映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

星を追う子ども

2016年10月15日 19時57分41秒 | 映画 は行
評価:★☆【1.5点】



放課後、秘密基地へ向かう途中の鉄橋でまさかのUMA出現って。。。
いくら新海監督といえどもこれはダメ。




地下に広がる不思議な世界の謎を巡って
危険な旅に出る少年少女たちの冒険の行方を描く。
父の形見の鉱石ラジオから流れてきた
不思議な唄が忘れられない少女アスナ。
ある日彼女は、地下世界アガルタから来たという少年シュンと出会う。
次第に心を通わせていく2人だったが、少年は突然姿を消してしまう。
シュンの行方を追い求めるアスナは、
新任教師のモリサキから地下世界にまつわる不思議な神話を聞かされる。
その世界こそシュンが来たというアガルタだった。
そして、そんなアスナの前に、
シュンと瓜二つの異国の少年シンが現われるが…。
<allcinema>



それまでの作画タッチがちょっと違うな~と思ったら
新海監督がキャラクターデザインに関わってないからなんですね^^;

もうそれだけでも引くのに、完全空想世界ってことで
開始15分当たりの鉄橋に未知のクリーチャー出現からドン引き!
「え?えぇ~」こんな作品だったの?
最初から分かっていれば時間の無駄ということで観ることもなかった。
画も30年前の技術からまったく進化してなさそうな
ものだったし壮大な物語は穴だらけで白けるし

結論、これは本当にダメだった^^;



【今週のツッコミ】

・理系っぽい少女が秘密基地を持っていて近くの丘から
 手作りラジオで電波を拾うシーン、ここまでは良かった。
 その後の展開に、まるで別の映画がくっ付いたような感覚だ。

・キャラクターデザインって大切だな~と改めて実感。
------------------------------------------------------
監督:新海誠
脚本:新海誠
音楽:天門


出演:金元寿子/入野自由/井上和彦/


『星を追う子ども』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秒速5センチメートル | トップ | ロイヤル・ナイト 英国王女... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL