映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

推理作家ポー 最期の5日間

2012年10月13日 22時32分58秒 | 映画 さ行
評価:★★★☆【3,5点】


本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
そこんところを最後まで語ってないのはどういうことよ(苦笑)



1849年。アメリカ、ボルティモア。
ある夜、密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。
現場に駆けつけたフィールズ刑事は、それが数年前に出版された
エドガー・アラン・ポーの推理小説『モルグ街の殺人』の
模倣であることに気づく。
ほどなく第2の模倣殺人が起こり、
フィールズ刑事はポーに捜査への協力を要請。
ところが今度は、ポーの恋人で地元名士の令嬢エミリーが、
彼女の誕生日を祝う仮面舞踏会の会場から忽然とさらわれてしまう。
しかも犯人はポーに対し、
一連の事件を小説にして新聞に掲載すれば、
今後出てくる死体にエミリーの居場所のヒントを残してあげようと
戦慄の挑戦状も用意していた。
為す術なく、犯人の要求に従い原稿を書くポーだったが…。
<allcinema>



特に気に入ってる俳優もいないし
エドガー・アラン・ポーに大して興味もない。
ということで、何が目的で観たかといえば
トリックを使った完全犯罪の謎解きに食指が動いたこと。

そんな期待を胸に秘めながらの鑑賞でしたが
さて本編はどうだったでしょう。。。

う~ん、謎解きシーンが少なかったのが
少々物足らなかったね~。
っていうか、謎解いていたか?(苦笑)

最初の事件こそ、その時代背景にマッチしたものだったけど
よかったのはそこだけだった。
そして、次の事件。
これはもう『ソウ』シリーズのパクリかというくらい(笑)
グロ映像なんかいいから、もっとトリックを堪能したかったわ。

決めの事件、本作、メーンイベントといえば
あれ?どこかで見たぞ!っていう『リミット』系だったし
しかも、右フック一発で脱出できるってどういうことよ(笑)
もしかして、雨水に長いこと浸かって腐食の進んでた
格安の棺を使ったのか。
また、犯人は敢えてそれを読んでたのか。

ということで、全体的に雰囲気だけは楽しめたかな。
地味な映画だけど観て損はないと思います。


【今週のツッコミ】
・ポーの死因は本編を見る限り、アル中から起因する
 もろもろの病気ってことでよろしいかと。

・ポーには隠された格闘術ってモノはなかったのね。

・威嚇するだけで、むやみやたらに銃は撃たないこと。
 相手が銃声を数えていたらと思うとぞっとするけどね(笑)
 結果オーライの終盤でした。

・できれば、作家ポーの大ファンが本人の側近として
 犯人とファン度数の対決映画にしてほしかった(笑)
 ヲタク対決って感じで好きだけどな~。

・ヒロインに余り魅力を感じなかったのが痛かった。
 でも、彼女の次回作『ATM』は期待してますよ~!
 ソリッド・シチュエーション・スリラーは好きなジャンル。
 
・他人に埋められたときには、まずは中から棺を殴ってみる!
 これ基本ですかね^^; 
----------------------------------------------------
監督:ジェームズ・マクティーグ
脚本:ハンナ・シェイクスピア/ベン・リヴィングストン
撮影:ダニー・ルールマン
音楽:ルーカス・ビダル


出演:ジョン・キューザック/ルーク・エヴァンス/アリス・イヴ/
    ブレンダン・グリーソン


『推理作家ポー 最期の5日間』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴァンパイア | トップ | 天地明察 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あみ)
2012-10-15 10:21:09
はじめまして。
mariyonさん経由で時々お邪魔させていただいてました。

私もこの作品、雰囲気は悪くないと思うのですが、ミステリとしてはもうどうにもこうにも^^;・・・って感じだったのが残念でした。

『ソウ』と『リミット』のところも同じくツッコミまくりでしたし

>ポーには隠された格闘術ってモノはなかったのね。

私も「それはホームズでしょ!」という返し込みでツッコミマました(笑)

