映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

デンジャラス・ラン

2012年09月08日 21時04分46秒 | 映画 た行
評価:★★★★☆【4,5点】


ひとことでCIAといっても、こんな地味な仕事もあるんですね(笑)

こんな管理人の業務ならワタシだってやってみたいわ。
住民が居ないから汚れないし、エントランスの掃除も必要ない。
トビン・フロストが永久に来ないと分かっていれば
マンション管理人と大差ないと思うのはワタシだけか(おい)



南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”。
その管理を任された新米職員のマットは、
退屈な仕事に不満を募らせていた。
そんなある日、凶悪犯トビン・フロストが連行されてくる。

かつては
CIA史上最高のエージェントと評された、CIAが最も恐れる裏切り者。
ところが彼を収容して間もなく、
トップシークレットのはずの隠れ家が武装集団に襲われ、壊滅状態に。
フロストから決断を迫られたマットは、
彼を連れて隠れ家から脱出することを決断。
敵の正体も分からぬまま、
たった一人でフロストを守らなければならなくなったマット。
しかも逃亡のチャンスを窺うフロストから巧みな心理戦を仕掛けられ、
精神的にも追い込まれていくマットだったが…。
<allcinema>



【ネタバレ有ります。要注意】

CIAといえば、やっぱり敵国機密情報を極秘に奪う
ド派手なアクションでお馴染みの凄腕エージェントですよね〜!

しかし、今回の主人公は
極秘の隠れ家の管理をするだけの、緊張感ゼロの退屈な任務でした。
来る日も来る日も、セキュリティこそ凄いが、ガラ〜ンとした空間は
ある意味、独房状態で、本部との連絡を日に数回するだけのもの。

暇つぶしにやってる筋トレやサンドバッグ相手のエクササイズで
気が滅入るのを紛らわせていた男でした(笑)

ところが、そんな彼のもとに、本部からの要請で
世紀の極悪人トビン・フロスト(デンゼル・ワシントン)を
尋問専門チームが連れてきたから、一気に緊張感Maxのマット(笑)

いや〜!このメリハリの良さが凄くいい!

そして、その直後に何者かによるまさかの襲撃。
CIAにしか知らされていないはずの隠れ家に、なぜ武装集団が?

この映画の面白いところは
現状の仕事に不満を持っていたノンキャリアのCIA局員が
希望通りのCIAエージェントらしい任務に就けたことでしょう。
しかしながら、こんな国家レベルの任務に対し
経験値ゼロだったから、さあ大変!ってやつですね(笑)

巻き込まれ型ストーリーの魅力のひとつでしょうか。
元CIAトップエージェントだった凶悪犯フロストと行動を共にしていくうち
男同士の友情、あるいは絆が芽生えて行き
最後は、主人公にCIAに対して敵対意識が生まれてくるところなんか
王道ではありますが、よくできた物語りだったと思います。


【今週のツッコミ】
・リアルなカーチェイスは近年でもトップクラスの出来だった!
 CGを完全に排除したチェイスは『ブリット』『ザ・ドライバー』など
 往年の傑作カーアクション作品と互角に渡り合えそうだ。

・手ぶれカメラの映像は、割と好きな方ですが
 この映画の使用頻度はチョット多いような気がした。
 悪くはないんだけど、映像が若干粗くなるのが辛いところ。

・CIA審問専門チームのリーダー役のロバート・パトリック氏
 さすがにその存在感は、新たな一面を見せてくれました。

・「君はよくやった!あとは我々に任せろ」これワタシだったら
 ラッキー!ですが、映画の主人公はやっぱり違いますね。
 っていうか、この言葉の伏線があったから余計ですかね(苦笑)

・最後まで冷静沈着な犯人に対し、緊張しまくりの主人公の対比が
 この映画の面白いところ。
 序盤で武装集団に襲撃されてるところ、奥の部屋で
 銃撃音だけで状況を想像しなければならないシーンは秀逸でした。
 しかも、緊張からか、手に持つ銃のマガジン落としてるし(爆)

・実は、冒頭のトビン・フロスト襲撃事件で頭が混乱した。
 MI6と会っていたのはフロストの影武者かと(苦笑)

・今回の主人公、最後にトップエージェントに格上げされました。
 しかしながら、なぜかその風貌とスーツが似合ってない(←こら)
 まあでも、憧れのデンゼルと共演出来て素晴らしい経験ができた
 ライアン・レイノルズでした。

