映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

アリス・イン・ワンダーランド

2010年04月18日 00時58分43秒 | 映画 あ行
評価:★★★【3点】

デカヘッド強烈!このキャラのおかげで最後まで睡魔に襲われずに鑑賞。

本来、こういう完全なる童話は限りなくスルーをしていたワタシ。
とりあえず、今週のメインは『17歳の肖像』だったのですが
地元では5月からの公開ということを知り、やむなく本作を鑑賞。
で、本作も主演のアリス役の子が、
デビュー当時のグウィネス・パルトロウに似ていたので観る気になった次第です。



子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶を
すっかり失くしていた19歳のアリス。
ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズに困惑していた彼女は、
チョッキを着た白うさぎを目に止める。

その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。
辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランド。
白うさぎをはじめこの世界の奇妙な住民たちはみな彼女の帰りを待っていた。

アンダーランドは今や独裁者・赤の女王に支配された暗黒の世界で、
アリスこそが年代記が予言する救世主だったのだ。
<allcinema>



そもそも原作の『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は
本の存在を知っているだけで読んだことはありません。
今回の映像化に当たり、ティム・バートンは原作にある
アイディアをベースにし、さらにダイナミックな物語にするために
「赤の女王VS白の女王」という図式を新たに盛り込んだそうです。

アリスが救世主になる“予言の書”というのがイマイチ説得力に欠ける。
そうならざるを得ない説明がないので、取って付けたような印象。

話は淡々と進んでいくので、特に盛り上がることもなく強いて言うなら、
終盤でアリスと戦う赤の女王が出す最後の敵キャラ。

せっかくオリジナル・ストーリー、新キャラを入れたんだからワタシとしては、
これが監督の言うダイナミックさ!というのならちょっと、ショボイ気がしてならない。

それよりも、ふたりの女王の確執をドロドロと描いてくれた方が
見応えがあったような気がするが、それでは童話にならずダメかな。
アンダーランドの独裁者・赤の女王の城に住む貴族たちはみんな奇妙な姿をしている。
なかでもやっぱりデカヘッド(赤の女王)がダントツでイケてる(笑)
あの、2頭身といわれる頭のでかさは、実は脳の腫瘍によるものらしい。
彼女は独裁者ではあるけど、性格は意外と乙女チックだったりする。

ただ、嫉妬深いがために心が歪んで弱者を支配しているのだろう。
長女であることのプライドも台詞の中にちらりと出てきたし。
そのために、美しい妹(白の女王)への対抗心は半端ではなかった。

このキャラを演じるヘレナ・ボナム=カーターはそれまで、
どちらかというと病弱で陰なイメージがワタシにはあって
イマイチ、苦手な女優さんタイプだったのですがこのデカヘッドのキャラで、
それまでのイメージが粉砕されました(笑)

その他では、太ったツインズがかわいい!
思わず、そのフィギュアがあるのなら買いたいと思ったくらい(笑)
そういえば、マッドハッター(ジョニー・デップ)の眼が異常に大きく見えたのは、
やはり意図的に大きくしてあったのですね。

ということで12頭身の戦士・ハートのジャックやらアンダーランドという場所は、
奇妙な姿の人間らがそれなりに魅力的に見えてしまったのは
監督と視覚効果のケン・ラルストンの技量によるものなんでしょうね。

また、忘れてはならないのが“あるケーキ”を食べると
瞬く間に大きくなっていくアリスの体とは対照的に
着ていたドレスがはち切れるほどのピッチピチなボディコン・ファッションになる。
これには一瞬、破れてマッパになるのかと生唾ゴックンものでした(笑)
このシーンを観て思い出したのが『モンスターVSエイリアン』と
『ハルク』のパンツ問題(爆)



おまけ)
・3倍の大きさの眼でも違和感なかったジョニー・デップ。 
 初めのうちは気が付かなかったほどに自然であった。

・超アンコ形の双子のフィギュア、キーホルダーでいいから欲しい(笑) 
 それと赤の女王のも。

・赤の女王に仕えるホテルマンのような服を着たサルたちが痛々しかった。 
 赤白対決って、運動会か「天と地と」の騎馬くらいだろうか?


