映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ファミリー・ツリー

2012年05月21日 20時36分34秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】


こんなにシンプルで観やすい映画とは思わなかった。

浮気問題が浮上してから、その他の問題に手が付けられない父。
問い詰めたくても妻は昏睡状態。
悶々とするなか、長女の助けを借りながらも行動を起こす勇気に
第三者的立場で応援したくなりました(笑)



オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング。
彼の一族はカメハメハ大王の末裔で、
カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。
目下、その土地の売却問題で一族の意見をまとめる大役に
頭を痛めていた。
そんな中、妻のエリザベスがボート事故で
意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。
家庭のことを妻に任せきりだったマットは、
10歳になる次女スコッティの反抗的な振る舞いにも
ただ戸惑うばかり。
追い打ちを掛けるように、
全寮制の高校に通う長女アレックスから
“ママは浮気していた”という思いもよらぬ事実を突きつけられ、
ショックと怒りを隠せないマットだったが…。
<allcinema>



広大な土地の売却をめぐり親族会議を進める一方
突然降りかかった愛妻の謎の事故により
家庭が徐々に崩壊していくミステリー映画。。。ではなかったですね。
って、そんな勘違いするヤツはおらんだろう!(爆)

本作、至って真面目な主人公を演じるクルーニー兄貴。
過去にこんなに家庭的な親父を演じた映画があっただろうか。

土地問題から昏睡状態の妻の浮気問題という
ふたつの大きな難題を抱えながら、さらにふたりの娘との確執まで
あるっていうんだから、たまったものではありませんよ!

これだけの問題をひとりで抱え込んだクルーニーの苦悩が
手に取るように伝わってくるのは脚本、演出の巧さなんでしょうね。

ざっくりと言えば、すべての問題が一見バラバラのようで
実は全部がリンクしているという衝撃の事実に見事ハマりました。

これって必ずしも偶然ではなく、ひとつの問題をクリアするために
行動を起こしたことによる恩恵だったと思えます。
問題が発生したら、決して逃げずに勇気を持って正面から受けて立とう!
そうすれば、自ずと事は予想以上のスピードで解決するものだなぁと。

たまにはこういう家庭的な小さな問題提起もいいな~。
主人公の行動をシミュレーションとして
今後の自分の人生に役の立つこともあるような気がしてね(笑)


おまけ)
・1、土地問題、2、浮気問題、3、娘との確執、これが同時に起きた場合
 まずは2番目から行動を起こした方がもっとも合理的なようだ。
 しかしながら、ワタシは1番目は関係ないので問題は少なくて済みそう。

・本作のMVPは長女のアレクサンドラに決定です!
 とっさに「秘書です!」と言い放つ機転は父のクルーニーもビックリだ(笑)

・妻の父親の昔ながらの頑固一徹な態度にクルーニーも何も言えない。
 「おまえが幸せにしてれば浮気はなかった」
 「おまえが人並みにショッピングをさせていれば事故はなかった」
 「おまえが・・・」etc.
 しかし、最後にあの長女のバカ彼(いい味出してる)が
 祖父に言い返すわ、長女も父のフォローするわで、思わずウルウル。
 これって、最初にハードル落としておけば、最後に普通になっただけで
 こんなに感動するものなのね。
 ある意味、普段から目線を下げて生活してれば、ほんの些細なことで
 感動する毎日があるのかもしれない(なんちゃって)^^

・普段から話を聞いてあげなさい。話が出来る環境にしなさい。
 あのバカ彼が、たった一晩で従順になったじゃないか^^;

・浮気相手に接するところはサスペンス映画みたいだった。

・最後に病室に訪れた彼女ですが、普通あそこで来るものか?
 誠実といえばそうなんだけど、自分の気持ちもあるからね。
 ただ、クルーニーのあのキスで違和感を覚えたくらい感は鋭いのに
 “それ”を微塵も彼女に感じさせなかったあの男は詐欺師に近い騙しっぷりだな。
 まぁこれも、愛してなかったが故のモノなのかもしれないが。
 
