映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2012年02月25日 11時09分42秒 | 映画 ま行
評価:★★★★【4点】


ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい。

この新人子役、全編出ずっぱりにもかかわらず
堂々とした演技は他のベテラン俳優たちさえも圧倒していた。



9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父を失った少年、オスカー。
いまだ悲しみから立ち直れずにいる母と2人暮らしの日々。
そんなある日、父の遺品の中から一本の鍵を見つける。
それが入っていた封筒には“ブラック”の文字。
オスカーはこの鍵に父のメッセージが託されていると確信し、
母親に内緒でニューヨークに住むブラック氏を
しらみつぶしに訪ねて謎を解き明かそうと決意する。
やがて、祖母のアパートに間借りしている風変わりな老人が
オスカーの鍵穴探しの旅を手伝うようになるのだが…。
<allcinema>



最愛の父、その存在はあまりに大きく
失った時の喪失感は半端ではなかった。
少年にとって偉大な父、自分を友達のように対等に扱ってくれる。
いいですね~!同じ趣味があるってことだけで
こんなにも容易にスキンシップが取れてしまうんですから
理想の親子関係をまざまざと見せつけられてしまいます。

そんな父との関係が、同時多発テロにより
ふたりは引き離されてしまうから
人生何があるか分かりません!(ノ_・。)ヾ(´∀`*)ヨチヨチ

なぜ、あの時電話に出られなかったのか。
父に大変なことが起こっていることは分かっているのに
留守電に何度も問いかけてくる父に対し
居留守を使ってしまったことに少年は懺悔の気持ちに支配される。

こういう細かい描写なんですが、少年の気持ちが
手に取るように伝わってくるんですね~。
この監督のち密な演出には目を見張るばかりでした。

父の残したであろう謎のキーが出てきたことにより
その後の少年の鍵穴探しが始まります。
そして、その鍵穴を探しだすことで少年は父への
居留守を正当化しようと自分に言い聞かせて。。。(←それは違うぞぃ)

ものすごくうるさかったのはヒステリックになった少年が
祖母の住居の間借人へ吐く台詞の数々^^;
間借人が話せないから、傍から見ると親父狩りしてるように見えないか?(こら)


おまけ)
・しかし、この間借人が実にいいお爺ちゃんでした。
 ふたりが共に行動するシーンは涙腺緩みっぱなしでした^^

・初めは、北米では左手がイエス、右手がノーという暗黙のルールがあるのかと。
 ところが次のシーンで、この謎が解けて笑ってしまった。

・サンドラ母さん、よくぞ耐えました。そして機転が利く。
 あなたなら、『奇跡の人』のアン・サリバンになれるでしょう^^
-------------------------------------------------------
監督:スティーヴン・ダルドリー
脚本:エリック・ロス
撮影:クリス・メンゲス
音楽:アレクサンドル・デプラ


出演:トム・ハンクス/サンドラ・ブロック/トーマス・ホーン/
    マックス・フォン・シドー/ヴァイオラ・デイヴィス/
    ジェフリー・ライト/


『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TIME/タイム  | トップ | アンダーワールド 覚醒(3D) »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆粗筋部分の記載が☆ (TiM3)
2012-02-26 10:37:17
「ネタバレ対応」なのか、配色が変わって見えますね。。

反転させれば、読み易くなりますけどね(=^_^=)
留守電… (オリーブリー)
2012-02-26 12:28:47
すりかえるトコなんて、そこまでママに隠す意味があまり分からなかったんですけど、なるほどな~~と思いました(それにしても、よく思いつくと言うか、出きてしまうのが性格の特徴なんでしょうけど…)
オスカーは恵まれていますよね。
家族もそうだけど、快く引き受けてくれてたブラックさんが多々いたんだもの。
きっと立派に成長すると思いました。
あのラストシーンは、きっと記憶に残ると思います!

体調回復ですね!!
既に4本も(笑)
センチュリーは来週かな~ファーストにハシゴかも。
まずは明日のアカデミーに集中!(爆)
こんにちはー♪ (kira)
2012-02-26 15:32:08
涙は・・滲んだけど流れはしなかったです。

そもそも、「元気のいい声」は苦痛ではないのですが、うるさく「まくし立てる」のがそもそも大の苦手。
なので、頭が痛くなっちゃったんですよ~

でも、役を理解、演じきったトーマスくんは凄かったですね
Unknown (リバー)
2012-02-26 16:51:27
TB ありがとうございます。

スティーブン・ダルトリー監督のたしかな演出で
最後まで見れました。

賞レースにはあまり絡んでこないけど
私的には好きな作品でした。
TiM3さんへ (ituka)
2012-02-26 21:55:06
こんばんは。

たった今、気が付きました!
フォントタグの#の部分が全角でした(なんでだ!)(笑)
っていうか、なんで青なんだろう^^;
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-02-26 22:06:15
こんばんは。

10年の歳月は家電をいとも簡単に古臭く見せてしまうんですね^^
あの留守電タイプも相当なモノに見えましたよ(笑)
それよりも、そこまでするオスカーは将来は完全犯罪タイプの大人になれますね(ならないって)^^;