・続編が製作されるようですが、ライアンのCIAエージェントは
 トムのイーサン・ホークとカブる気がしてならない(苦笑) 
------------------------------------------------------
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:デヴィッド・グッゲンハイム
撮影:オリヴァー・ウッド
音楽:ラミン・ジャヴァディ


出演:デンゼル・ワシントン/ライアン・レイノルズ/ヴェラ・ファーミガ/
    ロバート・パトリック


『デンジャラス・ラン』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コロンビアーナ | トップ | バイオハザードV:リトリビュー... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わっ! (オリーブリー)
2012-09-11 02:06:47
★4つっすか?!
このメンツに多少の期待はあったのですが、お話がありきたりで、なんだかもう忘れてしまいそうなくらいです(苦笑)
ライアンのくじけないアクションは良かったですけどね〜なんか彼って、顔がこうだからか、棺に入れられた映画とか、痛々しい役柄が合いません?
続編って、どんなんでしょ^^

今、スッゴイ、大雨とピカピカ雷にビビッてます!
ワンコもうろうろして寝れないみたい。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-09-11 23:15:02
こんばんは。
本作、劇中では身を乗り出して観てましたよ(笑)
街中でのリアルなカーチェイスに久しぶりにアドレナリン出ました(爆)
あと、ライアンって、意外と演技できるじゃん!みたいな部分はありますが
この俳優さんは自意識過剰っぽくてチャラ男の匂いが好きじゃないわ(苦笑)

でも、冷静なデンゼルがキャラに合ってて、なんか妙に全体の雰囲気がワタシの好みと合ってました。

続編は、守護霊となったトビンが、危機一髪のマットを毎回助けるファンタジー映画になるかも(おいおい)^^;

昨夜、明け方でしたか凄かったですよね!
光と音がほぼ同時でサッシが共振してました〜^^;
うちの猫は、怖くて泣いてました(←たぶん、夜食の請求かも・笑)
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-09-14 01:14:56
おっ!4.5!デンゼルファンとしては(いったい何人好きなハリウッド俳優がいるのか?笑)ありがたい評価です。

私も最初から最後まで飽きることはなかったですし、緊張感、緊迫感もあって好きな作品ではあったのですが
王道なんですが、ありきたりな感じがちょっとしてしまいました(^^ゞ
とは言え、何を演じさせてもデンゼルは上手い!
デンゼルの演技観るだけでも観に行く価値ありの
作品でした!

>ライアンのCIAエージェントは
 トムのイーサン・ホークとカブる気がしてならない

あ〜〜わかります。ラストは、トムというかイーサンのデジャブ?と思ってしまいました(笑)

そそ、ロバートパトリック、いい感じに年を取ってますよね。「テラビシアに架ける橋」でのパパ役も良かったですがこういう役も存在感があって良いですね(^_-)-☆

☆観て来ました☆ (TiM3)
2012-09-14 02:14:03
ヴェラファ姐さんが、遠景ながら「トドメ刺されてて」可哀想でなりませんでした(号泣)

だから、任務中は「チョッキ」着用しとけってば。
ひろちゃんへ (ituka)
2012-09-15 00:29:41
こんばんは。
デンゼルの映画でも、悪役キャラを演じる彼になぜか惹き込まれてしまいます。
今回、悪魔呼ばわりされてる割には、意外といい奴でしたね(笑)
本作は、デンゼルが出てるので観に行ったんですが、続編製作といっても
もう彼は出そうもないので、あまり期待できないです(苦笑)

イーサンとフェイスは被りますが、身長はライアンの方がかなり高いです(188センチ)
ということで、彼らの競演は身長差がありすぎて、どんなシークレットブーツを着用しても
トムがちびっこに見えてNGなんでしょうね(苦笑)

ロバート・パトリックって年齢とともにガタイもでかくなりましたね。
アクション系のハリウッドの俳優さんって、幾つになっても筋トレは必須なんでしょうか(笑)
ワタシも体脂肪率をひとケタにしたいわぁ(爆)
TiM3さんへ (ituka)
2012-09-15 00:44:32
こんばんは。
ヴェラさんの、あの扱われ方にびっくりしました!
もしかして、殺される役ってお初かも。
あのシーンで、『トゥモロー・ワールド』のジュリアン姐さんを思い出しましたよ(笑)


