憶に残ってない(苦笑)

今回、物語り自体は非常にシンプルで分かり易かったのと
主要歌曲の旋律がどれも素晴らしかったのが大きかった。
「ワン・デイ・モア(One Day More)」
「夢やぶれて(I Dreamed a Dream)」
「民衆の歌(The People's song)」

後半辺りから劇場のあちこちから鼻をすする音が。
ワタシは、さすがにそこまでいかなかったのは
物語りと効果音楽以外のところで迷いがあったからでしょうか。

本物のミュージカル映画はやはり苦手だった(苦笑)

ワタシ的にいう本物とは台詞自体すべて歌で表現させるモノ。
過去に観た本格派ミュージカル映画『エビータ』(1996)で
睡魔以前の本能的苦痛で途中で断念した経験があるのです。

本作も舞台からスクリーンに場所を変えて
この文芸作品を世界に発信することは良いことですが
舞台劇は舞台上のままでそっとしておきたいものです。



【今週のツッコミ】
・ベリーショートがとてもお似合いのアン・ハサウェイ。
 なんで今までショートがなかったのか不思議なくらい。

・ヒューと対峙したサシャの方が背が高かった!
 IMDbによるとヒュー=189センチ、サシャ=191センチらしい。

・あの司教の優しさでひとの本質まで変えてしまう技は
 ワタシの今後の人生に於いて目標としたいところ^^

・世の中この司教のような人間ばかりだったら
 あの世の天国と変わらないなと、ふと思ってしまった。
 楽しいかそうでないかは別にして(苦笑)

・井戸水の場所が余りにも遠い気がするんだが(爆)

・あんな親に育てられても嫌な娘にならなかったエポニーヌ。
 サシャ&ヘレナの珍夫婦でも愛情を注いでいたからね(笑)

・叶わぬ恋に苦しむエポニーヌが愛おしく、コゼットより
 こちら派でございます(爆)

・パン1個の窃盗で19年間も服役したことにも驚くが
 仮釈放から僅か数年で市長にまで登りつめた彼の
 サクセスストーリーこそが最も興味深い部分である。
 【ちなみにウィキで簡単な説明】
 「モントルイユで黒いガラス玉および模造宝石の産業を興して
 成功をおさめていた」
 チョイ怪しい商売でしょうか(笑)
--------------------------------------------------------------
監督:トム・フーパー
脚本:ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/
    クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/
    アン・ダッドリー/

出演:ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/アン・ハサウェイ/
    アマンダ・セイフライド/エディ・レッドメイン


『レ・ミゼラブル』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランケンウィニー | トップ | トワイライト・サーガ/ブレイキ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (オリーブリー)
2012-12-22 23:38:27
どんなになっても、家族とか愛とか、、、
原点に戻りますね。

ミュージカル苦手と言いながらも、ここ数年、「ヘアースプレー」「ドリームガールズ」「魔法にかけられて」「マンマ・ミーア!」と大衆向け(?)を楽しんだからか、おおよその予想はしたものの、完璧なる本気モード100%のミュージカル作品にちょいととまどいました(苦笑)
が、このキャストは魅力的~悲劇に近い内容なのに未来が見えるって、何か好きです^^
エポニーヌが良かった~~見返り期待なしの純愛に錆びた目から涙が、、、。
まだ何かしらの心は残ってるみたいで安心してりして…(笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-12-23 11:10:40
おはようございます。
こういう映画は心が洗われますね(笑)
ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)にいちど見せたいものです(爆)

近年のミュージカル映画って台詞と歌曲としっかり分かれていたので普通に観れましたけど
ここまで完ぺきミュージカルだったことでチョット引きました。
冒頭からラッセル・クロウが唄ってるのにはびっくり(笑)
「うわ~!(完全ミュージカル)でたよ~」でしたが、トム・フーパーの演出により観易くなっててホッとしました(爆)