北米のブラックさん、9割は善良な市民でした。
最後に手紙を全員に差し出すところなんか大人顔負けの配慮だと思いましたよ^^

センチュリー専用のチケット5枚を5月までに消化できるか不安です。
逆にミリオンのチケット手に入らないわ(苦笑)
明日のアカデミーはどっちが作品賞獲るんでしょうね。
サイレントかヒューゴか(笑)
kiraさんへ (ituka)
2012-02-26 22:18:49
こんばんは。

あ~、あのまくしたてる台詞のオンパレードは
ワタシも苦痛でしたよ。
ただ、今回は聞き役の大人すべてが物静かだったことでバランスが崩れず持ちこたえました。
そう、ワタシの脳内バランスのことね(笑)

役柄を演じたトーマスくん、やっぱり新人離れしたモノを持ってる感じですね。
今後に期待です^^
リバーさんへ (ituka)
2012-02-26 22:25:01
こんばんは。

コメント感謝です!^^
スティーブン・ダルトリー監督は、しっとり系の透明感ある演出が巧いです。
最後のチョットした爽快感で気持ちよく映画館を出られましたよ。

そうそう、これってもっとノミネートされてもいい感じなのに不思議ですね。

☆あんた電話を独占し過ぎ!☆ (TiM3)
2012-02-29 21:15:50
観て来ました~

ポスターからして「ホームアローン系」かと思いましたが、
全く違ってましたね(=^_^=)

サンドラ姐さんには泣かされ(まくり)ました。

もう『デンジャラス・ビューティ5』は実現しないかも知れませんね・・ ←そんなにシリーズねえってば!
TiM3さんへ (ituka)
2012-03-01 00:10:27
こんばんは。

父が相当ヤバい状況だって判るのに、なんで電話に出ないのかシーンでイラつきました(笑)
この映画、このメンバーで「ホームアローン」パロッてもらいたいですよね。
なにかと小道具が多々登場した面白い映画でした。

サンドラ姐さんもすでに大物女優の域に達しましたね。
『デンジャラス・ビューティ』。。。懐かしい!
トム・ハンクスと共演したラブコメってあったかな?とか鑑賞中考えてました(笑)
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-03-09 15:55:48
>傍から見ると親父狩りしてるように見えないか

私も見えましたって・・・コラー!(笑)

ほんと、理想的なスキンシップでしたね。理想の父親だったなあ。。。
もちろん、夫としてもサイコー!(別にトムハンクスのすごいファンと言うわけではないですよ・笑)そんな素敵な夫が父親が、突然、理不尽に命を奪われたら。。。

予想以上に重い内容でしたが、ラストのオスカーの笑顔に救われました(^^)

今年(と言ってもまだ3月ですが)1番泣いた映画でした(泣)

PS.トムとサンドラのラブコメ観てみたいかも(笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-03-09 20:48:50
こんばんは。

外国では子供にとって父親の存在がすごく大きいのですね。
ワタシの家では父親の存在は猫の次くらい小さいです。
家での居場所は、パソコンしてる自分専用の小部屋くらいだったりして(笑)

あのスキンシップは見てて「あんなのが理想かな~」なんてこと思ってましたよ。

いちばん泣いた映画になったのね(ノ_・。)ヾ(´∀`*)ヨチヨチ

>PS.トムとサンドラのラブコメ観てみたいかも(笑)

止まらなくなったバスの運転手にトムで、その慌てぶりが可愛くて乗客のサンドラが胸キュンするラブコメが観たいです(なんだそれ)^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…) 私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス そこで先週末からかかっている映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 アカデミー賞候補にもなっ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]Amazonアソシエイト by
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (そーれりぽーと)
911を題材に描いた感動作? 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観てきました。 ★★★★ 観たことがないタイプの特殊な映画だった。 ちょっとネタバレ混じりで書きます。 あらすじをざっと紹介すると、父親を911のテロで失った少年が、父の死と向き...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (日々“是”精進! ver.A)
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン (カノンな日々)
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (to Heart)
あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 原題 EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 製作年度 2011年 上映時間 129分 原作 ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(NHK出版刊) 脚本 エリック・ロス 監督 スティーヴン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud & Incredibly Close (勝手に映画評)
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Extremely Loud and Incredibly Close監督:スティーブン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)
少年の一歩 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
9.11のワールドセンタービル崩壊で父親を失った少年が、父の遺品の中から見つけた鍵の持ち主をニューヨーク中を歩き回って悲しみを克服していく。家族やご近所さんや同じ町で出会う人々が、その悲しみを埋める役割を果たすこの物語は自信を持ってお勧めできる傑作だ。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
鍵穴を探す旅~『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス 試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開] 公式サイ...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (食はすべての源なり。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かったかも。 やっぱり9.11がベースになっているので、あの時...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (こんな映画見ました~)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ....
★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★ (Cinema Collection 2)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 上映時間 129分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル ドラマ 映倫 G  【解説】  「僕の大事なコレクション」の原作『エブリ....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- スティーヴン・ダルドリー -原作- ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 -出演- *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
ものすごくうるさくてありえないほど近い (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカーは....
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...