映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

2017年10月15日 15時44分17秒 | 映画 さ行
評価:★★★★☆【4.5点】




人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。



和を望み共存の道を探ってきたシーザーの願いもむなしく、
猿と人類が全面戦争に突入してから2年。
猿の群れを率いるシーザーは、冷酷非情な大佐の奇襲によって
愛する妻子を殺されてしまう。
大佐への憎しみに駆られ、わずかな仲間と共に復讐の旅へと出たシーザー。
その道中で口のきけない人間の少女と出会い、
ノバと名付けて一緒に旅を続けることに。
やがて大佐のアジトである巨大な要塞に辿り着いたシーザーたちだったが、
冷静さを失っていたためにあっさりと敵に捕まってしまう。
しかもその施設には、多くの仲間たちが捕らえられ、
過酷な重労働を強いられていた。
そんな絶体絶命の状況の中、
リーダーとしての責任の重さを痛感するシーザーだったが…。
<allcinema>



新3部作の幕引きにして最高の脚本が出来上がっていた。
さすがはマット・リーブス監督、彼自身が一部を改変させ
より深みのある内容になっているではないか。

群れのリーダー・シーザーの心の葛藤を前面に出しアクションは必要最低限。
それにより前作よりも感情移入しやすくなっている。
物語には新たなキャラクターが登場していて
これが話の内容に一層の広がりを見せているのだ。

ストーリー的にしっかり辻褄が合っておりどこも破綻してなく
最後まで強力な流れで観るものを惹き付けてしまう。

過去作ではなかった意外なシーンの連続に
ある意味、他の映画のいいところを少しづつ参考にしながらも
自分色に塗り替えて成功している感じで、こういうのは普通にOKですね^^

それから忘れてならないのが全編を覆う挿入音楽の美しさが
作品を盛り上げる意味で効果を発揮していた。
作曲家のマイケル・ジアッキノを覚えておこう^^


【今週のツッコミ】

・山小屋に居た少女(アミア・ミラー)が美形すぎないか(笑)
 オランウータンのモーリスが手をさしのべ行動を共にする。
 で、彼女はどのルートで感染したのか、経緯が気になるところだ。

・そんな彼女がまさかの大活躍。
 これは『ガーディアンズ』のグルートに近い天然系とみた^^;

・自分の名を発せない少女がシボレー・ノヴァ(1963年)のエンブレムから
 ノヴァと命名される。
 あのような場合になると瞬発的な機転が求められるので
 周りのガジェットをよく見て文字を探さなくてはならないのね( ..)φメモメモ
 ちなみにこれがそのエンブレムだ。
 

・さしずめ大佐率いる一個大隊と北の兵との武力対決に南北戦争をみた。
 猿を黒人(奴隷制度)に見立てればなんとなくそんなイメージが浮かぶ。

・シーザーの嫁がどれだったのか見分けがつかない。
 
・絶体絶命ピンチの連続で最後までハラハラドキドキさせてくれる。
 極めつけはドンキーの心の奥に眠っていた仲間意識が目覚めた瞬間だろう。

・ところで今度TOHOシネマズで実施される無料鑑賞座席数の上限設定に
 かなりの苛立ちを感じている。フリーパスは大量に鑑賞したひとへの
 ご褒美じゃないのかよ。遠方にわざわざ出かけたのに上限に達していて
 希望の回に鑑賞できないという事態になったら、その無駄な時間をどうしてくれる。
------------------------------------------------------------------------------------
監督:マット・リーヴス
脚本:マーク・ボンバック/マット・リーヴス
音楽:マイケル・ジアッキノ
出演:アンディ・サーキス/ウディ・ハレルソン/スティーヴ・ザーン

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナベル 死霊人形の誕生 | トップ | アトミック・ブロンド »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2017-10-15 19:46:42
過去の2作品を通して、
どうしてもシーザーに感情移入して観てしまいますよね。
ほんとうは、いかにして猿の惑星になったのか?
が知りたかったんだけどね~。。。
そこまでたどりつかなかったのはちょっと残念でしたが、
とりあえず、シーザーお疲れ様!!でした。
と言いたい。
えふさんへ (ituka)
2017-10-15 20:13:57
今回のラストであのシリーズに繋がれるのは
チョットまだ無理がありますよね。
でも、とりあえず楽園を見つけたことだし
シーザーもリーダーとしていろいろ苦労がありました。
心からよくやったとハグしてあげたいです(笑)