 ちなみに主人公をトム・ハンクスが演じたなら
 間違いなく男の奥さんには突き飛ばされていたことでしょう^^
---------------------------------------------------------------
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン/ナット・ファクソン/ジム・ラッシュ
撮影:フェドン・パパマイケル
音楽:ドンディ・バストーン



出演:ジョージ・クルーニー/シャイリーン・ウッドリー/
    アマラ・ミラー/ニック・クラウス/マシュー・リラード

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダーク・シャドウ | トップ | キリング・フィールズ 失踪地帯 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
娘の父親と言うのは… (オリーブリー)
2012-05-22 00:58:28
ああなんだと思います。
どうしようもない怒りをぶつけるのは、もう、マットしかないんでしょ。
娘を持つマットも、そこらはよーく分かる。
ああ~大人の対応だぁ~~~(涙)

そんな大人のやり取りを見ていた、おバカ系なティーン男女に未来も感じました。
お気楽ながらでも、成長した彼らの言葉には、ある種、私たちは救われますよね(笑)
やっぱり親って職業は、子供の成長が一番嬉しいもんです。

ああーでもね、やっぱり浮気夫の奥さんが気の毒。
あの病院のシーンはホラーでしょう(爆)
「許す」と言いながら、段々、許せない本心が出てくるんだもん(苦笑)
女って、夫の浮気相手は絶対に許せないもんだと思いますよ。
一緒に来なかった浮気夫は相当な卑怯者だ(爆)

お姉ちゃん、美形でしたね!!
ituksaさん、お気に入り?(笑)
sonnなG.Cにちょい惚れしました (ぺろんぱ)
2012-05-22 19:43:45
こんばんは。

>家庭が徐々に崩壊していくミステリー映画

いえいえ、舞台が陽光降り注ぐオアフじゃなくて極寒の僻地とか犯罪の耐えない大都会の片隅とかだったなら十分あり得た展開かも。

しかし、つくづく、人生って何が起こるか分かりませんね。

どうしようもないバカ彼でしたけど、彼の“あるがままの受け入れ”はある意味スゴイと思えた終盤でしたよ。(^^)
しかしアレクサンドラは彼にはやっぱり勿体無い!?ビジュアル的にも! 
アレクサンドラの愁いを湛えた眼差しとすらりと伸びた四肢に私は目が釘付けでした~。(^^)

Unknown (ぺろんぱ)
2012-05-22 19:48:06
すみません、さきほど投稿のコメントですが、タイトルの「sonnなG.C」は「そんなG.C」の誤りです。
ご修正いただければ幸甚です。ごめんなさい。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-05-22 23:28:57
こんばんは。

この映画を見る限り、反抗期の娘にどう接すればいいのか分からないので
まさにクルーニーの気持ちがそのままワタシの気持ちでした^^;
っていうか、娘はいないので心配することもないんですが(爆)
大人の対応って、まさに“忍”のひと文字ですね。

ひとつの問題にみんなで解決に向かって歩みだしたからこそ、最後のあの爽快さがあったのでしょう。

それにしても本作、オリーブリーさんの記事にもありましたが
まさか、浮気問題をこんなに引き伸ばすとは思いませんでしたよ。
でもこれが家族の再生に上手い具合に繋がるんだから監督の腕がいいんですね^^

>女って、夫の浮気相手は絶対に許せないもんだと思いますよ。

へ~!そういうものなんですね。
男は自分の伴侶に怒りがこみ上げてくるみたいですね。

>一緒に来なかった浮気夫は相当な卑怯者だ(爆)

こなかったのは予想通りっていうか、奥さんが来たことにビックリですよ(笑)

あの長女、美形でしたよね!
でもスタイルが細身でワタシの好みではありませんでした^^;



ぺろんぱさんへ (ituka)
2012-05-22 23:52:00
こんばんは。

コメントタイトルの件、今、編集画面のコメント管理でチェックしてみましたが
保留か削除しかなく、編集自体はできませんでした。申し訳ないです。
なので、このまま残す方向で行きたいと思いますのでご容赦くださいませね。