エポニーヌ人気ありますね(笑)
想いを封印して耐え忍ぶヒロイン、やっぱり日本人ウケするキャラなんでしょうかね。

髪切られ奥歯2本も抜かれた後に目玉も売るのかと心配しましたが
さすがにそれはなかったですね(爆)
ちなみに抜かれた奥歯のVFXが見たくてもういちど観に行くかも(←そこかよ)^^;
ミュージカルと映画 (rose_chocolat)
2012-12-23 18:25:10
初日に観たんですが、日にちが経つほどに微妙さが増してきます。
ミュージカルや舞台は好きですし、こういった形式の作りは大丈夫なんですけど、この作品の軸足が見えないんですね。
単にミュージカルの焼き直しなのかとも取れなくもないので。
内容としてはよかったですし、正直ちょっと泣きましたが(笑)その辺りのスタンスが見えにくい作品ということで評価も直しました。
roseさんへ (ituka)
2012-12-23 19:31:56
こんばんは。
本作品の舞台は観たことないんですが、今回の作りは舞台劇をかなり意識したように思いました。
台詞がすべて歌になってるのは当然として、各シーンの画面構成が舞台でも再現できる作りになっていたことと
革命戦争のところで火薬の量があまりにも少なく、これも舞台でできそうなところでしょうか。
つまり映画なんだけど極力舞台劇に近くしたと勝手に判断して納得しました(笑)

先日公開してた『シルク~3D』がちょうど似たようなイメージでしたね^^
見ました (笛吹働爺)
2012-12-24 15:20:22
☆4です。東宝の舞台も何度か見てるが映画もいいですね。
-1は芝居と同録のためかドラマチックになってるわりに歌が貧弱に聞こえたところ。
来年また舞台があるので東京と名古屋で見たいものです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-12-24 18:35:17
こんばんは。
お~!舞台公演もご覧になっていたのですね。
やっぱり演技は舞台の方が演じる俳優たちのパワーを感じますかね^^
映画はカメラに伝わればいいわけで、舞台となると劇場全体が相手ですから労力は大変なモノと感じます。
来年10月に中日劇場にも来るようですね。
Unknown (あみ)
2012-12-24 21:33:54
私もリーアム・ニーソン版は観てるはずなんですが、同じくあまり記憶に無く、ジャン・ギャバン版は観たのがあまりにも昔でこれまたあまり記憶に無い為、やはりミュージカルのイメージが強いですがこの映画を観て久しぶりにまた舞台を観たくなりました。(でも高いもんな~貧乏主婦にはキツい^^;)

>冒頭からラッセル・クロウが唄ってるのにはびっくり
そう言えば、ラッセル・クロウは音楽活動もしている割には映画の中で歌うシーンって見かけませんね。
あみさんへ (ituka)
2012-12-25 11:10:35
おはようございます。
今週三日間だけ夜勤になってしまいました^^
1957年版はジャン・ギャバンだったのですね。ってことはフランス映画ということでしょうか^^
もう1本、1996年にクロード・ルルーシュ監督、ジャン・ポール・ベルモンド版があるそうですね。

生舞台は高いですよね~(笑)
S席ともなると映画10本分に相当しますからね(苦笑)
あみさんが貧乏主婦とはとても思えませんよ~^^

ラッセル・クロウがロックバンド組んでたって、なんかイメージ湧かないですよね(爆)
次回作、『新・スーパーマン』で、もしかしたら美声が聴けるかもしれませんよ(笑)
こんにちは。 (みぃみ)
2012-12-27 10:49:20
私も過去に「魔笛」で爆睡した事がありますので、心配していましたが、今回は大丈夫でした(^^)。
みなさん、お上手なのと、美しい(一部は面白い?)お顔をたっぷり眺める事ができたからかな~?と思っています。

私も、身分を隠してどうやって市長にまでなれたのか、気になります。
そして、コゼットよりもエポニーヌ。。。
良い子に育ってましたよね。
さみしいよ~と雨の中歌う彼女に、心揺さぶられました。
幸せな最期にホットしました。。。

このキャストで、この作品を舞台で観れたらいいな☆と思いました(←超プラチナでもたぶん行きます!)。
みぃみさんへ (ituka)
2012-12-27 16:24:02
こんにちは。
お!『魔笛』で爆睡したのですね!ご愁傷様です^^
これってオペラ舞台劇の映画化なんですよね。
いや~、ミュージカル映画よりもさらに苦手です(爆)

今回のキャストはみんな素晴らしかった。
監督の異色の演出で撮影現場もなかなか楽しかったみたいですね。

バルジャンの市長に至るまでのスピード出世にはお口アングリでした(笑)

