映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

イン・ザ・ヒーロー

2014年09月06日 21時23分53秒 | 映画 あ行
評価:★★★☆【3,5点】



大手スタジオ側のことを「我がままな奴ら」発言する監督さん。
映画は監督のモノだ!と豪語するアンタこそ我がままに見えたが(笑)

これを受け、少し前にマイケル・ベイ監督の演出に文句を言った
ミーガン・フォックスの気持ちも分かる気がする^^;
で、そのお二人、年末の『ミュータント・タートルズ』で
プロデューサーと俳優という位置づけで和解されてる模様(笑)



ブルース・リーを崇拝するこの道25年の
ベテラン・スーツアクター、本城渉。
いつか“顔出し”で映画出演するという未だ叶わぬ夢を追い続け、
愚直に鍛錬に励む日々。それでも、
もはや身体は悲鳴をあげ、妻子にも愛想を尽かされ、
おまけに初めての顔出しのチャンスは、
特撮ヒーローをバカにする売り出し中の新人、
一ノ瀬リョウに奪われる始末。
ところが、そんな崖っぷちの本城のもとに、
ハリウッドが手がける忍者アクション大作「ラストブレイド」への
出演という思いも寄らぬオファーが舞い込んでくる。
ようやく巡ってきた一世一代のチャンス。
しかしそれは、命の危険を伴うあまりにも無謀なスタントだった。
<allcinema>


本作と先日公開された『太秦ライムライト』をつい比較したくなる。

今年の初めにNHK・BSプレミアムで放送された『太秦ライムライト』。
そのとき観たのはテレビ編集版(102分)ということらしく
6月14日から劇場公開された方は完全版という位置づけとのこと。

某映画サイトで異常な高評価となっている『太秦~』だが
ワタシ的には、ストーリーが王道で結末が普通に予想できる。
それはそれで、そこを追及する映画ではないので問題はないが
やはり、ベタな展開は余程のことがないかぎり退屈してしまう。

まあ、完全版を観てないのでなんとも言えませんが。

さて、その『太秦~』と比べると本作の方はまだ観易かった。
こういう戦隊モノは自分が子供の頃にはなかったが
我が子の幼少期に嫌というくらい観たものだ(笑)

その時はスーツアクターのことなど何も考えなかったが
本作でいかに大変な職業かがビンビン伝わってくる。

いつか、顔出しの俳優として認められたい!という夢を追う男たち。
主人公の言葉がするどく胸を突く!

「オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ!」

この台詞に思わず胸が熱くなってしまったのだが
『蒲田行進曲』のような深いドラマがもう少し欲しかったかな。


【今週のツッコミ】

・この映画観て、大ショック!!!戦隊モノに必ずいる紅一点。
 まさかヒロインアクターに寺島進さんが入っていたとは。。。(爆)
 これやめてほしいわ~、一気に興醒めしちゃったわ。
 今まで、ヒロインが闘う姿にウットリしてたワタシは大バカだった。

・ハリウッド映画『ラスト・ブレイド』という忍者アクションは
 製作費約60億円ということらしい。
 ちなみに『第9地区』は30億円で低予算映画の扱いだった。

・ハリウッドに言わせると、日本にはアクションスターがいないらしい。
 これは無知な監督の台詞だと認識しておこう。

・『ラスト・ブレイド』の監督のアクションシーンのこだわりは
 70年代アクションへのリスペクトだと捉えたが
 今の時代、さすがにそこまでの危険なスタントはダメでしょ!
 といいながらリアルアクションを求めてしまう我がままなワタシ^^;

・CGなしワイヤーなしの危険なアクションといえば
 ジャッキー・チェンの『プロジェクトA』が真っ先に思い浮かぶ。

・『太秦ライムライト』にも日の当らないヒーローを称える役として
 松方弘樹氏が出演されてました(笑)

・本城渉の一人娘は文字が嫌いらしい(爆)
 この子、杉咲花という若手女優でぐっさんの最後の肉を横取りする子(笑)

・売出し中の礼儀のなってない新人俳優が最後で評価大!^^
 あの映画は、何かの刑事アクションなんだろうか(笑)
 母ちゃんと会えてよかったね^^
---------------------------------------------------------------
監督:武正晴
脚本:水野敬也/李鳳宇
音楽:イ・ドンジュン