家庭崩壊ミステリーっていうには、オアフはどう考えてもないですもんね^^;
これが最北東部のメイン州とか熱帯地方のフロリダ州辺りだと環境自体が心地悪くて何か起りそうな感じですかね^^

バックに流れる音楽がマッタリしてて不思議な効果を醸し出していました。

昏睡状態の妻が何でも自分で決めてしまうとぼやいていた夫ですが
そうさせたのは夫本人ですからね。
そう考えると本作はいろいろな面で、今のワタシの生活もこれでいいのか?と見直しするいい切っ掛けを与えてくれましたよ(苦笑)

あれ?ぺろんぱさん、女性から見てもアレクサンドラという子はイケてたんですね。
男からすると、もうチョイお肉を付けなさいという感じです(私だけかな?)^^
そうなんですよね~。 (オリーブリー)
2012-05-23 00:17:28
>予想通りっていうか、奥さんが来たことにビックリですよ(笑)

こー言うのって、発覚しても、当事者(?)以外は、関わらない方が良いのですよ、おそらくね(苦笑)
私だったら、絶対に病院いきませんよ(ははは~)
って、マットは弁護士らしからぬ行動ではなかったですかぁ~やっぱりプライベートは違うんでしょうか(苦笑)

itukaさんは、ミシェルのひとつ上?
わたし、、、ひとつ↓かも…(都合の悪いことは忘れる主義?~爆)
Good! (笛吹働爺)
2012-05-23 17:15:44
原題「Descendents」は「後裔」つまりカメハメハ大王の後裔という意味でしょう。
今日は午後休だったのでさっそく見てきました。
☆4。家族を考え直すいい映画ですね。僕には子どもはいないけど・・・。

アレックス役のシャイリーンは僕のタイプじゃないがまぁ美形でしょう。インタビュー記事を見つけました。http://www.cinemacafe.net/news/cgi/interview/2012/05/12764/index.html
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-05-23 20:54:39
>って、そんな勘違いするヤツはおらんだろう!(爆)

冒頭からの1人突っ込み?ノリツッコミ?
itukaさんてば、相変わらず面白いわ~(笑)

ほんと、シンプルで観易い作品でしたね。
結構シリアスな問題ばかりでしたが、ユーモアを混ぜた脚本も良く、軽いタッチで鑑賞できました♪

>ワタシは1番目は関係ないので問題は少なくて済みそう

と言うことは、itukaさん浮気する気満々だあ(爆)

>浮気相手に接するところはサスペンス映画みたいだった。

どうか~ん(笑)私もドキドキハラハラしちゃいましたよ(^_^;)

長女の彼、最初はなんだコイツ?って思いましたが、本当は、いいヤツだったんですね(^_-)-☆

PS.B型ってドン引きされるんだ~(笑)
私の周りは好きなB型ばかりです
けどね(^_-)-☆
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-05-23 23:31:55
こんばんは。

他人の浮気問題には関わりたくないですよね(笑)
ましてや、言い訳できない状態の当事者の場合は尚更ですよ^^
知らぬ存ぜぬで突き通しましょう(爆)
あの奥さん、最後は平静を失いかけてましたからね、病院に行ってはいけません^^;

>マットは弁護士らしからぬ行動ではなかったですかぁ~

やっぱり、どんな職業だろうと、結局は人の子ってことでしょうか(笑)
マットがあのコテージを覗く行為を海側からカメラが捉えた場合、かなり滑稽に見えそうですよね(苦笑)

>itukaさんは、ミシェルのひとつ上?
>わたし、、、ひとつ↓かも…(都合の悪いことは忘れる主義?~爆)

ほほ~!ってことは2歳違いだ(笑)
年齢なんてただの数字ですからね。あんまり気にしない方がいいですよ~。
といいながら、次の金環日食まで生きてるか計算してます(汗)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-05-23 23:41:35
こんばんは。