エポニーヌの悲恋まで物語りに入っていたことに、バルジャンの一代叙事詩意外にも見どころ満載でした。
彼女の唄はさすが上手かったですよね。現役舞台女優はやっぱり安定感があります^^
あの雨が一層の効果を生んでいましたよね。
涙が雨にかき消され冷たくなって息を引き取る。でも愛するひとの腕の中で最期となった彼女は幸せだったんでしょうね。

え~!プラチナチケットでも行っちゃいますか?(笑)
そうですね、この映画のキャストでやってくれるならワタシも俄然興味を持ってしまいます^^
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2013-01-01 01:43:34
バタバタとなんか気ぜわしく、毎年恒例のベストも書けない中、ちょっと落ち込んでいたのですが、年末のご挨拶に来て下さったitukaさんに元気を頂きました^^

さて、この作品ですが・・・
私もミュージカルは苦手なのですが、キャストがいいのと名曲の数々に泣かされました。
鼻すすっていたかも~(笑)

>あの司教の優しさでひとの本質まで変えてしまう技は  ワタシの今後の人生に於いて目標としたいところ^^
あはは~。いつもながら楽しいわ~♪
他のツッコミも楽し~い

あれっ?オマケでなくてツッコミなんですね(笑)
変えました???

感想ももちろんですが、itukaさんのオマケ(ツッコミ)が大好きです(笑)
そんな楽しいitukaさんの記事今年も楽しみにしています!今年もどうぞよろしくお願い致します♪

ps.2012年ベスト書けましたら、またお邪魔いたしま~す(^^)
ひろちゃんへ (ituka)
2013-01-01 10:20:21
あけましておめでとうございます。
昨年の暮れに大変なことになってしまいましたね。
でも、生理学の面からいっても避けては通れない道なので仕方ありません^^

本作、鑑賞後にジュワジュワと各シーンが蘇ってきちゃって
今でも、それぞれの名曲がことあるごとに頭をよぎってしまうんですよね(笑)
ひろちゃんもミュージカル映画苦手だったのね^^

そうそう、おまけ→今週のツッコミに変えたんですよ(笑)
これ結構お気に入り!

>itukaさんのオマケ(ツッコミ)が大好きです(笑)

ありがとうございます~(笑)
これで俄然やる気が出るって言うもんですね^^
はい、今年も昨年同様お話していきましょう。
2012年のベスト楽しみに待っていますね~。
Unknown (mariyon)
2013-01-10 20:55:06
いまさらアップなんですが、
実は大晦日に観ました。
年末にふさわしい大作で、感動しました。

幼いころから慣れ親しんだお話が
ものすごく宗教賛歌だったことに気が付かされました。
でも、それを素直に受け入れることができる
いい作品に仕上がっていました。

ミュージカルってのも、大きいですよね。
mariyonさんへ (ituka)
2013-01-10 23:37:50
こんばんは。
なんと!大晦日に既に鑑賞してたのね(笑)
一年をこの作品で締めたことはお上手な鑑賞法に感じます。

ワタシは評価こそ普通でしたが、これ未だにメロディが蘇ってきて仕事中にもかかわらず
映画のシーンを思い出してしまいます^^;

たしかに宗教賛歌でしたが普通に楽しめましたよね^^
これってトム・フーパーの演出が功を奏したのかな~。

☆ガンバってるジャン☆ (TiM3)
2013-01-15 01:14:28
年初めの1本として、観て来ました。

『逃亡者』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』的な、しぶとく憎々し気なジャベールのキャラ造型を少しばかり期待してたけど、意外と主人公への関わり方が薄かったですなぁ。

原作からそんなもんなんかな?

アンハサが(比較的)前半に退場するので、そこが一番驚いたかな?

あと・・歌える余裕があるんなら、船を引っ張る作業もさほど苦痛ではないっちぅ事でしょうかね?(=^_^=)
TiM31さんへ (ituka)
2013-01-15 23:33:58
こんばんは。
この映画で1年を締めた人、また年初めの1本になったTiM3さんなど、なんか節目的作品としてはピッタリな感じですよね^^
ジャベールがもうちょっとアクが強かったらBOSS叔父さんに近付けそうです(笑)