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『デンジャラス・ラン』 2012年8月1日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『デンジャラス・ラン』 を試写会で鑑賞しました。 邦題:デンジャラス・ラン 原題:safehouse どうして全然違うタイトルになるんだろう(笑) 【ストーリー】  36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントであるトビン(デンゼル・ワシントン)は、南アフリカのC...
デンジャラス・ラン (あーうぃ だにぇっと)
デンジャラス・ラン
『デンジャラス・ラン』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: SAFE HOUSE 監督: ダニエル・エスピノーサ 出演: デンゼル・ワシントン 、ライアン・レイノルズ 、ヴェラ・ファーミガ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2012年9月7日公開) 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行って来ました。い....
映画「デンジャラス・ラン」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは一階席は満席、二階席は9割くらい。今回私は映画レビューサイトCOCOさんに招待された。
スニーク・プレビュー「デンジャラス・ラン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/6/21、東宝東和試写室。 ここは2009年以来。 前回は「ワルキューレ」だったかな。(「チェンジリング」でした) 開始直前まで映画のタイトルは明かされていなかったが、 上映時間などから「デンジャラス・ラン」と予想していた。 スニーク・プレビュー....
デンジャラス・ラン / Safe House (勝手に映画評)
36カ国の指名手配犯トビン・フロスト=デンゼル・ワシントン。“悪役”のデンゼル・ワシントンが見られます。 舞台は南アフリカのケープタウン。南アフリカと言う事で思い出すのが『インビクタス/負けざる者たち』や『第9地区』。『インビクタス/負けざる者たち』『第9...
デンジャラス・ラン (だらだら無気力ブログ!)
邦題はアレだけど、アクションは満足。
デンジャラス・ラン / SAFE HOUSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click デンゼル・ワシントン×ライアン・レイノルズ 元CIAエージェントの逃亡劇を描くアクション。 凶悪犯の保護収容所“セーフ・ハウス“に護送された大物テロリストが、武装集団に...
劇場鑑賞「デンジャラス・ラン」 (日々“是”精進! ver.F)
新米職員成長物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209080002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
デンジャラス・ラン (試写会) (風に吹かれて)
工作員の悲哀公式サイト http://d-run.jp9月7日公開製作総指揮: デンゼル・ワシントン南アフリカのケープタウン。その地の隠れ家の管理を任されているマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ
デンジャラス・ラン : しびれるほどのかっこよさ その2 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、「踊る」とどちらを観るか悩みましたが、こちらを選んで大正解。では、レビュー始めます。 【題名】 デンジャラス・ラン 【製作年】 2012年 【製作国】 アメリカ
デンジャラス・ラン (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン&ライアン・レイノルズ主演のサスペンス・アクションです。 真ん中にデンゼル・ワシントンがドーンと載っているチラシしか観たことがなくて、 どんな作品なのだろうと気になっていました。 南アフリカを舞台にハードなアクションが繰り広げられるド...
デンジャラス・ラン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SAFE HOUSE】 2012/09/07公開 アメリカ PG12 115分監督:ダニエル・エスピノーサ出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード、ルーベン・ブラデス、ノラ・アルネゼデール、ロバート・パトリッ....
デンジャラス・ラン (心のままに映画の風景)
南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”の管理を任された新米職員のマット(ライアン・レイノルズ)は、退屈な仕事に不満を募らせていた。 ある日、36か国で指名手配中の元CIAエージェント...
「デンジャラス・ラン」 続編決定( ̄▽ ̄) (ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て)
お前は悪魔と逃げている・・・[E:shock]もう誰も信じられない[E:sign
映画「デンジャラス・ラン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「デンジャラス・ラン」観に行ってきました。 デンゼル・ワシントンが主演と製作総指揮を兼ねる、派手なカーアクションあり・格闘ありの典型的なハリウッドアクション作品。 今作では拷問等のバイオレンス系な表現が作中の複数個所で展開されているため、PG−12...
デンジャラス・ラン  Safe House (映画の話でコーヒーブレイク)
映画館で予告編を見て気になっていた本作、JALの飛行機の中で鑑賞しました。 画面が小さいのが残念ですが、アクション・バトル満載で最後まで惹きつけられました。 デンゼル・ワシントンとライアン・レイノルズ主演です。 前半、白髪交じりの長めの髪に髭で登場したデン....
デンジャラス・ラン (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Safe House監督:ダニエル・エスピノーサ出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ベラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード007だけがスパイじゃない。