初めてなのにくだらない話ばかりで失礼いたしました^^;
ではこれからもレビュー楽しみにしております。
あみさんへ (ituka)
2012-10-15 23:41:24
こんばんは。
ようこそ、いらっしゃいませ!^^
mariyonさんのブログコメント欄でよく一緒になりますよね。

本作、もうひとつミステリー性に欠けますよね(笑)
なんでだろう?と考え抜いた結果(←ちょっとオーバー)、アル中のポーに感情移入できてない自分に気が付きました。

>『ソウ』と『リミット』のところも同じくツッコミまくりでしたし

やっぱり、そうですよね!(笑)

戦えないポー!というか、ジョンキュー氏がカンフーやっても似合いそうもないから
端から期待はしませんでした(爆)

>初めてなのにくだらない話ばかりで失礼いたしました^^;

とんでもございませんです!
コメントをくださって感謝しています。
これからもよろしくお願いしますね。
キルビル (オリーブリー)
2012-10-17 11:43:59
ユマ・サーマン、棺おけグーパンで破壊してなかったっけ?(爆)
ま、数作、思い出させてくれる展開でしたわ。

キューザックもそうだけど、犯人像が何だかナァ~。
いっそ、ルークがだったら納得できそう?!(爆)

先月末から、不作続きだわ。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-10-17 18:25:03
こんばんは。
今日は有給休暇でフリーでしたし、1ヵ月フリーパス期間でもあるのに
映画館で観てないのは邦画ばっかりということで残念でなりませぬ(笑)
でも、岡田くんの映画にちょっと興味あったんで行ってきました。

ユマもグーパンしてましたっけ?
さすがに『キル・ビル』まで遡ると印象に残ってるシーン以外、忘れてますね^^;

キューザックのポーのキャラ作りがね~。。。
呑んだ暮れのアウトローにしたかったのか、ONとOFFの切り替えがイマイチで最後まで酒臭かった印象ですよ。

そうそう、ルークがソレだとずっと疑ってましたが、さすがにそれだと王道過ぎてしまいますね(爆)

>先月末から、不作続きだわ。

『私立バカレア高校』でも観ようかと、一瞬思った自分が怖かった(爆)
っていうか17日だったんで、ミリオンに行っとけばよかった。
☆期待して失敗でした(⌒~⌒ι)☆ (TiM3)
2012-10-24 00:31:33
こちら高松でも鑑賞出来ました。

が、ダメダメでしたねぇ・・

もう少し「静」の物語に仕上げて欲しかったです。
過剰なアクション&バイオレンスに違和感を感じ続けてました。。
TiM3さんへ (ituka)
2012-10-24 21:07:47
こんばんは。
後で考えて、観て損はないなんて書いちゃったけど
観るほどのモノはないですよね(苦笑)
ってことで、これは時間の無駄というマネーの次に大事なモノをなくしますね^^;

>もう少し「静」の物語に仕上げて欲しかったです。
>過剰なアクション&バイオレンスに違和感を感じ続けてました。。

サスペンス要素がもうちょっとあったらいいのに。。。
こうしてみるとジョンの映画って『2012』以外は
なにが代表作か分からないです。

こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-10-25 16:39:23
>特に気に入ってる俳優もいないし

そこは同じです(笑)ただ推理小説好きとしては、ポーには興味がありましたけど^^

>右フック一発で脱出できるってどういうことよ(笑)

あはは~。あの時は、ドキッとさせられましたが、考えてみれば仰る通り(笑)

ポーの死因は、アヘンもあるのでは?
アル中でアヘン中毒とか(汗)

雰囲気はすごく良かったんだけどなあ・・・
犯人との頭脳対決(それだと、シャーロックになっちゃう?)とかトリックの謎解きとかがもっと観たかったですよね(汗)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-10-25 21:19:25
こんばんは。
この映画を観ようと思ったのは、それ以外なにも見る作品がなかったというのが正直なところです(笑)
しか~し、冒頭の雰囲気は「イケるかも」なんて期待をもっちゃって。。。
でも、フタを開けたら、この始末でした(爆)

