映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

マン・オブ・スティール

2013年09月01日 18時50分42秒 | 映画 ま行
評価:★★★★☆【4,5点】


地球外知的生命体による侵略モノとしても一級品!
初交信してくるところ、下手なホラー映画よりも怖かった。

人間目線からみる空に浮かぶ宇宙船とメディアが報道する映像と
すべてが『第9地区』を凌駕してたように思う。
もちろん、あの『宇宙戦争』のときの地中から初見参する
「トライポッド」の衝撃も相当なものでしたが(笑)

宇宙空間のバトル映像に『アバター』でも見せたズーム撮影が
いかにも本物っぽい実写のようなリアル感をそそる。



クリプトン星で生まれたその赤ん坊は、
滅亡を悟った父に最後の希望を託され地球へと送られた。
地球にたどり着いた彼は、
ジョナサンとマーサの夫婦に拾われ、
クラーク・ケントとして育てられる。
次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、
養父からはその能力を使うことを固く禁じられていた。
周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら
青年へと成長したクラークは、やがて自分探しの旅に出て、
自らの使命を確信する。
そんなある日、クリプトン星の生き残り、
ゾッド将軍がクラークの存在に気づき、彼を追って地球へと襲来する。
<allcinema>



リブートの天才クリストファー・ノーランにまたやられた。

アメコミシリーズのバットマンに続きスーパーマンまで
彼の手にかかれば嘗てのヒーローがこんなにも格調高く気品に満ち
それまでのシリーズがいったい何だったのか、
そんなことを自問自答したくなるほどの作風に座布団一枚だ!

生まれながらヒーローであった過去シリーズと一線を画し
(いや、前作も苦悩はしていたが、ここまでの描写はなかった)
今回は、彼の生まれる以前の段階から始まってるのがいいね!

さすがにココから見せられると長年の付き合いみたいな
不思議な感情が彼に芽生えてくるのですよ(笑)
実の両親を知らない彼が壁にぶつかった時、ここぞとばかりに
話し出す近所のおせっかいな爺さまのような感じで
「キミの父はオスカー獲ったことある素晴らしい人物で・・・」とか
「母はエキゾチックな美人だったな~」とか(←励ましになってないぞ)^^;

ヒーローとなるクラーク・ケントの性格付けがすばらしい!
こういう子を持つ親は例え養父であろうとも
迫りくる巨大ツイスターを後ろに「待った!」をしたくなる(笑)

この映画のベースは“自己犠牲と親子の絆”メインみたいな
シリアスヒューマンドラマとして十分に手応え感じてしまうんです。


【今週のツッコミ】
・ハンス・ジマーの効果音楽がすこぶる良いではないか!

・作品中「スーパーマン」とはひとこともなかった。
 「スー」と言いかけたので、誰か「パーマン」と言ってあげなさい。

・本作のミリタリーの目玉といえば対地攻撃のスペシャリスト
 A-10サンダーボルトの勇士が堪能できたこと。
 『トランスフォーマー』『ターミネーター4』以来ですね。

・ヤバいぞこんな侵略映像見せられたらもうすぐ公開の『エリジウム』
 これの新鮮味がなくなりそうなんだけど。

・養母のダイアン・レインは老け過ぎなのかメイクなのか。
 クラークとのツーショット、田舎の古そうな家と粗い映像が
 どこか『テキサス・チェーンソー』のワンシーンのようだった。

・養父の職業はいったいなに?

・あのS字キーってそんなに簡単に上書きされるのね。

・ヒューマンドラマだけで1本の映画になりそう。

・飛行速度が音速を超える瞬間の爆音と空気の壁が忠実に再現されていた。

・ゾッド将軍とその手下との肉弾戦、どこか『マイティー・ソー』(笑)
 手下のお嬢さんはドイツの女優さんらしい。

・そのゾッド将軍演じたマイケル・シャノンですが
 スーツ下のマッチョなシルエットは役作りのために鍛えたのだろうか。

・見え過ぎ、聴こえ過ぎの疑似体験が出来る。
 これ、けっこう辛そうだ^^;

・3600サイクルってどんなもん?(笑)
 刑期満了したにしては早過ぎだろ!と思っていたら、そういうことね。

・宇宙船やらクリプトン星の造形デザインがどこかH・R・ギーガーっぽい。

・星間移動には是非とも『アバター』のエグゾバックを!