アンちゃんは意外にも歌が上手かったのですが、今も心に残る歌は民衆の歌でしょうかね~^^
ご退場早かったですよね!ワタシも「え?」でしたよ。

>歌える余裕があるんなら、船を引っ張る作業もさほど苦痛では

お~!そこ突っ込みますか(笑)
確かに、唄ってたら力なんて入るはずないし、ほんと見せかけだぜ、こいつら!でした^^;
帝国劇場で (笛吹働爺)
2013-06-30 22:09:34
昨日、妻の付き添い?で有楽町の帝国劇場でミュージカル「レ・ミゼラブル」を見てきました。
新演出ということで舞台装置も一新され初期バージョンとは場面転換も変わっていました。昔のは大きなバリケードが動くのみであとは回り舞台をうまく使ったものでした。が、僕らはそちらのほうが好きですな。
役者も昔見た方々のほうが重みがあった。(滝田栄・加賀たけしのジャンバルジャン、村井国夫がジャベール)。
でも、今回もまぁまぁ良かった。
名古屋にも10月来るのでチェックしたら土日はすべて完売、残念!
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-07-01 19:31:00
こんばんは。
お~!有楽町帝国劇場に遠征でしたか。
「レ・ミゼラブルが」新演出されたのですね。舞台装置やら新機種に更新されて見せ方もさらにパワーアップってところですかね。
楽しまれてなによりです^^

ワタシがミュージカルの舞台を見たのは小学生のころでしょうか(笑)
その時、前列のダンサーと目が合った!とか言ってハシャイでいたものです^^;

