映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

トゥモロー・ワールド

2006年11月19日 08時36分03秒 | 映画 た行
評価:★★★★


ジュリアンが射殺される!
ここから、この映画が本気モードであると実感する。

最初に邦題が如何にも安っぽいB級SF映画のようなので、まったく期待などせず観に行きました。ところが、意外にも本格的な作りで、映像はもちろんストーリーも109分と最近ではどちらかと言うと短い上映時間にもかかわらずボリュームがあり、非常に考えさせられる上質的な映画だと思った。

西暦2027年、そう遠くない未来には18年間も子供が生まれていない。最悪50年後には人類の種は完全に地球上から途絶えてしまうという設定だ。現実的にみても出生率の低下を新聞等で目にする最近としては、とても架空のストーリーでは済まされないテーマとして観客に訴えかけてくる。

前記したように、この大作をたったの109分で描き切れるのか?という不安もありましたが、非常にテンポ良く進行していくので見ていて飽きることもなかったし、映像で表現しなかった部分は会話の中で重要なヒントとして頻繁に出て来るので大筋は理解できるようになっている。ちなみに翻訳者は戸田奈津子さんです(笑)

何故、子供が生まれなくなったのか?!



主人公のセス(クライブ・オーウェン)が反政府組織「フィッシュ」に拉致され、そこで意外にも、別れた元妻で組織のリーダー、ジュリアン(ジュリアン・ムーア)と再会するのだが、ここでふたりの会話の中で出てきます。

世界は2008年のインフルエンザの猛威で滅亡し、唯一残った人類がイギリスだけって言うのが如何にもSF小説らしくて小気味いい(笑)多分、このインフルエンザで何らかのウィルスが女性の繁殖機能に影響を及ぼし早期流産してしまうという原因を作ったということだと思う。そう解釈したのですが・・・

そして、この映画のキーになる黒人少女ですが、彼女だけたまたまウィルスの影響を受けなかっただけのことで、そこに関してはそんなに深く考える必要はないと思うんです。




主人公セスと若い妊婦の逃避行を脇で支える登場人物がいいんです。目立ちすぎず、それでいてしっかり存在感があるという見事な脇役の演技だったと感じました。映像は素晴らしく良い。まるで現実の世界がそこに有るかのように観客は主人公のセスと完全に同化し、彼の目線で一緒に旅をすることになる。

オープンセットの美術がもの凄くリアルである。制作費120億円は美術費として大半が使われたと思われる。紛争真っ只中の街を徒歩で逃げるシーンは、まさにドキュメンタリー映像を観ているようだった。監督のアルファンソ・キュアロンもワザと長回しのショットを多用し、その中で実際に偶然の転倒などもNGにせずフィルムを回し続けたことで、俳優の演技がよりリアルになる狙いがあったんだと思う。

事実、セスが瓦礫で右足を負傷する辺りは、長回しの産物ではないだろうか。
逃亡中、陣痛が始まってからの緊迫感はなかなかのもの。出産シーンに於いては、酒で手を消毒したセスが取り出すシーンは、ぎこちなくてハラハラさせられる。そして直後のへその緒のついた赤ちゃんはアニマトロニクス?本物?・・・それくらいある意味生々しかったですね。

この映画はお奨めです。ロンドン郊外の街の描写は「戦場のピアニスト」に匹敵する出来である。

--------------------------------------------------

監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:アルフォンソ・キュアロン/ティモシー・J・セクストン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
音楽:ジョン・タヴナー

出演:クライブ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー/チャーリー・ハナム/クレア=ホープ・アシティー

『トゥモロー・ワールド』オフィシャル・サイト
http://www.tomorrow-world.com/

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 氷の微笑2 | トップ | プラダを着た悪魔 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舌巻く展開 (にら)
2006-12-01 16:29:11
ホントによくぞここまでまとめたものだと舌を巻きましたが、そんな舌だって見事に巻いて口に収めてくれそうです。

この監督にウチの押入れ収納をお願いしたい(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
味の素 (ituka)
2006-12-01 21:41:10
撮影を担当したエマニュエル・ベルッキに注目してます。
この人の撮った過去の作品は秀作ぞろい!