>原題「Descendents」は「後裔」つまりカメハメハ大王の後裔という意味でしょう。

なるほど!そういうことになりますね。

そうそう、この映画は自分に置き換えて観てしまいますよね。
ワタシはコテージまで行くことはないです。
でも、マットの場合、娘の確執が絡んでましたからね。
やるしかなかった^^;

シャイリーンのインタビュー記事行ってきました。
「theOC」のシーズン1に出てたとか。。。
たぶん観てたはずだけど記憶にありません^^;
美形なんだけどワタシの好みとは微妙に違います~(笑)

ひろちゃんへ (ituka)
2012-05-24 00:09:10
こんばんは。

この映画は、最初、行くか辞めようか迷ってたんですよ。
予告編を見る限り、広い土地を持て余した金持ちが妻の事故により些細な浮気とぎこちない娘たちとの関係。
これをコミカルに描いたハートフル・コメディか~ってね。
しかも、ジョージ・クルーニーとコメディってどうよ!ってな感じでしたから^^;

でも、観てよかったです!(笑)

>と言うことは、itukaさん浮気する気満々だあ(爆)

いやいや、ワタシなんか素材も才能もないですから(笑)
気持ち的には。。。みんなと一緒(爆)

>最初はなんだコイツ?って思いましたが、

思いますよね!テンポがズレててアフォ丸出しだったんで祖父が殴ったところで大笑い!
でも、いい奴になっていきましたね(笑)

若いころ、B型だよと言ったら「ゲゲッ」ってよく言われました。
変わり者が多いってことなのかな(笑)

ハワイに行きたくなった (笛吹働爺)
2012-05-25 00:02:57
26年前に1度行ったきり、しかもオアフ島とマウイ島しか行ってないので、この映画を見てカウアイ島に行きたくなった。
あとフラの大会も見てみたい。

僕もB型(厳密にはBO)ですよ。日本人ではA型に次いで多いので敬遠されるのは変ですよね。一番変わってるのはAB型だと思う。
ただ血液型と性格に相関関係はないというのが定説らしい。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-05-26 08:54:24
おはようございます。

お~、ハワイに行った経験があるのですね。
ワタシはまだ一度もないのです^^;
でも、この映画を見て行ってみたくなりましたよ(笑)
そういう意味では、ある意味、ハワイの宣伝効果抜群な作品ですよね^^

おっと!笛吹働爺さんもBでしたか~^^
まあ世界でも日本人だけですよね。
血液型性格付けをこんなに重要視してるのは(笑)
でも、合ってるから面白かったりして^^;
韓国映画『B型の彼氏』っていうものもあったくらいだからやっぱり特徴があるのかな~(爆)
綾瀬さんもB型でしたね(笑)
☆ブルース・ウェイン、走る!☆ (TiM3)
2012-06-13 00:49:23
観て来ました。
この監督さんの持ち味なのでしょうか・・
「大して面白くもないんだけど、何となく心に残る」
って作品の仕上げ方が、なかなかに巧いですね。

奥さんの元気そうな姿が、冒頭の1シーンでしか観られず
残念でした。

後は、両手でタオルかなんかを握ったままでしたね。。

トロイと言うマッチョなバカ兄さんの存在も、ちょっと良かったです。
将来のアーロン・エッカートとかヴィゴ・モーテンセンとかになったりして(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2012-06-13 22:23:28
こんばんは。

お~!遂にですね^^
ジョージ・クルーニーの普通のお父さんって初めてですよね。
サンダル履いて懸命に走る姿、、、大腿部が上がってないぞ!みたいなね(笑)

奥さんがやってたスポーツって海のF1ってやつですよね。
アレは危険です^^;