ジョンキュー(ジョンQじゃないよ。←おい)の演技も派手じゃないけど抑えた巧さはあるみたいですが
彼のキャラクターが地味すぎて、睡魔に襲われっぱなしでしたよ。

本作の最大の失敗は謎解きが足らなさすぎってやつですかね~^^;
謎解き。 (BC)
2012-11-01 21:10:14
itukaさん、こんばんは。

>う~ん、謎解きシーンが少なかったのが
少々物足らなかったね~。
っていうか、謎解いていたか?(苦笑)

台詞で説明していただけで、全然謎解いていなかったよね。^^

>グロ映像なんかいいから、もっとトリックを堪能したかったわ。

同感ですぅ。

ヒロインは華がなさすぎでしたね。。。
BCさんへ (ituka)
2012-11-01 23:41:42
こんばんは。
自称詩人エドガー・アラン・ポーの最後の5日間は
なんだかよく分かりませんでしたね。
映画の内容とポーのキャラが合ってないような。。。^^;

次はもっと大物のシェイクスピア物語りの公開がありますが
いったいどんなものか期待と不安半分半分で待ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
推理作家ポー 最期の5日間 (風に吹かれて)
不幸な有名作家公式サイト http://www.movies.co.jp/poe5days監督: ジェームズ・マクティーク  「Vフォー・ヴェンデッタ」1849年、アメリカのボルチモアで、密室で惨殺さ
『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク...
劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
推理作家ポー 最期の5日間 (あーうぃ だにぇっと)
推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール
推理作家ポー 最期の5日間 (佐藤秀の徒然幻視録)
犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ...
推理作家ポー 最期の5日間 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Raven監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エバンス、アリスイブ、ブレンダン・グリーソン、ケビン・マクナリー俺は、“プー”じゃなくて“ポー”だ!
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (いい加減社長の映画日記)
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...
映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 の監督作品ということで興味を持っていました。 『Vフォー・ヴェンデッタ...
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (放浪の狼のたわごと)
2012年アメリカで製作された ジェームズ・マクティーグ監督作品。40歳の若さで
推理作家ポー 最期の5日間 (心のままに映画の風景)
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...
「推理作家ポー 最期の5日間」みた。 (たいむのひとりごと)
世界初の推理作家:エドガー・アラン・ポーの、謎に包まれた最期の日々を描いたミステリー・サスペンス。江戸川乱歩はいくつか読んだが、本家本元のポーの作品は実は全く読んだことが無い。オリジナルを知らないので
映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。 19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が起こったのかについて描いたサスペンス・スリラー作品。 今作は猟奇的な殺人および死体...
推理作家ポー 最期の5日間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…...
[映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告を見た限りでは、何でこの映画が企画されたのか不明で、あまり期待しないで映画館に足を運んだ。  21:30からのレイトショーで、眠気が予想されていたのだが、意外にも、非常に面白く夢中になった。  ・・・創作意欲がなくなり、酒に溺れる生活のエドガー・...
推理作家ポー 最期の5日間 (悠雅的生活)
告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
推理作家ポー 最期の5日間 (悠雅的生活)
告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
推理作家ポー最期の5日間 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  10月15日(月)に観に行ってきました     タイトルからも分かるよーに 初めっから もうどんなに頑張っても   ポーが死ぬって事が分かっての映画開始ですが 何か 最後のベンチに座ってるとこで   ここで直ぐに搬送...
★推理作家ポー 最期の5日間(2012)★ (Cinema Collection 2)
THE RAVEN 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、 なぜ死んだのか…? 上映時間 110分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/10/12 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる...
推理作家ポー 最期の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
『推理作家ポー 最期の5日間』... ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:アメリカ映画、ジェイムズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンズ、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、ジミー・ユイル、パム・フェリス、ブレンダン・コイル、サム・ヘイゼ...
推理作家ポー 最期の5日間★★★★ (パピとママ映画のblog)
「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自身が捜査に加わり殺人鬼を追い詰めていく。主人公ポーに...
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (FREE TIME)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。
映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督:ジェームズ・マクティーグ◆ジョン・キューザック(エドガー...
推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。  米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され...
推理作家ポー 最期の5日間 (いやいやえん)
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であっ...