・アリスが恐怖の犬にまたがる姿は、サナターに乗るネイティリか。
 威嚇したら、あっさりと舌を切り落とされた大きな黒いアレはトルークかと。

・エンディング曲、アヴリル・ラヴィーンの「アリス」がなかなか良かったです。 

--------------------------------------------------------

監督:ティム・バートン
脚本:リンダ・ウールヴァートン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ダニー・エルフマン


出演:ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/
アン・ハサウェイ/クリスピン・グローヴァー/



『アリス・イン・ワンダーランド』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャッター アイランド | トップ | タイタンの戦い »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆密かに狙ってますん☆ (TiM3)
2010-04-18 08:32:04
どもです。

ワタシも、近年のティムバー作品には失望させられること
がかなり多いんだけど、一応観に行こうと狙ってます(・ω・)

私的には「ハンプティ・ダンプティ」「チェシャ猫」の造型に
興味津々だったりします。

白の女王、ポスターでしか知りませんが、なかなか好きなタイプです(=^_^=) ←相手にされねーよ、おめーじゃよ。
夕方の鑑賞なのに (ituka)
2010-04-18 10:29:12
TiM3さん おはようございます。

ほとんど満席に近い状態で希望したシートに座ることができませんでした^^;
ジョニー・デップ人気なのか、アリス自体の話が人気なのかよくわかりません。

>私的には「ハンプティ・ダンプティ」「チェシャ猫」の造型に
>興味津々だったりします。

前者は『ウルフマン』のダディを演じている大物俳優を思い出しました(笑)
後者はジブリ作品のネコバスを~^^

白の女王は癒し系ですかね。
乞いをすれば、だれでも受け入れてくれそうな優しいお姉さんって感じです。
ワタシとしては彼女の動き一つひとつがバレエダンサーのように見えました。
ただ、アン・ハサウェイの大きな口が妙に気になったものでした(爆)

2度目はIMAXで… (オリーブリー)
2010-04-20 11:57:03
こんにちは。

そうそう、グウィネスに似てますね。
でもまだまだ演技と言えるような段階でなくて、彼女の終始苦虫潰したような根暗なアリスに馴染めなかったです。
ジョニーもはっきり言って、今更…な感じでしたので、ヘレナありきの作品でした。
ジョニーをスクリーンで観れるのは嬉しくてたまらないのに、こんな感じ、もうあまりついていけませんわ。
トッドには萌え萌えだったんですけどね(爆)

予言の書でどうなるか最初から分かるし、ジャンヌダルクのように戦うアリス、首切るアリス、貿易するアリス…
うーーーん、わからん(汗)

と、言うわけで、
公開日に2Dで観て、昨日IMAXで観て、あと前売り券が2枚あります(ハハハ~と笑ってみる)
itukaさんのように、伸びたり縮んだりするアリスに生唾ゴックンしないので(笑)娘を誘いました(ハハハ~)
第3弾ぐらいまで特典付けて前売り券を発売した配給に乗せられ(ファン心理くすぐり作戦)、ある意味、「シャッターアイランド」と同じ煽りですわ(爆)
あっ、IMAX前売り特典の双子の大きなポスターありますよ。
送りましょうか~アリス付きで(爆)
3度目鑑賞はなさそうね^^ (ituka)
2010-04-20 19:47:21
オリーブリーさん こんばんは。

ワタクシ「アリス」という人物が原作ではどんな性格なのか知らないので本作の「アリス」で
インプットされました^^;
そっか!苦虫と根暗とは違ったんですね。インプットをリセットしなくては(笑)

ジョニー・ファンの方でも、何でもいいわけではなかったのですね。
顔を加工されちゃったら、本人とは別物って感じで引きますよね~

>ジャンヌダルクのように戦うアリス、首切るアリス、貿易するアリス…

脚本の失敗なんでしょうかね!それとも編集みすとか?
ワタクシ、首切るアリスの瞬間、寝てました(爆)

