映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ハプニング

2008年08月03日 13時45分57秒 | 映画 は行
評価★★★



どこに出ていた?M・ナイト・シャマラン(笑)


妙に懐かしさを感じる映画だった。
モノクロのころの1950年代の
パラノイアムービーを目指したという監督。

ストーリーは有って無いようなもの

ある日、突然
ひとが奇妙な行動に出る。

≪言語の混乱≫
≪方向感覚の喪失≫
≪自殺≫

この一連のパターンを冒頭からいきなり見せられる。


原因は不明。
テロによる毒ガス攻撃なのか?放射能漏れ?
はたまた、未知の生命体によるものなのか?

ニューヨークのセントラルパークを皮切りに
アメリカ北東部、ニューイングランド辺りから
ひとが次々と餌食になって行くのだ。


自殺のパターンも多種多様だが
どれもこれも映像の見せ方が古臭く
時代遅れな感じがした。

これは、
シャマランの意図したネライだったのかは不明だが。

自殺行動の中で、もっとも恐怖を感じたのは
高層ビル工事労働者らの転落だ。

下に居た同僚らが
あわてて救助しようとすると

ひとり、またひとりと転落してきた。

不審に思った彼らが頭上に目をやると、そこには
まるでご飯にかける“ふりかけ”のように
次々と転落してくる労働者たちだ。

撮影は
スタントマンのようであり、人形のようでもある。


いや~!これは怖かった。
まさに『9,11テロ』を思い出す。

その他の
ベンチの女性がいきなり自らの首に串を突き刺す。
集団首つり。
中型芝刈り機に自ら下敷き。
動物園のライオンの檻に入り
空腹のライオンの餌になるなど

腕を食いちぎられる場面にもの申す!
簡単に腕が外れすぎ(ここで館内から笑いが起こった)

シャマランは自身が思いつく限りの自殺のバリエーションを
これでもかと映像として見せる。

だが、このその他の映像は
どれも映像技術の進歩していなかった50年代の頃の
アナログ的な見せ方である。
館内のあちこちで笑いが起こるほどであった。

出演俳優たちも
マーク・ウォールバーグとジョン・レグイザモ以外は
ほとんど無名俳優だ。

なかには、ヒロインのズーイ・デシャネルが
ことのほかチャーミングだったから救われたという
感想も聞かれるが、ワタシ的には
このヒロインは生理的に受け付けないタイプの女優さんである。

この映画
見えない恐怖から、ただひたすら逃げるだけ。
高校で科学の教師をしているマークが
あるひとつの法則を見抜いた。

さすがですね。
唯一、マークの見せ場だったのかもしれない。

草原を走って逃げる彼らに
すぐ近くまで忍び寄る正体不明の恐怖。


効果音にこだわったということですが
それも最初から言われてみないとまったく気がつきません。
また、
監督自身、B級映画という位置づけをしているようですが
製作費は、そこそこ大作と同じくらい掛かっています。
本編を見る限り、その製作費はいったいどこに?
と、思われるようですが、
実は、シャマランの脚本料が
スーパースターのギャラに匹敵するくらい高価なものらしい。

ということで
もしも、映画が大コケした場合の保険として
出演俳優の選択には
ギャラが安くて、そこそこ客を呼ぶことのできる俳優であること。
この俳優の選抜に時間を費やしたと思うのは

ワタシだけだったりして。


本作は、刺激を求めて見る映画ではありません。
むしろ、癒しを求めて心地よい感覚を
シャマランワールドにどっぷり浸かりたい方に
お薦めしたい映画ですね。

---------------------------------------------------

監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
撮影:タク・フジモト
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード


出演:マーク・ウォールバーグ/ズーイー・デシャネル/ジョン・レグイザモ/アシュリー・サンチェス


『ハプニング』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クライマーズ・ハイ | トップ | インクレディブル・ハルク »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆ひょっとして☆ (TiM3)
2008-08-04 00:24:30
マーク・ウォールバーグが水に弱い!

とか

すぐ骨折する!

とか

そっち系の路線なんじゃろか? と思います(それは別の映画だっての)

ともかくも・・『ミスト』とは全然違うタイプみたいやね。
イメージは・・ (ituka)
2008-08-04 10:05:13
>マーク・ウォールバーグが水に弱い!
>すぐ骨折する!

