映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

LION/ライオン ~25年目のただいま~

2017年04月09日 08時23分51秒 | 映画 ら行
評価:★★★★【4点】



前情報完全シャットアウト(予告編未見)で行ってきた。



優しい養父母のもと、
オーストラリアで何不自由なく育った青年サルー。
友人や恋人にも恵まれ、幸せな日々を送る彼だったが、
ひとつだけ誰にも言えない悲しい過去があった。
インドの田舎町に生まれたサルーは5歳の時、
不運が重なり兄とはぐれ、たったひとり回送列車に閉じ込められて、
遥か遠くの街コルカタに運ばれてしまう。
そして言葉も通じない大都会で過酷な放浪の末に、
オーストラリア人夫婦に養子として引き取られたのだった。
ある時、サルーの脳裏にこれまで押しとどめていた
少年時代の記憶が強烈によみがえる。
インドの家族への思いが募り、わずかな記憶を頼りに、
Google Earthで故郷の家を見つけ出すと決意するサルーだったが…。
<allcinema>



想像していたのはライオンと呼ばれる青年が何かをしでかす映画?
演じるのが『スラムドッグ$ミリオネア』から有名になった
デヴ・パテルくらいだった。

ということで、まさかこんな映画だったとは(いい意味で)^^
へ~!最後まで迷子の話だったのね。
ワタシは劇中、てっきり迷子の幼い少年が臓器売買などの
餌食になってしまうような凶悪事件モノとばかり。
ま、個人的にはそういうのも好きですが。

今どきの情報化時代だからこそパソコンを駆使して解決させる。
なんだかとても微笑ましいではないか。
こうしてみるとGoogle Earthもまんざらでもないね(笑)


【今週のツッコミ】

・5歳のサルーのサバイバル術はなかなかのモノである。
 これはもって生まれた本能としか思えない。
 ワタシだったら女性が紹介した男に普通に付いて行ったはず。
 あそこで身の危険を感じる感性がタダモノではないのだ。

・ちなみに冒頭で蝶に囲まれるシーンで何かを持っている暗示が。

・しばらく見ないうちにヘアースタイルなど、かなりのイメチェン?!
 ニコール・キッドマン大丈夫か?だったが、単にご本人に似せるため。
 これは実話だったの忘れてた。

・子供を設けることはできたのに、あえてそれをしなかったご夫婦。
 彼女の言葉に心を打たれたのはサルーだけではない。

・ラスト、くるぞくるぞ(感動の再会シーン)で構えていたが
 それでも涙腺決壊してしまいました。

・さらにテロップで最愛の兄の最期を知ったときに
 状況が想像できるだけに悲しみがさらに倍増した。

・個人的なことをいえば、デヴ・パテル映画に外れなし!
 これは通算勝率9割以上のジェイク・ギレンホールと同じなのだ(笑)
----------------------------------------------------
監督:ガース・デイヴィス
脚本:ルーク・デイヴィス
音楽:ダスティン・オハロラン/ハウシュカ
出演:デヴ・パテル/サニー・パワール/ルーニー・マーラ/

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴースト・イン・ザ・シェル | トップ | T2 トレインスポッティング »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜 (margot2005)
2017-04-12 23:59:30
前知識なしだったのですね?
臓器売買はありませんでしたが、怪しい男の餌食になる前に逃げだしたサルーは幼いながらもスゴい!直感力だと感心しました。
グドゥはサルーと別れた後で...気の毒な最期を知って又涙でした。
margotさんへ (ituka)
2017-04-13 21:52:38
出演者とちらし&ポスターの印象だけでチョイスするんですよ。
あとはどんなジャンルなのかとか(笑)
ほとんど前情報は入れない性質なので鑑賞中置いてけぼりくらうことも多々あります^^;
サルーの直感力は、絶対に何か持ってますよね(笑)
普通、映画のシナリオならグドゥのせつない最期は却下でしょうけど
実話ですもんね、仕方ないです(泣)
Unknown (えふ)
2017-04-14 21:02:27
5歳のわりにはサバイバル術が半端なかったですね。
私だったら、ただただ泣き叫ぶだけでしたわ。
EDの実際の再会シーンの映像はうるうるだったんだけど、、、
寄付はユニセフに・・・とかを観て覚めちゃいました(汗
えふさんへ (ituka)
2017-04-14 23:00:52
サルーは非常に頭のいい子というのが機転の良さから伺えますね。
ワタシだったらジュースくれただけで、何のためらいもなく
最後まであの大人にくっついていたことでしょう(笑)
えふさんが泣いてたら皆さん放っておかないと思いますよ。