・ハイスピードアクションという触れ込みですが
 逆にCGっぽさ丸出しで、ワタシはもうひとつ^^;
 ココの減点ポイントなかったら、満点評価となっていたかも。

・超高層ビル連の崩壊シーンは『2012』を超えたでしょう。
 これでエメリッヒの闘志が再燃することを願う?!(笑)
-------------------------------------------------
監督:ザック・スナイダー
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:アミール・モクリ
音楽:ハンス・ジマー


出演:ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/マイケル・シャノン/
    ケヴィン・コスナー/ダイアン・レイン/ローレンス・フィッシュバーン/
    ラッセル・クロウ


『マン・オブ・スティール』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンド・オブ・ウォッチ | トップ | サイド・エフェクト »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待しすぎました (mariyon)
2013-09-01 20:06:02
itukaさん高評価ですねーーー。

バットマン同様のテイストでしたが
軍配を上げるならやはり、バットマン。
ゴッサムのほうが、架空なので入り込みやすかったです。

昔のスーパーマンで地球を逆回転させる話があったけど
そこまでむちゃくちゃではないけど、あの環境変換装置はアメコミそのものすぎたかも。。。

ただ、育ての親のエピはよかったですね。

今回のスーパーマンの立ち位置って
逆アバターって気もしました。
こんばんは☆ (ひろちゃん)
2013-09-01 20:57:07
評価は4つけているので面白かったんですが、
私は期待が大きすぎたみたいで、バットマンのノーラン監督が・・と考えると、ちょっと物足りなかったです(;´Д`)
監督がシュナイダー監督ですから、やっぱり映像よりな気がしてしまいました(;´∀`)

父親のラッセル、養父のケビン、どちらも良かったですよね~ケビンは、もっと登場してほしかったけど・・・

かなりの高得点でも、ツッコミどころはたくさんあるんですねえ(笑)
そそ、ダイアンレイン、あそこまで老けメイクさせなくても~と思いました(苦笑)

私の期待は、次回作へ持ち越したいと思います♪
mariyonさんへ (ituka)
2013-09-01 20:58:54
こんばんは。

これは期待値ほとんどなかったのが良かったってこともありそうです。
こういうアメコミものって基本好きなジャンルでもないんですよ。
あまりに単調なストーリーと、やたらド派手というか過剰なアクションにアニメを観てるようで、、、^^;

でもこれは生誕からのドラマに感情移入しやすかったんです。
クラークの人間性も誠実で理想の青年だったし(笑)

逆アバター!
うんうん、それなかなか良いところ突いてると思いますよ(笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2013-09-01 21:37:47
こんばんは。

ヒューマンドラマ担当のクリストファー・ノーラン
映像担当のザック監督という役割分担がしっかりできていたと勝手に思っています(笑)

少年期のいじめなど感情移入させやすい展開はさすがノーランって感じでした。
映像も宇宙空間など最新技術と過去の名作シーンを彷彿させるなど文句なしに面白かったです。

ただハイスピードアクションだけは頂けなかったです^^;
もはや (オリーブリー)
2013-09-05 15:04:10
パロディされることは無いようなスーパーマンでした(笑)
人間ドラマは良かったですよね!
なるほどな~なトリビアがあって、ヒーロー像に近づけましたよ。

落下途中、ひょいとお姫様ダッコされて、ふんわりと着地。
これ、女子の憧れです(爆)
初交信、日本語はなかったですね^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-09-05 19:58:51
こんばんは。
ノーランの過去の脚本は小難しさがあったんですが(とくに「インセプション」など・笑)これはシンプルでよかったです。
さすがにこういう描き方すればパロディに持って行く勇気はサシャくらいでしょうか^^;
人間ドラマ、真面目でしたね。
こういう映画を観ながら世の親父たちは息子への対応学んでいくんでしょうか(笑)

>落下途中、ひょいとお姫様ダッコされて、ふんわりと着地。
>これ、女子の憧れです(爆)

ディズニー映画みたいですよね(笑)
ワタシもできれば抱かれる方で体験したいですけど、着地の瞬間が気まずく照れそうです(爆)

あの初交信の恐怖度はワタシ的には映画史に残りそうですよ(笑)
☆ケヴィン・スペイシー出てないじゃん☆ (TiM3)
2013-09-07 13:08:00
itukaさん、にちはです。

先週、観て来ました~

世界規模のハナシなのに、メトロポリス(とその周辺)の異変しか描写されてなかったですね(⌒~⌒ι)