案外、癒し系かも今後に注目です。
この人にも押入れ収納させてみましょう(笑)

コメントどうもです。
↑誤字 (ituka)
2006-12-01 21:45:43
エマニュエル・ベルッキ=×=呼び易い
エマニュエル・ルベッキ=○=呼び難い(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「トゥモロー・ワールド」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇1で昨日公開した「トゥモロー・ワールド」を観てきました。 イギリスのP.D.ジェイムズの原作 「The Children of Men(人類の子供たち)」を元に、 人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年を舞台にした アクション・エンターテインメント映画。 ...
トゥモロー・ワールド(2006年) (勝手に映画評)
タイトル トゥモロー・ワールド ---感想--- 人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。 いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず思ってしまいます。テロはまだ続いており、世界は平和になるど ...
トゥモロー・ワールド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に
トゥモロー・ワールド (そーれりぽーと)
落選後、『インサイド・マン』では銀行強盗に身をやつしてしまった元ジェームズ・ボンド候補のクライヴ・オーウェン。 そろそろその『007』の最新作が公開という事でぶつけてきたのか気になったので『トゥモロー・ワールド』を観てきました。 ちなみに英語の公式サ ...
トゥモロー・ワールド (5125年映画の旅)
西暦2027年。人類には18年間、新生児が誕生していなかった。世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を維持しているイギリスには難民が押し寄せていた。ある日、エネルギー省に勤めるセオは、地下組織のリーダーであるかつての妻・ジュリアンと再会する。彼女は ...
トゥモロー・ワールド (5125年映画の旅)
西暦2027年。人類には18年間、新生児が誕生していなかった。世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を維持しているイギリスには難民が押し寄せていた。ある日、エネルギー省に勤めるセオは、地下組織のリーダーであるかつての妻・ジュリアンと再会する。彼女は ...
トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶
トゥモロー・ワールド (八ちゃんの日常空間)
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
トゥモロー・ワールド (悠雅的生活)
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
『トゥモロー・ワールド』 (ねこのひたい~絵日記室)
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測
映画「トゥモロー・ワールド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台 ...
ビリオンダラー・ベイビー@トゥモロー・ワールド (憔悴報告)
『トゥモロー・ワールド』は、過去数年に渡っての最強の娯楽映画である。 今劇場で観なければあなたは負け犬だ。 すぐに映画館に行きたまえ。 話はそれからにしよう。
★「トゥモロー・ワールド」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
映画/トゥモロー・ワールド (  サ バ ペ)
映画「トゥモローワールド」 原題:CHILDREN OF MEN 監督:アルフォンソ・キュアロン 原作: 出演:クライヴ・オーウェン,ジュリアン・ムーア    キウェテル・イジョフォー,マイケル・ケイン
トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来 (銅版画制作の日々)
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままい ...
真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』 (CHEAP THRILL)
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋 ...
トゥモロー・ワールド 07078 (猫姫じゃ)
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナム う~ん、...
トゥモロー・ワールド (CinemA*s Cafe)
公式サイト ジュリアン・ムーアがけっこうなチョイ役だったことに驚き(@_@) そしてもっと近未来的な話しなのかなぁ(SFちっく)と思っていたら、どこかの国の内戦みたいな雰囲気でそれもそれでびっくり(@_@) 最
映画評:トゥモロー・ワールド (写真と映画のブログ)
2027年のロンドン。 原因不明の不妊症が広がり、世界から子供の姿が消えた。 世界で最も若い少年で知られるディエゴ・リカルドだったが...
映画評:トゥモロー・ワールド (映画と写真のブログ)
2027年のロンドン。 原因不明の不妊症が広がり、世界から子供の姿が消えた。 世界で最も若い少年で知られるディエゴ・リカルドだったが、その日の朝、死亡したとニュースが告げていた。 ディエゴ・リカルドのファンの者が、路上で刺し殺したのだ。 18年の短い生...
トゥモロー・ワールド (我が頭に巣くう映画達)
32点 2006年のイギリス、アメリカの合作映画で、 監督は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン、 主演は「キング・アーサー」、「インサイド・マン」のクライヴ・オーウェ...