デンジャラス・ラン (ここなつ映画レビュー)
原題は「SAFE HOUSE」。個人的にはこの原題の方がずっとずっと良かったと思う。つまり、CIAが秘密裏に行う行動の裏には、必ず、証人や、極悪人や、社会的異常者や隠遁者を隠す必要のある事件が発生しているのが常であり、そういう事件の登場人物を隠すため...
デンジャラス・ラン (こんな映画見ました〜)
『デンジャラス・ラン』---SAFE HOUSE---2012年(アメリカ)監督: ダニエル・エスピノーサ 出演: デンゼル・ワシントン 、ライアン・レイノルズ 、ヴェラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード CIAの新米職員が、正体不明の武装集...
★デンジャラス・ラン(2012)★ (Cinema Collection 2)
SAFE HOUSE お前は悪魔と逃げている メディア 映画 上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/09/07 ジャンル サスペンス/アクション 映倫 PG12 【解説】 CIAの新米職員が、正体不明の武装集団に狙われた 元CIA凄...
『デンジャラス・ラン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「デンジャラス・ラン」□監督 ダニエル・エスピノーサ □脚本 デヴィッド・グッゲンハイム □キャスト デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ■鑑賞日 9月9日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...
隠れ家〜『デンジェラス・ラン』 (真紅のthinkingdays)
 SAFE HOUSE  アメリカ人青年マット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)は、CIAの極秘施設 「隠れ家」 の「客室係」 として、不本意ながら南アフリカのケープタウンに 配属されてい...
映画 :デンジャラス・ラン Safe House 「極悪」南ア ケープタウンで炸裂するお勧めの猛烈アクション! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まず いい! のが原題。 Safe House セーフ・ハウスというのは、CIAが密かに用意している尋問などの秘密任務のための「秘密基地」。 主人公はその肝腎のセーフ・ハウスの管理人をしている、のだが、事件に巻き込まれ 逃げ回ることに。 そして皮肉なことに、そのセー....
デンジャラス・ラン ストーリーに破綻がないのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【=37 -5-】 関東への赴任、その準備に追いまくられ、仕事の引き継ぎに余念なく、嬉しいことにいろんな方面で歓送会をして下さり、波乗りもいつも通りしっかり楽しみ、と、むちゃくちゃ充実していて、目が回るほど忙しい日々を過ごしていても、デンゼル・ワシントンが出...
デンジャラス・ラン    評価★★★★ (パピとママ映画のblog)
「グローリー」「トレーニング デイ」で2度に渡りアカデミー賞を獲得したデンゼル・ワシントンが、今では世界36ヶ国で指名手配され命を狙われている元CIAエージェントを演じたスリリングなアクション映画。デンゼル・ワシントンは本作の製作総指揮も務めている。CIAに投....
デンジャラス・ラン (映画的・絵画的・音楽的)
 『デンジャラス・ラン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントンと『リミット』のライアン・レイノルズが出演するというので、映画館に行ってみました。  物語は、まず、南アフリカのケープタウンに設けられているCIAのSafe H...
「デンジャラス・ラン」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 「アンストッパブル」のデンゼル・ワシントン主演・製作総指揮。かつてCIAを裏切り、世界36カ国で指名手配されつつも10年間逃亡を続けた元工作員と、収監された彼の監視を命じられた新人工作員との、奇妙な逃亡劇を描くスパイサスペンス。
デンジャラス・ラン (銀幕大帝α)
SAFE HOUSE/12年/米/115分/サスペンス・アクション/PG12/劇場公開(2012/09/07) −監督− ダニエル・エスピノーサ −製作総指揮− デンゼル・ワシントン −出演− *デンゼル・ワシントン『アンストッパブル』・・・トビン・フロスト *ライアン・レイノルズ...
映画『デンジャラス・ラン』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-75.デンジャラス・ラン■原題:Safe House■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目) □監督:ダニエル・エスピノーサ◆デンゼル・ワシントン(トビン・フロスト)◆ライアン・レイノ...
デンジャラス・ラン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。彼はかつてCIAの 中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情 報を流したとされる、36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・ フロスト(デンゼル・ワシントン)。CIAの隠れ家に連...
デンジャラス・ラン (いやいやえん)
安心のデンゼル・ワシントン。でももじゃもじゃ。 物語は、新米のCIAエージェントと元CIAの収監者が、安全なはずの「Safe House」から正体不明の暗殺者たちから身を守るために逃行するというまさにデンジャラス・ラ
【映画】デンジャラス・ラン…この映画は2013年のはじめに観たのだけど今更記事にした結果…。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
年も暮れです 今年は…特に後半は…仕事が忙しくて大変でした 今月は残業が…まぁ最近の我が社の中では、結構凄い時間数になってしまい、体的にも結構まいってしまいました。12月の週末は寝てた記憶しか無いなぁ そんな中での近況ですが… 2013年12月28日(土曜日)は...