「全世界生放送(放送ジャック)」で、ゾッド将軍が「(セリフを)かんで」くれたら面白かったのに・・と関西人のノリでちょっぴり期待してしまいました(=^_^=)

にしても・・終盤は将軍のあっけなさにビックリしました。
「エクスペンダブルズ2」のスタロ~ンvsヴァンダムよりもあっけない幕切れ(⌒~⌒ι)

それと、ラヴロマンスやコメディタッチを練り混む「余裕」の感じられなかったのが、残念と言えば残念でしたかね。
TiM3さんへ (ituka)
2013-09-07 19:23:39
こんばんは。
先日、クリストファー・リーブのテレビ放映で見ました。
スキンヘッドのケヴィン・スペイシー出てましたね~(笑)

世界規模の割に欧州の代表とかまったく姿なかったですよね。
地球の構造自体変えるなんて、そんな無茶苦茶なところは本当にノーランの脚本?でしたが
人間ドラマとして、チョイとウルっとくればそれだけで十分でした。

ゾッド将軍のセリフ噛みってマイケル・シャノンのキャラならやってもらいたいですね(笑)
言いにくいところばかり3~4回繰り返したらドリフのコント?(爆)
彼の弱点は首の弱さでしたね^^;

ロマンスや笑いの小ネタは次回までお預けかもしれませんね(ゾッドのあっけなさ事態が笑いネタだったりして)^^
こんばんは~☆ (kira)
2013-09-09 22:33:41
そうなんですよねぇぇぇ、、、
本編のどこにもスーパーマンとは書いてない。言ってない。
でも、スーパーマンの物語でしょ?っていう。。(笑)

重く、シリアスな物語から、うまくラストは繋げていましたよねー♪
でも、
ダイアンはおそらく少年期はナチュラル。青年期は老けすぎメイク(笑)
だってまだ撮影時は46、7だったと思うから~。
で、親はいいのよ。
でも、メインの二人のビジュアルが私的にヒットせずだった
こんにちは。 (みぃみ)
2013-09-10 10:42:23
私の中では、スーパーマンは、ウルトラマン的な位置づけて、優等生なヒーローの印象でしたので、
ダークな突き抜けヒーローになってたらどうしよう、と思いながら観に行きました。

映像とアクションに特化したスペクタルではなく、
ちゃんと最初から丁寧に書いてあったので、よかったです。
もちろん、スクリーンでの公開だからこその迫力も楽しめましたが、
なにより、骨格のしっかりした本を読んだような安定感に満足でした。

なはは♪。
3600サイクル早すぎ!と、養父のお父ちゃん何者?は私も思いました。
ゾッドの手下のお姉さん、美人で強いですね。
ゾッドよりこっちのが敵にはしたくないです。個人的には。。(笑)。
良かった (笛吹働爺)
2013-09-11 18:45:22
☆4。途中でダレルかなと思いきや、一度も眠気のさすことなく最後まで楽しめました。CGもハンパないね。(ガッチ・・・のいい加減さと比較してはいけないかもしれないが・・)
いやぁまさかロイスをエイミーがほんとにやるとは・・!クラークよりかなり年上じゃなぁい?
でもまぁエイミーファンだからいいけど。
kiraさんへ (ituka)
2013-09-11 19:44:14
こんばんは。
スーパーマンと敢えて言わないじれったさは次に持ち越しなんでしょうね^^
「スー」と言いかけたのに、それを遮ってしまうシーンに奥の深さを感じました(ほんとか?)

養父と養母の微妙な立場はシリアスに感じました。
こういうのって子の意思次第ですもんね~常に受け身^^;

ダイアンの老けメイク、確かに時間軸の関係で15年くらいは年齢重ねてるしね(笑)

>メインの二人のビジュアルが私的にヒットせずだった

あらら、ヒロインのエイミーは大役貰って喜んでいる事でしょうね。
ワタシもこのひと好みでないのよ。
でも、ヒーロー兄さんは問題ありませんですよ(爆)
みぃみさんへ (ituka)
2013-09-11 20:17:22
こんばんは。
ダークナイトのように徹底したダークな世界になりそうで意外にそうでなかったですね。
実父と養父との関わりを細部まで徹底して描かれていたので観てて納得できましたよ。