>公開日に2Dで観て、昨日IMAXで観て、あと前売り券が2枚あります(ハハハ~と笑ってみる)

なんでそんなに!?かわいそうに!
相当“力”入ってたんですね~。配給会社に券持って乗り込んで行ったりして(爆)
ご近所さんに配るか、某オクに出しましょうか^^;

>あっ、IMAX前売り特典の双子の大きなポスターありますよ。
>送りましょうか~アリス付きで(爆)

送っておくれ~!アリスはノーサンキュ!
大きなポスターじゃなくて、ちっちゃなキーホルダーを~(爆)
こんばんは! (アイマック)
2010-04-26 23:00:19
私もこういう作品は好みじゃないんだけど
やっぱり乗れなかった。
“予言の書”というのが混乱しましたよ。
いろんなキャラはたってたけど、肝心のアリスに感情移入させられず・・
アヴリル・ラヴィーンの「アリス」よかったですね。
愛知の方だったのですね^^ (ituka)
2010-04-27 19:34:17
アイマックさん こんばんは。

とりあえず、観てなにか収穫でもあればラッキーかな!というレベルでした^^;
やっぱり予言の書がイマイチ説明不足な感じでした。
アリスは伸びたときだけセクシーに見えました(爆)

エンディング曲だけ妙に艶やかでしたよね。
世の女性たち(女優も含め)は、なんでティム・バートンをそんなに崇めるのでしょうか?
アヴリルもそのひとりで、本作に関わりたかったということでしたね^^
☆ラズベリーな甘酸っぱい1作(⌒~⌒ι)☆ (TiM3)
2010-05-01 10:08:46
どもです☆

帰阪前に、高松で頑張って観て来ますた。

いや、しかしダメダメでしたねー。

考えたら・・『第9地区』以降の劇場鑑賞作は、何だかゴミクズみたいなんばっかしです(←そこまで言うたるなよ(=^_^=))

私的に期待しとるのは7/31公開の『ソルト』ですかね。
犬の大冒険・・じゃなくて(=^_^=) アンジー姐さん主演のスパイアクションみたいです☆

アンジー姐さん好きのitukaさんにも、きっと外せぬトコでしょう! ←勝手に決めるなってば。
ほんと!ゴミ箱から選んだ作品みたい^^; (ituka)
2010-05-01 18:21:21
TiM3さん こんばんは。

そうですよね!ゴミクズって言っても過言ではありません(あ!言っちゃった)
まぁ、『タイタン』でスベッたのが痛かったとも言えます。

>私的に期待しとるのは7/31公開の『ソルト』ですかね。

ずばり!その通りでしょう!
夏の超期待作の1本にしてますよ^^
黒髪もいいけどブロンドの姐さんが、なんとも素敵に見えてしまう(爆)
まだまだ若手には女性戦士は譲れない!とでも言うかのような
体当たりアクションは見ものですね^^