>寄付はユニセフに・・・とかを観て覚めちゃいました(汗

そこ気づかなかったわ(爆)
Unknown (mariyon)
2017-04-21 21:29:33
すみません、どうしても、ニコールでなく
本物の育ての親が気になって、感動のラストと言うわけにいかなかったです。
実話の映画化なので、双方問題はないでしょうし、
最後はいい終り方でしたが、
途中、何度かイラッと来ました。
いくらなんでも、ここは話会うべきだと。
急に引きこもって話もしない息子になられたら
心配で死にそうになります、普通の親なら。
実話の分、腹が立ちました。

でも、5歳の迷子の少年には、泣かされました。
知らないうちに涙があふれてました。

mariyonさんへ (ituka)
2017-04-22 00:06:31
そうか~本物の親としてどうなのよ?って感じだったんですね。
ですね!急に引き籠ってしまったら
親として当然心配しますし普通ならなんとかしようとしますからね。
映画ではそこのところなぜか描いてなかったです。
5歳のサルーの心細さは自分のことのように感じ不安でいっぱいでした。
でも彼は彼なりに必死になって前を向いていたことが素晴らしかったです。
こんばんは (ここなつ)
2017-04-24 23:44:32
こんばんは。
幼いころのサルーは胸が熱くなるかわいらしさでしたが、大人になってからのサルーも愁いを帯びたイケメンで、顔がいいということは素晴らしいことだと思いました(いや、すみません…)。
でも本当に素晴らしいのは、スー夫妻の心根なのでしょうね。あ、財力も…。
ここなつさんへ (ituka)
2017-04-25 21:37:40
5歳のサルーは本当に愛らしかったですね。
そこからイッキに大人になってしまって、そうそう!かなりのイケメンでした。
『ミリオネア』のときとぜんぜん違いますよね(笑)
顔じゃないよ!心だよ。と言いつつ見た目がいいことに越したことはないですもんね(爆)
スー夫婦は、まさにお手本のようなご夫婦でしたね。
二人目の養子に対する子育て論は、なかなか真似できないわ^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
LION ライオン 25年目のただいま~/LION (我想一個人映画美的女人blog)
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人に......
『LION/ライオン 25年目のただいま』 2017年3月24日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会) (風に吹かれて)
その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山
映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (あーうぃ だにぇっと)
LION/ライオン ~25年目のただいま~@よみうりホール
LION ライオン 25年目のただいま (Spice -映画・本・美術の日記-)
「LION ライオン 25年目のただいま」 よみうりホール(試写会) 1986年、インドで暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄(アビシェーク・バラト)と仕事を探しにでかけた
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、ア......
LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★ (パピとママ映画のblog)
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分......
『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』 (こねたみっくす)
大好きな兄ちゃんへ、25年目のただいま。 オーストラリアへ養子に出された青年が、インドで生き別れた家族をグーグルアースを使って25年ぶりに再会するという実話。その影にある家......
「LION ライオン 25年目のただいま」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lion」2016 オーストラリア/USA/UK“5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の......
LION ライオン 25年目のただいま (映画と本の『たんぽぽ館』)
自分を取り戻すために * * * * * * * * * * 1986年、インドのとある街のスラム街。 5歳の少年サルーは兄と仕事を探しに出かけ、 兄を待っているうちに停車中......
ライオン 25年目のただいま (ハリウッド映画 LOVE)
「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (to Heart)
原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテ......
LION/ライオン ~25年目のただいま~  (♪HAVE A NICE DAY♪)
実話です 迷子になって、オーストラリアの夫婦に引き取られるまで 5歳のサルーが辛い経験をした事が前半の物語なんだけど サルーを演じた子がとっても可愛くて・・・ でも・・......
LION/ライオン ~25年目のただいま (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からグーグルのPR映画かと思いきや、インドで貧しい少年が迷子になっている場面に半分ぐらいを裂き、親子の再会シーンはわかっていながら、うるっときました。なかなか......
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......
LION/ライオン 25年目のただいま (映画的・絵画的・音楽的)
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭......
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 (或る日の出来事)
Google、株、上げたな!?
Google Earthの奇跡。~「LION ライオン 25年目のただいま」~ (ペバーミントの魔術師)
5歳の子供が夜中になんかの仕事をしようと思ってもそりゃ起きてらんないわな。なんでもお兄ちゃんの後を追っかけて同じようにやろうとおもってもやっぱり幼児。勝手に忍び込んで......