名古屋にも来るのですか。あらら~休日は既に完売なんでしたか~、人気があるのですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ~~(ノω≦。)…ジーン… (よくばりアンテナ)
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
レ・ミゼラブル(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Les Miserables。イギリス映画。ヴィクトル・ユゴー原作、トム・フーパー監督。アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド ...
『レ・ミゼラブル』 ミュージカルファンよ、心配するなかれ (映画のブログ)
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。  私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。  子供の頃に児童書『ああ無...
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
『レ・ミゼラブル』 (こねたみっくす)
はためくトリコロールがより美しく見える映画。 原作を基に物語を追うビレ・アウグスト版とは違い、舞台版を基に感情を追う作品となったこのトム・フーパー版。なので比較してし ...
『レ・ミゼラブル』 2012年12月21日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『レ・ミゼラブル』 を鑑賞してきました。 今年の見納めでも良いと思っていた映画でしたが... 【ストーリー】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。...
レ・ミゼラブル (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
レ・ミゼラブル / Les Misérables (勝手に映画評)
傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。 “お昼休み”の番組のメイン...
映画レビュー「レ・ミゼラブル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...
レ・ミゼラブル (心のままに映画の風景)
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...
レ・ミゼラブル (あーうぃ だにぇっと)
レ・ミゼラブル@TOHOシネマズ日劇
映画『レ・ミゼラブル』(2012)★力強い明日への希望☆感動の響き高らかに♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      映画レビューしました(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342984/rid11/p1/s0/c1/     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160086/ ↑ あらすじ・クレジ...
「レ・ミゼラブル」みた。 (たいむのひとりごと)
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」 (日々“是”精進! ver.F)
どんな時にも、希望は残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210004/ レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ユニバーサル インターナショナル 2...
レ・ミゼラブル (そーれりぽーと)
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて...
レ・ミゼラブル (2012)/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
もうね、あのファンテーヌの唄が聴こえてくるだけで条件反射的に感動の記憶が呼び起こされてしまいます。日本での舞台を1度観ただけなので偉そうなことは言える私ではありませんが ...
『レ・ミゼラブル』 (2012) / イギリス (Nice One!! @goo)
【管理人からのお知らせ】 しばらくの間ですが、本作のレビューUPが落ち着くまで、当方のTBを 承認制にします。 場合によっては反映しないこともありますので、TBなさる方はご承知の上、よろしくお願いします。 原題: LES MISERABLES 監督: トム・フーパー 出演...
レ・ミゼラブル (Akira's VOICE)
感動で満たされた!  
レ・ミゼラブル / Les Miserables (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作、 言わずと知れた大ヒットミュージカルを 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化 舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキン....
レ・ミゼラブル (悠雅的生活)
夢はかえらない。雨は花を育てる。戦う者の歌。
映画「レ・ミゼラブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「レ・ミゼラブル」観に行ってきました。世界各国の舞台で長年ミュージカル公演が行われてきた、ヴィクトル・ユーゴー原作の同名小説の実写映画化作品。なお、今作が2012年...
「レ・ミゼラブル」 (或る日の出来事)
かわいそうさを盛り上げる歌の力が加わって、気持ちよく泣けた~。
映画:「レ・ミゼラブル」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年12月27日(木)。 映画:「レ・ミゼラブル」。 監  督:トム・フーパー 脚  本:クロード=ミシェル・シェーンベルク      アラン・ブーブリル      ハーバート・クレッツマー      ウィリアム・ニコルソン 原  作:ヴィクト...
レ・ミゼラブル (miaのmovie★DIARY)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック(2012/12/26)サントラ商品詳細を見る 【 Les Misérables】 制作国:イギリス  制作年:2012年 ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄す...
レ・ミゼラブル (to Heart)
愛とは、生きる力。 原題 LES MISERABLES 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 158分 原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説) 脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー 監督 トム・....
レ・ミゼラブル (風に吹かれて)
慈悲の心と愛に出会って公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jpビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」
レ・ミゼラブル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Les Miserables監督:トム・フーバー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム・カーター・・・
レ・ミゼラブル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、舞台では27年間もロングラン中の最高峰ミュージカルが、ついに映画化!19世紀のフランスを舞台に、主人公ジャン・バルジャンを中心とした激動ドラマが、名曲の数々とともに大スケールで展開する。 監督は「英国王のスピーチ」....
レ・ミゼラブル (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしかった!!
レ・ミゼラブル/LES MISERABLES (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルって、好き嫌いあるけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。 彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。 8年後、....
★レ・ミゼラブル(2012)★ (Cinema Collection 2)
LES MISERABLES 愛とは、生きる力。 上映時間 158分 製作国 イギリス 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/12/21 ジャンル ミュージカル/ドラマ/文芸 映倫 G 【解説】 日本を含む世界中で愛され続ける空前の大ヒット・ミュージカルを、 豪華キャス...
映画、「レ・ミゼラブル(Les Miserables)」の評価 ― 映画から読み取る政治、社会問題に関するメッセージの一考察 (Nothing Ventured, Nothing Gained.)
先日、ついに楽しみにしていた映画、「レ・ミゼラブル(Les Miserables)」を観ることができた。 一言で感想を言えば、「ミュージカルそのもののファンの期待をも裏切らない出来の良い作品」であった。 そこで、今日は、まだ観ていない人も、もう観た人も、映画、「レ・ミ...
映画「レ・ミゼラブル」 (FREE TIME)
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
レ・ミゼラブル (こんな映画見ました~)
『レ・ミゼラブル』---LES MISERABLES---2012年(イギリス)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン 、ラッセル・クロウ 、アン・ハサウェイ 、アマンダ・セイフライド 、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター 、サシャ・バロン・コーエン ....
・・・ふーん。『レ・ミゼラブル』 (水曜日のシネマ日記)
ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化した作品です。
歓びの歌~『レ・ミゼラブル』 (真紅のthinkingdays)
 LES MISERABLES  19世紀・フランス。病んだ妹の子を飢えから救おうと、たった一個のパンを盗 んだ男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。彼は19年もの長きに渡って 投獄され...
ミュージカルで締める! (笑う社会人の生活)
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...
映画「レ・ミゼラブル」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
福祉は大切だと思った。 母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...
映画:レ・ミゼラブル  普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...
レ・ミゼラブル 文句なしっ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸....
レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ  アン・ハサウェイ 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、....
映画『レ・ミゼラブル』を観て~アカデミー賞3部門受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆ア...
レ・ミゼラブル (いやいやえん)
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手...
レ・ミゼラブル (タケヤと愉快な仲間達)
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年....
レ・ミゼラブル (RISING STEEL)
ご無沙汰してました!今年初めの映画レビューは大ヒットしたこの作品! レ・ミゼラブル / LES MISERABLES 2012年 イギリス映画  ワーキング・タイトル・フィルムズ ユニヴァーサル製作 監督:トム・フーパー 製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェル...
映画 レ・ミゼラブル (2012年) (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    ミュージカルを見ているような錯覚を受ける映画でした。   なので、映画として観るのでなく、ミュージカルとして   観たほうがしっくりきますね。    前評判とおり、フ...