ノーラン監督の脚本はやっぱり安心して観られますよね(笑)
こういう超人モノのアクションは大スクリーンに限りますよね。
破壊されるビルの精巧なCG処理に目が付いて行きませんでした^^;

ゾッド軍団のお姐さんクールでした!
クラークを渡せと言って、嫌だと言ったら「あらそう、私たちに歯向かうのね」と言って
あっさり帰ろうとするところ逆に怖かったです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-09-11 20:26:52
こんばんは。
これもういちど3Dで観たいと思ってるんですよ。
先回は時間の都合で2Dでしたから(笑)

夏の大作祭りの最後の映画がいちばん長かったですが最高点でした。
緻密なCGもよかったけど、未確認飛行物体から交信ジャックするところ、あそこだけでもいいので再見したいです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容と台詞に触れています。ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーランデヴィッド・S・ゴイヤー原案によるスーパーマン再起動(再定義)作品『マン・オブ・スティール』音楽はハンス・ジマー。物語・ジ
マン・オブ・スティール (ぷかざの映画感想記)
マン・オブ・スティール観ました。 [満足度:★★☆☆☆]2/5 ※ネタバレありの
劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたは、奇跡を起こした… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308300003/ マン・オブ・スティール (スーパーマン) ポスター MAN OF STEEL - (HOPE)¥3800...
マン・オブ・スティール (Memoirs_of_dai)
ビジュアルから変わったスーパーマン 【Story】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリ...
マン・オブ・スティール ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘン...
『マン・オブ・スティール』 2013年8月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マン・オブ・スティール』 を試写会で鑑賞しました。 よみうりホールでまたまた3Dでの試写会です。 3Dだから目も疲れるし、椅子もあれだし、傾斜も少ないから、 よみうりホールで2時間越える映画は、かなり辛いです。 【ストーリー】  ジョー・エル(ラッセル...
マン・オブ・スティール (あーうぃ だにぇっと)
マン・オブ・スティール@よみうりホール
マン・オブ・スティール (悠雅的生活)
滅びゆく星。善なる者。文字ではない。
★マン・オブ・スティール(2013)★ (Cinema Collection 2)
MAN OF STEEL 新スーパーマン、始動。 誰もが知るヒーローの、誰も知らない誕生の瞬間。 上映時間 143分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/30 ジャンル アクション/SF/アドベンチャー 映倫 G 新スーパーマン、始動。  【解....
映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 私は運よく本作を試写会で2回見ることが出来た。
マン・オブ・スティール (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリ...
マン・オブ・スティール (花ごよみ)
クリストファー・ノーラン脚本、製作、 ザック・スナイダー監督によって、 新たに制作された「スーパーマン」、 誕生からスーパーマンになるまでを描いています。 スーパーマン、クラーク・ケントには、 ヘンリー・カビル。 生みの親にはラッセル・クロウ 育ての親にケ...
『マン・オブ・スティール』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』(1984)が作られた後は製作会社が変わって『スーパーマン4/最強の敵』...
マン・オブ・スティール(3D字幕) / Man of Steel (勝手に映画評)
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。 凄いのは出演者だけではありません。出演者に応じて、内容もすごいです....
マン・オブ・スティール (2013) MAN OF STEEL 143分 (極私的映画論+α)
コスチュームもめちゃダーク(笑)
『マン・オブ・スティール』 (時間の無駄と言わないで)
「リターンズ」は無かったコトにして、ビギンズ的な感じで仕切り直しに。 クリストファー・ノーランにハンス・ジマーにゴイヤーにと、もうそこらじゅうからバットマン三部作臭が ...
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右) ノー...
[映画『マン・オブ・スティール』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立ちから語られなくてはならず、それが「かったるい」のが予想さ...
Man of Tomorrow (MESCALINE DRIVE)
「マン・オブ・スティール」を観た。 原案と製作はクリストファー・ノーラン。彼は、「闇の騎士」として知られるバットマンの苦悩と英雄伝説を題材にした三部作、ダークナイト・サーガを完成させた。「メメント」以降、観客の度肝を抜くことにかけて人後に落ちない映像作...
汎クリプトン主義 (MESCALINE DRIVE)
前回の記事で、次に続くような雰囲気を出さないまま記事を締めくくったけれど、今回も「マン・オブ・スティール」を取り上げる。 クリストファー・ノーランとザック・スナイダー、デヴィッド・S・ゴイヤーがチームを組んで描くは、「鋼鉄の男」ことスーパーマンの伝説。...
マン・オブ・スティール (試写会) (風に吹かれて)
クリプトン生まれで地球育ち公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel8月30日公開 製作: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「30