因みに『グリーンゾーン』が微妙に地雷臭が漂ってるワタシだけでしょうか^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
♪☆『アリス・イン・ワンダーランド』(3D・字幕)☆♪ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、:ティム・バートン監督、ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ出演。 ≪IMAX鑑賞≫
アリス・イン・ワンダーランド (Akira's VOICE)
「見た目」だけは,かなり面白い!!  
アリス・イン・ワンダーランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 「もはやジョニーじゃないっ」初めてジョニーがマッドハッターの扮装をしている写真を見た時に叫んだ私。だけど、映画はと~~~っても楽しみにしていましたティム・バートン監督のアリスの世界ってどんなだろう?って思って。まず公開初日に一人で2Dでじっくり観て、そ...
アリス・イン・ワンダーランド (心のままに映画の風景)
子供時代に体験した不思議の国の記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、好きでもない相手からの突然のプロポー...
アリス・イン・ワンダーランド (だらだら無気力ブログ)
ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督。 ヒロインのアリ...
アリス・イン・ワンダーランド (Memoirs_of_dai)
偉人は狂っている 【Story】 子供の時に体験した不思議の国での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)。ある日、...
現実もまたワンダーランド。『アリス・イン・ワンダーランド』 (水曜日のシネマ日記)
童話「不思議の国のアリス」のその後を描いた作品です。
現実もまたワンダーランド。『アリス・イン・ワンダーランド』 (水曜日のシネマ日記)
童話「不思議の国のアリス」のその後を描いた作品です。
アリス・イン・ワンダーランド 3D 字幕/ALICE IN WONDERLAND (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あくまでも、 ティム•バートンが描く、不思議の国のアリス」{/m_0150/} アリスファンも、バートンのファンも、 そしてバートン×ジョニー・デップ7度...
ティム・バートン監督 「アリス・イン・ワンダーランド」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
やっぱさ~ 公開したら即、観たいじゃん 去年から話題になってたティム・バートン監督×ジョニー・デップの新作となれば(^m^)b 公開初日は自分も仕事だから無理にしても 今日(4月18日)、仕事明けで観るか? 明日、公休で観るか? 仕事明けは、殆ど寝てな...
アリス・イン・ワンダーランド (LOVE Cinemas 調布)
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『デ...
『アリス・イン・ワンダーランド』 (Cinema + Sweets = ∞)
昨日、有楽町の東商ホールまで行ってきました。 目的は、第48回優秀外国映画輸入配給賞の授賞式後に行われる『アリス・イン・ワンダーランド』の試写会。 18時からスタートして表彰式が30分ほど。 その後、2Dでの上映で観賞しましたー。 ******************** ...
【アリス・イン・ワンダーランド】2回目鑑... (猫とHidamariで)
今日公開の【アリス・イン・ワンダーランド】初日に鑑賞~試写会で鑑賞してますので、2回目の鑑賞です初日は混むだろうと前売り券の引き換えは2日前に済ませました。その結果10...
試写会編【アリス・イン・ワンダーランド】... (猫とHidamariで)
アリス・イン・ワンダーランドHPアリス・イン・ワンダーランド シネマトゥデイ英題:ALICEINWONDERLAND製作年:2010年製作国:アメリカ日本公開:2010年4月17日配給:ウォルトディズニ...
アリス・イン・ワンダーランド 予習しとけばよかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=18 -6-】 予習が必要だった。 「ふしぎの国のアリス」は、自分自身が子どもの頃に映画を見た覚えはあるし、娘が小さい時にディズニーの絵本を何度も何度も読み聞かせたことがあるが、正直、もう内容はほとんど覚えていない。(その娘とは昨夜大喧嘩(怒)←...
映画「アリス・イン・ワンダーランド」 (FREE TIME)
話題の映画「アリス・イン・ワンダーランド」を鑑賞。
アリス・イン・ワンダーランド 通常版/Alice in Wonderland (いい加減社長の映画日記)
ティム・バートン監督にジョニー・デップ。 これを見逃すわけにはいかない、というわけで、土曜日のレイトショーで「アリス・イン・ワンダーランド」を鑑賞。 でも、「UCとしまえん」では、3D版はないので、通常版。「UCとしまえん」は、土曜日のレイトショーの時間...
映画 ■■アリス・イン・ワンダーランド■■ (Playing the Piano is ME.)
私は映画を見る前に他の人の評価は見ないようにしていますし 見終わって、自分の感想を書き終わるまでは 他の人のレーティングも参考にしないようにしています。
逃げちゃダメだ×3でドラゴン戦?!~「アリスインワンダーランド」~ (ペパーミントの魔術師)
そういう話でしたっけ~?という前に 『不思議の国のアリス』から13年後の世界。 何を思ってティムバートンはディズニーと組んだんだ? ホンマにやりたい事ってここじゃ出来ないんとちゃうん? アレもダメコレもダメ、規制だらけのファンタジーじゃ そら毒っ気なくなる...
アリス・イン・ワンダーランド(2010)3D字幕版 (銅版画制作の日々)
チェシャ猫アンダーランドにやって来たアリスをマッドハッターのところへ案内する。 「不思議の国のアリス」+続編「鏡の国のアリス」の作品を基にして製作されたティム・バートン監督のオリジナルストーリーの「アリス・イン・ワンダーランド」鑑賞して来ました。 東宝...
映画「アリス イン ワンダーランド」見てきました。 (7be'sブログ)
3Dには興味ないので2Dでみてきました。
