一郷一会・関東周辺100名湯プロジェクト

一郷一会が威信をかけて ^^: 選定。センター系、スパ銭・・・ お湯さえよければどこでもOK! 料金上限1,200円也。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

58.「きぬの湯」

2006-01-17 22:33:13 | 茨城
ほかでも書いたが、茨城は温泉と縁のうすい県だと思う。
奥久慈(袋田・大子)以外に著名な温泉地はないし、高温泉も少ない。それに加えて石岡でレジオネラ菌騒動の発端ともいえる事件が発生しているからか、温浴施設に対する行政の指導がとても厳しいときく。
もともと源泉に恵まれないうえに、カルキ漬け、しかも南部は温泉施設自体が少なくやたら混むとあっては、温泉好きの評価が低くなるのもいたしかたないところか。
(実はマイナーなお湯に、あなどれない良泉がいくつもあるのだが・・・)

そんななか、「天然温泉のかけ流し施設は県内初」というインパクトあるキャッチとともに突如デビューした日帰り施設が、ここ「きぬの湯」だ。
しかし、これまでさんざスカを食らっている茨城南部のこと、かけ流しといっても、このあたりにありがちな薄めアル単をちょろちょろ流しだすくらいが関の山だろうと、さして期待もせずに突入した。

だが、その先入観は見事に裏切られた。
内湯と露天、複数の浴槽で成分総計=6856mg/kgのしっかりとした食塩泉がかけ流されていたのだ。このお湯がクセモノで、緑茶色のにごり湯からは、泥臭+ボンド臭+海苔臭?のやたら個性的な温泉臭が匂い立つ。化石海水とモール泉が混じっているような不思議なイメージをもつお湯だ。
モール泉はもとになる植物の種類により微妙に香りが変わるといわれるが、なにか変わった種類の植物が成因になっているのかもしれない。
このあたりは温泉不毛エリアといわれて久しいが、考えてみると、化石海水型の良泉が出ている柏や野田と利根川をはさんで意外に近いので、面白いお湯が出ても不思議じゃないのかも・・・。

初入湯したときは熱湯ということもあり、かなりほてったが、のちにぬる湯(非加温かけ流しとのこと)となり、上品で当たりのやわらかな長湯向けのお湯となっている。
消毒剤投入はあるかと思うが、温泉臭が強いのでほとんど気にならない。また、井水を使い、とろみを帯びたやわらかな水風呂も入り心地がいい。

最近はお湯のよさから人気が出ているらしく、先日、日曜に行ったときには、いかにも温泉好きらしいおじさん連中で、湯口や壷湯の争奪戦が繰り広げられていた (^^;
たしかに湯口そばは状態がよく、常連さんは何十分でも入っているので空いてたらラッキー、すかさずgetかと。

郊外型施設では法外ともいえる1,200円(しかもタオルなし)ながらこれだけの盛況なので、近場に競合施設が少ないという条件をさしおいても、やはりいいお湯の集客力はすごいものがあると思う。
ただし、平日夜にひと風呂で1,200円は、さすがにきついような気もするが・・・。
それでも、茨城南部を代表する良泉として、外せない一湯だと思う。

「きぬの湯」のレポはこちら。(関東周辺立ち寄り温泉みしゅらん掲示板過去ログ)

Na-塩化物温泉 36.6℃、pH=7.6、229L/min(981m掘削揚湯)、成分総計=6856mg/kg、Na^+=2131mg/kg (82.84mval%)、Ca^2+=308.1 (13.74)、Fe^2+=1.7、Cl^-=3687 (92.85)、Br^-=15.1、I^-=3.3、HS^-=0.6、HCO_3^-=471.7 (6.90)、陽イオン計=2513 (111.9mval)、陰イオン計=4179 (112.0mval)、メタけい酸=43.2、メタほう酸=72.1、硫化水素=0.2 <分析年月日不明>

文・画像 別働隊@うつぼ
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« □ 元箱根温泉 「箱根高原ホテル... | トップ | □ 仙水の湯 「いこいの湯多摩境... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
癒しの湯煙〜温泉の選び方〜 (癒しの湯煙〜温泉の選び方〜)
週末にリラックスできる素晴らしい温泉宿をご紹介します。 草津温泉、下呂温泉、黒川温泉、伊香保温泉など 癒しの温泉宿・旅館を紹介する温泉好きな方のためのサイトです。