あの美形少女とバッドエイプは良いキャラクターでしたね。
こんにちは (yukarin)
2017-10-16 14:57:37
確かにノヴァが可愛すぎますよね。
思ってた以上に活躍してくれました。
感染ルートが気になりますね。まだ何本か作れそう。

そうそうTOHOシネマズの座席上限にはイラッときてます。そんなに取得してる人はいないのに!!
せめてネット予約できればいいのですが...。私がつかってるTCクーポンなど無料観賞は対象みたいですね。
私たちのようなお得意様に対してひどいですよね。
ちなみに来年の10月15日からみたいです。
yukarinさんへ (ituka)
2017-10-16 22:20:23
ノヴァちゃん可愛かったですよね(笑)
あんな子に赤ずきんをやってもらいたいわ(←え?)
あのラストはチョットまだ作り足りない感じなのでもう1本くらい欲しいところです。

例のTOHO改悪発表のポイントの期限つきはまだしも
フリーパスポートだとネット予約できないので
現場のチケット売り場でアウトかセーフという判定になりますよね^^;
なんだか無料鑑賞座席の争奪戦が始まりそうで参ってしまいます~。
ワタシ、かなりテンパっていて来年からだったんですね(笑)
Unknown (mariyon)
2017-10-30 19:26:46
映画もシリーズが長くなると
辻褄合わせが大変で、本質が失われる気がするのは
ひねくれ者のセリフ?????

結局、人間的には、敵役の大佐が救世主だし。

少女が美しかったのは、サル顔に飽きた
オーディエンスの清涼剤?だったのでしょうか(笑)
mariyonさんへ (ituka)
2017-10-30 19:49:53
まったく同意見です(笑)
長くなると本質から外れてしまうケースはよくありますね。
シリーズ化されると監督はもちろん脚本家も変わりますから
つなぎの部分だけ合わせてあとは自由な感じです^^;
 
感情移入する対象が裸の猿だけとなると
観てる方はチョット辛いものがありますし、ワタシこれの評価良かったんですけど
再見したいとは思わなかったですからね^^;
あの少女は聴衆に対する清涼剤でいいと思います(笑)
ウィルス (もののはじめのiina)
2017-11-15 09:24:51
ウィルスが人類を劣化させるなんて起こり得る話ですね。

当方も、今朝 久しぶりにウィルス・チェックを行いました。1個検出しましたが、自動で削除したと報告がありました。

人類は、例えばアマゾン奥地の未開地を開拓して、新型ウィルスを掘り起こしているらしいです。

iinaさんへ (ituka)
2017-11-15 21:47:09
感染系ウィルスによる人類滅亡は元はゾンビ映画から発症したんですかね~。
アマゾン奥地の未開の地は新型ウィルスやらいろんなお宝など出てきそうですね。

コメントを投稿

映画 さ行」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (ネタバレ映画館)
喋れないのは駅前留学しなかったからか!?
劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、猿の惑星へ… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710130000/ 猿の惑星聖戦記 (竹書房文庫) [ グレッグ・コックス ]
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / War for the Planet of the Apes (勝手に映画評)
リブート版『猿の惑星』の第三作目。地球が、猿の惑星と化してしまった最後の理由が明らかになります。 シーザーの妻子が殺されたりしますが、意外に物静かに物語は進みます。タ......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦......
『猿の惑星:聖戦記』 (こねたみっくす)
ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に......
猿の惑星:聖戦記 (だらだら無気力ブログ!)
子役の娘がめんこくてイイ。
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 (或る日の出来事)
マジだよねー。
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (風に吹かれて)
そして猿の惑星になった 公式サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA 」 「猿の惑星:新世紀(
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視す......
「猿の惑星 聖戦記」War for the Planet of the Apes (2017 FOX) (事務職員へのこの1冊)
Rise(創世記)、Dawn(新世紀)とつづいたリブート版「猿の惑星」完結編はWar(聖戦記)ときた。邦題が聖書っぽいのは、このシリーズの終わり方をFOX日本支社が予測していたからか......
「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで… (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なか......
映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレ...... (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)』(公式)を先日、に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 なお、ピエ......
猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー (映画と本の『たんぽぽ館』)
支配するものとされるもの * * * * * * * * * * 名作「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、 「猿の惑星:新世紀(ライジング)......
75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
猿の惑星 (もののはじめblog)
聖戦記 グレート・ウォー 名作「猿の惑星」をリブートした新シリーズ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。 新シリ......