アリス・イン・ワンダーランド (悠雅的生活)
お前はどうかしてる。でもいいことを教えよう。偉大な人はみんなそうだ。【2D字幕版】
アリス・イン・ワンダーランド (to Heart)
世界はもう、マトモではいられない…。 原題 ALICE IN WONDERLAND 製作年度 2010年 上映時間 109分 製作国・地域 アメリカ 原作 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』 脚本 リンダ・ウールヴァートン 音楽 ダニー・エルフマン 監督 ティム・...
アリス・イン・ワンダーランド(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ビリー(息子ちゃん2歳)が「アリスのおっちゃん、観るの!」と言ってくれたので「アリス・イン・ワンダーランド」を初日に観ることができました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、ア...
「アリス・イン・ワンダーランド」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                         「アリス・イン・ワンダーランド」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・ルイス・キャロル 監督・ティム・バートン ティム・バートン監督がルイス・キャロルの原作「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」を基...
[映画『アリス・イン・ワンダーランド(日本語吹替版)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、期待していなかった。  理由は二点。  先ずは、『アリス』の物語は、そもそもが、子供が読むと摩訶不思議な世界を楽しめるのだろうが、理由を求めたがる大人にとっては、非常に不条理で物語を楽しむものではないからだ。  それで、映画として2時間を持たせ...
アリス・イン・ワンダーランド ULTIRA 3D(吹き替え版) (小部屋日記)
Alice in Wonderland(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督: ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アン・ハサウェイ 世界はもう、マトモではいられない・・。 3月23日にオープンした名古屋にあるワーナー・マイ...
アリス・イン・ワンダーランド (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アリス・イン・ワンダーランド’10:米◆原題:ALICE IN WONDERLAND◆監督:ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」「スリーピー・ホロウ」◆出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ ◆STORY◆想像...
★「アリス・イン・ワンダーランド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休み(火曜日)に、TOHOシネマズららぽーと横浜で観てきました。 もちろん3Dの字幕版。
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
アリス・イン・ワンダーランド (Movies 1-800)
Alice in Wonderland (2010年) 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、ジョニー・デップ 声:アラン・リックマン、マイケル・シーン、ティモシー・スポール、クリストファー・リー 19世紀の作家ルイス・キャロ...
「アリス・イン・ワンダーランド」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1865年の出版以来、全世界で愛され続けるルイス・キャロル原作のベストセラー児童文学「不思議の国のアリス」。その後日談を、「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工...
不思議の国のアリス~『アリス・イン・ワンダーランド』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 ALICE IN WONDERLAND  19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、幼い頃から見続けている奇妙な夢に 悩まされていた。貴族青年から求婚され...
アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版... (kaoritalyたる所以)
4/18に観た2本目の映画を、19日の枠でアップします。もう1ヶ月以上経ってますが、現在も興行的にはとても好調のようで、嬉しい反面、新しい映画が揮ってない・・というのは...
アリス・イン・ワンダーランド 3D <ネ... (HAPPYMANIA)
ティム・バートン&ジョニー・デップ 最高っっ ティム・バートンの 世界観が好きな方には めっちゃお勧めな 作品しかも 3Dで観るに限るじぇ ワタクシ すっかりめっきりワ...
『アリス・イン・ワンダーランド』(3D)@ワーナーマイカルシネマズ板橋 (映画な日々。読書な日々。)
白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。[上映時間:109分] 旦那さんが3Dで観たいと言うの...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...
アリス・イン・ワンダーランド (FG映画批評 100点満点 記憶で採点)
アリス・イン・ワンダーランド ☆☆☆☆★ 80点 
アリス・イン・ワンダーランド (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、 その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム ・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。 アリスを演じる...