マン・オブ・スティール(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、 ラッセル・クロウ 【あらすじ】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇...
マン・オブ・スティール (はるみのひとり言)
試写会(3D字幕)で観て来ました。久しぶりに梅田ブルグに行ったら、ロビーの雰囲気が変わってた。予告を観たスーパーマン誕生までの感動のお話なんだろうと期待は高まるばかりだったんですが。。スーパーマンの故郷「クリプトン星」でクラーク(地球名)が生まれるシー...
『マン・オブ・スティール』 (こねたみっくす)
父親から息子へ受け継がれる、決して諦めない鉄の心。 トイレでゲイ監督から直々にスカウトされたブランドン・ラウスのことなどすっかり忘れ、にわかヲタク監督によりアクション ...
マン・オブ・スティール (Akira's VOICE)
スーパーかっけー! スーパー泣ける!  
マン・オブ・スティール (心のままに映画の風景)
クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。 偶然、宇宙船を発見したジョナサン(ケヴィン・コスナー)と...
『マン・オブ・スティール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場...
マン・オブ・スティール やるならここまでやらなきゃ! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【45 うち今年の試写会5】 今日は昨日より波が小さくそのうえ風も吹いてだめ~、だもんで徹底的に筋トレして、それから映画を観に川崎へ。 この3日間で、「マンオブスティール」「スター・トレック イント...
マン・オブ・スティール (to Heart)
原題 MAN OF STEEL 上映時間 143分 監督 ザック・スナイダー 脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー 音楽 ハンス・ジマー 出演 ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/ローレンス・フィッシュバーン/ダイアン・レイン/ケビン・コスナー/ラッセル・クロウ/マイケル・シャノン/ア....
映画:「マン・オブ・スティール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年9月10日(火)。 映画:「マン・オブ・スティール」。 監  督:ザック・スナイダー 脚  本:デイヴィッド・S・ゴイヤー 原  案:デイヴィッド・S・ゴイヤー 、 クリストファー・ノーラン キャスト: クラーク・ケント:ヘンリー・カヴィル ...
マン・オブ・スティール (こんな映画見ました~)
『マン・オブ・スティール』---MAN OF STEEL---2013年(アメリカ)監督:ザック・スナイダー出演:ヘンリー・カヴィル 、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン 、ラッセル・クロウDCコミックスが誇る最強のスーパー...
「マン・オブ・スティール」 Man of Steel (2013 WB) (事務職員へのこの1冊)
わたしの世代だと、スーパーマンといえば1978年製作の(日本公開は悠長な時代だか
超人として生きる道 (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「マン・オブ・スティール」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて あのスーパーマン誕生の物語といえ 「バットマン ビギンズ」のスーパーマン版といえば わかりやすいか まさに 新たなスーパーマン物語といえて リアルにスーパーマンが現実にいたら、とい...
マン・オブ・スティール(3D日本語吹替版) 監督/ザック・スナイダー (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船...
IMAX3Dで見たかったよぉ~・゜・(ノД`)・゜・~「マン・オブ・スティール」~ (ペパーミントの魔術師)
マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-18売り上げランキング : 15Amazonで詳しく見るby G-Tools 初めっから鑑賞予定にさえいれなかったのは 今更誰がやったってスーパーマンでしょ~?興味な....
マン・オブ・スティール (銀幕大帝α)
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノーラン 原案:クリストファー・ノーラン 出演: ヘンリー・カヴィル:クラーク・ケント/カ...
マン・オブ・スティール (いやいやえん)
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこ...
映画『マン・オブ・スティール3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-74.マン・オブ・スティール3D■原題:Man Of Steel■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,100円■観賞日:9月21日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ザック・スナイダー◆ヘンリー・カヴィル◆エイミー・アダムス◆マイケル・...
映画「マン・オブ・スティール」レビュー(見所はファオラ=ウル(アンチュ・トラウエ)とスーパーマンとの戦闘シーン) (翼のインサイト競馬予想)
映画「マン・オブ・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思
映画「マン・オブ・スティール」レビュー(見所はファオラ=ウル(アンチュ・トラウエ)とスーパーマンとの戦闘シーン) (翼のインサイト競馬予想)
映画「マン・オブ・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思