この映画のキモはマイペースなアホ兄さんだと思ってます^^
将来が楽しみな俳優さんですが、このキャラで突き通してほしい(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「ファミリー・ツリー」 (日々“是”精進! ver.F)
家族の大切さを、知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205180003/ ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラックケオラ・ビーマー サントラ ギ...
ファミリー・ツリー / The Descendants (勝手に映画評)
第69回ゴールデングローブ賞で作品賞 (ドラマ部門)と主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。第84回アカデミー賞では、作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞にノミネート、脚色賞を受賞。 何か、物凄くドラマがあって、急転直下と言う物語では無いですが、バラバラになっていた一...
ファミリー・ツリー/ジョージ・クルーニー (カノンな日々)
『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督がハリウッドの名優ジョージ・クルーニーとタッグを組んだ7年ぶりとなる作品です。第84回アカデミー賞ではジョージ・クルーニーがオ ...
『ファミリー・ツリー』 (こねたみっくす)
男の強さは「守ること」にあり。 楽園と謳われるハワイで事故により植物状態になった妻、反抗的な態度ばかり取る娘たち、一族の土地を売却する問題、そして妻が浮気をしていたと ...
ファミリー・ツリー (佐藤秀の徒然幻視録)
永遠より地上に 公式サイト。原題:The Descendants(末裔たち)。アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロ ...
ファミリー・ツリー (あーうぃ だにぇっと)
ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール
『ファミリー・ツリー』 ささいな違いが大違い (映画のブログ)
 『マイレージ、マイライフ』と同様なことが、またしても起きている。  『マイレージ、マイライフ』の公開に際して興味深いと思ったのは、日米のポスターの違いだった。  日本のポスターは、主要な登場...
『ファミリー・ツリー』 (ラムの大通り)
(英題:Descendants) ----この映画も、今年のアカデミー賞を賑わせた一本だよね。 なんとなく地味なドラマのイメージがあったけど。 「本命と言われた2本、 『』や『』がユニークな作品だったからね。 そんな中にあって、 この映画は、いわゆる日常の中のドラマだから....
ファミリー・ツリー (Memoirs_of_dai)
キスでの仕返し 【Story】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボート事故に遭い、そのまま昏睡状態に。それを機に、妻が彼と離婚するつ...
ファミリー・ツリー (心のままに映画の風景)
オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。 土地の売却問題で、一族のまとめ役を努めてい...
ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞 アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本 (公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」) 主演はジョージ・ク...
ファミリー・ツリー/The Descendants (LOVE Cinemas 調布)
ジョージ・クルーニーが悩める父親を演じ、第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒューマンドラマ。妻が植物状態になり、残された娘2人との接し方に悩みつつも家族の絆を取り戻してゆく姿をユーモアたっぷりに描く。2人の娘をシャイリーン・ウッドリー、...
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。 「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。 確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。 「人生そういうもんだよね」と自分を納得させつつ、物語が進んでいく。 ...
ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS (いい加減社長の映画日記)
アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。 カメハメハ大王の血を引く彼は、祖先か...
知らぬが仏。『ファミリー・ツリー』 (水曜日のシネマ日記)
ハワイを舞台に家族崩壊の危機に直面したある一家の再生を描いた作品です。
ファミリー・ツリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DESCENDANTS】 2012/05/18公開 アメリカ 115分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、マシュー・リラード、メアリ....
映画「ファミリー・ツリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ファミリー・ツリー」観に行ってきました。 ハワイ諸島を舞台に繰り広げられる、ジョージ・クルーニー主演の人間ドラマ作品。 今作で主演を演じていたジョージ・クルーニーは、第84回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされており(ただし受賞はならず)、今...
映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 弁護士の仕事に明け暮れ...
『ファミリー・ツリー』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: THE DESCENDANTS 監督: アレクサンダー・ペイン 出演: ジョージ・クルーニー 、シャイリーン・ウッドリー 、アマラ・ミラー 試写会場: 有楽町朝日ホール 公式サイトはこちら。 [2012年5月18日公開] ハワイで弁護士業を営むマット・キング一家にある....