出演:唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/小出恵介/
    加藤雅也/松方弘樹/和久井映見


『イン・ザ・ヒーロー』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライト・ゲーム | トップ | ケープタウン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆ (kira)
2014-09-08 01:00:09
「蒲田行進曲」はドオオオーーっと泣けた記憶があるんですが、
コレは、エンドロール中徐々に込み上げたものが、終わってからドッときて、、、
なんか声あげて泣きたい気分になったんですよ~。

今週のツッコミ。いちいち同感~

それにしても、あの本城の奥さんに言い寄ったのが、あれほど元夫と真逆じゃなかったら?
いやはや、それでもヒヤヒヤさせる男=夢追う男
もうね、カッコよかった!
こういう単純に温かい作品って、好きです~♪
kiraさんへ (ituka)
2014-09-08 23:08:25
『蒲田行進曲』よかったですよね!
銀ちゃんとヤスの関係、かなり深かった(爆)

>なんか声あげて泣きたい気分になったんですよ

おお~!かなり嵌まってしまったのですね。
あの、エンドロールの静止画っていまいち分かってないワタシです^^;

>本城の奥さんに言い寄ったのが、あれほど元夫と真逆

旦那にきつい口調で「危険過ぎてバカじゃないの!?」だったのが
「あなたは仕事に命かけることできますか?」って新しい彼氏への台詞の時
チョイとウルっとなってしまいました(笑)

ラストの病棟であんなに温かい家族愛をみせられて
とても心地よかったです。

ただ、寺島さんのピンクキャラにはショックが大きすぎました(爆)

Unknown (Ageha)
2014-09-08 23:36:30
実は女性よりも女性らしいアクターってマジにいて
ほんとにブラつけてがんばってるひとは
案外多いそうです。
またそれを寺島さんにやらせるもんだから
インパクト大でしたね~(^_^;)

うん、夢追い人は恋人ならともかく
旦那となるとやっぱ女は現実的だからね~。
でもラスト家族がまとまってなんかめちゃうれしかったです。

私も蒲田行進曲とプロジェクトAがぱっと浮かびました(^-^)/
Agehaさんへ (ituka)
2014-09-09 22:02:28
>ほんとにブラつけてがんばってるひと

確かに広い世の中ですもんね。そういうアクターが居ても不思議ではないんですよね。
でも!この映画に限って言えば、青キャラに黒谷友香さんなんですもの~(笑)
これ普通に入れ替えたらいいやん!でしたよ(爆)

寺島さん、女性演技上手かったです(笑)
結婚式の時、赤キャラやってましたが、各キャラに動きの特徴とかあるんでしょうかね~^^
それが分かったら、かなりのマニアなんでしょうね(笑)