水に弱いのは泳げないということだったりして^^
すぐ骨折するのは骨粗鬆症ですね。
カルシウムの摂取が必要とか言われそうですね。

>ともかくも・・『ミスト』とは全然違うタイプみたいやね。

イメージとしては『インべージョン』のような雰囲気ですね。
またはジョン・カーペンターの『光る眼』は言いすぎかもしれません^^
『ミスト』のような絶望感があったら、まだいいんですけどね^^
☆人間の鼻が・・☆ (TiM3)
2008-08-06 22:18:15
観て来ました☆

「人間の鼻は年間に2センチ伸びる、今はイケメンなキミだけど
この先どうなるかは分かんないよ」

みたいなセリフがあって、衝撃を受けました!(=^_^=)

後にでたらめと判明いたしましたが。

追記:モデルハウスのシーン。思わず冷蔵庫に隠れたくなったのはワタシだけでしょうか(=^_^=)
2ミリなら信憑性ありかな (ituka)
2008-08-07 10:24:56
お~ ご覧になったのですね^^

>みたいなセリフがあって、衝撃を受けました!(=^_^=)

この台詞で即座にバーブラ・ストライサンドを思い出しました。

>追記:モデルハウスのシーン。思わず冷蔵庫に隠れたくなったのはワタシだけでしょうか(=^_^=)

そっちに行きますか^^
ワタクシ『アザーズ』の屋敷をイメージしてニコールが悪戯するんではないかとヒヤヒヤしていました(汗)

こんばんは (デイヴィッド・ギルモア)
2009-05-04 03:46:11
いつもありがとうございます。

そうですね、この作品はおっしゃるように癒しの映画だと思います。約90分間、初めから終わりまで、映画が体内に自然に浸透していくように没頭して見ることができました。「サイン」と「レディ・イン・ザ・ウォーター」は苦手なのですが、本作と意外なストーリー性の「ヴィレッジ」は気に入っています。
いらっしゃいませ~ (ituka)
2009-05-04 09:47:41
デイヴィッド・ギルモアさん こちらこそです。

>本作と意外なストーリー性の「ヴィレッジ」は気に入っています。

『ヴィレッジ』は良かったですよね~
あの透明感は画面を見ているだけで、サプリ効果があったように感じました^^
シャマラン監督の次回作に期待してます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハプニング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告で興味を持ったので、とりあえず鑑賞してみた―【story】ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突然死に至る病が蔓延し始める。人類滅亡の危機を前に世界はパニックに陥っていた。その地球危機の中でエリオット(マ...
ハプニング (eclipse的な独り言)
 ある種、清い映画だと感じました。これはこれでありなのでしょう。ネタばれ全開です
【2008-175】ハプニング (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 人類は滅びたいのか。
ハプニング (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
開き直りの境地!? 「シックス・センス」以降、”サプライズの呪縛”に取り憑かれたかのように、監督作品のラストで必ず一ひねり、頑張っ...
ハプニング (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:M・ナイト・シャマラン 脚本:M・ナイト・シャマラン 第一の兆候:言葉の錯乱 第二の兆候:方向感覚の喪失 第三の兆候:死 怖かった。 その意味ではこの映画を楽しみ(?)ました。 正確には怖いと言うより、超不気味って...
★「ハプニング」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
「ハプニング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
今回はこうきたか~・・
【映画】ハプニング…パニック映画だけど皆さん結構冷静 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}はあんなに良い天気{/kaeru_fine/}だったのに…夜半から雨{/kaeru_rain/}が降り出して、今日もなんだか天気良くないですなぁ{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/} そんな天気{/kaeru_rain/}の中、午前中はPCショップ{/pc2/}、模型店{/car2_tank/}、おもちゃ...
「ハプニング」(The Happening) (シネマ・ワンダーランド)
「シックス・センス」や「サイン」「ヴィレッジ」など超常現象を題材にした作品で知られるインド出身の米映画監督、M・ナイト・シャラマン(38)が次々に起こる奇怪な自然現象を描いたシチュエーション・ホラー・ムービー「ハプニング」(2008年、米、91分、FOX映...
ハプニング (映画大好きだった^^まとめ)
6 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2008/05/30(金) 23:14:34 ID:/jlmqx2I監督:M・ナイト・シャマランキャスト:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ2008/07/26公開538 : ...