「ファミリー・ツリー」辛い時のハワイアン (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
妻が危篤、おまけに浮気をしていたと娘の口から聞かされる。 こんな辛い話なのに、全編に流れる呑気なハワイアンが、なぜか心を和ませる。
アレクサンダー・ペイン監督『ファミリー・ツリー』(The Descendants) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストに触れています。「サイドウェイ」以来7年ぶりとなるアレクサンダー・ペイン監督作品『ファミリー・ツリー』主演は本作で第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジョージ・クルー
ファミリー・ツリー 家族の絆の脆さと強さ (労組書記長社労士のブログ)
【=21 -1-】 金環日食、雨にならなくて良かったね~見れたね~すごかったね~俺たちってもう次がないもんね~!(泣) しかしスマフォでは上手く撮影は出来ないよ~。 で、この映画、試写会当たったのに仕事で行けなくて、妻と次女が行ってきたが感想がちょっと微妙やっ...
★ファミリー・ツリー(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE DESCENDANTS <原題のTHE DESCENDANTSは、子孫、末裔> ハワイに暮らしていても 人生は<楽>じゃない! 上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/05/18 ジャンル ドラマ/コメディ 映倫 G 【解説】 ジョージ・クルー....
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる (はらやんの映画徒然草)
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
『ファミリー・ツリー』・・・つまり妻の浮気に決着をつける復讐劇? (SOARのパストラーレ♪)
青い海、白砂のビーチ、緑豊かな大自然。笑顔で暮らす人々の優しさや寛大さ、アロハスピリット。ゆったりと流れるハワイアンミュージック・・・。 そうした要素それぞれが持つ高いヒーリング効果。ハワイという地には傷ついた心を癒し、あるいは壊れかけた人間関係をも修...
ファミリー・ツリー (食はすべての源なり。)
ファミリー・ツリー ★★★★★(★満点!) ハワイに暮らしていても 人生は楽じゃない ハワイ・オワフ島で弁護士をするマット・キングは美しい妻・エリザベスと2人の娘とともに堅実な人生を生きてきた。事故で妻が昏睡状態に陥ってしまうまでは...。 妻に任せっきり...
[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた面白い。  私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?    ◇  仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくてはならなくなる。  目の前には、反抗期の長女、...
ファミリー・ツリー (風に吹かれて)
アロハダメオヤジのクルーニー公式サイト http://www.foxmovies.jp/familytree原作: ファミリー・ツリー (カウイ・ハート・ヘミングス著/ヴイレッジブックス)監督: アレ
ファミリー・ツリー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Descendants監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ジュディ・グリアたわいもない父親役のジョージ・クルーニーが魅力!
ファミリー・ツリー (こんな映画見ました~)
『ファミリー・ツリー』---THE DESCENDANTS---2011年(アメリカ)監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー 、ニック・クラウス 、ボー・ブリッジス 、ロバート・フォスター 、ジュディ・グリア 、マ...
ファミリー・ツリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされましたから、期待して見に出かけたのですが、残念ながら思...
ハワイも日常 (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「ファミリー・ツリー」を鑑賞しました。 妻、娘2人と何不自由なく暮らしている弁護士のマット しかし 妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまう さらに、祖先からの土地売却問題、そして 妻の浮気が発覚して… マットの成長ドラマともいえ 娘との...
『ファミリー・ツリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、    ...
ファミリー・ツリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ファミリー・ツリー '11:米 ◆原題:THE DESCENDANTS ◆監督:アレクサンダー・ペイン「サイドウェイ」「パリ、ジュテーム」 ◆出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディー・グリア、...
映画『ファミリー・ツリー』 を観て (kintyre's Diary 新館)
12-44.ファミリー・ツリー■原題:The Dedcendants■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:林完治■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・製作:アレクサンダー・ペイン□脚本:ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ◆ジョー...
ファミリー・ツリー (いやいやえん)
家族ドラマでありながらも、先祖代々受け継いだ(カメハメハ大王の子孫らしい)土地の売却問題から、そのルーツさえ辿るドラマでもありました。売れば多額のお金が手に入るけれども、自然が破壊されてしまう。しかも