>私も蒲田行進曲とプロジェクトAがぱっと浮かびました(^-^)/

ですよね!よかった(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
イン・ザ・ヒーロー (あーうぃ だにぇっと)
イン・ザ・ヒーロー@ニッショーホール
『イン・ザ・ヒーロー』 2014年8月28日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イン・ザ・ヒーロー』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はお勧め~ 前に公開した『女子ーズ』(これは観てない)の男子版かと思ってました。(スイマセン) 全然違う大真面目で泣ける映画でした。(反省) 【ストーリー】  下落合ヒーローアクションクラブの社長に...
イン・ザ・ヒーロー (試写会) (風に吹かれて)
顔が映らなくても俳優です 公式サイト http://in-the-hero.com9月6日公開 ブルース・リーを崇拝する、この道25年のベテラン・スーツアクター本城渉(唐沢寿明)。いつか“顔出し”で映
イン・ザ・ヒーロー (to Heart)
オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ 夢は必ず叶うってことを 上映時間 124分 脚本 水野敬也/李鳳宇 監督 武正晴 出演 唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/日向丈/小出恵介/及川光博/杉咲花/加藤雅也/和久井映見/松方弘樹 この道25年のスーツアクター本城渉(唐...
イン・ザ・ヒーロー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/09/06公開(09/04試写) 日本 124分監督:武正晴出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、加藤雅也、和久井映見 オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ夢は必ず叶うってことを 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道...
「イン・ザ・ヒーロー」 (ここなつ映画レビュー)
解せない。平成26年のこの時代に何故この作品なのか、このテーマなのか。面白くなかった訳ではない。でも、何故今この作品を作らなければならなかったのかが今ひとつ不明。ある種「蒲田行進曲」の焼き直しのようなものを。息子達(私自身も含む)が戦隊物に夢中になってい...
イン・ザ・ヒーロー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
唐沢寿明が「20世紀少年」3部作完結以来5年ぶりに映画主演を務めたオリジナル作品。特殊スーツに身を包み、映画やドラマでヒーローや怪獣の役割を演じるスーツアクターの主人公・本城渉を、下積み時代に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズでスーツアクターを務め...
映画『イン・ザ・ヒーロー』 観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
いやぁ~めっちゃ面白かったよ~~~大満足 特撮ヒーローものの中に入ってる人をスーツアクターというそうです。 そんな彼らに焦点をあてた珍しい作品。 この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。゛顔出し゛で映画出演することを夢見ながらも、新...
『イン・ザ・ヒーロー』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
TVのヒーロー物のスーツアクターを務める本城渉は、この道25年のベテラン。ブルース・リーに憧れ、いつか誰かのヒーローになることを夢見ている。その劇場版で本城に役が付いたが、有耶無耶のうちに売り出し中の若手俳優・一ノ瀬リョウに奪われてしまう。落胆しながらも...
誰かのヒーローになるということ。~「イン・ザ・ヒーロー」~ (ペパーミントの魔術師)
こちらは正直予告は地味だったんだけど、どうしてどうして 私は感動いたしました~。ちとウルウル。こういう作品にはヨワイ。(^_^;) 唐沢さんはホントにスーツアクターの時代があったんですね~。 おまけにブルースリーの大ファン。 この映画ある意味唐沢寿明のリアル....
イン・ザ・ヒーロー (花ごよみ)
  監督は武正晴。 主人公は唐沢寿明演じる本城渉。 アクション映画や着ぐるみを着て 特撮ヒーロー作品に出演する スーツアクターを熱演。 他に福士蒼汰、黒谷友香、 寺島進、和久井映見、加藤雅也らが出演。 終盤のアクションはほんと命がけ!! 殺陣もすばらしく....
『イン・ザ・ヒーロー』 (こねたみっくす)
ヒーローとは孤独に戦うもの。ただし仲間からの助けの手は決して振り払わない。 スーツアクターもまたプロの役者。顔や名前が銀幕に出なくても、その鍛え上げられた肉体と計算し ...
イン・ザ・ヒーロー/唐沢寿明 (カノンな日々)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツを着て演技をするスーツアクターたちの姿を描いたヒューマンドラマです。まだ無名だった頃に「仮面ライダー」のライダーマンのスーツアクタ ...
イン・ザ・スーツ (映画好きパパの鑑賞日記)
 日ごろ表舞台に当たらないスーツアクターの世界を、若い頃、実際に下積みをしていた唐沢寿明主演で映画化。ウェルメイドな作品なのですが、同じようなプロットの「太秦ライムライト」が良かったので、相対的に評価が低くなってしまいました。  作品情報 2014年日本映...
イン・ザ・ヒーロー  監督/武 正晴 (西京極 紫の館)
【出演】  唐沢 寿明  福士 蒼汰  寺島 進  和久井 映見 【ストーリー】 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウという人気若手俳優と出会う。ヒー....
イン・ザ・ヒーロー (映画的・絵画的・音楽的)
 『イン・ザ・ヒーロー』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)日曜日朝のトーク番組「ボクらの時代」に主演の唐沢寿明が出演していたこともあって(注2)、映画館に行ってきました。  本作(注1)の主役は、ヒーローのスーツを着たり怪獣の着ぐるみを着たりして演じるスー....
「イン・ザ・ヒーロー」ラストチャンスに賭けた先にみた演技を積み重ねて実現できる最高の演技 (オールマイティにコメンテート)
「イン・ザ・ヒーロー」はアクション俳優を目指しながらスーツアクターを続けるベテラン俳優が危険なスタントとわかりながら一世一代の大作アクションに出演して大立ち回りを繰り ...
イン・ザ・ヒーロー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
イン・ザ・ヒーロー '14:日本 ◆監督:武正晴「EDEN」「モンゴル野球青春記 バクシャー」 ◆出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、小出恵介、加藤雅也、及川光博、和久井映見、杉咲花、松方弘樹、草野イニ、イ・ジュニク ◆STORY◆下落合ヒーロー...